楽天競馬
地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ  楽天競馬ブログ 6777060 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


楽天競馬ライター

フリーページ

ランキング市場

楽天カード

全590件 (590件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 59 >

竹之上 次男

2019年05月18日
XML
カテゴリ:竹之上 次男
土曜日担当は、園田競馬実況の竹之上次男です。

  今週からはちょこちょこ、その金ナイターの写真を載せていくことにします♪

  と言うて、大した写真は撮ってませんが(^_^;)




 SKNフラッシュ8のメンバーによる、第5レース予想会の模様。

 この日はまなみんと新メンバーの大野亜季ちゃんが出演でした。




 まなみんがラジオ大阪さんに差し入れしたもののおすそ分け♪



 ナイターモード全開!



 こちらはラジオ大阪の公開生中継の模様。



 いや、三野さんいらんし…。



 この日のゲストは稲富菜穂ちゃん。

 これまでは『競馬展望プラス』という番組があって金曜の夜は園田に来ることができなかったのですが、ようやく初ナイターでラジオ出演!
 

 外付けスピーカーがあって、中に入れなくても中継は聴くことができる!



 メインはアサヒスーパードライカップ。

 アサヒビールさんが、ビールを差し入れてくださいましたが、さすがに飲めず…。



 帰ってから、自腹購入のスーパードライをしっかりいただきました♪

〓Weekyトピックス〓

★チャービルがのじぎく賞制覇!

  5月16日木曜日、3歳牝馬の重賞『のじぎく賞』が行われ、7番人気だったチャービルが低評価を覆して中団から差し切って優勝。通算4勝目で、重賞は初制覇となりました。騎乗した中田貴士騎手は重賞2勝目。2016年に高知競馬への遠征中に重賞を勝っていましたが、園田での重賞勝ちは今回が初めでした。

  大井から遠征したグレースレジーナが2着。1番人気に支持されたリリコは追い上げ及ばす3着でした。










※この写真だけ、プロカメラマン斎藤寿一氏のもの

 いやぁ、中田騎手素晴らしかったよ♪

★下原騎手が一日6勝の兵庫タイ記録!

  15日水曜日に、下原理騎手が一日6勝の兵庫県タイ記録を達成しました。この日は第4レースから騎乗して8着に敗れましたが、続く5レースで1番人気ナイトオブスターズに騎乗して快勝。<

  ここから下原騎手の快進撃が始まります。6レースでは、4番人気ピエナトビーズで2番手から抜け出して勝利。7レースも4番人気だったキョウワオルレアンで逃げ切り勝ち。

  次に騎乗した9レースでは1番人気ゲンパチファインドで馬群を巧く捌いて直線抜け出し、この時点で騎乗機会4連勝としました。続く10レースでは、前残りが続く園田の馬場で、中団からレースを進める厳しい位置取り。それでも勝負どころからインコースを通ってポジションを上げて行き、直線も内ラチ沿いからスルスルと抜け出して突き抜けて見せました。これで5連勝。



 5連勝達成直後の下原騎手。「いやぁ、勝てるとは思いませんでした。あんな形で前が開くなんて考えられないですから」とやや興奮気味に振り返ってくれました。

  そして迎えたこの日のメインレースでは、2番人気のステップシュートに騎乗しました。好スタートから2番手に取り付くと、直線で楽々と抜け出して3馬身半差をつける楽勝。一日6勝の兵庫県タイ記録を騎乗機会6連勝で達成しました。

  最終レースでは残念ながら惜しくも2着に敗れ、新記録の樹立はなりませんでしたが、翌日に2勝、そしてきのうのナイター競馬では4勝を挙げて、今週は12勝と大活躍した下原騎手。リーディング争いでも、先週までは17勝差があったトップの吉村騎手に、この快進撃で8勝差まで迫りました。今後もこの争いは注目です!



 6連勝して、一日6勝の兵庫県タイ記録を樹立して最初に書くサイン♪

◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇

 30人規模で行われた同窓会は楽しかった♪

 来年は50歳になる年なので盛大に行われるとのこと。ぼくは司会をせなあかんかも知れないけど、徹底的に呑んでやるつもり♪






最終更新日  2019年05月21日 15時24分07秒
2019年05月11日
カテゴリ:竹之上 次男
土曜日担当は、園田競馬実況の竹之上次男です。

 令和元年のその金ナイターは第2周目が終了。今年は11月8日までの28週間にわたって行われますので、どうぞご期待ください。

 きのうのメインレースではオープン特別が行われ、2番人気のタガノカピートがスタート決めてハナを奪い、そのまま逃げ切って勝利しました。

 下級条件から9連勝してオープンに昇級。しかしオープン特別と重賞で連敗して一度は壁に突き返されてしまいました。それでも前走で快勝して、今回で2連勝。次走は6月20日に行われる820mのスーパースプリント戦『園田FC(エフシー)スプリント』で初重賞制覇を狙います。

 勝利後のインタビューで騎乗した下原騎手は、距離が延びての適性を聞かれて「短距離馬です」とキッパリ答えていました。

 スタートの良さは820mで一番大事なこと。他地区からいつも強力なスピードが参戦しますが、それらを打ち破るような快速を披露してもらいましょう!

