楽天競馬
地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ  楽天競馬ブログ 8707607 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


楽天競馬ライター

フリーページ

楽天カード

2021年01月01日
XML
カテゴリ:古谷 剛彦
金曜日は、古谷が担当します。

 明けましておめでとうございます。本年も、楽天競馬ともども、よろしくお願いします。

 27日に「有馬記念」が終わった後、地方競馬は年末年始、毎日開催があります。29日の「東京大賞典」は、2020年も「グリーンチャンネル地方競馬中継」の解説を担当させて頂きましたが、例年と違ったのは、コロナ禍でゲストがいなかったこと。しかも、解説者は別部屋からのリモート出演で、カメラも固定の一人ぼっち。徐々に慣れてきたとはいえ、2020年は新しい生活様式の中で、グリーンチャンネルもこのような形で解説の様式に変化が生じました。

 30日は「ゆるゆるばんば」のリモート出演。こちらは、実家からのリモートになりますが、実家は光を入れていないので、スマホのテザリングでネットを繋ぐ状況。その状況になることが想定された春先に、楽天モバイルを契約して、無制限でつなげることは今になって良かったと思います。年明けの「ゆるゆるばんば」は2日からスタートしますが、僕自身の出演は3日から5日まで、3日間連続で出演させて頂きます。

 31日は大井競馬場で、ニコ生とYouTubeライブの「楽天競馬Live」の放送がありました。今年は、ニコ生中継が多くなりました。これも、コロナ禍で、より競馬を楽しく伝えることを念頭に増えていったことと思われますが、最初に大井競馬場から放送したのが、「東京ダービー」でした。この時の反応が良かったこともあり、同じ月の「帝王賞」も放送があり、その後につながっていったように感じます。大井の反応の良さを受け、船橋でもダートグレードの時にニコ生中継がありましたが、いかにネットを活用しながら、垂れ流しの放送ではなく、出演者を設けてワイワイやりながら、馬券のヒントになる話ができるかが問われる時代になってきたのかなと感じました。


(まりなるから、写真を頂戴しました)

 1日は、リモートで放送する先駆けとなった、高知競馬の「ヨルノヲケイバ」に初めて出演させて頂きました。観ていて楽しいものでしたが、いざ出演してみると、買い目を書いて、すぐ馬券を買って、レースを観たらすぐ次のレースの準備をして…と、結構慌ただしく、4時間とはいえあっという間に時が過ぎ去りました。



 まだ、競馬場の取材がしづらい状況は続くと思います。その中で、各主催者がYouTubeやニコ生を活用した放送が充実してきました。地方競馬の売上が右肩上がりとはいえ、決して甘んじることないからこそ、このように放送へ力を入れているのだと感じます。2021年は、さらに放送が充実していくような流れになっていくのか…。僕自身のYouTube「ふるやっちチャンネル」も、何らかのテコ入れを考えなければ、感じるようにもなってきました。

 新年を迎えましたが、地方競馬に携わっていると、日々が続いているので気持ちの切り替えがなかなかうまくできませんが、年を重ねても情熱をなくさず、前を向いて頑張っていきたいと思います。

 改めまして、今年もよろしくお願いします。






最終更新日  2021年01月02日 09時26分17秒
[古谷 剛彦] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.