000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

人の行く 裏に道あり 花の山

PR

X

全827件 (827件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 83 >

カテゴリ未分類

2021/09/24
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
台湾がTPP加盟を申請してきたようだね(そうきたか)。

報道によると、台湾への対応を巡り、自民党総裁選候補者の高市、野田、河野の3氏はTPP加盟を支援すると明言し、岸田氏は加盟申請を歓迎するとした上で、台湾がTPPの高いレベルのルールに対応できるかどうかを見極める姿勢を示したらしい。

たしかに、台湾の申請は手放しで歓迎できる問題ではなく、厳しい付帯条件を付けた方がむしろ適切な対応となるかもしれない。

なぜなら、C国は「一つの中国」を主張している国であり(しかも日本も建前上、「一つの中国」路線だ)、基本的に台湾はC国の一部だという話にしてくることが予測できるからだ。

つい最近の出来事を思い出してほしい。

かつて、自由で民主的だった香港で9月19日に行われた政府トップの行政長官らを選ぶ権限のある選挙委員(定数1500人、欠員52)を選ぶ選挙が行われたが、その結果、民主派はゼロ、中間派1、残りはすべて親C国K産党派となったではないか。

国際社会が見ている中、平然と自由で民主的な社会をCKの社会、国に変更できるのがC国である。

台湾も過半数が自由で民主的な国民かもしれないが、CKがC国の一部とみている以上、無警戒で歓迎はまずいだろう(香港の現状に対して、国際社会は無力だ)。

K野T郎が台湾のTPP参加を歓迎している位だから、C国の戦略に沿っている可能性も考えられる。

お膳立てとして、わざと台湾の国産品輸入を締め出すポーズなんかして、「台湾を助けなければ」と周辺国に思わせるやり口がちょっとC国特有の匂いがするので、「気持ち以上の」判断をもって気を付けて対処すべし(ではまた)。



<今夜の2曲:Bostonの「​More Than a Feeling​」、Journeyの「​Don't Stop Believin'​」>
ボストンのこの曲はリマスターされていないので音源がひどいが、それでも聴いていると不思議な嬉しい気持ちが蘇る。詳しい理由は自分でもわからないが、何か子供の頃の些細な喜ばしい思い出と結びついており、その思い出の方は些細な事ゆえ忘れてしまった、ということかもしれない。そういうことって、皆にもあるんじゃないかい。






Last updated  2021/09/24 11:04:47 PM
コメント(0) | コメントを書く


2021/09/21
カテゴリ:カテゴリ未分類
は~、名月じゃのう。




東海地方とその周辺などの地域では、残念ながら天気が良くないそうだが、今夜の東京は大丈夫だ(雲はあるが十分名月を楽しめた。)。

中秋の名月が満月なのは8年ぶりだとか。

今年は北国も中秋の名月を楽しめているようでよかったね(めでたし、めでたし。ではまた)。



<今夜の2曲:ドビュッシー(ピアノ:辻井伸行)の「​月の光​」、ベートーヴェン(ピアノ;ヴァレンティナ・リシッツァ)の「​ソナタ第14番月光​」>
今夜は穏やかな名月じゃ。ドビュッシーじゃの。






Last updated  2021/09/21 09:07:31 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/09/20
カテゴリ:カテゴリ未分類
いや~、本来、私が書くことでもないのだが…。

しかし、あくまでも仮の話を含むが、有識者の議論は十分機が熟したし、我々国民にとってはこの機会を置いてほかに好機はないかもしれないので、自民党総裁選(後半戦)の論点の一つとして皇室典範の改正を是非議論してもらいたい。

~~皇室典範~~

第九条 天皇及び皇族は、養子をすることができない。
第十五条 皇族以外の者及びその子孫は、女子が皇后となる場合及び皇族男子と婚姻する場合を除いては、皇族となることがない。