 さて、きのうに撮った写真は…



 帰ってきてからのこの一枚だけ(;'∀')

 その金ナイターをアピールするために、来週以降はもうちょっとええ写真を撮ってアップしますm(__)m

〓Weeklyトピックス〓

★吉村騎手が騎乗機会6連勝!

 5月8日水曜日の園田競馬で、吉村騎手が第1レースから第4レースまで4連勝しました。先週の金曜日にはメインの『兵庫大賞典』を快勝し、最終レースでも勝っていて、これで開催日2日間にわたっての騎乗機会6連勝となりました。その後のレースで兵庫県競馬タイ記録となる7連勝を目指しましたが、7着に敗れて記録達成はなりませんでした。

 それでも吉村騎手なら今後必ず達成するのではないかと思わせます。今週は7勝を挙げた吉村騎手、今年の勝利数は121勝となり、リーディングトップを独走しています。2年連続の全国リーディングも十分に期待できそうです。

★永井騎手が自身初の一日3勝!

 5月9日木曜日はデビュー3年目、永井孝典騎手が大活躍。第1レースで9頭立ての7番人気キュテリーに騎乗して、ハナを奪ってそのまま逃げ切り勝ちを収めます。第6レースでは、3番人気ブレイヴシーンでまたもや逃げ切り。8レースは断然人気の支持を集めたクールフォールに騎乗して、5馬身差の圧勝。永井騎手にとってデビューして以来初めての一日3勝の固め勝ちとなりました。

 永井騎手はデビューした年、当時の兵庫県新人最多勝となる33勝をマーク(昨年、石堂騎手が更新)。昨年は27勝で伸び悩んでいましたが、今年の4月からルール変更により、マイナス1キロの減量が復活していました。今年はこれまで16勝。その内、減量が復活してからの1ヶ月半で8勝を挙げていて、勝ち鞍の量産ペースが上がっています。

 さて、その永井騎手はJRAでよく馬券を買っていて、予想には少々自信を持っているそうです。

 最近ではその予想を自身のTwitterで披露して、的中も数多くあるみたいですよ♪

 興味のある方は、少し乗ってみてはいかがでしょうか?

 でも、それ以上に彼の騎乗ぶりにご注目ください♪

★来週の木曜日はのじぎく賞

 5月16日(木)に3歳牝馬重賞『のじぎく賞』が行われます!

 大井からの遠征馬グレースレジーナは、新馬勝ちがあり、重賞の『東京プリンセスカップ』4着馬で、実力は相当のものがありあそう。これまで南関東勢は思ったほど遠征で結果を残せていない現状ですが、果たして今回は!?

 迎え撃つ、地元馬ではリリコやアヴニールレーヴが有力候補。

 リリコは重賞は1勝ですが、2着4回3着1回と常に好走している実力馬。4走ぶりに地元戦に戻って巻き返しなるか注目です。

 アヴニールレーヴは重賞未勝利ながら、2着は2回あり、ここ2走はオープン特別連勝していて確実に力を付けています。

 全国世代別牝馬シリーズ『GRANDAME-JAPAN』3歳シーズンの一つに数えられている一戦。ポイントでは出走予定馬の中では最上位の4位につけているリリコにとっては、非常に重要な戦いとなりそうです。ご注目を♪

◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇

 ヴィクトリアマイルは、ぼくはアエロリットから!

 果たして永井騎手はどの馬から狙うのか!?






最終更新日  2019年05月11日 21時23分16秒
2019年05月04日
カテゴリ:竹之上 次男
土曜日担当は、園田競馬実況の竹之上次男です。

園田競馬のゴールデンウィークシリーズをお楽しみくださった皆さま、ありがとうござい。引き続き、各地の競馬でお楽しみください♪

わたくし、きょうとあすはラジオ出演のお休みをいただいたので、超久しぶりにゴールデンウィークを満喫します!

では、また来週の園田競馬でお会いしましょう。

〓Weekyトピックス〓

※筆者の都合によりお休みします。

◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇



兵庫CS快勝のルメール騎手。

NHKマイルカップは、ルメール騎手とレーン騎手を買う♪






最終更新日  2019年05月04日 11時21分27秒
2019年04月27日
カテゴリ:竹之上 次男
 土曜日担当は、園田競馬実況の竹之上次男です。

 来週はいよいよゴールデンウイークシリーズ。火曜から金曜までの4日間開催です。いずれも祝日で、平成から令和に時代が移り進む開催です。

 この期間中、重賞レースは3歳馬のダートグレード競走『兵庫チャンピオンシップ』が5月2日に、春の古馬王者決定戦『兵庫大賞典』が5月3日、今年最初のナイター競馬当日に行われます。

 『兵庫チャンピオンシップ』は、JRAから5頭が参戦。このレースでは、現在JRA勢が7年連続3着までを独占。そのうち6度は5着までを独占されているように、地元を含む地方勢は全く歯が立たない状況が続いています。

 当然今年も注目はJRA勢で、中でもデビューから2連勝のクリソベリルがその旗頭。鞍上にルメール騎手を迎えて、さらに人気を集めそうです。『ヒヤシンスステークス』では2着でしたが、ダートで通算3戦2勝のヴァイトブリックも有力候補の一頭。他にゴールドラグーン、ダイシンインディー、メスキータが出走予定です。

 今年のナイター開幕日に行われる『兵庫大賞典』は、昨年の覇者マイタイザンが連覇を懸けて出走。昨年は2着、3着だったキクノソル、エイシンニンシパも参戦予定。そこへ六甲盃を制したタガノゴールドが加わり、激戦必至のメンバー構成です。

 また連日イベントも開催。中でも注目は4月30日の岩田康誠騎手、岩田望来騎手トークショー。園田ならではの親子トークは必見です!

