楽天競馬
地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ  楽天競馬ブログ 8261304 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ

全665件 (665件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 67 >

竹之上 次男

2020年10月24日
XML
カテゴリ:竹之上 次男
土曜日担当は、園田競馬実況の竹之上次男です。

 きのうJRAの競馬学校の合格者発表があり、吉村誠之助くんの名前がありました。

 「これはひょっとして吉村騎手の息子なのか?」などという書き込みがネット上で散見されましtが、その通り、長男で間違いないのです。

 2019年3月4日の記事

 実は以前に当ブログで吉村親子を激写(スクープ)していたのです!!

 身体能力が高く、男前。

 父の吉村智洋騎手曰く「ぼくは顔でJRAの試験に落ちたけど、あいつは顔で受かった」とのこと。

 いや、ホントにキリっとした男前で、デビューしたら人気を集めそうです♪

 「(合否は)ドキドキしながらではなかったですね。二次試験は面接と実技ですから、乗馬技術はしっかりしているので大丈夫だろうと思っていました」と愛息の技術にはかなりの信頼を置いているようです。



 全国リーディングを獲得したトップアスリートが言うのですから、断然間違いないのです!!

 いやぁ、いまから親子対決がホント楽しみ♪

 誠之助くん、吉村騎手おめでとう! 


※2019年2月NARグランプリにて

〓Weeklyトピックス〓

★笹田騎手が初の年間100勝!

 笹田知宏(ともひろ)騎手が、自身初の年間100勝を達成しました。

 97勝まで勝ち鞍を伸ばして迎えた今週、水曜日と木曜日にそれぞれ1勝ずつを挙げ、王手をかけてその金ナイターに臨みました。

 そして第9レース、コスモグラトナスに騎乗して好スタートからの逃げ切り勝ち。見事に年間100勝を達成しました。

 笹田騎手は、JRAの笹田和秀調教師の息子で、ニュージーランドで騎手デビューしイタリアなどでも騎乗経験を積みました。

 その後に地方競馬の騎手免許を取得。2011年に園田競馬場で再デビューを果たし、初勝利は交流戦に出走させた父の管理するメイショウボルトで挙げました。

 2017年ごろまでは20勝~40勝台にとどまっていましたが、所属するリーディングトレーナー新子調教師のもと、メキメキと力をつけ、18年に56勝、19年には73勝を挙げ大きく勝ち鞍を伸ばしていました。

 そして今年は早々とキャリアハイを更新。遂に年間100勝を10月の段階でクリアするジャンプアップを見せたのでした。

 残り2か月余り、どこまで勝利数を伸ばすのか注目されます。



※新子調教師の奥様と、佐々木世麗騎手候補生と

★来週は兵庫クイーンカップ

 来週の金曜日は、いよいよ今年のその金ナイター最終日!重賞レース『兵庫クイーンカップ』が行われ、フィナーレを飾ります。

 他地区からは4頭がエントリー。中でも実績上位は佐賀のスーパージンガ。重賞6勝を挙げ、去年は佐賀の3歳三冠に輝いています。

 迎え撃つ地元馬は、マコトパパヴェロやガレットショコラなどに加え、活きのいい3歳馬ユウキラフェールが急遽参戦を決定!

 ユウキラフェールはJRAデビューで、新馬戦を13頭立ての13着としんがり負けを喫しています。2戦目からは兵庫に移籍してレースをし、11戦8勝という目覚ましい活躍です!

 古馬の重賞には初めて挑戦しますが、地元の古馬や他地区の強豪を相手にどこまで通用するか楽しみです。



 何より騎乗する杉浦健太騎手が楽しみにしています♪

★日々の更新はコチラ

 『竹之上次男.com』では、園田競馬の開催日は毎日レポートを更新しています。

 3月の無観客競馬スタートから開催日103日間更新中!!

◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇

 あしたは菊花賞。果たして牝馬に続いて牡馬も無敗の三冠達成なるのか!?

 OBC『ドラマティック競馬』(1314kHz)では、三宅きみひとアナウンサーが菊花賞の実況を担当しますので、どうぞご期待ください♪






最終更新日  2020年10月24日 14時51分39秒


2020年10月17日
カテゴリ:竹之上 次男
土曜日担当は、園田競馬実況の竹之上次男です!