~~皇室典範~~

まず、第九条は「天皇は養子縁組をすることができない。」とすればよいのではないか。

また第十五条は本文の後に但書きを入れて、「但、皇室会議の議により、旧皇族の男系男子を皇族の養子とする場合はこの限りではない。」といった趣旨の条文にするのはどうだろうか。

宮内庁は当然、1947年の皇室会議の議を経て、事実上GHQの圧力によって臣籍降下した11宮家の子孫の現状は把握しているはずだ。

ならば、あとはその11宮家のうち少なくとも次の3つの要件を満たす方々に、国民のために皇籍復帰する意思をお持ちかどうか確認すればよいのではないか(おそらく仮定の話として、既に確認している場合もあるのではないか)。

1.男系男子の成人であること

2.さらに1.の方に男子のお子さんがいること

3.上述の通り皇籍復帰の意思をお持ちであること

この3つの要件を満たすご家族を3組探し出せれば宮内庁の仕事としては上出来だ。

あとは、常陸宮、三笠宮、高円宮にそれぞれ養子縁組していただければ、皇統の存続の危機は回避できる(いやそれどころか宮家が増えていく可能性が高い。)。

もし、3組探し出せなくても、少なくとも3人の男のお子さんがいるご家族1組(みんなも心当たりあるだろうか)に承諾してもらえれば、そしてさらに次男と三男に別の宮家と養子縁組してもらえば、皇統および上述の3宮家廃絶の危機は回避できる。

ちなみに、歴史上の話で言えば、宇多天皇(即位前は源朝臣定省)は、884年に臣籍降下し、887年に即位して皇籍復帰している(宇多天皇の子は、生まれたときは臣籍だが、天皇の即位と共に皇籍に移動)。

ところで、自民党総裁は国会の多数派(与党)のトップとして皇室典範の改正に取り組めるし、皇室会議の議長が内閣総理大臣なのは周知の通りだ。

あとは、どんなスキャンダルを仕組まれても動じない肝の座った総理大臣が誕生すれば(いやココが一番のネックか)、本当はちっとも難しい問題ではない。

それなのに、戦後の男性総理大臣には全く手が付けられなかったということは、女性総理大臣にしかできないことかもしれないな(「スキャンダル?失脚?ウチそんなん気にしませんけど。」みたいな。)。

あくまでも仮の話ながら、よろしくお願いします。






Last updated  2021/09/20 12:03:53 AM
コメント(0) | コメントを書く
2021/09/17
カテゴリ:カテゴリ未分類
そもそも、みんなが決めたルールを守る考えがなく、あるいは守るか守らないかは金次第で、しかも図体が一番デカい他所の番長がウチの学校に転校してくるってよと騒然となっているみたいだな。

そんな時、あなたが学級委員をしているクラスにその番長がやってきたら!

いや、のっけから中2病風の書き方で恐縮だが、しかし、はやくも日本の経済界にはそんな番長を歓迎する声も上がっているのだから、呑気な中学生と変わらないのではないだろうか。

報道によると、大阪商工会議所の尾崎裕会頭(大阪ガス相談役)は17日の記者会見で、中国が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)加入を正式申請したと発表したことについて、「中国は世界の経済を構成する大きな国、要素。TPPに加盟することは、国際的な枠組みに入ることであり、歓迎すべきことだ」と述べたそうだ。

RCEPに日本が加盟する際も賛成していた連中は、当然、TPPに中国が加盟するべきだと考えるのだろうな(まさか得意のダブスタじゃないだろうな。よもや入れるか入れないかの議論をしているだけとか必死で言ってないだろうな。低レベルな。)。

やっぱり、甘いんじゃないか~(ではまた)。



<今夜の2曲:David Bowieの「​China Girl​」「​Let's Dance​」>
アヘン戦争で清を骨までしゃぶった白人のやり口は、アフガンを見ればわかるように非キリスト教徒の国で現在も継続中だ。しかし、C国は強かなので、長期計画的に盗み、利用し、恫喝して巻き返し、覇者になろうとしているな。一般のイギリス人はこの時代の牧歌的なC国の印象は持ち合わせていないだろうが、日本人はC国人を田舎の日本人のような善人だと思っている呑気ものかもしれない。






