2021年02月17日

それぞれの「インプレッション」

カテゴリ:坂田 博昭
水曜日の担当は、坂田博昭です。
 
 週末明けに、北海道・稚内から戻ってきました。



 稚内にいて、唯一朝から晴れたのが12日金曜日。
 朝焼け、そして朝日が、雪に包まれた街の向こうのオホーツク海の方から輝いてきました。
 
 昨日今日は、また大変な猛吹雪だとか…
 お見舞い申し上げます。
 せっかく頑張って除雪された街も、またいまごろは雪に包まれているのでしょうか。
 
 
 ということで、久しぶりに東京におります。
 せっかく自室から徒歩15分の大井競馬場で重賞があるのに、行けないとは…(泣)



 夕方6時の銀座コリドー街。ひとっこひとりいない。
 店は、ほぼ全滅…そもそもあいてません。

 まだ、時間が必要なのでしょう。
 
 
 さて、先週ですが、NARが広く募集していた「第1回地方競馬MOST IMPRESSIVE HORSE 2020」ファン投票の、​最終結果が出ました​。

 上位のラインナップを見るとやはり、ダートグレード競走の勝ち馬や、注目度の高い南関東での活躍馬が並びました。しかしその中で、ベスト10に佐賀のミスカゴシマと兵庫のステラモナークが入っていることは、とても「IMPRESSIVE」なことだと感じます。



 昨年3月 名古屋で若草賞を勝った時の、ステラモナーク
 とてつもなく速くて 強かった!
 
 楽しまれている人数の差が出るのは致し方ないとしても…
 それぞれの贔屓の競馬場、いつも楽しむ場所を湧かせた馬たちが、こうしてランクインしているのは、ちょっと嬉しくなりますね。それぞれの競馬場のサポーターの「心意気」のようなものを感じました。
 
  
 今週土曜日のグリーンチャンネル『アタック!地方競馬』では、この「MOST IMPRESSIVE HORSE 2020」を取り上げるそうです。馬たちへの熱い思いを視聴者の皆さま方とともに語り合い、盛り上がると思います。私も出演させていただくので、いまから収録をとても楽しみにしています。

 私は…
 なぜかベスト30にも入っていない「あの」馬の話をするつもりです。





TWITTER

最終更新日  2021年02月17日 12時08分50秒
[坂田 博昭] カテゴリの最新記事