 お笑いライブでは、U字工事、おかずクラブ、たくろうの皆さんが出演します。お子様向けイベントでは『騎士竜戦隊リュウソウジャーショー』を開催。

 他にも安藤勝己さんのトークショーや、新メンバーとなったSKNフラッシュ8のお披露目など、盛りだくさんの内容でお届けします。詳しい日程や内容などは、​園田競馬の公式ホームページ​でご確認ください。​

 いよいよ始まるゴールデンウイークシリーズ。平成の締めくくりは園田競馬で、そして令和の幕開けも園田競馬でお楽しみください♪

◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇

 平成最後の天皇賞があす行われます。

 これまでイングランディーレが勝ったときの3連複や、ビートブラックが勝ったときの3連複、ゴールドシップが勝ったときの3連複など、まぁまぁいい配当の天皇賞を当ててきたぼくは、周りから「平成の盾男」と言われたものでした。※勝手に言わせてください

 たぶん、天皇賞だけで言えば、通算プラスじゃないかなと思います。

 なので最後もバシッと当てて見せましょう♪

 買い目は、当日のTwitterで♪



 楽天競馬さんをはじめ、東京のスポーツ新聞各社を回って園田のゴールデンウイークシリーズをアピールしてきましたよ♪






最終更新日  2019年04月27日 22時11分32秒
2019年04月20日
カテゴリ:竹之上 次男
土曜日担当は、園田競馬実況の竹之上次男です。

 4月18日のメインレースで『大日本プロレスカップ』が行われました。レスラーの河上隆一(かわかみりゅういち)選手がプレゼンターとして登場。2014年から続く競馬場プロレスをアピールしました。

 今年は6月14日に開催が決定。6年目となる今回は初めて、重賞競走が行われる日の開催となります。当日は、ナイター競馬でプロレスの迫力を楽しみながら、重賞『六甲盃』をご堪能ください。

 また、毎回恒例となった表彰式でアナウンサーにプロレスの技をかける儀式では、今回はわたくしにスリーパーホールドをかけて締めくくりとなりました(;'∀')



 スリーパーをかけてきよった河上隆一!



 ちょっと!オレ落ちかけてない!?



 えっ!?鴨宮騎手帰りかけてない??



 でも、まあまま仲が良かったりするのです、ハイ♪

 とにかく、今年も園田競馬場でプロレスが観られます!

 入場たったの100円で♪

〓Weeklyトピックス〓

★JRA交流、地元馬が連勝!

 4月18日に行われたJRA交流『広峰山特別』では、地元馬のチャービルが5番人気の低評価を覆して快勝。中団から鮮やかに差し切って、前回の『摩耶山特別』のベルリーフに続いて、地元馬の勝利で終わりました。

 勝ったチャービルは前走の3歳B特別に続く2連勝。このあとの3歳牝馬の重賞『のじぎく賞』に向けて弾みをつける良い内容のレースぶりでした。

 管理する野田調教師は「脚をためて末脚を伸ばすより、道中から流れが速いレースの方があってるけど、どれだけやれるか挑戦してみます」と距離延長の1700mとなりますが、重賞制覇へ意欲満々でした。

 2着はJRAのメルヘンステージでしたが、3着にはドボジョ、4着にホマレボシセーラ、5着にハシノオージャと地元勢が上位を固めてJRAを圧倒する結果となりました。

★再来週はGW開催!

 来週は火曜水曜木曜の3日間。そして、再来週は火曜から金曜までの4日間で、いよいよゴールデンウィークの開催です。平成から令和へ時代が移り進む開催でもあります。

 5月2日は、JRAとの交流重賞『兵庫チャンピオンシップ(Jpn2)』が行われます。園田競馬の令和最初の重賞レースで、現在のところJRAからはデビューから3連勝でオープンの『伏竜ステークス』を快勝したデアフルーグ、デビューから2連勝がいずれも圧勝のクリソベリルなどが登録しています。

 翌日の5月3日は今年のナイター競馬の初日で、重賞レース『兵庫大賞典』が行われます。連覇を目指す昨年の年度代表馬マイタイザン、今年すでに重賞2勝を挙げているエイシンニシパなどが出走予定。春の古馬最強馬決定戦をお楽しみください。

 イベントなども盛りだくさんの内容でおとどけする、園田競馬のゴールデンウイークシリーズ。詳しい内容は、来週にお伝えすることにします!

◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇

 きのうNHKで放送された新子(あたらし)調教師の密着映像。そら、園田でリーディング獲るわ!って内容でしたよ♪いやぁ、すごい人やで新子という漢は!