Last updated  2021/09/17 09:10:30 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/09/16
カテゴリ:カテゴリ未分類
ほぉ~、度量の広さ、寛容さを政治理念としてアピールしているつもりなのか…。

報道によると、自民党の石破茂元幹事長は党総裁選での河野太郎行政・規制改革大臣支持についてテレビ番組で「大事なのは政治理念だ。保守とは何か。河野さんの言葉で言えば度量の広さ、私の言葉で言えば寛容さ。この政治理念を共有したということだ」と述べたようだ。

しかし、日本の知的財産を奪い、領土・領海も奪おうとしている相手(例えばC国)に対して、度量の広さや寛容さをアピールすることは皆の迷惑だということが分かっているのだろうか。

その結果、日本が豊かでなくなり、維持できなくなるのだから、それは保守じゃないだろう(自称保守自由主義なんじゃないかい?)。

さらに、石破氏は「自民党を変えてくれ、政治を変えてくれという声に応えるためには、思いを共有する人を応援して党の政治を変えることが必要だ」と語ったそうだが、本当にわかってるのだろうか。

日本を守る政党が他になく、自民党すら反日政党だから変わってくれと国民は思っているのだよ。

例えば、自民党が経済界等に押されて散々日本を売ったこと、緊縮財政で日本を破壊し続けたこと、そこを今、国民は注視しているのだが。

ブロックしたり、デマ認定したりって、河野太郎にとっては雑音でも、本当は日本を救う声​(23万人の声)​がその中にあるんだから、公人としてちゃんとノイズを感じろ(ではまた)。



<今夜の2曲:Quiet Riotの「​Cum On Feel The Noize​」、Oasisの「​Cum On Feel The Noize​」>
オリジナルはsladeだが、私にとっては断然、Quiet Riotの曲と言った方がしっくりくる。ボーカルの声質が同じでも(Oasisは別物)、高揚感がオリジナルを遥かに超えているからだ。ちなみに、Quiet Riotのギタリストはココリコ遠藤ではない。






Last updated  2021/09/16 06:42:11 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/09/13
カテゴリ:カテゴリ未分類
いや~、なんか自民党総裁選が盛り上がってきたようだね。

とにかく、自民党総裁選の結果で日本の命運が大きく左右されるのは間違いない。

また、自民党の国会議員、地方議員、党員・党友に日本を守る意思があるのか、これほど明白になる機会もない(最近の横浜市長選、尖閣諸島そしてアフガンを見ても、安全保障(経済安全保障も国防も)がこれほど喫緊の課題として明白になったこともないくらいだ。一体誰が、スパイ防止法や自衛隊法改正の必要性に言及しているか。)。

しかし、日本のことなどどうでもよくて、内心、次の選挙に自分が当選できるか否かしか若手議員をはじめ当落選上の議員に興味がないとしても、そのために党の看板は誰がいいかを判断する材料は、「実際の投票行動を伴う国民の支持」だろう。

マスコミが作る候補者の支持率が眉唾ものだと思う一般の国民も多いかもしれないが、総裁選の投票権者がマスコミの作る支持率を「実際の投票行動を伴う国民の支持」だと思うかどうかはまた別の問題だからややこしい。

結局のところ、万が一間違って河野太郎みたいな緊縮派の総裁を誕生させたら、国民がより一層貧しくなっても、国はPBのためにコスト削減するのだから、自力で頑張れという政権になるだけだから、それに対して国民が明確に不支持をしておかないと心配ということだ。

中身薄っぺらの緊縮派、河野太郎に対しては、「コスト、コストって何回言うんだよ、勝間和代か!」とツイッターでツッコミを入れて落選させるくらいの構えでいいと思うぞ(ではまた)。



