楽天競馬
地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ  楽天競馬ブログ 10549544 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


楽天競馬ライター

フリーページ

楽天カード

2022年06月20日
XML
カテゴリ:百瀬 和己
こんにちは。
隔週月曜日、今日の担当は㈱耳目社の百瀬です。

今年も全国の地方競馬場を
舞台に行われてきた"ダービーシリーズ"
いよいよ明日、21日に金沢競馬場で行われる、
​第6回石川ダービーを残すのみとなりました。


(石川ダービーの舞台・金沢競馬場)



​本稿は​『石川ダービー直前スペシャル』​と銘打って、

​石川ダービーがもっと楽しくなる!
そして、馬券の参考になる!
様々な情報を、惜しげもなく公開したいと思います。


今回の特集は以下の3本立てとなっております。

1.金沢競馬のプロに聞く!
  第6回石川ダービーのポイント!
2.石川ダービーに挑む、ジョッキー達に聞いた!
3.徹底分析!データで読み解く石川ダービー!


まずはこちら!


​1.金沢競馬のプロに聞く!第6回石川ダービーのポイント!


石川ダービーの事は
金沢競馬のプロに聞くのが一番!

という事で、昨年に続いて今年も
"地方競馬アンバサダー"を務める、
中村勇好トラックマンに、
今年の石川ダービーの注目点を伺いました。



2歳女王・エムティアンジェが戦線を離脱し、
ここに来て頭角を現してきたのが、⑪スーパーバンタム
去年までは
"勝てるところ"を選んで使われてきたが、
今年からは調教を強め、
最後の直線で伸びることをイメージした稽古を積み、
それが実を結び、前走(北日本新聞杯)のように
直線突き放すレースができるようになってきた。

担当厩務員も
「間隔を空けて使うことで、馬が成長している。」
と話すように、間隔を空けて使われることで、
みるみる馬が良くなってきています。

今回の追い切りの感じも
更に良くなっていて、成長を感じる。

これまではレース中に
ムキになるところがあったが、
今年はそういう事はないので、
期待していいと思います。

ただ、逃げに拘る⑦サエチと③ウインイノセンス、
先行力のある①スタイルユアセルフなど
内枠の馬が前に行くと、外枠のスーパーバンタムは
どの位置取りになるか。

序盤脚を使っても位置を取りにいくか、
それとも差しに構えるか、青柳騎手の考え一つ。
この辺りが展開に鍵になりそうです。


①スタイルユアセルフは最内枠からどう乗るか。
​展開利もあったが、
お姉ちゃん(ネイバーアイランド)は関東オークス5着。
この馬は姉よりもスケールの大きさも感じるし、
中間も順調に乗り込まれている。
石川ダービーを目標に仕上げてきたので、
あと1枠をどう乗るかだけでしょう。


④リュウノガルシア​は前走案外。​
前前走は軽めの調整で古馬に勝ったけど、
前走はハード調教を積んだ結果、
入れ込んでしまいレースでも伸びず。
今回は工夫して軽めの追い切りを2本消化。
調整は変えてきたから、前走よりは走りそうだけど、
岩手の成績を振り返っても、善戦マンの印象もあり、
工夫した効果がどうでるかですね。


​あとは⑩スターフジサン。​
もう勝負付けは済んだような感じもありますが、
連勝の2走はちゃんと手前を変えて走っているし、
ペースさえ早くなれば、
中島龍也騎手と手も合いそうなので、
​これまでよりはいいレースができると思います。




(中村トラックマン)


中村TMの最終結論は、​
当日の金沢競馬の専門紙(ホープ、キンキ、カナザワ)
に掲載されています。

併せて、netkeiba.comの予想コーナー
「ウマい馬券」でも推奨馬、買い目を公開していますので、
是非チェックして下さい!




​2.石川ダービーに挑む、ジョッキー達に聞いた!

大一番を間近に控えた6月19日の日曜日。
時間の都合上騎乗する全ジョッキーのお話は
伺えませんでしたが、取材できた方の意気込みを
ご紹介します。


​①スタイルユアセルフ 魚住謙心騎手
勝負になると思うので、
自分も気合入れて臨みたいと思っていますが、
最内枠に入ってしまったので、どう乗るかですね。

いい状態で臨めそうですし、
前走くらい走ってくれれば、
打倒・スーパーバンタム、
勝ちを狙っていきたいと思います!

昨年は姉のネイバーアイランドで
結果が出なかったので、
​妹のスタイルユアセルフと
昨年の雪辱を果たしたいです。



(師弟コンビで挑む大舞台・魚住騎手と鋤田誠二調教師)



​②エヴォラ 甲賀弘隆騎手
​​
前走も騎乗して、
少しずつ馬が良くなってきていると感じました。

2歳の時に新馬戦を強く勝ち方している馬なので、
強い相手に胸を借りるつもりで、
僕自身初参加の石川ダービー、頑張ります!