最終更新日  2019年04月20日 20時14分14秒
2019年04月13日
カテゴリ:竹之上 次男
土曜日担当は、園田競馬実況の竹之上次男です。

 4月11日、園田競馬の平成最後の重賞『菊水賞』が行われ、断然の1番人気に支持されたジンギが好位から抜け出して快勝。3歳三冠初戦を制しました。



 ジンギに注目が集まる中、2番人気はジンギに唯一黒星を付けたアイオブザタイガー。3番人気はJRAからの移籍初戦となるエナキョウ。2歳王者テンマダイウェーヴは6番人気となりました。

 好スタート切ったアイオブザタイガーが逃げ、それをマークするようにジンギが2番手に。テンマダイウェーヴが3番手につけ、エナキョウはスタートで大きく出遅れて最後方からのレースとなってしまいました。

 勝負どころの3コーナーでは持ったままで先頭に並びかけたジンギ。こうなると逃げていたアイオブザタイガーは苦しくなり4コーナーまでは食い下がりましたが敢えなく後退。そこへ好位で脚をためていたテンマダイウェーヴ、後方から追い上げたエナキョウが迫って直線を迎えます。

 追い出してから楽々と突き放すジンギは追撃を余裕で振り切り、最後は2着以下に5馬身差を付けて楽勝しました。2着にはテンマダイウェーヴが粘り、スタートの出遅れが響いたエナキョウは3着に敗れました。

 勝ったジンギは通算5戦4勝で重賞2勝目。父ロードカナロア、母はJRAでダート4勝のロイヤルインパクト。母の父ディープインパクトという良血馬で、次はJRAの強豪が集う5月2日の『兵庫チャンピオンシップ』を目指す予定。平成最後の重賞を制し、令和最初の重賞も制することができるか注目を集めます。

 園田競馬の三冠レースは『菊水賞』→『兵庫チャンピオンシップ』→『兵庫ダービー』の3つのレースで行われます。

 JRAの強豪が集結する『兵庫チャンピオンシップ』は、地元勢が勝てるはずないレース設定。

 もういいかげん、同レースは三冠レースから外してもらいたいと思う。かつてロードバクシンが勝って、三冠馬に輝いたことがありますが、もうすでに20年程前のこと。

 当時と今では、比べ物にならないぐらい、JRA勢の出走馬レベルが上がっています。

 今年の『菊水賞』の勝ち馬ジンギは、これまでの兵庫勢の活躍馬と比べても、かなり上位にランクされる力量。それでも、今年もJRAのダートで活躍する3歳馬は強力で、太刀打ちできるとは思いにくい…。

 それでも期待したいほどの素質を秘めたジンギ。絶賛応援するわけですが、出ない可能性だって考えらえます。

 そんなレースをいつまでも三冠レースの位置づけにするのは馬鹿げているなと感じる。

 三冠馬なんて出るはずないやん!と思います。う~む、だいぶ前から言うてるけど改善せぇへにょなぁ…。

 それはさておき、ジンギを管理する橋本忠明調教師は、今年早くも4勝目の重賞勝ちで、通算15勝目のタイトル獲得となりました。

 そして、騎乗した田中学騎手は、これが通算51勝目の重賞勝ち。父の田中道夫師が騎手現役時代に挙げた重賞50勝を超えるタイトル獲得となったのです! 

 断然人気の馬で制覇した『菊水賞』ですが、今回はすごく緊張したと田中騎手は言います。

 これだけの実績を上げてきたベテランでも、緊張することあるんやなぁと感心。それでいて、レースでは簡単に勝っているかのように見せるわけですからさすがです!

 とにかく、ジンギの次走は注目です♪



〓Weeklyトピックス〓

★新人騎手ほろ苦デビュー

 菊水賞が行われた4月11日、新人ジョッキー木本直(きもと なお)騎手がデビューを果たしました。

 プロフィールは大阪府となっていましたが、実のところは兵庫県西宮市出身だということです(;'∀')

 デビュー戦となるはずだった第3レースは、騎乗馬が本馬場入場の際に暴れて、故障を発生。競走除外になってしまいました。そして木本騎手もこのときに負傷し、そのあとの6レースと7レースを騎乗したものの、痛みに耐えられず騎手変更となってしまうホロ苦デビューとなってしまいました。

 実は、このとき骨折をしていたとのこと(;'∀')

 詳しい診断結果は来週分かるそうですが、どうか早期復帰が叶いますように。


早期復帰を願う!

★長谷部騎手もケガで離脱…

 4月10日水曜日、第2レースに騎乗した長谷部駿弥騎手が、レースが終わった後に落馬して負傷。どうやらこちらも手を骨折した疑いがあるということで、すぐに乗り替わりとなり病院へ搬送されました。

 詳しいことは公式の発表を待ちたいところですが、少なくとも1ヶ月はかかるとのことでした。

 長谷部騎手と言えば、新年度から減量騎手の規定が変わり、-2kgの減量が復活していました。

 その効果もあって依頼が増え、勝ち星にも結び付いたことから、ますます騎乗数が増加しているところでした。

 う~む、残念でなりませんが、ここは焦らずじっくり直して、元気に復帰してもらいましょう!