<今夜の2曲:Katy Perryの「​Hot N Cold​」「​Roar​」>
中身のない男はアメリカ人でも白黒はっきりしないようだ。女性の方が大転換の引き金を引く勇気があるのかもしれないな。






Last updated  2021/09/13 01:56:23 AM
コメント(0) | コメントを書く
2021/09/10
カテゴリ:カテゴリ未分類
どうやら自民党総裁選候補者が概ね3名に絞り込まれたようだ(17日までは断定できないが)。

一つ気がかりなのは、その3名の中に一人だけ突出して「危うい」候補者がいることだ。

いわずもがな、河野太郎である。

河野太郎と言えば、ツイッターのフォロワーが240万人近くいて、(選挙の投票に行かなそうな層の)若者に人気が高いとマスコミの評価もある反面、「ブロック太郎」と言われるくらい意見の異なるユーザーを排除することでも有名だ。

本人曰く、「個人がもともと暇つぶしで始めたアカウントだ。それを好きなように使うのは自由だ」と主張しているようだが、総裁選(17日告示、29日投開票)へ出馬する現職大臣のアカウントは一民間人のアカウントとは当然異なり、公人のアカウントだと自覚できなければおかしい。

それから、ブログの書き込みにおいても、以前、ワクチンに関する見解を偏った特定の医師の集団に書かせ、また思想や陰謀に関しては自称保守自由主義者の見解を書かせた上で、異なる見解をデマだと断定していた。

つまり、彼は偏った見解を述べて、それ以外の見解を排除する姿勢が一貫している人間なのだ。

これでその見解の内容がいつも日本および日本国民を幸福にしてくれるなら、頼もしい政治家と映ることもあるかもしれないが、彼は経済政策では緊縮派だし、移民政策ではC国大歓迎の男だ。

さてさて、みんな、大丈夫だと思うか、ブロック太郎で(ではまた)。



<今夜の2曲:Greg Kihnの「​Jeopardy​」、Weird Al" Yankovicの「​I Lost On Jeopardy​​​」>
「ジェパディ」を聴いて、「文学・歴史の50」とか連想したら、あなたはアラフィフ以上なのは間違いない(笑)。






Last updated  2021/09/10 05:06:26 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/09/06
カテゴリ:カテゴリ未分類
いや~、なんや知らんけど、未確認飛行物体が出たようだね。

報道によると、青森県八戸市の上空で3日早朝、白い球体が浮かんでいるのを住民らが見つけたことが5日、分かったそうだ(写真は見たよ)。

これに対し、仙台管区気象台は「正体は分からない」とし、発見時間を踏まえれば、気象庁の観測機器である可能性は極めて低いとしているとのこと(つまり未確認飛行物体だな)。

実は、宮城、福島両県の上空でも昨年6月、似たような白い球体が見つかり騒動となっているんだとか。

目撃者の一人によれば、南方にカメラの望遠レンズを向けて観察すると、雲より高い位置でとどまっていて、気球のように見えたらしい。

それにしてもこういう現象について、そろそろ気象庁だけの案件じゃない可能性を想定して、マスコミも防衛省や自衛隊に会見を申し込んだ方がいいのではないか。

どこかの半島が気球を飛ばすのが好きかもしれないし、もっと南西の軍事大国はドローンの技術開発が極めて進んでいるかもしれないのに、まったく呑気だな。

ドローンは何かの開会式のイベントで飛ばすだけのものと思ったら、矢追純一に叱られるぞ(ではまた)。


<今夜の2曲:奥田民生の「​風は西から​」「​さすらい​」>
「風は西から」のMVのダミー人形は主として「平成までの日本人」の投影かな。もしこれがアメリカのダミー人形なら国境を超えてメキシコのビーチ辺りでカクテルでも飲んでハッピーエンドだろう。しかし、日本のダミー人形は自由を満喫した後、最後の仕事をするために戻ってきてしまう。。。実存だよな。






