267420 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

団塊倶楽部

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

プロフィール


Koutyan

フリーページ

お気に入りブログ

ノンアルコール日本… 内藤みかさん

アフィリエイト・プ… 藍玉.さん
楽ちん【おみやげギ… 楽ちんichibaさん
2008年新春福袋セー… ななせ♪さん
「あれこれ帳」 あ… ももアロエさん

バックナンバー

カレンダー

2020年06月30日
XML
カテゴリ:ニュースから

地域の文化財を生かして観光振興につなげる日本遺産に、岩手県二戸市八幡平市

共同で申請した「“奥南部”漆物語」が今月19日認定されました。


日本遺産とは、地域の文化財や歴史的魅力をまとめ、観光振興につなげて

地域活性化を図る制度で、文化庁が認定している。

二戸市と八幡平市を流れる安比川の流域では漆の木から樹液を採取する「漆掻き」や、

漆を塗る「塗師(ぬし)」が多く住み、地域一帯となって漆器の製作をしてきた。

特に二戸市浄法寺町の「浄法寺漆」は質が高く、日光東照宮の陽明門など日本を代表する

国宝建造物の修復に使われている。

県内の自治体が主体となり日本遺産に認定されるのは初めて。



岩舘隆 岩手 浄法寺塗 漆器 お椀 漆 浄法寺漆器工芸企業組合浄法寺椀(大)溜 【国産漆100%仕様】 お椀 漆器 木製 日本製 プレゼント ギフト 定番 両親 父母 引っ越し祝い シンプル 食器 民藝










最終更新日  2020年06月30日 13時01分08秒
[ニュースから] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.