 ★キクノステラが名古屋で重賞V

 名古屋競馬場で行われた古馬の重賞『東海桜花賞』が行われ、園田競馬から参戦したキクノステラが後方からマクリを決める豪快なレースぶりで快勝。重賞初制覇を成し遂げました。

 騎乗したのは名古屋の岡部誠騎手。管理する田中範雄調教師は通算56勝目のタイトルとなりました。

◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇

 皐月賞はサートゥルナーリアは外せないやろけど、ぼくはアドマイヤジャスタで勝負や!頼むで岩田!!






最終更新日  2019年04月13日 20時17分23秒
2019年04月06日
カテゴリ:竹之上 次男
土曜日担当は、園田競馬実況の竹之上次男です。

 耐震リニューアル工事が終わった姫路競馬場がグランドオープンを迎えました!



 何年か前に、イベントで来ましたが、リニューアル工事が終わってからは初めてなので楽しみ♪



 スタンド横で式典を開催するのです!



 スタンドはこんな感じ。

 本当は4階にあたる部分がせり出していて、ひさしのようになっていました。そこは以前は観客席になっていて、馬主席にもなっていたところです。

 耐震基準を満たすために、このたび撤去されることになったのです。



 ビジョンも新しくなっています。

 うしろの着順表示板は撤去される予定です。



 式典前には、フィルハーモニック・ウインズ大阪の皆さまによる演奏会が行われました♪

 式典ではテープカットが行われました。えーっと、わたくし司会を務めていましたので、写真がございません。あしからず…。



 で、SKNフラッシュ8の既存メンバー4人でファンサービス。

 このあと新メンバーを含めてのお披露目があるのですが、それまでは場内を散策♪



 ここはスタンド1階部分。うん、綺麗になってます!



 そして、ここが4階にある噂の卓球場!!

 めっちゃ卓球台があります!!

 未来のトップ選手たちが育っていくかも知れないので、今後は注目です!

 「わたし、姫路競馬場にある卓球場で練習して、オリンピックでメダルを獲得できました」という報告会ができる日を心待ちにしましょう♪



 ダンスレッスンが行えるスタジオが2部屋あります!

 是非とも有効利用してもらいたい。

 ご利用は、ひめたんスポーツクラブへお問い合わせください。

お問い合わせはコチラ>>>



 ここは馬主席。



 園田競馬場のようなラグジュアリー感はそれほどありませんが、以前に比べると格段に快適に過ごすことができそうです。



 こちらはファンの皆さまがご利用いただけるグループ席。



 なんかファミレス感がありますが、是非ともご利用ください♪



 5階にある特別観覧席。ここはスペシャルシート。



 そしてこちらがエクセルシート。



 こんな感じでゆったりと寛ぎながらレース観戦♪

 なお、料金などは公式発表をお待ちください。

 さて、ここからは業務エリア。



 まずは記者室へ入ってみましょう!



 がらんとしていますが、とにかく綺麗になっていますので、記者の皆さまご安心を。



 そして、わたしにとっての最重要施設。実況室です!!



 こちらもがらんとしております。でも、何もないのがいいんです。これからいかようにもできるわけですし。とにかく、クロスの張替え、床の張替えで綺麗に仕上がっております。ありがとうございます。



 空調も、以前のとは比べ物にならない良いものを設置してくださっています。

 せやのに…



 突然の、昭和感!!

 別に実況室にはいらないぐらいの物ですから、別にいいんですが(;'∀')



 実況室からの眺めは最高です!



 スタンドの裏側に回ると、パドックが見え、その向こうには凛とした姫路城の姿も!

 手書きの出馬表は、そのまま電子化はされないようです。まぁ、それはそれで味がありそうです。



 表彰式が行われるところ…。

 う~む、まったく手が付けられていなくて寂しい…。



 馬場はこんな感じですから、開催されるとなると全面改修されることになります。



 近くで見るビジョン。

 着順表示もこれでお知らせします。



 そしてここが馬場の内側にあるサッカー場。



 防災用の貯水池の横にあります。



 全面人工芝の素晴らしいグラウンド。



 真ん中のとこらへんにあるチューブからミストが噴射されて、気温の調整ができるそうです。



 姫路競馬場のスタンドは、高さは園田よりもありますが、横には長くなくこじんまりしています。



 そしてお待ちかね!新生なったSKNフラッシュ8♪



 また新メンバーの紹介をどこかの機会でさせてもらいましょう!

 以上が姫路競馬場フォトレポート。

 姫路競馬の開催は来年の1月以降となります。正式発表がありますまで、もうしばらくお待ちください。

 このあとも従来通り、園田競馬の場外発売を行います。そして、土日はウインズ姫路としてJRAの馬券を発売。

 さらにスポーツ施設が充実して、より一層地域密着型の競馬場として、愛されるようになることを期待します♪

〓Weeklyトピックス〓

★来週は菊水賞!

 来週の木曜日、4月11日に3歳三冠レースの初戦となる『菊水賞』が行われます。

 園田競馬における、平成最後の重賞競走です!!

