469780 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

八重山のわかれ道

PR

プロフィール


HITOKUICHIKUWA

コメント新着

 http://buycialisky.com/@ Re:草刈正雄はここに居る~♪(06/05) cialis 5mg how long does it take to wor…
 http://viagravonline.com/@ Re:草刈正雄はここに居る~♪(06/05) viagra valdivia <a href="http:…
 星野リゾート万歳@ Re:竹富のリゾート開発 嘘が通れば道理がひっこむ(09/01) 竹富島・小浜島・西表島での星野リゾート…
 Clomid 100mg ovulation.@ Deltasone buy. News on Kamagra viagra oral jelly. : …
 HITOKUICHIKUWA@ Re[1]:何か食うかい?(09/06) どじょう家族さん >高野山・・・なんだ…

お気に入りブログ

トゥルシー    hitokuichiwawaさん

カレンダー

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2010年04月05日

 
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類



こんちは。


 先日、母親と於茂登山へ登った話が広まっています。

 ただ、話がちょっと曲がってて、姥捨山未遂事件になっています(笑)



 姥捨山といえば、昔『楢山節考』という映画がありました。今、調べたら’83年に二度目の映画化がされていて、おいらの知っているのはこっちですね。

 原作は深沢七郎、、、、、この名前も聞いたことがあるなと思って調べてみたら、風流夢譚事件の人でした。

 ’83年といやぁ、まだまだ美少年だったし、姥捨山ってだけで何だか怖かったから見てないんですけど、「楢山節考」って言葉だけは強烈に記憶に刻まれていました。


 で、昨日、遅ればせながら観た。

img04.jpg


 え~っと、想像以上にえぐかったです。昔の寒村を描いたそういう映画だから仕方ないのだけれど、、、、、。
 感受性の強い方にはお奨めしませんが、そういうのに強い方は是非観てみて下さい。


 主人公の一人、ま、実も蓋もない言い方をすれば捨てられる人である「りん」は69歳。70歳になればお山参りですが、りんは子供や孫のために口減らしにお山へ行くことを誇りに(っつうか当たり前のことと)思っていて、やるべきことを済ませて自分から日取りも決めてしまいます。

 お山へ行く前日も畑を耕して種を蒔いて、、、、、。


 現代人は子々孫々に残すべきものまで「食べて」しまいますからね。


 りんの心意気だけは見習いたいと思います。(いや、俺も食うもんは食うけどさぁ)



 いやはや、家族って何じゃろ?社会って何じゃろ?って考えさせられる映画でした。


 ではまた。


 ぽちっとお願いします→人気ブログランキングへ









最終更新日  2010年04月05日 22時37分49秒
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.