000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

団塊倶楽部

PR

X

全9件 (9件中 1-9件目)

1

お祭

2017年08月15日
XML
カテゴリ:お祭
「イオンモール盛岡 マエガタ夏祭り」

今日は、秋田竿燈まつり

青森のねぶた祭り仙台の七夕祭りと並んで東北の三大祭りの一つに数えられる。

演じるのは秋田市竿燈会

10メートル以上もある竹竿に最大9段の横棒竿燈まつを取り付け

最大46個の提灯をぶら下げている。

そして最大重量が50キロにもなる重い竿燈を職人が一人で担ぎ上げる

芸を披露する。










昨日まで見た、盛岡さんさ踊り、山形花笠踊り、青森ねぶた囃子と違い

ハラハラドキドキして見ていた。

竹竿がしなって揺れる。

額に乗せる危険と隣り合わせのような演技もあり、かなり緊張して見た。






最終更新日  2017年08月15日 21時34分27秒


2017年08月14日
カテゴリ:お祭
「イオンモール盛岡 マエガタ夏祭り」

本日は青森ねぶたまつり

演じるのはねぶた囃子で何度も表彰された青森ねぶた凱立会(がいりゅうかい)・

跳人(はねと)


例によってステージ右側より登場。




青森ねぶたのお囃子と跳人。




こちらは五所川原ねぶた囃子

「ヤッテマレ ヤッテマレ」と威勢がいい掛け声。




ねぶた祭りは青森の代表的なお祭りだが、地域によって飾り、呼び名、お囃子などが

少し違っている。

青森市はねぶた。弘前市はねぷた。五所川原市は立佞武多(たちねぶた)など。






最終更新日  2017年08月14日 18時39分43秒
2017年08月13日
カテゴリ:お祭
「イオンモール盛岡 マエガタ夏祭り」昨日、12日(土)は山形花笠まつり

尾花沢市花笠踊りお披露目隊による、花笠踊りが催された。


パレードみたいにステージの右手から登場。




花笠踊り尾花沢市が発祥の地とか。

8月初めの山形市で開催している山形花笠踊りとは、少し違い、かなり動きがハード。

5流派があるとかで、それぞれを披露してくれた。



おばなざわ花笠まつりは今月27~28日に開催される。






最終更新日  2017年08月13日 17時57分47秒
2017年08月12日
カテゴリ:お祭
「イオンモール盛岡 マエガタ夏祭り」が10日(木)から始まった。

昨日、11日(金)はイベントとして盛岡さんさ踊りが催された。

ミスさんさ・たいこ連をすぐ目の前で見られた。








場所はイオンモール盛岡 イーハトーブ広場

盛岡さんさ踊りの時は、人の頭や背中ばかりでよく見れなかった。

漸くミスさんさ・太鼓練を見られた。






最終更新日  2017年08月12日 17時49分16秒
2017年08月11日
カテゴリ:お祭
「第7回 雫石YOSAKOI」が、雫石町で開催されている「雫石よしゃれ祭り」

ステージイベントとして今日、10時からアルペン記念公園で開催された。


南中ソーラン節の曲にのって各地のよさこいチームが一同で踊る、総踊りで開始した。

若い人たちなので凄い迫力。




チームのトップバッターはもうかの星

盛岡大学の学生さん。人数は少なかったが学生らしく若々しく元気に踊っていた。




こちらは地元、雫石町桜蓮迦チーム

開会式宣言はこのチームのキッズが務めた。




こちらはYosakoiチーム鴒

盛岡を活動拠点にしている。




旗振り連合勇姿会による旗振り

こちらは初めて見たけど、すごい迫力だった。




岩手ばかりでなく、青森・秋田・宮城・山形の東北各県から全部で25チームが参加。

暑くもなく雨もない日で、最高のイベント日和だった。






最終更新日  2017年08月11日 20時06分38秒
2017年08月06日
カテゴリ:お祭
盛岡七夕まつりが4日(金)から7日(月)の4日間、ホットラインサカナチョウで開催中。