 人気の中心となるのが前走『園田ユースカップ』を勝って重賞初制覇を成し遂げたジンギ。父がロードカナロア、母の父がディープインパクトという良血で、これまで4戦3勝の成績。初の1700mとなる今回も、折り合いに注文がつくタイプでもなく、むしろ距離延長がプラスに働く可能性の方が大きそうです。

 対抗格はホッカイドウ競馬出身のアイオブザタイガー。13戦6勝2着5回3着2回と堅実で、3走前にはジンギを破って勝利を挙げています。ただ、当時はジンギがキャリア2戦目だったこと、そして次走でジンギに返り討ちに遭っていることを考えると、逆転候補というより相手筆頭の立場となりそうです。

 JRAとの交流『摩耶山特別』を制したベルリーフは現在3連勝中と絶好調。末脚の切れ味はトップクラスで、重賞でも楽しみな一頭です。しかし距離の1700mは気性的な観点から、有利とはいえず、折り合いが課題となりそうです。

 2歳王者テンマダイウェーヴは精彩を欠く内容が続きますが、巻き返しが期待される実力馬です。笠松で重賞を勝ったオオエフォーチュンはJRA遠征で力をつけて一冠目を狙います。

 3歳三冠レースの初戦菊水賞は、4月11日の開催です。どうぞご期待ください。

◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇

 あすは桜花賞ですよん♪






最終更新日  2019年04月06日 16時31分31秒
2019年03月30日
カテゴリ:竹之上 次男
 土曜日担当は、園田競馬実況の竹之上次男です。

 平成30年度の園田競馬が終了しました。

 今年度もご愛顧いただいたファンの皆さま、誠にありがとうございます。

 地方競馬はインターネット発売の拡大に伴い、各競馬場が好調に売り上げを伸ばしています。園田競馬も昨年に比べ、111%の売り上げを記録。ファンの皆さまに厚く御礼申し上げます。

 来週から新年度を迎える園田競馬。ナイター競馬は5月3日からスタート。毎週金曜日のナイター競馬で、11月8日までの28週間にわたって開催されます。新年度も変わらぬご愛顧をいただきますよう、どうぞよろしくお願いします。

 そういえば、4月1日には新元号が発表されます。なんかドキドキ♪

〓Weeklyトピックス〓

★六甲盃は同部屋決戦!

 3月26日水曜日に重賞レース『六甲盃』が行われ、2番人気のタガノゴールドが1番人気に支持された同厩舎のメイショウオオゼキを破って優勝。2400mのステイヤーズ決戦を制しました。

 戦前から予想されたように長距離戦特有の超スローペースの展開。そんな中、タガノゴールドは好位の内で脚をためる絶好のポジションでレースを進めます。一方のメイショウオオゼキは大外の12番枠ということもあり、終始外目を回らされる形となりました。

 その内外の差が最後に響き、直線で先に抜け出したメイショウオオゼキに対し、最内から伸びたタガノゴールドとの叩き合いは、わずかにハナの差でタガノゴールドに軍配が上がりました。

 騎乗していた下原騎手はこれが通算54勝目の重賞勝ち。管理する新子調教師はワン・ツーフィニッシュを決め、通算24勝目のタイトル獲得となりました。

 同厩舎とは、相撲で例えれば同部屋。わたくし実況でも同部屋決戦!と喋っています。

 それ以外にも本馬場入場で相撲色満載で各馬を紹介しましちゃいました(;'∀')

 2着のメイショウオオゼキは4連勝でここを迎えましたが、同じくタガノゴールドも4連勝で出走だったなら、同部屋相星(あいぼし)決戦!と言っていたであろうと思います…。

※相星とは同じ星勘定同士のこと

 そういえば、4連勝で格上挑戦する予定だったイスズイーグルは登録だけにとどめて、自己条件に回って対決は叶いませんでした。

 叶っていれば相星決戦などとも言っていた可能性は、えーっと、100%ありました♪

 あっ、そのイスズイーグルは翌日に行われた自己条件戦で最後の直線で故障を発生しました。

 ただ、大事には至らず、無事だったそうです。騎乗していた吉村騎手によると、ミスステップしたんじゃないかということです。しばらくは脚が痺れて左後ろ脚を上げて歩いていたのだろうと言っていました。まぁ、無事でなりよりです。

 さて、例年2400mは年に一度しか施行されませんでしたが、今年は6月に年度替わりでもう一度『六甲盃』が行われます。そのときに、またこの同厩舎の2頭による再戦が注目されそうです。



 新子調教師(写真中央)は2日後に通算600勝を達成。

 そのレースに騎乗していた下原騎手、そして所属騎手の笹田騎手と「6」ポーズ!

 実はこのふたりは『六甲盃』でハナ差の接戦演じたタガノゴールド(下原騎手)とメイショウオオゼキ(笹田騎手)に騎乗していました。



 悔しいハナ差負けの笹田騎手が、6月の『六甲盃』では巻き返すのか!?

 それとも下原騎手が異例の連覇なるか!?

 はたまた、他陣営が優勝をさらうのか!?

★大関・高安関がプレゼンター!

 『六甲盃』当日は、田子ノ浦部屋デー。

 開門時には特製のちゃんこ鍋の振る舞いが行われました。



 鶏塩ちゃんこはホンマに絶品♪

 ぼくも少しいただきましたが、おにぎり持ち込んだらよかった(;^ω^)

 そして、高安関のトークショーも行われました。

 ぼくは仕事の関係上、観に行くことができませんでしたが、非常に盛況だったようです♪

 そして『六甲盃』のプレゼンターも務めてくれた大関。



 表彰前に、SKNフラッシュ8のまなみんとパチリ!