 10月15日木曜日、2歳重賞『兵庫若駒賞』が行われ、2番人気のツムタイザンが2着馬に8馬身差をつける圧勝で重賞初制覇を成し遂げました。

 ​レース結果はコチラ

 騎乗した杉浦健太騎手は、6月の兵庫ダービー以来の重賞制覇で、通算13勝目の重賞タイトルとなりました。

 また管理する大山寿文調教師は、今回が重賞初出走にもかかわらず、初制覇を成し遂げるという快挙達成です。

 デビュー戦の820mを逃げ切り勝ちし、2戦目では1230mに距離が延びましたが、好位で構えて直線で脚を伸ばす好内容で勝利を挙げていました。

 そして迎えた今回は、スタートを決めてハナを奪う展開に。2番手の馬に競りかけられペースが落ち着かない中でも、後続を振り切り、さらに直線では差を広げて、最後は8馬身の差をつける大楽勝でした。

 ツムタイザンはこれでデビューから3連勝。無傷の重賞制覇となり、今後は同馬を中心に重賞戦線が展開します。

 『兵庫ジュニアグランプリ』にも向かうのか!?出てくれば、いつも以上に期待が高まるのは間違いないところです♪



 「距離が延びても大丈夫です!」と騎乗した杉浦健太騎手。

 2年連続の兵庫ダービー制覇なるか注目されます!!




 杉浦健太騎手のインタビュー。



 大山寿文調教師のインタビュー。

〓Weeklyトピックス〓

★笹田騎手が100勝まであと3勝!

 きのうはその金ナイターが行われ、笹田知宏騎手が3勝の固め勝ち。これで、今年の勝ち鞍が97勝となり、自身初の年間100勝まであと3勝に迫りました。

 これまでの量産ペースをから見ると、来週に達成するのは十分考えられます。笹田騎手のレースぶりに注目です!




★来週は水曜木曜は薄暮!

 4週間連続重賞レースが開催されていた園田競馬。来週は重賞レースはひと休み。

 なお、来週は水曜木曜の二日間は薄暮開催となります。開門は11時45分。第1レースの発走時刻は12時55分、最終レースは午後6時30分を予定しています。

 レース数によって発走時刻が変更になりますので、当日の公式発表をご確認いただくよう、よろしくお願いします。

 お客さんが入ってからは薄暮はしないものとばかり思っていましたが、するんですね(;^ω^)

 そして金曜日はその金ナイター。残り2回のナイター開催。どうぞご来場ください。 

◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇

 日々の更新は『​takenoue.com​』をどうぞ。






最終更新日  2020年10月17日 15時41分51秒
2020年10月10日
カテゴリ:竹之上 次男
土曜日担当は、園田競馬実況の竹之上次男です。

 きのうはいろいろあった園田競馬。

 第8レースで5頭が落馬する大事故が発生。

 それでも、落馬した5人のジョッキーはそれぞれ自力で歩いていて、大事には至らなかったことがなにより。

 田野豊三騎手と鴨宮祥行騎手はそのあとのレースでも騎乗して元気な姿を見せてくれました。

 杉浦健太騎手と吉村騎手は、打撲などがあり大事を取ってその後の騎乗を取り止めました(乗り替わり)


 大山真吾騎手は足を引きずっていて、一旦は担架で運ばれましたが、医務室では大丈夫そうな雰囲気。

 ただ、耳のあたりから出血があり、足も痛むので騎乗予定馬は乗り替わりに。

 メインの『兵庫ゴールドカップ』もかなり気合いが入っていたのですが、鴨宮騎手に託すことになりました。

※さきほど大山騎手と連絡を取りましたが「来週から乗ります!」と元気いっぱいでしたのでご安心ください♪

 そして迎えた『兵庫ゴールドカップ』は、快速揃いでハイペース必至。

 どの馬が逃げるかが大きな焦点となりました。

 好発を決めたのは3連覇をかけて臨んだナチュラリー。

 気合いをつけて笹田騎手が追っ付けます。

 ところが、その内側からス―っとあっさり先手を奪ったのは道営のアザワクでした。

 うわっ、めっちゃ速いやん!と思わず口にしそうになるほど速さでした。

 さてさて、他の各馬はと目をっやてると…

 1コーナーで6枠2頭が外にピューっと膨れていく!!

