137678 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

「踊るお父さん」の「踊る情報局!」

PR

X

全261件 (261件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 27 >

カテゴリ未分類

2013.06.15
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
【武口 明 ダンスクラスのお知らせ】

「元ジャニーズ武口明の、楽しく、元気にレッツダンス!」
☆毎週日曜日開催
 
10:00~11:30 (90分)
「ダンスが踊りたい、上手くなりたい人の為の初級クラス」
→ 対象、男女問わず、「ダンスを習いたい人」
(小学生については 要面談)


13:00~14:30 (90 分)
「脂肪肝を治す、健康に痩せる為のダイエットダンスクラス」
→ 対象、男女問わず、脂肪肝に悩んでいる方、痩せたい方,運動不足の方(総合的なダンスの基本と筋力トレーニング、有酸素運動、ウォーキングなど基礎体力向上の為のトレーニング)

【インフォメーション】 
*現在「エンターテイメントコース(芸能コース)」を企画中!「芸能界を目指したい!舞台やショーに出たい!」そんなジュニア、ティーンも随時募集しています。(対象年齢など、お気軽にお問合せ下さい)興味のある方、ご連絡下さい。

【連絡先】予約、お問い合わせ 03-3603-8612(代表)確認のお電話を致しますので、必ずお名前、連絡先をお伝え下さい。

【メールでのお問い合わせ】
(代表)→ amicdance@icloud.com

(武口本人へのお問い合わせ)→ take@ksk-amic.co.jp

ホームページ 
 http://www.e-crean.com/lifeamics/

スケジュール 
 http://www.supersaas.jp/schedule/lifeamics/lifeamics

【料金・システム】
【見学】/無料
【体験レッスン】\¥2,000  (90分)
【1レッスン】\¥1,500  (90分)

*入会金などは有りませんが、入会の際スポーツ健康保険加入料¥2,000が掛かります。

【システム】 予約制

予約→『http://www.supersaas.jp/schedule/lifeamics/lifeamics

ボックスをクリックして名前を入力してください。
予約が出来ます。
皆様のご参加をお待ちしております。







Last updated  2013.06.15 18:28:29
コメント(2) | コメントを書く


2013.03.15
カテゴリ:カテゴリ未分類
30年も前の話ですが、あの頃を思い出しながら書きました。

あの頃のジャニーズ

【あの頃のジャニーズ】



Androidマーケットでアプリダウンロード↓



『あの頃のジャニーズ/夢と彼女とジャニーズと』







【ダンスクラスを行っています】!





タイムスケジュールは…



【土曜日】



13:00~14:00→ 親子コース

15:00~16:30→ 女性コース

19:00~20:30→ 一般コース





【日曜日】



10:00~11:30→ 女性コース

13:00~14:00→ 親子コース

15:00~16:30→ 一般クラス





『ホームページ』






『スケジュール』






にてご確認ください。





5月まで「無料」でレッスンが受けられます。





是非ご参加下さいませ!!













Last updated  2013.03.15 19:20:03
コメント(0) | コメントを書く
2012.04.22
カテゴリ:カテゴリ未分類

こんにちは!
久しぶりの更新です。


今日は1ヶ月ぶりに『休み』です(^_^)v


いつも朝4時30分に起床しているので、今日はゆっくりと『ぬくぬく』と寝ていられる。

と思いきや6時30分には起きてしまいました。


午後3時30分から『世田谷代田』にある『アナハタ・ヨガスタジオ』にて『ダイエット・ストレッチ』の講師を務めます。


私の『友人』であり『ショーパブ・アルカザール』で一緒に踊っていた妹的な存在だった?『ダンサー・エリナ』嬢が今年2月に『ヨガスタジオ』をオープンしました。

それに伴い『オファー』を頂き参戦?致しました。


『ダイエット・ストレッチ』と言うのは『日常生活』では動かさない関節や筋肉を『フロアーストレッチ』でゆっくり伸ばし、音楽を使った『アイソレーション(分解運動)』で関節を四方八方に動かしてほぐす運動プログラムです。

もちろん、このストレッチを受けて『すぐに痩せる』わけでは有りません!


