楽天競馬
地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ  楽天競馬ブログ 8845862 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


楽天競馬ライター

フリーページ

楽天カード

2021年02月11日
XML
カテゴリ:横川典視
木曜担当のよこてんです。

 昨日の2月10日、盛岡・水沢両競馬場で調教始め式が行われました。


★盛岡競馬場・馬頭尊前での安全祈願

 この調教始め式は春の特別開催開幕のおおむね一ヶ月前に行われるもので、両競馬場ではこれにむけてコース整備を再開し、本コースがオープンしたあとは調教も徐々に本格化していく・・・という節目になるイベントです。調教始め式を機に「冬」から「春」へと切り替わるわけですね。

 ただ、例年ならば2月20日に行われる調教始め式ですが、今年は既報のように、当初予定と変わって特別開催が3月12日~15日からと早まりました。そのため、調教始め式も前にスライドして2月10日ということになりました。


★馬場清め式。妙にカッコいい写真になった

 例年よりも時期が少し早く、盛岡競馬場のほとんどの厩舎では調教がまだ本格化していないということでもあり、コースに出てくる馬の数は例年より少なめ。
 騎手なんかもまだ戻ってきていなかったりしますしね。盛岡に移籍した小林凌騎手もまだ育成牧場から戻ってきていませんでしたし。コースでバリバリ乗り込む馬が増えてくるのはもう少し先になるのでしょう。水沢の方はどうだったんでしょうか?これも例年ならば、水沢は馬場開き直後からコースに出てくる馬が多かったと思うのですが。


★最初にコースインしたのは齋藤雄一調教師


★次いで登場したのは小西厩舎チーム。ニュース等で大きく映されたのはこちらだったかも

 今年は非常に雪が多い冬で、つい先週もあきれるくらい雪が降って、いい加減「冬」に飽きて来たんですけどもね、調教始め式が行われたこの日は寒いけれど春の気配も少し・・・少しは感じられるような、そんな雰囲気もありました。競馬場だけでなく下界の平地もまだまだ雪が多いですけども、ようやく“春が近づいてきた感”が徐々に。


★こうして見ると、盛岡競馬場に積もった雪は例年の馬場開きの日より少なめかも

 そして、コースに現れたのは永田幸宏新調教師。これまでは晴山厩舎の調教師補佐を務めてきた永田師は2月1日付けで調教師として新規開業。調教初めの日が調教師として初めて馬を本コースに出す日ともなりました。


★永田幸宏調教師

 その永田厩舎の最初の厩務員・志村直裕厩務員は2000年から2005年にかけてオーストラリアで騎手として78戦2勝の成績を残していました(※Racing.comのデータベースによる)。
 永田調教師自身も実はオーストラリアで騎手を目指した事があり、志村厩務員とはその頃の同級生という関係なのだそうです。JRAの藤井勘一郎騎手や岩手で騎乗した菅原俊吏元騎手と近い世代になるとか。意外なところで元オージーコンビ誕生。


★志村厩務員と永田厩舎最初の所属馬・バッファゴー号


★その騎乗ぶりを動画撮影している永田調教師

 永田調教師には取材をさせていただきましたのでその辺のお話は次回お伝えしたいと思います。


 さて、今回はもうひとつ。新シーズン開幕が近づいてきたという事で賞金のお話を。
 先日、その3月12日からの特別開催の概定番組が発表されました。岩手競馬は開催の区切りとしては4月~3月の年度制を採っているのですが、競走体系や個人成績等の流れとしては3月特別開催~1月の開催という区切りになっています。賞金体系も、特別開催から新年度のものが適用されているのは、気づいていたファンの方もおられるのではないでしょうか。

 前置きが長くなりました。3月12日からの令和2年度11回水沢競馬では賞金体系が以下のように変わっている事が見て取れます。

・C2級 1着賞金25万円→27万円
・C1級 1着賞金30万円→35万円
・B2級 1着賞金35万円→45万円
・B1級 1着賞金45万円→55万円
・A級二組 1着賞金75万円→90万円
・OP、A級一組 1着賞金85万円→100万円

 細かい計算が速い方なら1着~5着の賞金額が160方式から170方式に変わっている事にも気づかれたのでは(※170方式→1着賞金を100として2着~5着の賞金額の合計がその7割になる方式)。出走手当も9万3千円になっています。

 今回の賞金額改定は聞くところによれば「上のクラスほど厚く」という意図でこうなったものとのこと。実際、クラスが上がるほど増加額も大きくなっていますよね。
 他地区競馬場は新年度になる4月から増額するところが多いでしょうから、良く比較される“最下級クラスの1着賞金”では、恐らく新年度も全国最安級となるでしょう。ですが、新シーズンの発売成績が好調なら途中での増額も検討されるということですし、ここは新シーズンが順調に進んでいく事を願う・・・ということにしておきましょう。

 とにかく新シーズンは、今度こそ最後まで何事もなく開催ができますように・・・。






最終更新日  2021年02月13日 12時17分35秒



© Rakuten Group, Inc.