 アザワクが曲がり切れず外にいたナチュラリーなどを押し出した格好となったのです。

 うん、想定できなくもない事案ですが、やっぱり起こって欲しくなかった。

 古い園田競馬の関係者なら、チラッと頭をよぎったものがあったと思います。

 その昔、まだアラブが隆盛だったころの園田競馬に、道営からマルシンヴィラーゴという快速牝馬が遠征してきました。

 その追い切りで余りのスピードに、1コーナーを曲がり切れなかったというエピソードがあるのです。

 ぼくは実際に見てはいなかったのですが、先輩の方々から「あれはすごかった」とよく聞かされたものでした。

 その思いがあるので、雨馬場でスピード勝負必至となり、曲がり切れない馬が出てきませんように。と願っていましたのですが…。

 レースは、パかっと空いた内ピッタリを回っていたエイシンエンジョイが逃げ切って優勝!



 大山騎手が乗るはずだったタガノラガッツォが鴨宮騎手の騎乗で2着に。昇級でも通用するところを発揮したマリターが3着になりました。

 遠征馬は浦和のブラックジョーが4着になったのが最先着でした。

レース結果はコチラ



 レース後の吉原寛人騎手のインタビュー。

 「みんなケガがなくて良かったです」と他陣営を気遣う吉原寛人騎手はさすがです!





 橋本忠明調教師のインタビュー。いやぁ、今年は重賞勝ちまくってます♪

◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇

 あっ、そうそう、そう言えばきのうは楽天競馬YouTubeライブ配信ができないという通信障害も起きていました。いろんなことが重なったきのうの園田競馬でございました。来週は何事もありませんようにm(__)m

 無観客開催が終わっても、開催日はブログ『竹之上次男.com』を更新しています♪






最終更新日  2020年10月10日 17時12分35秒
2020年10月03日
カテゴリ:竹之上 次男
土曜日担当は、園田競馬実況の竹之上次男です。

 生観戦をお楽しみいただいたファンの皆さま、誠にありがとうございます。

 引き続き、ご不便をおかけしますが、どうぞご理解の上、ご協力くださいますよう、よろしくお願いします。

 開幕初日の状況を動画にまとめてみましたので、どうぞご覧ください♪





 開幕からの3日間の日々の更新はコチラ↓↓

 竹之上次男.comでお伝えしていますのでご覧ください。

◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇

 来週は金曜日にナイター競馬で『兵庫ゴールドカップ』(10月9日・1230m)が行われます。

 今年から全国交流の重賞として生まれ変わりました。

門別 アザワク(牝3・角川秀樹厩舎)
浦和 エッシャー(セ6・小久保智厩舎)
浦和 ブラックジョー(セ7・小久保智厩舎)
川崎 プリモジョーカー(牝3・内田勝義厩舎)
高知 スリラーインマリナ(セ・7田中守厩舎)

 上記の各馬が参戦!

 迎え撃つ地元勢は、昨年の覇者ナチュラリー(牡6・新子雅司厩舎)が、遠征馬を撃破して連覇達成なるか!?

 今年に重賞を2勝挙げている、昨年3着馬のエイシンエンジョイの巻き返しなるか!?

 上記2頭に前走で先着し、ダートグレードでも5着だったナムラムートも有力候補の一頭。

 オープン3連勝中、この距離7勝と適性断然のミカエルシチーが別路線から参戦!

 さらにA2からの昇級戦でも、決め手はオープン級のマリターにも注目です!

 激しいレースが展開されるのは間違いない『兵庫ゴールドカップ』は10月9日(金)にナイター競馬で開催されます、どうぞご期待ください♪

 なお、前走で『園田チャレンジカップ』を勝ったナリタミニスターは、前日の木曜日に出走する予定です。こちらにはイルティモーネも参戦するようです。こちらも注目です!






