楽天競馬
地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ  楽天競馬ブログ 10549715 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


楽天競馬ライター

フリーページ

楽天カード

2022年06月21日
XML
カテゴリ:太田 裕士
火曜日担当の太田です。


この週末帯広は暖かったようですね。半袖でも十分過ごせる気温だったようで、いよいよ夏という感じでしょうか。確かに7月の足音も聞こえてきましたものね。
私は函館にいたのですが、風が冷たく、何枚も重ね着。ジャンパーもきて、同じ北海道でも地域によっては違いますね。


ダービーウィークも後半。ホッカイドウ競馬のダービー北海優駿が16日(木)に行われました。​金曜日の古谷さん​も取り上げていらっしゃいます。

結果は二冠達成。シルトプレが見事な勝利でした。

(主催者提供)

前日石川倭騎手が騎乗を取りやめていたので、当日心配ではありましたが、問題なく騎乗。そして本番。落ち着いた騎乗でした。北斗盃の時は、馬の反応がよくなかったとお話でしたが、今回は本来の走りを見せて余裕もあったとのこと。石川騎手も自信をもっての騎乗だったようです。春から三冠を意識していた馬。しっかりと調整して3冠に挑みたいとお話でした。三冠達成に自信をのぞかせるインタビューでしたね。




昨年のラッキードリームは、北斗盃でケガのため騎乗ができず、その後北海優駿、王冠賞はしっかりと騎乗して、ラッキードリームの三冠となりました。ただ、石川騎手は二冠のみ。今年は晴れて三冠すべて騎乗、勝利となるかも注目ですね。
三冠の道程は簡単ではないでしょうが、8月16日の王冠賞が楽しみになってきました。



19日(日)は帯広競馬場で第30回北斗賞BG3が行われました。

勝利したのはアオノブラック。
オッズパーク杯に続いて重賞連勝としました。

(主催者提供)

それしても、最後は6歳馬2頭のマッチレース。見応えがありました。どっちが勝ってもおかしくない状況。

道中の位置取りは、いつも通り攻めの競馬のメムロボブサップ。少し控えてのレースをしていたアオノブラック。ちょっとした差。アアモンドグンシンのペースについていったメムロボブサップが、軽馬場だったことでペースが少し早かった。その分、控えていたアオノブラックの脚が最後まであったという所でしょうか。負けはしてもメムロボブサップはあそこまで粘るわけですから、本当にすごいと言わざるを得ません。今後も両馬の戦いはずっと続くことでしょう。以前からお話の通り、昨年引退したオレノココロとコウシュハウンカイのようなライバル関係。この2頭が引退して、さて、今後どんな勢力図が生まれるのかと思っていたところ、新たなライバル関係の2頭が出てきて、また楽しんでいる自分がいます。皆さんも同様ではないでしょうか。


アアモンドグンシンは障害で膝をついてしまいましたが、攻めの競馬の結果。あれですんなり超えていれば勝利もあったことでしょう。今後も6歳馬2頭と最大のライバルであるのは間違いありません。また、馬場、重量が重くなれば、メジロゴーリキなども黙ってはいないでしょう。ただ、6歳馬中心に今のばんえい競馬が回っていることは間違いないですね。



そのオープン馬の夏の大一番​ばんえいグランプリのファン投票​が、6月25日(土)から始まります。
もちろん抽選で豪華景品が当たるチャンス!!皆さんのご参加お待ちしております。




25日(土)は芸人スキンヘッドカメラが来場。岡本さんの図書出版イベントが行われます。


スタジオにも登場。予想などで盛り上がります。
サイン会などぜひ皆さんお楽しみください。


25日、26日はコロナで近年開催ができなかったイベントが、今年は復活!!​十勝キャンピングカーライフFES.2022​を開催いたします。


色々なキャンピングカーが帯広競馬場に登場。夢がありますよね。
キャンピングカーで豪遊してみたいですね(笑)

次回はイベント盛りだくさんのばんえい競馬。ぜひお楽しみください。






最終更新日  2022年06月21日 13時52分08秒
[太田 裕士] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.