254264 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

団塊倶楽部

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

プロフィール


Koutyan

フリーページ

お気に入りブログ

選手に負担のないオ… New! 内藤みかさん

アフィリエイト・プ… 藍玉.さん
楽ちん【おみやげギ… 楽ちんichibaさん
2008年新春福袋セー… ななせ♪さん
「あれこれ帳」 あ… ももアロエさん

バックナンバー

2021年02月
2021年01月

カレンダー

2020年04月24日
XML
カテゴリ:コラム
新型コロナウィルスの拡大で自粛が叫ばれ、さらなる自粛。

やむを得ない事とはいえ、街から人がいなくなった。

皆、家で巣ごもりしているのであろう。

お花見の時季というのに、世の中は暗いムードが続く。

約70年の生涯で、まさかこんな事が起きるとは夢にも思ってなかった。

私に限らず誰しも同じ想いであろう。

初めは高齢者が危険だと報じられれた。

でも持病がない若い人が感染したり亡くなっているという。

国内でも0歳の乳児が感染した、というニュースが流れた。

仙台の4歳の孫や息子夫婦が気がかりで、夜もおちおち眠れない日も。

著名な人にも感染・死亡が広がっている。

タレントの志村けんさん(70)が3月29日、

昨日は女優の岡江久美子さん(63)が亡くなったと報じられた。

岩手県はコロナ感染者がいない日本でただ一つの県となった。

そんな中緊急事態事態宣言が全国に拡大されたことを受け、岩手にもこれまでにはない

状況が。

県立学校が一斉休校となったり、大型商業施設が休店となったり。

「令和」となって「平成」より少しは世の中が良くなってくれる、期待があった。

こんな年を迎えるなんて。

こんなことになるとは。

当たり前のことが当たり前にできない。

つくづく当たり前のことの大切さを知った。


「止まない雨はない」

「朝の来ない夜はない」

雨が止んで晴れの日が来るし、長い夜が明けて朝がきっときっとやってくる。

ずっとこの状態が続くわけではない。

それを信じ、生きていく。

今はそれしかなさそう。






最終更新日  2020年04月24日 11時06分40秒
[コラム] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.