『ダイエット』とは本来【美容や健康を保持するために食事の量や種類を制限する事】です。


簡単に言えば『1日に摂ったカロリー』より『運動量』が多ければ『痩せ』ます。

逆なら『太り』ます。


私は人生で『3回』大がかりな『ダイエット』をして成功しました。

(詳しい話しは後日に)


ただ、人には『基礎代謝』と言う物があり『呼吸』をしたり『心臓』を動かしたり、脳を使ったり『家の中を歩いたり』特に『何もしなくても』千キロカロリー位は消費します。

もちろん『個人差』がメチャクチャあります。

『年齢』『身長』『体重』『筋肉量』『肺活量』『性格』などなど…。

本来は運動量を増やし『有酸素運動』を長時間こなすのがカロリー消費を促し『ダイエット』に適しているのですが…


私は『ストレッチ』をして『身体全体』を動かして『身体』の稼働範囲を大きくして、『呼吸方法』なども取り入れて楽しく『レッスン』をして『痩せやすい身体を作りましょう!』を合言葉にプログラムを組んでいます。


ふぅ。

ちょっと理屈っぽいですね(((^_^;)。


1時間の『レッスン』頑張ってきます!





それでは~お休みなさい。
みなさんが『良い夢』が見れますように!








Last updated  2012.04.22 10:38:15
コメント(0) | コメントを書く
2012.02.23
カテゴリ:カテゴリ未分類



始めてその存在を知ったのは、小学生の低学年の頃だった。


毎週木曜日、テレビで『歌えヤンヤン』と言う番組が放送されており、司会は『フォーリーブス』と言う四人組のアイドルグループだった。


まだ、『ブラウン管』だったテレビの向こう側で、大きなステージに四人が登場すると、客席からは黄色い歓声がキャーキャー沸き上がる。

均等に並べられた4本のスタンドマイクの前に四人が並び、歌って踊り出す。

何だこれ?と思いながらもその異様な番組を見せられていた。


2歳年上の姉が、そのフォーリーブスのファンで、他の番組を見ることは許されなかたのだ。


歌っている途中か、終わり頃になると、画面向かって左側の『コーちゃん』と呼ばれている人が、『バク転』を決める。


これは流石に『おー!スゲー、カッコいい!』と、身を乗り出した。


当時、ハナタレ小僧だった俺は、『バク転』は仮面ライダーか、ウルトラマンぐらいしか出来ないと思っていた。


それが、音楽に合わせ歌い踊って、『バク転』をするのだから、『スーパーマン』位に思えた。


それからは、毎週木曜日のその番組を見るのが楽しみにもなってきた。
もちろん『バク転』が見たいからである。



見ながら姉が、左側にいるのが『コーちゃん』北公次で、『マー坊』はおりも政夫、『ター坊』は青山孝、『俊ちゃん』は江木俊夫って言うのだと教えてくれた。

姉のお気に入りは『ター坊・青山孝』、だった。


筈だが………、暫く後、『弟分、郷ひろみ』がデビューをすると、呆気なく気移りをした。


その、アイドル達のバックで踊っているのが『ジャニーズJr.』と言うグループで、その中から、3人の人気者がデビューをして、それを『ジャニーズJr.スペシャル』、略して『JJS』と呼ぶのだと姉が教えてくれた。


フォーリーブス、郷ひろみ、ジャニーズJr.、ジャニーズJr.スペシャル、全部が『ジャニーズ』と言うグループ何だと教えてくれた。

ハナタレ小僧ながらに『ジャニーズ』って凄いんだと思えた。



その後…自分が深く関わる事になるとは、その時のハナタレ小僧の俺は知るよしもなかった。






――――――――――――


女性の情報収集能力、行動力と言うのは凄いもので、特に『ジャニーズ・ファン』は昔から顕著である。


二つ年上の姉もそうであった。

テレビを見て、『公開放送のお知らせ』何てものにいつの間にやら応募し、しっかり当選し、『中野サンプラザ』なる所に、母、姉、自分の3人で行く事になった。


子供心ながらに、『テレビの中の世界』に触れるのはワクワクするものだ。


その日、学校から帰宅すると片道約2時間ほどかけてバスと電車を乗り継ぎ、中野サンプラザに向かった。

記憶が正しければ、当時はまだ、バスの子供料金は\15円の時代である。


中野駅に着き、改札を出ると、目の前には、聳え立つ新築のビルディングとその周りに沢山の女性だらけの行列が出来ていた。


やたら長い間、行列に並んでいた事を微かに覚えている。

ホールの中に入り、後ろから数えたほうが早い、右側の通路の隣の席に並んで座った。


後方中央の席は、テレビカメラが置かれておりカメラマンが練習らしき事をしていた。


すると、係員が階段を降りながら大きな声で、『始まりますとこの通路をフォーリーブスが通りますが、絶対に立ち上がったり、手を出したりしないで下さい!見かけた場合は直ぐに退場していただきます!!』