最終更新日  2020年10月03日 16時51分00秒
2020年09月26日
カテゴリ:竹之上 次男
土曜日担当は、園田競馬実況の竹之上次男です。

 来週の水曜日、9月30日から園田競馬場でもお客さまの入場がスタートします!

 ただ、注意事項などもありますので、十分ご確認ください。

 詳しくはコチラ(園田競馬HP)

 検温とか手指消毒、マスク着用など、まだまだファンの皆さまにはご不便をおかけしますが、何卒ご協力のほど、よろしくお願いします。

 園田競馬場では、入場制限はしていません。およそ2000名ほどの想定だそうです。

 それでも、これまで7ヶ月間まったく競馬場に行くことができなかったファンの皆さんが、多く詰めかける可能性があり、大混雑しないか心配なところもあります。

 というのも、最寄り駅の阪急・園田駅からファンバスをご利用いただくわけですが、通常通りの満杯状態ではなく、かなり少なめの乗車数での運行となります。

 バス5台をピストン運転するわけですが、果たしてそれで捌き切れるのか。

 特に、ナイター競馬のときはどうなるのか…。

 乗車するまでの待ち時間が長くなることも考えられますので、ご注意お願いします。

 そして、入場再開にあたり、いまから一番大事なことを言います!

体調不良の方は、決してお越しにならないでください!

 こんなこと、コロナに関係なく、当たり前のことですからお守りくださいね♪

 園田競馬へ入場できる最終日ではないのです!今年度、最初の日なのです!!

 だから、今回行けなくても、また次の機会にご来園いただけるチャンスが必ず巡って来るのです!どうぞ心に余裕をお持ちください♪

 体調が悪く、免疫力が下がっているときに、混雑するところに行って病気をうつされてしまう。そして重症化してしまうとなったら大変です。

 どうぞご自身のためにもご自重ください。

 たぶんコロナ以前は、しんどいけど無理して外出して、誰かに病気をうつしたり、誰かからうつされたりしたことがあったんだろうなと思う。そうしてインフルエンザなどが感染拡大していたのだろうと。

 それがコロナ禍で国民の意識が高まり「混雑は避けよう」とか「少ししんどいから家にいよう」とかの考えから感染拡大防止に繋がっているのかなと思う。

 だから皆さん無理はしないでくださいね♪

 とにかく、日常に向けて大きく前進です!

〓Weeklyトピックス〓

★園田プリンセスカップはラジアントエンティ

 木曜日には2歳牝馬の重賞『園田プリンセスカップ』が行われ、ホッカイドウ競馬からの遠征馬ラジアントエンティが1番人気に応えて優勝。2着以下に5馬身差をつける圧勝でした。

 騎乗したのは地元兵庫のリーディングジョッキー吉村智洋騎手でした。スタートを決めてハナを奪うと速い流れでレースを進め、追走する各馬を振るい落として完勝。これで通算3勝目、そして重賞初制覇となりました。

 地元のアイルビーゼアがロスなくインぴったりを回って2着に食い込み、道営のマイハンプスが3着という結果でした。

成績はコチラ



 吉村騎手のインタビュー




※撮影:三宅アナ

★来週は姫山菊花賞

 来週の園田競馬も重賞レースが組まれています。10月1日木曜日、全国交流の『姫山菊花賞』が行われます。

 今年は強力な遠征馬がエントリー。現在は浦和所属ですが、JRA所属時代に、重賞『マーチステークス』を勝っているセンチュリオンが参戦します。昨年、浦和で行われた『JBCクラシック』で3着と好走していて、実績は断然の存在です。

 迎え撃つ地元勢は、『摂津盃』を快勝したジンギが筆頭格。レースごとの成長も見られ、まさに伸び盛りを迎える4歳馬。実績で勝る相手に成長力でどこまで迫るか注目です。ただ、残念ながら主戦の田中学騎手が騎乗停止となり、乗り替わりが決定しました(高知・赤岡修次騎手)。

 他には重賞10勝馬エイシンニシパ、重賞7勝馬のマイタイザンも出走予定。ともに7歳ながらも、休養効果でいい状態でレースに臨むとのこと。ご期待ください!