 どうやら大関とまなみんは同い年ということが判明!なんか仲良く喋ってましたよ、おふたりは♪



 みんなで記念撮影♪



 (下原)理ちゃんとガッチリ握手!



 そのたんとも握手♪

 それにしても、田子ノ浦部屋が園田競馬場に春場所の宿舎を構えてくれたことで、園田競馬は大いに盛り上がりました♪

 本当に感謝いたします!来年も是非ともお越しいただいて、盛り上げてもらいたいところです!

 平成最後の場所は白鵬が全勝優勝を成し遂げました。

 しかし、新元号に替わって初めて行われる5月場所(夏場所)は、是非とも高安関に決めてもらいたい!

 そして来年の春場所のころには、横綱になっているなんて嬉しすぎるんですけど♪

 田子ノ浦親方を始め、関係者の皆さま、本当にありがとうございますm(__)m



 田子ノ浦部屋千穐楽祝賀会のひとコマ。



 荒磯親方も大忙しだったことでしょうが、盛り上げてくださりありがとうございます。

◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇

 ドバイの日本勢を馬券を買って応援しよう♪






最終更新日  2019年03月30日 19時10分02秒
2019年03月23日
カテゴリ:竹之上 次男
土曜日担当は、園田競馬実況の竹之上次男です。

 岩手競馬が再開!

 いろいろと困難がありましたが、無事に今年も開催が行われることを、同じ地方競馬に関するものとして、非常に嬉しく思います♪

 そんな岩手競馬を応援しようと思えば、何をすればいいのか?

 それは明白で、馬券を買うのが一番!

 以前に東日本大震災で大きな被害を受けた岩手競馬。そのときも勝手に支援競馬を行いました。

 全く当たらなかったけど…。

 今回はしっかりと当てて、WinWinの支援競馬にするぞ!!

 と言いつつ、岩手競馬に全然詳しくないので、今回はお試しモード。

 狙うレースはあす(24日)の第11レース

出馬表はコチラ>>>

 本命は、おそらく人気の7番パッショノン。

 南関東から移籍後4連勝と力の違いを見せつけています。ここも一気の逃げ切りで5連勝を期待!

 相手は東海地区で重賞勝ちのある9番のヴェリイブライト。前回からの降級で前進可能と見る。

 次に南関東で本命馬と同じくらいの実績を持つ1番のエイシンニトロ。

 馬単 7→1、9

3連単 7→1、9→総流し

〓Weeklyトピックス〓

★3月26日は六甲盃!

 年度末を迎えている園田競馬。いよいよ来週が今年度最終開催の最終週、火曜水曜木曜の3日間の開催です。

 来週の火曜日、26日には重賞レース『六甲盃』が行われます。2400mの長丁場の一戦で、スタミナと折り合い、騎手の手綱さばきがより重要になります。

 例年ですと年に一回しか行われない2400m戦とお伝えするのですが、今年は新年度となる6月14日にもう一度『六甲盃』が行われるレアケース。

 ひょっとして一年に2度の『六甲盃』制覇があるかも知れません。その初戦にご注目!

 人気を集めそうなのはメイショウオオゼキ。現在リーディングを独走する新子厩舎の管理馬で、JRAから移籍後4連勝と目下絶好調です。

 折り合いも全く心配なく、距離不安はありません。不動の中心馬として注目を集めそうです。

 同じく新子厩舎のタガノゴールドも有力馬の一頭。ここ数戦、結果が出ずに苦しいレースが続いていますが、昨年の秋に『姫山菊花賞』を制した実力馬。巻き返しに期待がかかります。

 昨年の3着馬エイシンホクトセイは一昨年も4着とこの距離では大きく崩れない成績を残しています。切れる脚はありませんが、しぶとさ比べには自信を覗かせます。

 昨年夏の『摂津盃』以来となるマイフォルテは、スローペースの上り勝負に強いタイプで、長距離戦は格好の舞台。主戦の田中騎手とのコンビ復活で休み明けでも侮れない存在です。

 準オープンから格上挑戦するイスズイーグルも注目の一頭。昨年の秋からメキメキ力をつけ、現在4連勝中。そのいずれもが圧勝で、初のオープン馬との対戦でも楽しみにさせる勢いと実力の持ち主です。

 今年は他地区からの遠征馬はなく、地元馬だけで争われる『六甲盃』。年度末を飾るステイヤー決戦に、どうぞご注目ください♪

★田子ノ浦部屋のイベント開催!

 『六甲盃』が行われる当日、大相撲田子ノ浦部屋とのコラボイベントが開催されます。

 まず開門時に田子ノ浦部屋特製ちゃんこ鍋が、振る舞われます!

 前回は300名さまでしたが、今回は350名様へと増量です!!

 さらに、部屋頭(がしら)の大関・高安関が出演するのトークショーが開催されます。このステージにはJRAの小牧太騎手も参戦します。

 あすが千秋楽となる大相撲春場所、残念ながら初優勝は逃しましたが、取組をすべて終えてリラックスした中、行われる高安関のトークショーは必見です!どうぞご期待ください♪

★エイシンバランサーは4着~黒船賞~

 3月21日、高知競馬場で『黒船賞』が行われ、兵庫からエイシンバランサーとキクノステラが参戦。

 昨年、佐賀の『サマーチャンピオン』でダートグレード制覇を成し遂げたエイシンバランサーが4着と健闘!強豪相手にもしっかりと力を示す内容でした。地方馬最先着はお見事!

