楽天競馬
地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ  楽天競馬ブログ 8246814 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


楽天競馬ライター

フリーページ

楽天カード

2020年10月13日
XML
カテゴリ:太田 裕士
火曜日担当の太田です。


さすがに10月も中になると本格的な秋ですね。気温もぐっと下がって、最低気温が3℃から4℃になる日も出てきました。週末雨の影響で体感的には寒かったのですが、気温的には最低でも10℃はあったので、すごい寒いというわけではありませんでした。そして、今日は最高気温20℃になるとのことで、この時期の気温差には気を付けなければなりませんね。


さて、まずはお知らせ。
15日(木)はホッカイドウ競馬で2歳牝馬の交流重賞エーデルワイス賞が行われます。それに合わせ、そして、もうすぐそこに迫ったJBCに向けて盛り上げていこうということで、YouTubeLiveを実施することになりました。


https://youtu.be/ms9olG6OMLI


グリーチャンネルでもおなじみの梅田陽子さんがMCで我が社大滝アナがアシスタントを務めます。

古谷さんや競馬ブックの板垣さんも出演ということで、いろいろな話で盛り上がっていきます。

ぜひ皆さんご覧ください。そして、この放送があることを拡散して頂けば幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

エーデルワイス賞と聞くと、本当に今シーズンのホッカイドウ競馬も終盤だなと感じますね。先週は道営記念の前哨戦にあたる瑞穂賞が行われ、見事にスーパーステーションが復活の勝利。これで、道営記念はますますどの馬が勝つのかわからなくなってきました。今年は実力のある転入馬が多く北海道にやってきて、いい走りを見せているだけに、道営記念楽しみという方も多くいらっしゃるかと思います。そして、今回のスーパーステーションの勝利!我々もそうですが、ファンにとってもワクワク感でいっぱいかと思います。

今週はエーデルワイス賞、そして、ホッカイドウ競馬最終週は11月3日JBC2歳優駿、ブロッサムカップ。5日道営スプリント、そして最後に道営記念です。今からドキドキですね。今季開催もあと1か月を切りました。ぜひご注目ください。


さて、ばんえい競馬はシーズンちょうど折り返し、3月のばんえい記念まで突っ走っていきます。

昨日は軽量スピード決戦。疾風賞が行われました。
ばんえい重量500キロレースでノンストップ競馬。また、雨が徐々に強くなってきて、昨日の後半は土砂降り。ただでさえ早い競馬に、馬場にこれだけの水分が入れば、どんな時計が出るのだろうと・・・・

そして、今回軽量レース初挑戦組が何と豪華。
メムロボブサップとアオノブラックのライバル関係2頭が参戦ではありませんか。この2頭の対決は楽しみでしかありませんでしたね。また、同じく4歳馬のサクラユウシュンもスピードのある馬。メムロボブサップの姉、シンエイボブ、それから昨シーズンの軽量レース本戦スピードスター賞3着馬ウンカイタイショウもおり、本当に豪華メンバーでの争いでした。

4歳は規定より10キロ軽い重量で出れるので、メムロボブサップとアオノブラックは490キロ。サクラユウシュンは牝馬なので470キロ。ますますスピードが出そうな感じですよね


レースは想像どおり、スタートから早いのなんの、もちろん止まることのないノンストップ競馬。その中でもメムロボブサップとサクラユウシュンが並んでガリガリやり合う展開。少し後ろにアオノブラックが続いておりました。
第2障害でも前の2頭が並んでいって、残り30mぐらいからメムロボブサップが徐々に突き放して勝利。

(主催者提供)


(主催者提供)

もともとゴール前少し甘いサクラユウシュンでしたが、それでも、もしかすると勝利するのではと思わせる、いい走りを見せました。

アオノブラックは、第2障害手前で少しブレーキがかかった模様。馬がいつも止まるところで止まるだろうと思ったのでしょうね。しかし、いつもと様子が違って「あっ止まらないで行くんだ」という感じのような走りでした。まあ私の憶測ですが・・・・。障害を降りてからは差を詰めていたので、そのちょっとしたところが着順の差になったのかもしれません。

にしても勝ち時計が48秒0。50秒切るのですからすごい競馬です。聞いた話ですが、かなり昔、まだヒーティングが入っていない時、雪降り馬場で30秒台ということがあったそうで、その時は、ゴール後、馬のブレーキがかからず、ゴール過ぎたところにある建物(検量棟)にぶつかるかと思うぐらい、怖かったという話をききました。

今回も久々にすごい速さの競馬だったと思います。
ばんえい競馬らしくない、ただ、たまにこういう競馬も面白いと感じてくれた方もいたのではないでしょうか。

スピード競馬は例年3つの予選、そして、2月に本戦のスピードスター賞があるのですが、昨年も予選2つの本選という形でした。今年も2つの予選とスピードスター賞という流れになりそうです。次回のスピードレース予選は12月の地吹雪賞。たまに雪の中のレースということもあるので、これまたすごいレースになる可能性があります。ぜひご注目ください。


さて、次回10月18日(日)は
2歳はじめての大舞台、​第43回ナナカマド賞BG3​を予定しております。

アバシリサクラ
アルジャンノオー
キタノダンディ
シュトラール
シンエイアロー
ネオキングダム
フクフクライイデン
ミソギホマレ
リアンドノール

以上が登録馬。初舞台に挑むチャンスをつかんだ馬たちです。

注目はアルジャンノオーかと思いますが、先日日曜日のA1クラスでは、スピード決戦となり、牝馬アバシリサクラの勝利。アルジャンノオーが初めて負けた相手もアバシリサクラで、またしてもという感じではありました。しかし、今回は重量も違うので、スピードだけということにはならないでしょう。

秋に入り、馬体も増えてきて、メキメキと力をつけている2歳馬たち。最初の重賞ぜひお楽しみください。


さて、前出のホッカイドウ競馬YouTubeLiveの話をしましたが、ばんえい競馬も次回10月18日(日)ナナカマド賞当日にYouTubeLive​「もう一つのばんスタ」​が復活します。



​​https://youtu.be/ynKjofr2o5k


3月まで計8回行われる予定で、今回は斎藤修さんにご出演頂く予定です。また、今回は、十勝帯広のこともご紹介しようということで、観光、農業などに携わっている方にご登場いただきます。18日は観光の方にご出演頂く予定です。コロナ過で十勝の観光もかなり打撃を受けたことだと思います。現在GoToトラベル、また、帯広割りなどで地方から競馬場にお越しの方も多いかと思いますが、そのあたりの現況もお聞きしたいと思っております。MCは、ばんスタの田中亜紀、金谷美来が努めます。皆さんと一緒にばんえい競馬楽しめればと思っております。ぜひご覧ください。
チャンネル登録もお忘れなく!!






最終更新日  2020年10月13日 12時02分11秒
[太田 裕士] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.