アーケード街いっぱいに大きくて色鮮やかな七夕が飾られている。

縁日の出店も。




今日、何十年ぶりかで見に行って来た。

以前、見た時よりもずっと豪華だった。

LIVEステージではいわてビッグブルズ・ビッグブルズチアダンサーのダンスが催された。






若くて格好がいい女性たちが、格好よく踊ってた。

バスケットより、こちらなら何度でも見たい。


この七夕まつりは毎年さんさ踊りの最終日にスタートする。

さんさの後は七夕まつりです。






最終更新日  2017年08月06日 20時45分36秒
2017年08月04日
カテゴリ:お祭
8月1日から始まった「盛岡さんさ踊り」も今日が最後。

2日に「さんさおへれんせ集団」さんさ踊りのパレードに参加した。

さんさおへれんせ集団とは事前に参加申し込みをし、当日に練習会を行った後、

そろいの半纏を着てパレードに参加する取り組み。

今年で6年目を迎える。

練習会場はもりおか歴史文化館前広場








メイン会場の盛岡中央通りは今日も観覧客はすごい人。

踊っている人を撮りたかったが、見ている人の頭や後ろ姿ばかり。

スタート前だけど、ミスさんさ踊りを撮れたのはラッキー。




盛岡さんさ踊り1978(昭和53)年に始まり、今年は40回目

祭りで使う太鼓は期間中合計1万個以上。

平成19年、26年と「和太鼓同時演奏世界一」の記録を2度塗り替えた。

今や東北を代表する祭りの一つと評されるまでに発展した。






最終更新日  2017年08月04日 21時17分27秒
2017年06月18日
カテゴリ:お祭
第36回”初夏の鈴の音”八幡ぽんぽこ市

日 時:6月18日 11:00~15:30

場 所:盛岡八幡町通り 中村時計店~盛岡八幡宮

開催テーマ:音とアートと人コが集う☆まちなか劇場


盛岡八幡町通りのホコ天を利用して開催してた。

ちょっとしたお祭りだった。


こちらは「チャグチャグ人コ(ひとっこ)パレード」

一人で何種類かの楽器を弾きながら唄うワンマンバンド

ピエロマスコット




ちょっと見た目は3人?

でも1人が2つの人形を操ってるのでした。





こちらは「雪駄飛ばし世界大会」

世界大会とはすごいですね。

奥に見えるのが盛岡八幡宮




こちらは珠玉の女性デュオ「FLAT」ストリートライブ

若い二人。

いつの日かメジャーデビューできたらいいですね。




何年前から開催されているのか知らないが、毎月開催してるらしい。

今日別の用事で盛岡に行ったついでに足を延ばしてみた。






最終更新日  2017年06月18日 19時00分45秒
2017年06月09日
カテゴリ:お祭
「馬と芝とレンゲツツジ祭2017」安比高原 中のまきばで6月3日から11日まで開催中。

今日見に行って来た。





レンゲツツジが一面に咲いていた。

見た目はきれいなレンゲツツジだが、この花には毒があるという。

だけど馬たちはレンゲツツジはしっかりとよけて草を食べるそう。

馬は賢いんだね!

馬たちに下草を食べてもらうことは、草原の再生につながるそう。








ここにいる馬はサラブレッドとは違い、「働く馬」だそう。

寒立馬というらしい。

近年、こうした「働く馬」が見直されている。

馬は重機が入ることができない、狭い所へ入って行ける。

何よりもCO2を排出しないので、環境に優しいというメリットがあるという。


人懐っこい馬が近づいて来た。

なでてやりたいけど、ちょっと怖いような!




優しいガイドさんに安比高原のお花を教わった。

これはオキナグサ(翁草)

白く長い綿毛が集まった姿を老人の頭にたとえ、オキナグサという。




こちらの薄紫色の花はアズマギク(東菊)

比較的低い山地の草原に咲く花。







最終更新日  2017年06月09日 17時32分28秒
このブログでよく読まれている記事

全9件 (9件中 1-9件目)

1


© Rakuten Group, Inc.