Last updated  2021/09/06 12:42:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2021/09/03
カテゴリ:カテゴリ未分類
9月になって、ようやく政局が動き出したね。

報道によると、菅首相は今朝、新型コロナウィルス対策に専念したいので総裁選に出馬しないとの意向を表明したようだ(任期は全うするとのこと)。

ちょっとどこかで聞いたようなセリフだが、まあ、新型コロナウィルス対策が簡単には当たりくじを引けない問題であることは確かだ。

何しろ、マスコミ、医師そして国民の多数派がひど過ぎた。

だから、よほど強い意志と早い決断とそして優秀な「日本人の」ブレインがいないと厳しかったかもしれない。

さてさて、次の自民党総裁は誰になるのか、マスコミとネットで候補(有力者)の支持率が違い過ぎるのも気になるが、マスコミにとって都合のいい総裁ではなくて、日本および日本国民にとってより良い総裁になってほしいね。

菅首相、お疲れさまでした。



<今日の2曲:Earth, Wind & Fireの「​September​」「​Fantasy​」>
額が頭頂部まで達していても嘘を付かず、隠さず、歌っている。さすが、実力のあるヤツは違うな。






Last updated  2021/09/03 01:59:36 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/08/31
カテゴリ:カテゴリ未分類
世の中には一定の割合でストーカーがいる、あるいは一定の割合でストーキングが止められなくなる人間(あるいは中小企業)が存在する。

そして、そんなストーカーの一部の大好物がなぜか私という訳だ。

これは去年から始まったことだが、彼らは私の事務所の道路を挟んだ向こうから私を継続監視し、私の外出には尾行し、なんと私の利用する施設には盗撮までしながらついてくる(何度も何度も尾行がバレても一向に止める気がないということは、尾行していることを私に伝えることも目的化しているということかな)。

尾行の特徴を言えば、実行犯のほとんどは学生バイトやパート主婦のような非正規雇用然とした素人なので、最初からコストをできるだけ削って長期間ストーキングすると計画していたのだろう(「身銭を切って」伝聞を収集して、馬鹿自慢が好きだなあ。)。

そしてさらに、私の利用する端末をハッキングまでする。

一番嫌悪したのは、私が友人としたズーム会議を盗み見て、それを平気で自分たちの動画で伝えている点だ(完全に一般人の友人の個人情報まで盗みやがった)。

やれやれ、どうやら、私の事が好きすぎて、行動制限ができないらしい。

それからこれは大事なことだが、この連中の反応を見ると、断言してもいいが、ターゲットにしたのは私が最初ではない(「ゆっくりと」モラルハザードを起こし続け、犯罪自慢するようになったようだ)。

例えば、言論やビジネスの上で敵対する相手に同様のことをしてきたため(つまり犯罪慣れをしてしまったため)、違法性の認識が低下し、愉快犯のように相手に実行をアピールしてしまう訳だ。

しかし、ちょっと考えればわかることなのだが、この連中に敵対関係とみなされている人たちは、かつて自分が尾行されたり、端末の情報を盗み見られたり(ファイルを見られたり、メールの内容がなぜか漏洩したり)したことがあるはずだ。

大学教授、作家、評論家、ユーチューバーにもよほど鈍感でない限り、私と同様の経験をした人たちが多く存在するのではないだろうか。

不正アクセス禁止法違反は、立派な犯罪だ。

リスクを取って行動し、身銭を切って犯罪自慢する人間を(中小企業を)はたして許すべきだろうか(ではまた)。



<今夜の2曲:Stjepan Hauser(チェロ)の「​Adagio​」、EDISON(篠笛)の「​Adagio​」>
かつては「アダージョ」と言えば「アルビノーニのアダージョ」だと思ってきた。しかし今やそれは事実でないと認められたようだ。取るに足らないことだが、これも戦争の傷跡と言えるかもしれない。






Last updated  2021/08/31 05:13:11 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全827件 (827件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 83 >


© Rakuten Group, Inc.