と、ステージの方へ慌ただしく、同じ事を繰り返し言いながら降りて行った。

通路の隣の席は姉が座っていた。フォーリーブスの誰が隣を通るのか?と言う会話で盛り上がった。


やがて、場内が暗くなり、ザワザワした観衆の声がなくなり、いつしか、水を打ったような静けさの中、本番が始まった。

『歌え!』

『ヤンヤン!!』

と、フォーリーブスの声が聞こえるとステージは目映いばかりの照明と客席からは黄色い大歓声に包まれ、と、同時に隣の通路を白い衣装を着た二人が通り過ぎ駆け降りて行った。

ほんの一瞬の出来事で、それが、ター坊こと青山孝と、マー坊ことおりも政夫だと気づいた時には、既にステージ上に駆け上がる所であった。

通り過ぎて行った二人、両サイドで四人を追い掛けるようにヒートアップした歓声が追いかけていった。


四人はステージに置かれていたスタンドマイクの前に並び歌い始めた。


俺は幼心に『凄い!』と言う思いと、テレビでは、いつも画面一杯にタイトルがテロップで写し出されるのに、何にも出ない…と、当たり前の事を不思議に思っていた。

オープニングの曲が終わり、ゲストが次から次へと登場し、番組が進行して行く。

何かのコーナーで、終了後、『宛先はこちらまで!』と言って指で下を指差した。
場内は大爆笑に包まれた。

もちろん、何もないが、テレビを見るとその場面では指差した下に、テロップで郵便番号や、宛先が写し出されていた。


収録の1時間は、本当に『あっ!』と言う間に過ぎて行った。


きらびやかなステージ…
大歓声、大観衆に見られるアイドル…
ハナタレ小僧の自分とは無縁の世界。

芸能人が自分の1メートル先を通り過ぎて行っただけで、自慢してるような何処にでもいるような、ハナタレ小僧が、10年後に、このフォーリーブスの『踊り子』、『急げ若者』を踊る事になるとは、この頃は夢にも思っていなかった。


子供の頃、1番初めに憧れた『アイドル』が亡くなった。


フォーリーブス解散後の人生は、さぞ険しく、辛い道のりであったろう事は、その後の暴露本、ジャニーズ、ジャニーさんへの批判と言う型で、現れている。

そこらへんは深く触れる気はないが、一瞬でも、憧れ、一瞬でもジャニーズに在籍した後輩として、心よりご冥福をお祈り申し上げます。






Last updated  2012.02.23 05:54:25
コメント(0) | コメントを書く
2011.05.06
カテゴリ:カテゴリ未分類
突然ですが、10年間にわたり、勤めて参りました『六本木ラガッサ』を5月4日を持ちまして退店致しました。

このようなご報告が事後報告になってしまいました事を心よりお詫び申し上げます。


多くの皆様と出会い、ご愛顧頂き、時には優しく、時には厳しくご指導頂き、ご寵愛賜り、深く感謝致しております。



先の3月11日の大震災において、普段から精神的に弱かった妻が、『地震恐怖症』に拍車がかかったようになり、この度の断続的な余震にて、体調的にも放置出来ない状態になってしまいました。


この10年間に、2歳の息子と4歳の娘は小学校6年と中学校2年にまで成長しました。

一重に妻の努力に感謝せずにはいられません。

夕方出勤して、朝帰宅するまで母子家庭のように『夜』を過ごした10年間のストレスか、『夜が怖い』と子供のように泣き出すようになり、このままでは家族が壊れるとの思いに至りました。


今は『夜』一緒にいてあげる事しか救う手立てがないとの思いから、六本木ラガッサ、を退店する運びとなりました。


突然の事で皆様にお伝えする事も出来ず、またラガッサキャスト、スタッフを初め多くの皆様にご迷惑をお掛けしてしまった事を心よりお詫び申し上げます。


千秋楽を待たずに、舞台を降りてしまう事、最後までステージをやり遂げられない事に心苦しい気持ちで一杯ですが、ご容赦下さいますようお願い申し上げます。


今後につきましてはまったくの白紙状態ですので、何か決まりましたら、随時ご報告申しあげる所存でございます。



自分自身の人生を振り返り、ダンスもショーも、タレントも芝居もやれるだけの事はやってきました。


今は大切な命ある家族3人の父親として、夫として、夜一緒にいてあげる事、ただその事から初めたいと思っております。


この不況下、この年齢ですので、仕事も生活も予断許されぬ状態ですが前向きに頑張って行く所存でございます。



皆々様のお力添え、ご指導ご鞭撻、更なるご愛顧を誠に勝手ながら、宜しくお願い申し上げます。



武口明






Last updated  2011.05.06 12:38:23
コメント(1) | コメントを書く
2011.01.11
カテゴリ:カテゴリ未分類
新年明けましておめでとうございます。