レース結果はコチラ>>>

 新子厩舎は、今年もダートグレードを勝ってしまうんじゃなかろうかと、また期待を抱かせます!

 キクノステラは8着…。それでも『兵庫GT』で3着した実績は褪せることはりません。巻き返しに期待です!

★ひめたんお披露目♪

 兵庫競馬に新たなマスコットキャラクターが登場!

 その名もひめたん♪

 お察しの通り、姫路競馬場の公式キャラクターです!

 3月21日のお披露目式が行われ、その姿をファンの皆さまに披露しました♪



 ひめたん登場!



 そのたんにそっくり♪

 でも、兄妹や親せきではないようです。

 実はそのたんがひめたんをナンパして付き合いが始まったそうな!

 ちなみに、ひめたんの衣装は卓球選手のイメージだそうです。

 これからのひめたんの活躍にご期待ください♪

◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇

 あすは田子ノ浦部屋の千秋楽祝賀会!

 楽しんでこよう♪






最終更新日  2019年03月23日 22時03分34秒
2019年03月16日
カテゴリ:竹之上 次男
 土曜日担当は、園田競馬実況の竹之上次男です。

 3月14日に名古屋競馬場で行われた『名古屋大賞典』に兵庫からマイタイザンが参戦。

 JRAからはグリム、ヒラボクラターシュ、アナザートゥルースなど5頭が出走する中、JRA馬2頭を負かして4着と大健闘を見せました。

 強豪相手でもいつものように抜群のスタートを決めたマイタイザン。逃げ馬グリムのハナを叩いて先手を奪い、最後の4コーナーまで先頭を譲りませんでした。

 さすがに瞬発力の差で直線は、勝ち馬グリムを始め、上位入線馬には突き放されてしまいましたが、前走オープン勝ちのテルペリオンや前々走でオープンを勝っているキクノルアを抑えて4着に粘るという堂々としたレースぶりでした。

 マイタイザンは昨年、6戦5勝、重賞3勝の活躍で兵庫の年度代表馬に輝きました。今年の初戦も名古屋の『梅見杯』を6馬身差で圧勝して好スタートを切っています。今回のJRA馬相手にも怯まないレースぶりから、今後の活躍が益々楽しみになってきます。

 これからもマイタイザンの走りにご注目ください!

 また来週に、今後のローテーションなどを聞いてきましょう♪

〓Weeklyトピックス〓

★リーディング争い

 今週の園田競馬では下原騎手が3日間で8勝を挙げて最多勝となりました。トップの吉村騎手が4勝だったことから、リーディング争いで4勝差に迫ったことになります。

 そしてこの二人は、おとといの時点で全国リーディングの1位、2位にもなっています。

 熾烈な首位争いが年末まで続くことを期待しましょう!

★田中騎手、田野騎手が落馬…

 3月14日の最終12レース、1コーナー付近で田野騎手が落馬、そのあおりを受けて田中学騎手も落馬してしまいました。

 田野騎手が後続に蹴られているかも知れないと心配になりましたが、どうやら背中を蹴られて痛めたらしく、病院へ行くことに。それでも救急車の要請は断ったほどで、大事には至らなかったとのことです。

 一方の田中騎手は、レース後痛そうな表情を浮かべていましたが、無事だったそうです。

 そしてきょうの16日は、JRAで元気に騎乗していました。

 兵庫から参戦したテツ(牡3・橋本厩舎)は、初芝ながら5着と健闘!

 地力の高さを証明して見せました。

 しかし、阪神競馬第9レースでまたしても落馬…。

 しばらく起き上がれず担架で運ばれて行った様子に、心配が募りました。

 ところが、のちの連絡によれば、無事だったとのこと。ホッと胸を撫でおろしました。

 いやぁ、ホンマに全騎手、全馬のケガのないことが一番です!
★来週は祝日開催!

 来週の園田競馬も、火曜水曜木曜の3日間開催です。木曜日の21日は春分の日で祝日です。

 普段は平日なので、なかなかお越しになれないファンの皆さまも、是非この機会に園田競馬に触れてみてはいかがでしょうか?

 アクセスは阪急梅田駅から神戸線の普通電車に乗車して9分で阪急園田駅に着きます。神戸三宮からは、特急と普通電車を乗り継いでおよそ25分。園田駅から競馬場へは、無料送迎バスを随時運行していますので、大変便利です。

 耐震リニューアル工事が完成して、快適な空間でお楽しみいただける園田競馬場へ、どうぞお越しください♪

◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇

 ばんえい競馬のキャンペーンサイトが始動!

 ​サイトはコチラ>>>

 3月24日に行われる『ばんえい記念』の予想動画も配信中で、現在は”ポッ娘”の守永真彩さんの動画が公開中!

 実はぼくの予想動画も配信予定で、来週の金曜日に配信されるとのことです。

 既にと撮り終えていて(自撮り)、馬番が決まらない中での予想でしたが、参考になれば幸いです♪







最終更新日  2019年03月16日 20時06分50秒
このブログでよく読まれている記事

全590件 (590件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 59 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.