​④リュウノガルシア 吉原寛人騎手
前走は調教のメニューを強くしたことで
気が入りすぎて、装鞍からうるさくて、
パドックでも汗かいていて、
「いつもと違うな」って感じでした。
返し馬でも自分に反抗する感じで
スムーズじゃなくて…。
レースも行き脚がつかず、
本来の力を出せませんでした。
力を出し切れなかった分、ここで巻き返したいですね。

ただ距離は、伸びて良くなるイメージは湧かないから、
こなして欲しいと願うばかりですね。

人気するスーパーバンタムに
自分が待ったを掛けられるか。
ただライバルは競馬が上手。
2歳時は折り合いも欠いていたし、
距離の不安もありそうだったけど、今はダービーを
イメージできる馬になってきたから、
かなり強力なライバルですね。

あともう少し、外の枠が欲しかった。

枠も含めて、今晩から当日まで
色んなパターンを想定して、
作戦を練って挑みたいと思います。




​⑪スーパーバンタム 青柳正義騎手
前走は初めての1700m、
距離の心配はありましたが、
自分のペースでたんたんと逃げて、
最後もしっかり脚使ってくれて
いい競馬ができたと思います。

追い切りもいい動きを見せてくれているので、
あとは落ち着いて本番に臨むだけです。

もともとスピードタイプかなとは
思っていましたが、
前走1700mこなしてくれたので、
前走ほどの不安はありませんが、
初めての2000mがどうかは、
正直分からない部分もあり、
馬のリズムで競馬できればと思います。

(展開については)
先行馬も多そうですが、
外枠に入ったので、逃げには拘らず、
各馬の様子見ながらですね。
石川ダービーは獲りたいレースです。
なかなかチャンスも回ってこないですし、
今年のようなチャンスをものにしたいですね!



(北日本新聞杯口取りの様子。耳目社・鈴木努アナ提供)


​3.徹底分析!データで読み解く石川ダービー!

​​
ここまで地元TMの見解、
各ジョッキーの意気込みを紹介しましたが、

最後に、過去5年の石川ダービーの結果から、
私なりに分析した
このレースの傾向をご紹介致します。



①一番人気(2.1.1.1)と堅実

過去5年のうち、
1番人気が馬券から外れたのは
第1回のヤマミダンスのみ(4着)。
続いて2番人気、3番人気の成績は以下の通り。

2番人気(1.2.1.1)
3番人気(2.0.1.2)

単勝4番人気以下での勝利はなく、
人気上位の馬が堅実にかけており、
馬複の平均配当は2,280円、三連単は26,482円。

配当妙味を狙うなら、人気馬総崩れより
2着3着に来そうな伏兵を探すのがベター。



②前走"北日本新聞杯組"が断然有利も…

過去5年の石川ダービー上位3着馬が、
一つ前にどのレースを使われたか、
前哨戦別に分類すると、

北日本新聞杯→2勝、2着2頭、3着4頭
ノトキリシマ賞→1勝
3歳特別競走→2着3頭
3歳一般競走→1勝、2着1頭
フラワーカップ→1勝

このように石川ダービーのTR競走でもある、
北日本新聞杯組の活躍が目立ちます。

しかし、
北日本新聞杯からの連勝は昨年のアイバンホーのみ。
2冠馬は過去5年で1頭しか出ていません。

また、北日本新聞杯と石川ダービーの
過去優勝馬の比較は以下の通り。






これはスーパーバンタムには、
少し気になるデータかも知れません。

北日本新聞杯からの巻き返し、
そして別路線組の台頭にも要注意です。




③吉原寛人騎手3勝、金田一昌調教師4勝。

2017年の創設以来、
騎手では吉原寛人騎手が3勝、中島龍也騎手が2勝
調教師は金田一昌師が4勝で、加藤和義師が1勝

騎手、調教師それぞれ2名ずつしか、
優勝経験者がいません。

そして、今年の4名の布陣は

吉原騎手:④リュウノガルシア
中島騎手:⑩スターフジサン
金田調教師:⑧ビーブルー
加藤義調教師:④リュウノガルシア、⑩スターフジサン


最有力・スーパーバンタムが勝てば、
青柳正義騎手、鈴木正也調教師それぞれ石川ダービー初制覇!
初勝利か、それとも上記4名が優勝回数を上積みするか、
はたまた他陣営の勝利か、非常に注目です。

​(各データはkeiba.go.jpなどを参考に筆者作成)​
​​

本稿の執筆に当たり、
多くの方のご協力を頂きました。
心より御礼申し上げます。

併せて読者の皆様の馬券検討の
参考になれば幸いです。

そしてたくさんのファンの方に、
石川ダービーをご覧頂ければと思います。



第6回石川ダービー
明日6月21日の金沢競馬第11レース、
発走時刻は17:30です。​​






最終更新日  2022年06月20日 17時14分43秒
[百瀬 和己] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.