・・・・とかなり遅めのご挨拶になってしまいましたが・・


本日1月11日で46歳になりました、踊るお父さんです。



まだ・・踊っています。


老いぼれダンサーになってしまいましたが・・

気持ちを若く持って・・・・


出来る所まで、行って見ましょう。




「エンターティナー」と言う言葉に憧れ・・・


アイドル・・

ミュージカル・・

ダンサー・・

お笑い・・

役者・・


色々こなしてきましたが・・・


小さな箱で・・

エンターテイメントを追求するにも・・

そろそろ・・肉体の方が限界に近くなってきてしまいました。




さてさて・・・

これからの人生・・・


色々考えながらも・・


何か人様の役に立てるよう・・

今までの経験なり、生き様を活かして・・


人生をまっとうしたいと思う所存でございます。



どうぞ・・


本年も宜しくお願い申し上げます。










Last updated  2011.01.11 13:33:12
コメント(0) | コメントを書く
2010.07.13
カテゴリ:カテゴリ未分類

つかこうへいさんが亡くなった・・。

初めてその作品を見たのは・・
高校生の頃、当時付き合っていた彼女が、『すっごい、泣けたいい映画があったの・・一緒に見よう!』と言われ、見たのが『蒲田行進曲』だった。


当時、売れないジャニーズJr.で、テレビドラマのちょい役をやっていた俺を、平田満が演じる、『ヤス』とダブらせて見ていたらしい。

何故、『銀ちゃんじゃないんだろう・・?』

彼女に聞いて見ると・・

『明(本名)はそんな事しないでしょ!』

と帰って来た。

つまり、妊娠させた相手を自分の取り巻きに『貰ってやってくれ!』と、渡すような事はしないと言う事だ。

有名な台詞・・

『コレがコレなもんで・・』
と、小指を立てて、お腹を覆う仕草で・・

エヘッへ・・と笑いながら、大怪我をしながら、エキストラの死に役、切られ役、吹き飛ばされる役を取って来る。

怪我しても、笑いながら『コレがコレなもんで』と笑う。

そんなシーンを見て泣いていた。

大女優だった『小夏』も、いつしかヤスに惹かれて行く。

俺も不覚にも階段落ちのシーンでは涙を零しながら見ていた。

役者になったら、『銀ちゃんをやりたい』と思ったものだ。

それにしても、良い作品で脚本家『つかこうへい』さんて、凄い人だと思った。


まさかその後、仕事をする事になるとは思わなかった。


それから10年余り過ぎた1994年。

その前年に、お笑いタレントを辞めた俺は、友人から頼まれた、ダンサーの代役の仕事を引き受けた。

1日だけ、群馬県の桐生市にある劇場で、1曲だけ、踊る代役の仕事であった。
作品の名は『熱海殺人事件・~妹よ~』であった。

群馬県桐生市の大きな会場で、当日の稽古が始まった。

付けられた振りの確認をしていると、マイクを通した大きな声で、『そこ!変えよう!』と言う声が響き渡った。

つかこうへいさんだった。

舞台上にぱっと上がり、『お前、こっちから出て来て見つめ合え!』

先輩のダンサーが、役者と見つめ合う。

『よし!抱き合え!』

抱き合う。

『よし!キスしろ!』

えっ!・・と思った。

男同士で濃厚なラブシーンだ。

最初のインパクトは計り知れなかった。

奇想天外な演出をする。

しかし、舞台が始まって、音楽と照明に照らし出され、重いストーリーと相俟って、そのシーンは見事に情緒たっぷりに役処の心理描写に組み込まれて行く。


勉強になる仕事をした。


しかし、それで終わらなかった。


その、一ヶ月後、事務所からオファーがあった。

7月のスケジュールは開いているか聞かれ、答えると、つかこうへい、作・演出の『飛龍伝94・~いつの日か白き翼にのって~』への出演オファーだった。

主演は『石田ひかり』

銀座セゾン劇場での一ヶ月公演の出演が決まった。

『ダンサー』として4人同じ事務所から出演があり、その作品で踊るものだとばかり思っていたが・・・

主演の石田ひかりさん以外は、筧利夫、春田純一、山本明、及川以造、等看板俳優をはじめ、男性ばかり50人近い。

異様な稽古場だ。

その、50人を束ねるのが、長い机の真ん中に陣取るのは、天然パーマにサングラス、常に煙りを吐き続けるチェーンスモーカ・・『つかこうへい』その人だ。
稽古が始まり一週間が過ぎると、ダンサーも役者も関係無くなっていた。

