楽天競馬
地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ  楽天競馬ブログ 10367676 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


楽天競馬ライター

フリーページ

楽天カード

2022年05月14日
XML
カテゴリ:鈴木セイヤ
土曜日担当は園田・姫路競馬実況アナウンサーの鈴木セイヤです。





園田競馬場1〜2角からの写真。関係者しか入れないエリアです。調教見学レポートは最後にします。
まずは今週の振り返り。





ー   兵庫県競馬 今週の   Weekly Topics     ー






★地方競馬ジョッキーズチャンピオンシップ





5月8日、佐賀競馬場で2022、地方競馬ジョッキーズチャンピオンシップのファーストステージが行われました。各地区のリーディングジョッキー12名が集結し、地方競馬No.1を争います。





兵庫からは吉村智洋(よしむら ともひろ)騎手が出場しました。第1戦はオラクトゥール号に騎乗し2着。第2戦はエオウィン号に騎乗し7着でした。2戦合計で26ポイントを獲得し、トップとは10ポイント差の3位につけています。





なお、優勝者には8月にJRA札幌競馬場で実施される『2022 ワールドオールスタージョッキーズ』の地方競馬代表候補騎手に選定されます。セカンドステージは5月31日に浦和競馬場で行われます。




今週のメモリアルV



5月11日、園田競馬 5Rでビスバルトが勝利。管理する保利良平厩舎は地方通算300勝のメモリアル勝利となりました。先週の開催迄で勝率30.6%、連対率55.9%。全国トップクラスの高勝率、高連対率をマークしています。4月は月間11勝を挙げる活躍で兵庫リーディングトップに立ちました。





5月13日、園田競馬 1Rでララモンドールが勝利。管理する碇清次郎厩舎は地方通算900勝のメモリアル勝利となりました。1996年開業から四半世紀での達成。前回メモリアルからの100勝の間には一昨年の兵庫ダービー(ディアタイザン)の勝利も含まれます。
大台の1000勝も視野に入ってきました。





5月31日、園田競馬11Rでクリーが勝利。盛本信春厩舎は地方通算700勝のメモリアルとなりました。姫路開催で14勝を挙げる活躍で今年の姫路リーディングを獲得。兵庫リーディングは飯田良弘厩舎と並んで3位タイ。トップの保利良平厩舎とは5勝差。自身初のリーディングを狙える位置につけています







◎佐々木世麗(ささき せれい)騎手  通算100V




5月13日、園田競馬の7Rでデビュー2年目の佐々木世麗(ささき せれい)騎手が地方通算100勝を達成しました!
デビューからの日数、騎乗回数共に地方競馬女性騎手の最速記録です!


【新記録】


●デビューからの日数、396日目。
●デビューからの騎乗回数、870戦目。





【従来の記録】
◎デビューからの日数、
   507日、山本茜騎手  
◎デビューからの騎乗回数
   945戦目、別府真衣騎手





従来の記録を大きく上回り、歴史に残る大記録を達成しました!!
見習い騎手卒業まであと1勝です。
女性騎手が101勝に到達すると、一般競走に限り永久2Kg減での騎乗が可能です。
(▲3Kg  →  ◇2Kg)











★のじぎく賞はニネンビーグミ!




5月12日(木)、3歳牝馬の重賞競走、第60回のじぎく賞が行われ、4番人気のニネンビーグミが優勝しました。



レースはデータアナリシスがハナを主張すると、ニネンビーグミは無理せず2番手追走。
3コーナー付近で先頭に並ぶと直線の入口で抜け出します。中団ポジションから追い上げてきたニフティスマイルが迫り2頭の一騎打ち。最後まで渋とく粘ったニネンビーグミが競り勝ちました。
ニネンビーグミは兵庫クイーンセレクションに続き重賞2勝目。



2着は1番人気のニフティスマイル、3着は11番人気のラッキーライズが入りました。
兵庫勢が上位独占!!
1月に行われた兵庫クイーンセレクションの上位3頭で決着する珍しい結果になりました。



