2020年05月17日

ジェラペッシュのお母さんピーチフィズとあのお馬さん(^-^)

カテゴリ:高橋 華代子
日曜日担当の高橋華代子です。

 先週のこのブログで、プリンシパルSを優勝したビターエンダーのお母さん、2013年の東京シンデレラマイルの覇者ビタースウィートの話題をお届けしました。

 反響を頂きまして、今週も中央で走る南関東所属だったお母さんについてお届けしたいと思います。
 
 昨年は阪神ジュベナイルフィリーズや今年はアネモネSにも出走した3歳牝馬ジェラペッシュ。お母さんは大井と中央で走ったピーチフィズです。

 ピーチフィズは2008年10月に大井の村上厩舎所属としてデビュー。新馬戦(1400m)は、和田譲治騎手を背に好位からの差し切り勝ちを収めました。

 「最高に走りますね!先行ができて折り合いもつくし、追っても伸びます」と和田騎手。

 

 騎手の名前を見ると、今は調教師さんになった方もいらっしゃいますが、戸崎圭太騎手の名前もありますね。

 

 

 その後、ピーチフィズは特別も勝ち、東京2歳優駿牝馬や東京プリンセス賞にも出走しました。

 今や、中央のG1にお子様を出走させるお母さん。遡ると、名牝シラオキがいる血統。


 ピーチフィズの写真を探していたら、同じ日の新馬戦に、当時話題になった「デベソ」がいました。

 

 お名前、デベソなんです。
 
 

 デベソは迫力満点のデベソの持ち主で、今でもすごく印象に残っています。
 
 

 こういうことを振り返るのも、楽しいですね!





TWITTER

最終更新日  2020年05月18日 01時00分49秒
[高橋 華代子] カテゴリの最新記事