稽古場には必ず、シンセサイザーとオープンデッキが持ち込まれ、役者が殴り合えば、『バシッ』と言う効果音が流れ、『赤ん坊の泣き声だ!』と言う台詞を言うと、『オギャー』と言う具合に必ず効果音が芝居に組み込まれて行く。


音を出す音響さんも、稽古から真剣勝負だ。

芝居は毎日、変わっていく。

朝、稽古が始まるとおもむろに、つかさんが『筧!俺はあんたの為に死にたい!死にたいけどやりたい!』言え。

すると主役の筧利夫さんが直ぐに言う。

と、『ひかり!全共闘5万人の命を預かる委員長の私と敵対する機動隊隊長のあなたと出来る訳無いでしょう!』
言え。

と、直ぐに、石田ひかりさんが台詞を口にする。


『おい。あれかけろ。』

長い台詞のラブシーンに、BGMで、『浜田省吾・もうひとつの土曜日』の曲が流れる。

音響さんも、出演者もつかさんの言葉一つで直ぐに動き、芝居が出来て行く。

ある日、突然『おい!お前!赤いTシャツ!』と座って見ている30人はいる役者に上手から『早稲田大学バンザイ!』と言って走って来い!と指示が出る。

指された役者が言われた通りに大声で叫びながら走り出すと、ズダダダダダッー!とマシンガンの掃射音が鳴る。

音に合わせて役者は蜂の巣のように打たれる芝居をする。

物凄い迫力だ。

おもむろに目が合うと、『次、お前やれ!』と指名された。

見よう見真似でやってみる。

緊張感と緊迫した空気に、全神経を集中し、大声を出す。

マシンガンの掃射音が聞こえる。
自然に『う゛わぁー!!』と絶叫する。

自分でも信じられないぐらい気持ちよく、自然に演技が出来た。

快感だった。

それまで理屈で芝居を考えていた俺は、全身で表現する芝居の楽しさを感じた。

今、ショーにおいても、リアリズムやMC、メンバー紹介などは、つかさんの芝居に出演させて頂いたお陰だと深く感謝しています。

稽古の終わりになる、ある日、稽古中に突然、『お前、8月は何してるんだ!九州で芝居やるから来い!』と言われた。

8月から、『ショーパブ・アルカザール』に出演する事になっていた俺は『申し訳ありません、来月からショーの仕事が入っていまして・・・』と、断ってしまった。


あの時、ショーの仕事を断って、九州へ行っていたら、俺の人生はどう変わっていたのだろうか・・・


心よりご冥福をお祈り致します。


合掌。






Last updated  2010.07.13 20:01:58
コメント(0) | コメントを書く
2010.05.10
カテゴリ:カテゴリ未分類
先週、告知させて頂きました・・・

テレビ東京「世界を変える100人の日本人」ですが・・・



御覧頂いた方には、申し訳ないくらい・・

「あっ」と言う間の放送でした・・。



収録時には・・20分位かかったんですが・・・

(カメラリハーサルもいれたら1時間くらいかな?)


放送されたのは1分あるかないか・・くらいでした。


「トーク」は全部カット・・でしたね。



当日、「ジャニーズ時代の写真」と、後日「お笑いタレント時代の写真」を使わせて欲しいと言う事で、写真をお貸ししたんですが・・
まるっきり使われていませんでした(笑)

期待していた方には・・肩透かしみたいになってしまって・・

何と言ったらよいのやら・・・



ま、せめて番組のスポンサー紹介の時、踊ってる姿が映っただけ良かったのかな?