 10月1日、ファンの皆さんが見守る中で行われる『姫山菊花賞』にどうぞご注目ください。

★日々の更新

 『竹之上次男.com

 遂に無観客競馬レポートも、91日目で最終回を迎えました!

◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇

 およそ7ヶ月ぶりの飲み会♪



 吉田さんは元気にしてはりますよ♪






最終更新日  2020年09月26日 16時08分13秒
2020年09月19日
カテゴリ:竹之上 次男
土曜日担当は、園田競馬実況の竹之上次男です。

 来週からは4週間連続で重賞レースが組まれ、本格的な秋の競馬シーズンを迎えます。

 その皮切りとなる来週は、2歳牝馬限定重賞『園田プリンセスカップ』が行われます。例年、他地区からの強力が遠征馬が出走しますが、今年もレベルの高いホッカイドウ競馬から4頭が参戦!

 重賞で3着の実績を残すマイハンプスは逃げ差し自在で大崩れしない堅実派。ラジアントエンティは、芝のレースこそ大敗していますが、デビューから2連勝した素質馬。

 ラストスタンドは2歳馬らしからぬ、後方からの差し脚が武器の末脚自慢。デスブローは逆にスピード自慢、ハナさえ切れれば好走必至のタイプ。

 ただ一頭、佐賀からの遠征となるラストシャワーも、元々はホッカイドウ競馬出身で門別で2勝を挙げている実力馬。侮れない存在です。

 迎え撃つ地元馬はデビューから2連勝中、負けなしのフセノチェリーが筆頭格。レースぶりも大人びていて、相手強化にも十分対応可能と見ます。

 アイルビーゼアはホッカイドウ競馬出身で、3着を外していない安定味がウリ。古巣の強豪に立ち向かいます。

 9月24日(木)に行われる『園田プリンセスカップ』にどうぞご期待ください♪





※昨年の園田プリンセスカップ。優勝馬スティローザ(船橋・矢野義幸厩舎)

〓Weeklyトピックス〓

★タイザンの動向

 杉浦騎手が主戦を務める、注目馬が帰厩。秋初戦へ向けて準備が整いつつあります。

 兵庫ダービー馬ディアタイザン(牡3・碇清次郎厩舎)と重賞7勝馬マイタイザン(牡7・新井隆太厩舎)が北海道から帰って来ました。

 杉浦騎手は「どちらも良い感じで帰って来ましたよ」とワクワクしている様子。

 「マイは姫山菊花賞からスタートします。ディアは10月に一度叩いてから、楠賞に向かいます」と今後のローテーションも教えてくれました。

 うん、これからの秋競馬を一層楽しみにさせる役者が揃いつつある。楽しみや♪

★日々の更新

 日々の更新は『竹之上次男.com』をご覧ください。

◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇

 来週は変則の開催。水曜が薄暮競馬、木曜がデイ競馬。金曜がナイター競馬となっています。

 発走時刻は公式発表で、しっかりご確認くださいm(_ _)m






最終更新日  2020年09月19日 09時19分16秒
2020年09月12日
カテゴリ:竹之上 次男
土曜日担当は、園田競馬実況の竹之上次男です。

 きのうのナイター競馬で、重賞レース『園田チャレンジカップ』が行われ、1番人気のナリタミニスターが好位から抜け出し快勝しました。

 今年は他地区からの遠征馬はなく、地元馬だけのレースでした。それでも昨年の覇者エイシンエンジョイ、そのとき2着だったナチュラリーに、新興勢力のナリタミニスターとナムラムートが挑む図式。さらに末脚鋭い実力馬イルティモーネ、摂津盃2着のヒダルマと役者は揃いました。

 スタートを決めた昨年の1、2着馬が先行争いを繰り広げ、その後ろにナムラムート、ヒダルマが続き、5番手にナリタミニスター。イルティモーネは中団からレースを進める展開。

 ナリタミニスターにとって、これまでとは違う馬群に揉まれる形になりましたが、4コーナーで狭いところをこじ開け抜け出しに成功。直線も力強く伸び、迫ってきたナムラムートを抑えて優勝しました。

