2013年12月14日

園田名物GJC

カテゴリ:竹之上 次男
 土曜日担当は、園田競馬実況の竹之上次男です!

 22回目を迎えた『ゴールデンジョッキーカップ(GJC)』が、12月12日に園田競馬場で開催されました!

 6レース終了後には、吉田勝彦アナウンサーによる騎手紹介が行われました。

激寒!

 まずは青いお揃いのジャンパーで登場!

寒さに耐えよう

 そして、紹介されるとそれを脱いで自身の勝負服を披露して行きます。

猛者揃い

 名物レースの『GJC』ですが、吉田さんの騎手紹介も名物!

 ファンの皆さんも、寒い中誰一人その場を離れず、真剣に耳を傾け、大きな声援を送ってくれていました。
 
素晴らしいメンバー

 こちらは集合写真。

 本来12名だったのですが、11名しかいません。

 実は、前日に今野忠成騎手(川崎)が落馬負傷し、肋骨5本を折る大ケガを負ってしまったのです。

 やむなく、欠場となってしまいました。

 今野騎手の早期復帰を祈りましょう!

総合3位の赤岡騎手

 レースは初戦の『ファイティングジョッキー賞』を赤岡修次騎手が制し、トップに躍り出ます!

勝負服が似てるけど…

 2戦目の『エキサイティングジョッキー賞』は岩田騎手が勝利!

 この時点で、初戦3着だった岩田騎手が総合トップに!

※2戦目終了時の総合成績

1位 岩田騎手(JRA) 33P
2位 赤岡騎手(高知)  27P
3位 村上騎手(岩手)  21P
4位 戸崎騎手(JRA) 20P
5位 田中騎手(兵庫)  19P 

 総合優勝の行方はこの5人に絞られました。

とても素晴らしい人です

 そして、最後の第3戦『チャンピオンジョッキー賞』に勝ったのが、戸崎騎手でした!

 こうなると、岩田騎手の着順で優勝者が決まります!

 岩田騎手が5着以内なら岩田騎手、6着以下なら戸崎騎手の優勝(ポイント同点の場合は、最終戦の成績上位者が勝ち)。

 で、岩田騎手は、7着に敗れてしまいます…。

 ということで、戸崎騎手が総合優勝となりました!!

このご時世に太っ腹や

 2位はわずか1ポイント差で岩田騎手。

 JRA所属騎手が、ワン・ツーフィニッシュとなったわけです。

 それにしても、今年のGJCは出走馬の力量が接近してして、稀に見る混戦メンバーでした。

 ただ、終わってみれば、どのレースも1番人気馬が勝って、3連単の配当はすべて万馬券にはなりませんでした。

 ジョッキーが中心のレースは荒れるというのが大体の相場なんですが、意外なほど堅く収まって、やや拍子抜けでした…。

 いや、荒れるのが良いというわけではありませんよ。

〓Weeklyトピックス〓

★第3の男現る!

 12月10日、園田競馬場では『第8回大日本プロレスカップ』が行われました。

 毎回レスラーが表彰式などに参加してくれるのですが、黒天使・沼澤邪鬼選手、関本大介選手に続いて、今回は初参戦になる塚本拓海選手が来園してくれました。

 まだ5年目の若手レスラーですが、デスマッチファイターとして、いまグングン頭角を現してきているホープです!

 どうです見てください!

 これがデスマッチファイターの背中です!!

縦長の傷は、蛍光灯で切ったもの

 無数の傷が痛々しく背中を埋め尽くしています。

 トークショーを開催したのですが、そんな試合ぶりとは裏腹に、非常に明るく楽しい方。

 愛くるしい笑顔から、デスマッチの雰囲気は微塵も感じられません。

脱いだらすごいのよ

 いや、この表情はちょっと怖いですが…。

 さて、大日本プロレスと言えば、エースレスラーの関本大介選手。

 そうです、このわたしを公衆の面前で、アルゼンチンバックブリーカーで持ち上げ、必要以上に締め上げたヤツです!!

 ヤツに借りを返さねば!

 でも、さすがに体力負けは否めないので、一緒に戦ってくれる相手を探していたのです!

 いいねぇ塚本拓海!オレと一緒にあの憎き関本大介を叩きのめしてやろうじゃないか!!

 まてよ、それでも塚本選手の実力も知っておかないと…。

 という流れで、また技を掛けられることに…。

 今度はコブラツイスト…。

 画像はコチラ

 まだこのあたりまでは余裕だったのですが、このあとさらにギュッと絞られ、ヒジでグリグリとアドリブまでいれられてしまった!

 塚本、お前もか!!

 と叫びそうになるも、こらえる。

 むしろ、パートナーとしてはこの強さはありがたい!

 待っていろ関本!!

やるやん塚本っちゃん

 そう言えば、塚本選手はお近づきの印にと、大日本プロレスのパンフレットと塚本選手オリジナルバンダナをプレゼントしてくれました。

 なのにあの関本は何ひとつお土産など持って来ない!!

 う~む、メラメラとさらに怒りが沸き起こって来た!!

 という遺恨展開シナリオは、ぼくにとってホントに得なのか??

 損に決まってるやんっ(≧Д≦)/

★永島騎手、5連勝!!

 一日5勝するだけでも簡単ではないのに、5連勝となれば一層難しいもの。

 さらに、それが連続するレースとなると極めてレアケース。

 それをやってのけたのが、12月10日の永島太郎騎手。

 7レースからメインの11レースまでの連続する5レースを、勝ってしまったのです。

 余程嬉しいことだろうと話を訊いてみると、

 「負けたレースも勝てる馬だったのに、勝たせることができなかったことが悔しいです」と反省の弁。

 ぼくやったら、間違いなく調子こいたトークをしてしまうことでしょう。

 そのあたりがさすがベテランです!

小村師も嬉しそう

 これは4連勝達成後の『大日本プロレスカップ』の表彰式。

 このあとのメインレースで快勝して5連勝を成し遂げるのです。

 円熟味を増す永島騎手。追い方も、このところ以前よりもダイナミックに見えます。

 ここへ来ての進化も見られるだけに、今後も大記録をやってのける可能性大です!!

★恒例『競馬キンキ忘年会』

 今年は一泊旅行に連れて行ってもらいました!!

 あぁ、ありがたや!

♪箕面温泉♪

♪スパーガーデン♪

食事はバイキング

2周目

出た!ガキミヤ

意外に旨いプリンモンブラン

カラオケ大好き野田さん

編集チームは翌朝仕事に…

夜景を撮るの忘れた…

 こんな感じでめっちゃ盛り上がって楽しかった♪





TWITTER

最終更新日  2013年12月15日 00時28分31秒
[竹之上 次男] カテゴリの最新記事