000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

団塊倶楽部

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

プロフィール


Koutyan

フリーページ

お気に入りブログ

大阪がインドより人… New! 内藤みかさん

アフィリエイト・プ… 藍玉.さん
楽ちん【おみやげギ… 楽ちんichibaさん
2008年新春福袋セー… ななせ♪さん
「あれこれ帳」 あ… ももアロエさん

バックナンバー

2021年02月
2021年01月

カレンダー

2020年06月02日
XML
カテゴリ:コラム
今朝、ラジオ放送で「覚低走行(かくていそうこう)」の話を聞いた。

覚低走行とは、

体調は正常で、眠気等の自覚症状はないものの、注意力や集中力が

居眠り運転状態の程度まで低下した状態で運転すること。

分かりやすく言えば、起きている状態と寝ている状態の間をさまよいながら

運転しているようなこと。

覚低走行状態になると、例えば前方を見ているつもりが実は

見えていない・見ていない、という状態になる。

そして怖いのは本人は全然気づかないで運転をしてしまうこと。

同乗者から声を掛けられたり、肩を叩かれたときにハッとして目が覚める。

つまり外部刺激を受けないと目が覚めないのだ。

居眠り運転で事故が起きた、というニュースをよく聞くがその中には

もしかしたら覚低走行なのかも知れない。

覚低走行にならないようにするには、居眠り運転の防止と同じで、

ガムを噛むなどして意識レベルを上げるのも1つの対策。

それよりも早め早めに車を止めて休むことが一番みたいです。






最終更新日  2020年06月02日 15時27分17秒
[コラム] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.