1160282 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

がちゃのダンジョン  映画&本

PR

フリーページ

著者名索引:ファンタジー&児童文学 


☆指輪物語


☆ナルニア国物語


☆ゲド戦記


☆ハウルの動く城


☆ハリー・ポッター


☆ライラの冒険


☆ダレン・シャン


☆ダーク・タワー


☆バーティミアス


☆氷と炎の歌シリーズ


☆ランサム・サーガ


☆小人・人形・大草原 


E.L.カニグズバーグ


D.W.ジョーンズ


ローラ・E・ワイルダー


エラゴン・ザスーラ 等  



十二国記  


海外小説


あ行の作家


か行の作家


さ行の作家


た行の作家


な行の作家


は行の作家


ま行の作家


や行の作家


ら・わ行の作家


*


このミステリがすごい海外


ロマンス本


国内小説:


あ行の作家


か行の作家


さ行の作家


た行の作家


な行の作家


は行の作家


ま行の作家


や・ら・わ行の作家


このミステリがすごい国内


あ行の映画


か行の映画


さ行の映画


た行の映画


な行の映画


は行の映画


ま行の映画


や行の映画


ら・わ行の映画


アイ・ロボット 原作と映画


天国の口、終りの楽園


シェイクスピア映画


ハリー・ポッターと炎のゴブレット


外国映画あれこれ☆


イギリス映画


スペイン映画


フランス映画


欧州映画


イタリア映画


キューバ映画


メキシコ映画


ブラジル映画


アイルランド映画


映画俳優


ユアン・マクレガー


クリスチャン・ベイル


ゲーリー・オールドマン


アラン・リックマン


ジュード・ロウ


トビー・マグワイア


フランスの俳優さん


スペインの俳優さん


ジョニー・デップ


2006年02月26日
XML
テーマ:映画と原作(78)
カテゴリ:カテゴリ未分類
『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』 (2005)
THE CHRONICLES OF NARNIA: THE LION, THE WITCH AND THE WARDROBE
製作国 アメリカ  ジャンル ファンタジー/アドベンチャー/ファミリー
ナルニア国物語 公式サイト  『指輪物語』と並ぶC・S・ルイスの名作ファンタジー小説をディズニーが空前のスケールで映像化したファンタジー超大作。本作は全7巻におよぶ壮大な物語の“第1章”となる。ひょんなことから不思議な生きものたちが暮らす異世界へと迷い込んでしまった4人の兄弟姉妹が繰り広げる冒険の物語をイマジネーション豊かに描く。監督はアニメ「シュレック」シリーズのアンドリュー・アダムソン。
ナルニア ファンサイト
ライオンと魔女改版ライオンと魔女ライオンと魔女新版
1,700円 (税込 1,785 円) 1,300円 (税込 1,365 円) 680円 (税込 714 円)  岩波書店


ライオンと魔女
原作のイメージ、特に挿絵の温かさがつまった映画でした。
ナルニア国ものがたり プリーページ

原作は絵本の延長のようで、細かな心理描写はあまりなく、おおまかなストーリーは、読んでいてちょっと手ごたえがありませんでしたが、映画では その辺にうまく肉付けがされていたと思います。何故エドマンドが兄弟の中で反抗的か、彼がひとり裏切り者になっていってしまうのは、何故なのかが、本では分かりづらくただの我儘な男の子という印象です。映画は、戦争、父の不在、疎開、兄弟間の軋轢など、エドマンドの屈託が分かるように描かれていて、説得力がありました。冒頭、それで映画に入り込みやすいと感じましたね。



☆勝手に人物魅力的ベストテン

1位  フォーン
2位  ルーシー
3位  アスラン&白い魔女

◇フォーンは、ちょっと悲しげで楽しげな表情がぴったり!

彼はルーシーが始めてナルニアで出会う人物です。幼いルーシーがナルニアという国から、逃げ帰ってしまう人物ではいけません。この人物には、ルーシーが警戒心を抱くことなく、おウチについて行きたくなる魅力がないとね♪ 映画では、フォーンのしぐさひとつひとつが好感度大♪ 彼の下半身や耳、鼻、などとても細かいところまで、ルーシーと同じ目線でマジマジと見入ってしました。出会って一瞬でお友達になれそうな人柄(人ではないけど。)、フォーンのおウチのかわいらしさ、暖炉の炎の幻想的な踊り、などなど、原作の挿絵のイメージそのままの映像がうれしい♪

◇ルーシーは、ミソッ歯、上向きの鼻など、いかにも小さな女の子でかわいらしかったです。

原作者が元々は、知り合いのルーシーという子に向けて語ったことが元になったお話。彼女は身近にいる、いかにもお話をせがんできそうな女の子ですね。

◇アスランは、あの毛のふさふさが最高~。

ピクサーの技術? 思わずスリスリしたくなるふさふさ感!「モンスターズ・インク」のサリーの毛と同じふさふさ感を感じました!2年もかけてCGで植毛?したというからすごいですね。人間の子の裏切りを身代わりになる、豪胆で深遠で神の子の威信を感じさせるライオン、よくぞCGで作り上げましたね~。声のイメージの役割も大きそうです。

◇白い魔女は冷たそうで高貴、邪悪で、かっこいい

エドマンドがナルニアで初めて出会う人物です。こちらは邪悪なのに、エドマンドはすっかり手慣づけれてしまいます。エドマンドが夢中になるお菓子は原作では ”プリン”でした~。 それにしても、彼女の率いる陣は、全部人以外のもの。彼女一人が人。どんな撮影風景だったのでしょうね。広大な草原で、厳しい表情でソリ?に乗ってましたが、見回せばたった一人状態だったのかな~。そんな事は感じさせない、ティルダ・スィントンは堂々してて、やっぱり、人間以外の役はお手の物のようです。どこか、疲れたおばさん的なのがまた良い。