 同馬は、これで重賞2勝を含む5連勝。兵庫県の短距離路線で、確固たる地位を築いたと言えます。

 なお3着には中団から追い上げたイルティモーネが入り、先行した昨年の1、2着馬は4着、5着に敗れました。

 今回は新興勢力が既成勢力を上回りましたが、10月9日には1230mの重賞『兵庫ゴールドカップ』が組まれていて、再戦の可能性が大いにあります。敗れた各馬の巻き返しにも注目です!実力馬揃いの短距離重賞路線の今後にご期待ください。











 管理する坂本和也調教師のインタビュー。



 騎乗した吉村智洋騎手のインタビュー。

〓Weeklyトピックス〓

★日々のトピックスはコチラへ

 『​竹之上次男.com​』

◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇

 きょうはキッザニアに付き合わされてヘトヘトになった一日でした(;'∀')ネムタイ…デモノム…






最終更新日  2020年09月12日 22時21分00秒
2020年09月05日
カテゴリ:竹之上 次男
土曜日担当は、園田競馬実況の竹之上次男です。

 9月3日(木)、3歳限定重賞『第3回園田オータムトロフィー』が行われ、1番人気に支持されたステラモナークが逃げ切って快勝しました!

レース結果はコチラ


※撮影:三宅きみひとアナ



 インタビューの中にもあるように、他馬との接触があって馬が行きたがり、オーバーペースになっていたとのことです。

 それでも4馬身差をつけて圧勝するわけですから、本当に強い!!

 そして地方通算70勝目の重賞勝利となった下原理騎手。この日が誕生日で、見事に重賞勝利兵庫タイ記録を樹立とはさすが!!



 下原騎手は、本当に大一番に強い!

 43歳でまだまだ元気!「50歳までは現役でやりたいです」と言う下原騎手。兵庫生え抜きで、重賞100勝到達も十分可能じゃないかなと思います。まず今年でもあと何勝積み重ねるか注目です♪


 そして、新子調教師も凄い!

 今年の重賞9勝目!一体、あと何勝するんやろ!?

 ステラモナークはこれが重賞5勝目。この数字は年度代表馬級の活躍!

 ということは最優秀3歳、最優秀牝馬とのトリプル受賞もあるかも!いや、さらに最優秀短距離ホースにも選ばれる可能性もあり、前代未聞の大記録の予感!!

 そのように投票してしまいそう。

 次走以降はオーナーさんとの相談とのことですが、名古屋の『秋の鞍』→『楠賞』→『兵庫ゴールドトロフィー』という青写真もあるらしい。

 新子調教師に直接話を訊くことができていませんが、また来週にでも話をしてこよう♪

 『楠賞』では兵庫ダービー馬ディアタイザンも目標にしていて、再戦が楽しみや(∩´∀`)∩

〓Weeklyトピックス〓

★トピックスは竹之上次男.comで

 トピックスは『竹之上次男.com』で日々の更新をしていますので、ご確認ください♪

◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇

 【皆さまにご報告】

 実を言いますと、わたくし、いわゆるコロナ太りをしていました。

 だけど2週間前からビリーズブートキャンプ(約30分)を再開。

 体重が一気に減ったわけではないですが、中身が多少変わってきたなと♪

 まだまだ続けて、ファンの皆さまの前に登場するときには、ちょっとマシになっていたいと思います。

 応援よろしくお願いしますm(_ _)m






最終更新日  2020年09月05日 14時55分22秒
2020年08月29日
カテゴリ:竹之上 次男
土曜日担当は、園田競馬実況の竹之上次男です。

 8月は重賞は『摂津盃』のひと鞍でしたが、9月は『園田オータムトロフィー』(3歳・1700m)、『園田チャレンジカップ』(3歳以上/地区交流・1400m)、『園田プリンセスカップ』(2歳牝馬/全国交流・1400m)と3つの重賞が組まれています。