色々と・・御迷惑お掛けしました・・・。





一応、出演した足跡で・・名前だけはテレビ東京さんのサイトにも
載っていました。

⇒ JR東海「ホームタウン・エクスプレス’88」のテレビ情報

ありがとうございます。(笑)






Last updated  2010.05.10 13:45:51
コメント(0) | コメントを書く
2010.04.26
カテゴリ:カテゴリ未分類
テレビに出演する事になりました。



昨日、テレビスタジオに収録に行ってきました。



今回はテレビ東京・金曜日8時~放送の『世界を変える100人の日本人』と言う番組です。



内容は見てからのお楽しみ



・・・と焦らしても仕方ないので・・


この人は『昔、有名なCM』に出ていました。

さて、何のCMでしょう的な番組でした。

スタジオ収録で、その日は私と、もう一人の方が出演。



スタジオでは、ちょっと踊ったり、後はクイズ形式で、出演者の方に
突っ込まれたりしながら、何のCMに出ていたかを当てると言う内容でした。



当った後は「バナナマン」の日村さんに、昔一緒に「コント大会」に出演していた事を告げると、超ビックリリアクション!


流石だなぁーと思いました。


どこまで、カットされるかは解りませんが・・・

楽しい収録でした。




放送は五月七日(金曜日)の予定です。



是非ご覧下さい






Last updated  2010.04.26 13:45:55
コメント(0) | コメントを書く
2010.01.12
カテゴリ:カテゴリ未分類
とうとう・・・


45歳。


になってしまいました。




皆様のお祝いのメールありがとうございました!!



いやぁ・・


重い。・・・・・響が・・(笑)




夢は「青年実業家」・・


何て、言っていたのはついこの間だった気がするのに・・


普通に、中年になってるし・・



一緒に夢を追っていた奴らは皆何処へ行ったのやら・・

年賀状も減ったなぁ(笑)


まだまだ通過点。


されど、今後に向けて節目の歳でもある。



去年迄は40歳になってから、闇雲にもがいて来た4年間だった。

30代と変わらず、肉体的衰えを感じながらも・・

やれ、厄年だ、前厄だ、後厄だ・・と乗り切ったと思ったら・・


『45歳』


早い・・・



これからは1年、1年をどう生きたか?が今迄以上に重要になって来る気がする。


どう、生きたか?何をしたのか?何をする事が出来たのか?何をしてあげられたのか?・・



もっと、もっと、大人にならねば・・・・。




比較的、自分勝手に生きて来たけれど・・



今、1番、『責任』を感じるのは・・『娘』の存在である。


生まれて12年間・・


結構、仕事に明け暮れて、無責任にカミさん任せで、何事もなく育ってくれた彼女が、4月からはランドセルからセーラー服に変わる。


小学生だった娘が・・・

中学生です。汗・・



バス電車では、子供料金から大人扱いに変わる・・・。

遊園地や、レジャーやテーマパーク等へ行っても大人・・

いや、それ以前に、家族で行動していた休日に・・

あんまり付いて来なくなるであろう事は容易に想像できる。


そう、去年は「ARASHI」のコンサートに1人で行ったりしてるし・・(付き添いの女房の友達と現地合流したそうだが・・・)


はぁ・・


大人になって行くのは嬉しいが・・

手を離れていくのも・・・


と言うか・・あんまり、遊んであげていない気がするし・・


なんて、感傷に浸っている場合ではなく・・




我が家の家計は「JAL」的状況にあり(汗)


一踏ん張りどころか、革新的に、頑張らなければ・・

娘をホームレス中学生にしてしまう・・・何て事も・・



それだけは避けねばならん!!



「仕事」と言うのが、「お金を稼ぐ為のもの」だけであるのなら、
何にも悩んだりもしないだろう。


「仕事」をする事に自分の生き様、夢、積み重ねてきた自信、そして
人との出会いや対話、によって磨かれたスキルとプライド・・・。


「仕事」をするのは「自分」を「磨く」為でもある。

だから、まだこの場所からは逃げられない。

失敗ばかりかも知れないけれど・・

もしかしたら、この仕事をした事が失敗だったのかも知れないけれど・・

それでも12歳になるまで、「踊り」で育てて来た。

それがお父ちゃんのプライド。



大きな舞台の後ろの片隅で踊るダンサーよりも・・

小さな舞台の真ん中で踊るダンサーでいたい・・

15年前に・・そう思ってしまったのだから仕方ない。


もっと自分を磨ける事(仕事)を見つけるまでは・・・。




今日も、踊れる「舞台(ステージ)」と、仕事がある事に深く感謝をすると共に、陰で支えて下さっている、スタッフ、共演者、店長、社長、そして、ご支援下さいました皆々様に心より御礼申し上げます。






お前達が寝てる頃・・

また、馬鹿やって、汗かいて踊ってくるからな。


45歳・・・

まだまだ・・通過点。






Last updated  2010.01.12 12:16:58
コメント(0) | コメントを書く

全261件 (261件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 27 >


© Rakuten Group, Inc.