 

ファンタジー本 ナルニア国物語●ナルニア国全7作のシリーズ 1950年~1956年

全世界で8500万部発行。『指輪物語』『ゲド戦記』と合わせ、世界三大ファンタジーの一つとも言われる。小学校4-5年生向きの児童書。
第一巻『ライオンと魔女』映画感想
第二巻『カスピアン王子のつのぶえ』
第三巻『朝びらき丸、東の海へ』原作感想The Voyage of the Dawn Treader
第四巻『銀のいす』The Silver Chair
第五巻『馬と少年』The Horse and His Boy
第六巻『魔術師のおい』The Magician's Nephew
第七巻『さいごの戦い』The Last Battle

ナルニア国物語セット(全7巻)カラー版<時系列> はなしの順番としては以下の通り

『魔術師のおい』(ナルニア建国)
『ライオンと魔女』(ピーター朝)
『馬と少年』(同上)
『カスピアン王子のつのぶえ』(テルマール朝)
『朝びらき丸、東の海へ』(同上)
『銀のいす』(同上)
『さいごの戦い』(チリアン朝 ナルニア滅亡)

*上記の本の順番は どちらもおなじ出版年順


●シリーズ概要
人間やフォーン(半山羊人)、ドリアード(木の精)、ナイアード(水の精)、セントール(半馬人)、巨人、そして話をするけものたち。 お話の中でしか存在しない生き物たちの国、ナルニア国とその隣国に、イギリスの少年少女が魔法の力で引き込まれ、冒険し、最後に現実世界にもどってくる、というもの(例外あり)。主人公は巻によっても変わっている。「ライオンと魔女」「カスピアン王子のつのぶえ」は同じ四人兄弟だが、「カスピアン王子のつのぶえ」で四人が訪れたナルニアは1000年以上の時が経っていて、国は荒廃している。ナルニア国に来て最初にある街頭も、何故あそこに立てられることになったか「魔術師のおい」で語られている。全7巻がそれぞれ独立した話で、全体を通した物語としても素晴らしいおはなしです。


●宗教的背景
C・S・ルイスは 宗教者としての書籍も多く、本作品は聖書の物語を下敷きにして書かれている。大帝の息子アスランは人間の子供が犯した裏切りという罪をあがなうため、身代わりとして処刑されるが復活する(『ライオンと魔女』)。アスランとはライオンという意味のトルコ語であり、ユダヤの獅子、すなわちイエス・キリストを示唆している。悪徳がはびこる世界には最後の日が訪れ、消滅する(『さいごの戦い』)。けれど、宗教的な背景を全く知らなくても、もったく問題ない。


 監督: アンドリュー・アダムソン Andrew Adamson
製作: マーク・ジョンソン Mark Johnson
製作総指揮: アンドリュー・アダムソン Andrew Adamson
ペリー・ムーア Perry Moore
フィリップ・ステュアー Philip Steuer
原作: C・S・ルイス C.S. Lewis
脚本: アンドリュー・アダムソン Andrew Adamson
クリストファー・マルクス Christopher Markus
スティーヴン・マクフィーリー Stephen McFeely
アン・ピーコック Ann Peacock
撮影: ドナルド・マカルパイン Donald McAlpine
クリーチャーデザイン: ハワード・バーガー
視覚効果スーパーバイザー: ディーン・ライト
特殊メイク: ハワード・バーガー
プロダクションデザイン: ロジャー・フォード Roger Ford
衣装デザイン: アイシス・マッセンデン Isis Mussenden
編集: シム・エヴァン=ジョーンズ Sim Evan-Jones
ジム・メイ Jim May
音楽: ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ Harry Gregson-Williams
クリエイティブスーパーバイザー: リチャード・テイラー[SFX] Richard Taylor
 
出演: ウィリアム・モーズリー William Moseley ピーター・ペベンシー
アナ・ポップルウェル Anna Popplewell スーザン・ペベンシー
スキャンダー・ケインズ Skandar Keynes エドマンド・ペベンシー
ジョージー・ヘンリー Georgie Henley ルーシー・ペベンシー
ティルダ・スウィントン Tilda Swinton 白い魔女
ジェームズ・マカヴォイ James McAvoy タムナスさん
ジム・ブロードベント Jim Broadbent カーク教授
 
声の出演: リーアム・ニーソン Liam Neeson アスラン
ルパート・エヴェレット Rupert Everett キツネ

 

第二次世界大戦下のイギリス。ペベンシー家の子どもたち、ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーの4人は、ロンドンの空襲を逃れ、田舎のカーク教授のもとに預けられる。古くて広い教授の屋敷を探索していた末っ子のルーシーは、空き部屋で大きな衣装だんすを見つけ、何かに導かれるようにその奥へと進んでいく。そして、ふと気づくとルーシーは雪に覆われた森の中に立っていた。そこは、言葉を話す不思議な生きものたちが暮らす魔法の国“ナルニア”。偉大な王アスランが作った美しいこの国は、冷酷な白い魔女によって100年もの間冬の世界に閉じ込められていた。ナルニアの住人たちはひたすらにアスランの帰還を祈り続けていた。やがてペベンシー家の4人の幼き子どもたちは、この国の運命が自分たちの手に託されたことを知るのだった…。







最終更新日  2008年07月03日 21時37分21秒

日記/記事の投稿


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.