ちなみに兵庫クイーンセレクションの三連単払い戻しは金額は¥19,030円。
今回の三連単払い戻し金額は¥60,910円。
この3頭を追いかけて買った方は、美味しい思いをされたのではないでしょうか?(笑)



田中学騎手は重賞73勝目。先週のかきつばた記念、兵庫大賞典に続き今年7勝目。重賞レースは騎乗機会3連勝となりました。のじぎく賞は昨年に続き連覇達成で通算4勝目です。



管理する松平幸秀厩舎は重賞3勝目。今年は1月の兵庫クイーンセレクションに続き2勝目。のじぎく賞は初制覇です。




松平幸秀調教師コメント
『スタッフが付きっきりで頑張ってくれました。もう少し体重が増えているかと思いましたが、最終追い切りをしっかり出来た分で+1kgになったかと思います。
田中学騎手がこの馬の良い面を全部出してくれました。今日は騎手とスタッフのおかげです。来月の兵庫ダービーに出走を予定していますが、馬の状態を見てこれから考えていきます。』



ニネンビーグミは兵庫生え抜きの3歳牝馬。1月の兵庫クイーンセレクションに続き重賞2勝目です。2歳時には後の菊水賞馬ベルレフォーンに勝利しています。410Kg台の小柄な馬体ですが、牡馬にも競り負けない力強い走りを披露しています。




★園田調教見学



5月2日の早朝、園田競馬場で行われている調教を見学しました。
午前0時30分過ぎに到着しましたが、既に調教が始まっていました。早い厩舎は0時前から調教を開始するそうです。
午前9時前まで、レースに向けての調教が行われます。


調教の合間に杉浦健太騎手と渡瀬和幸騎手と記念撮影。お忙しい中ありがとうございました。






競馬ブックの園田担当トラックマンがストップウォッチを片手に追切り時計を計測しています。実際にストップウォッチをお借りして計測してみましたが、追切りをする馬が次から次へと出てきて………大変な仕事でした(汗)
見学前に4時間程仮眠をしてきたのですが、2度強烈な眠気に襲われました。この業務を毎週されているのかと思うと・・・頭が下がります。
午前4時、競馬ブック伊藤TMの厩舎取材に同行。コロナ渦で出来ていなかった関係者の皆様にご挨拶。厩舎取材の合間に諏訪貴正厩舎を見学させて頂きました。




兵庫ダービー馬のブレイヴコールの弟、マオノヴァイザーやハリオアマツバメ、エイシンヒビキ、オーロラフェアリー、メディエイコなどを間近で観ることが出来ました。みんなデカい(笑)









ハリオアマツバメは非常に大人しい馬で顔を撫でると喜んでいました。私は現役競走馬の迫力に少しビビっています(笑)




諏訪調教師にお話しを伺っていて『サラブレッドが大好き』という気持ちが喋りに溢れていました。
諏訪貴正調教師ありがとうございました。





調教の模様を見学していていて、吉田勝彦アナウンサーの「競馬のレースの実況は馬や騎手に教えてもらうもの」という言葉が頭に思い浮かびました。
吉田アナウンサーは競馬の世界に入りたての頃、厩舎の仕事を手伝っていた経験があります。
調教現場では競馬の専門用語が飛び交います。危険と隣り合わせの現場で働きながら関係者の会話を聴いて競馬を学んだとの事。
実際現場に行ってみて、次走に向けて調教内容を変えたり、馬具を工夫するなど各陣営が努力する姿が見られました。氷点下の日も………猛暑の日も………季節関係なく行われています。



YouTube、ニコ生のレース中継では絶対に観ることが出来ない裏側が目の前に広がっていました。
危険と隣り合わせの現場で業務されている関係者の皆様を頭に思い浮かべながら、園田・姫路の熱戦をお伝えしていきます。


西脇トレセンも近々訪問したいな………






最終更新日  2022年05月14日 13時20分04秒
[鈴木セイヤ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.