2019年06月16日

東京ダービー馬のその後……。

カテゴリ:高橋 華代子
日曜日担当の高橋華代子です。

 令和最初の東京ダービーは、

 フリオーソとヒカリヴィグラスの息子・ヒカリオーソ(山崎誠士騎手、川崎・岩本厩舎)が優勝しました。

 その詳細については、このライターブログでも紹介されていたので、わたしはその後のことを……。

 先日、ヒカリオーソの所におじゃましてみると、馬房からヒョッコリとお顔を覗かせていました。

 東京ダービー馬さん、かわいいなぁ(*^_^*)
 
 

 気持ちよく走れた後は、レース後の疲労が少ないことをよく関係者に聞きますが、

 ヒカリオーソも大きな疲れはなかったそうです。

 今回は鼻出血後の一戦だっただけに、その影響もなく無事に終えたことは何よりです。

 鼻出血後の馬が東京ダービーを勝っちゃったケースは、これまであるのだろか???

 数日間は運動で整えた後にトレーニングは開始しているそうで、

 この後はジャパンダートダービーも選択肢のひとつには入っているそうですが、

 あくまでもコンディションと相談をして、

 出走するかどうかは判断したいという岩本調教師のお話しでした。

 ジャパンダートダービーには、

 東京ダービー2着馬のミューチャリーと3着馬ウィンターフェルも出走予定。

 ここに東京ダービー馬も加わったら、超豪華メンバーが向かうことになりますね。





TWITTER

最終更新日  2019年06月18日 10時20分41秒
[高橋 華代子] カテゴリの最新記事