楽天競馬
地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ  楽天競馬ブログ 8673195 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


楽天競馬ライター

フリーページ

楽天カード

2021年02月16日
XML
カテゴリ:太田 裕士
火曜日担当の太田です。



この週末は暖かかった帯広。騎手たちもレース後は暑いという方もいて、プラス気温で冬仕様の勝負服だと、確かに暑そうですね。
月曜日は一遍。午前中は雪交じりの雨がポツポツという感じでしたが、レースが始まるぐらいの時間になって本格的に雪に変わってきました。レース後半に入って、今度は雪から雨へ。気温も17時にプラス気温になって、最高気温は24時に記録したプラス2度。普通なら日が沈んで気温が下がってくるはずなのに、逆に上がるのですから、この時期としては珍しいですね。今日はプラス5、6℃ぐらいまで上がるようですので、3月並みの暖かさです。


14日(日)3歳牝馬重賞 第46回黒ユリ賞BG2が行われました。
今年度デビュー、まだまだこれからの馬たち。ここまでの戦歴で、イオンが1番人気。第2障害下りてかなりのリードを取っているものの、ゴール前止まって差される競馬が続くイオン。
そのイオンを前回差し切ったミソギホマレが2番人気。
世代最初の牝馬特別白菊賞を制してニュクスが3番人気に押されておりました。

初めての重量。前回から80キロから95キロ加増と、どの馬も厳しい重量。

レース展開は横一線で、ほぼ差なく第2障害に集まりました。そんな中、イオンが障害手前から勢いをつけて仕掛けていき、いつも通り先頭でクリア。逃げ込みを図る展開。どうしてもゴール前で止まるので、そのあたりを想定した走りだったと思います。

今回の重量ではほかの馬も苦しく、いつも通りイオンは止まっていましたが、ギリギリ粘り切っての勝利となりました。

(主催者提供)

鈴木騎手も、槻舘調教師も、もう一回止まったら厳しかったと、ホッとした様子でお話でした。

(主催者提供)

障害がよく、ゴール前で止まってしまう馬は、将来的に体力がついてきたら、止まらなくなるので、今後ばんえい牝馬界を賑わす存在になるだろうと鈴木恵介騎手。
今シーズンはイレネー記念に向かって、そして、それから来年度にむけて、考えていくと槻舘調教師はお話でした。
重賞を勝利すると3歳シーズンはハンデで泣く馬もいるのですが、牝馬は、半分の賞金での加増となるので、少しは有利。まだまだ成長著しい3歳馬達。イオンに限らず、楽しみな馬ばかりです。何といっても3着には殿人気のミラクルクィーンが入ったわけですから、展開というところはあったとしても、能力的にはまだまだ差はないと感じた次第です。

世代牝馬重賞次回は来シーズン12月のばんえいオークス。かなり期間があるので、その頃にはメンバーがガラリ代わっている可能性もありますね。また、力をつけてきた馬たちの活躍見ていきたいと思います。


15日(月)メインは準重賞
軽量レース 第11回スピードスター賞が行われました。
冒頭でも書きました通り、雪降りではなく、雨降りの馬場。ただでさえスピード競馬、ノンストップ競馬なのに、馬場水分も2.1%まで上がってきて、尚更超高速馬場へとなっておりました。

2年前まで予選は、稲妻賞、疾風賞、地吹雪賞の3レースでしたが、昨年から疾風賞と地吹雪賞の2レース。
疾風賞を制したのは3歳、4歳3冠馬のメムロボブサップ。地吹雪賞を制したのはジェイコマンダーでした。

レースを見た方はもうお分かりの通り、今までにないぐらいスピード競馬。前半20秒は軽量レースの今までで一番早い前半だったと思います。490キロのメムロボブサップとアオノブラックの5歳馬のマッチレースとなりましたが、わずかにメムロボブサップがしのぎ切って、新スピードスターの称号を手に入れました。

(主催者提供)

それにしても、めちゃくちゃ速いレースでしたね。タイムも44秒2。ばんえいのタイムのレコードははっきりしたことはわかりませんが、昔走路にヒーティングが入る前、雪降り馬場で30秒台の勝ち時計があったと聞いたことがあります。ゴール後止まらなくて、ゴール奥にある検量室にぶつかりそうなぐらいの勢いがあったと聞きました。それには及ばないとしても、今回はかなり速い競馬でしたね。これが雨でなく、雪だったらと思うと・・・。正直今回が時計的に限界なのではと思うのですが、まだまだ速い時計が出る可能性はあるということですね。
ばんえい競馬は、本来力勝負の競馬ですので、速ければいいというわけではないでしょうが、昨日のレースをみて、それぞれがいろいろな思いで見ていたのではないでしょうか。

それにしても、5歳の2強は、重量、馬場共に重くても、軽くても良しで、本当に今後楽しみな2頭です。オレノココロ、コウシュハウンカイのようなライバル関係になっていくことでしょう。
おそらく、チャンピオンカップ、ポプラ賞に向かっていくことになると思いますが、ボブサップは今回の100万の賞金加算で、トップハンデということになりそうですし、厳しい戦いになるのは必至。それでもそれをはねのけてここまで来ているので、若かりしのオレノココロと同様な感じがします。
アオノブラックも馬体は大きく、まだまだ力をつけてきているので、今後2頭の活躍に目が離せませんね。



日曜日14日はバレンタイン。とはいっても、私はいい年ですからね。昔はチョコレートもらうの嬉しかったものですが、あのトキメキはどこへやら。細君には毎年恒例、好物のクランキーチョコレートをゲット。


あたるだけいいか。

と思っていたら、スタジオMCから頂きました。また、なんとファンからも・・・。その中には、ばんスタメンバー全員分一つ一つ包んで送ってくださった方も。(なんと奇特なΣ(・□・;)驚)










甘党の私でもちょっと食べすぎですね。

ありがたやーありがたやー。この場を借りて感謝申し上げます。嬉しいですが、どうぞお気を使わずに、引き続きばんえい競馬お楽しみいただければ幸いです。






最終更新日  2021年02月16日 12時16分58秒
[太田 裕士] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.