 来週の9月3日木曜日は、第一弾の重賞レース『園田オータムトロフィー』。

 3歳馬限定戦で、これまで重賞4勝を挙げているステラモナークが人気の中心になりそうです。

 世代の頂点を決める『兵庫ダービー』で2着に敗れたレース以来となりますが、1700mに距離短縮されることも歓迎で、重賞5勝目なるか注目です。

 また騎乗する下原理騎手は、当日が43歳の誕生日。バースデーWINと重賞70勝という兵庫タイ記録とダブルでの達成が期待されます。

 8月13日に行われたトライアル『クリスタル賞』の上位3頭も当然注目。中でも勝ったエイシンガネーシャは鋭い決め手が持ち味で、勢い駆って重賞制覇を目論みます。

 このとき4着に敗れた2歳の重賞『園田ジュニアカップ』の勝ち馬イチライジンも、巻き返しを期してエントリー(西日本ダービーと両睨み)。

 メンバー中、最多の7勝を挙げるユウキラフェールは、現在3連勝中。4走前に重賞では大敗していますが、秋になっての成長には注目です。

 古馬戦で連勝中のトライバルキングも成長著しく、秋に大輪を咲かせる可能性が十分にあります。

 来週の木曜日、好メンバーが揃った『園田オータムトロフィー』にご期待ください。

 予想会などもありますが、まだまだ無観客競馬が続いています。

 もうそろそろ入場することができるようになるのかどうか?

 他地区では、徐々に解放されつつあります。



 このように、園田競馬場でも準備はされていますので、その方向には向かっているということでしょう。ですが、正式な発表がありますまで、もうしばらくお待ちください。

〓Weeklyトピックス〓

★吉村騎手が、今年7度目の一日5勝

 おとといの木曜日、吉村智洋騎手が一日5勝の大活躍を見せました。今年は一日6勝の兵庫タイ記録を2度も達成している吉村騎手ですから、5勝は当たり前のように思えてしまいます。

 しかし一日5勝も、8鞍までの制限がある中での記録で、決して楽に達成できるものではありません。

 昨年、吉村騎手は一日5勝以上を6回記録していました。そして、今年はこれが7度目の達成。8月の時点で既に昨年の記録を塗り替えるというハイスピードで固め勝ちを続けています。

 さらにきのうのナイター競馬では、第5レースから第8レースまで4連勝を記録するなど、勝ち鞍の量産ペースも止まりません。

 近い将来、一日7勝の兵庫新記録もあっさりクリアしてしまうかも知れません!どうぞご注目ください。

★日々のあれこれ

 『竹之上次男.com』もどうぞご覧くださいm(_ _)m

 探偵ナイトスクープの話も、コチラで書くことにします♪

◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇

 きょう、目的も決めずふらっと家族と行った京都府綾部市。



 お昼ご飯を食べて、駐車場に戻ってみたら、なんちゅーこっちゃ!!

 確かに、ジリジリと焦げるような感じの暑さでした( ;´Д`)






最終更新日  2020年08月29日 16時14分32秒
2020年08月22日
カテゴリ:竹之上 次男
土曜日担当は、園田競馬実況の竹之上次男です。

 今週は暑すぎた…。




 はぁ、39℃超えとは…。

 ひょっとしてこのあと、40℃を超えるんちゃうかと思っていたけど、実際はこれがピークでした。

 よかった…。

 いやぁ、こんな中でレースをしている騎手や馬、厩務員さんや関係者も大変です…。

 毎年思うのですけど、真夏に一週間から10日ぐらい休む期間があってもいい。

 兵庫県競馬はシーズンオフが全くないので、年末年始開催のあととか、年度末とかも休むのにいいタイミングかも知れませんが、人にも馬にもツラい季節の真夏に休みがあってもいいと思うのです。

 もちろんそれぞれのセクションで、休むことによって不都合が生まれるかも知れません。

 なので十分協議は必要。ただ、以前にはシーズンオフが兵庫にもありました。ということは実現可能だということ。

 真剣に向き合うべきやと思うなぁ。

◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇

 日々の更新は『竹之上次男.com』で。






最終更新日  2020年08月22日 11時29分39秒
このブログでよく読まれている記事

全665件 (665件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 67 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.