2019年11月13日

割り勘

カテゴリ:コラム
友達と食事して勘定を「今日は私のおごり」と言うと「次に会いづらいから割り勘にしよう」と

いうことになる。

「割り勘」「割り前勘定」の略。

「割り前」は各人に割り当てられた金額や分量。

自分に割り当てられた金額を勘定するということ。

はしりは江戸時代後期の戯作者、山東京伝とされる。

友人との飲み会での最中でも頭数で代金を計算していた事から「京伝勘定」とも呼ばれていた。

 
日露戦争開戦頃に流行した言い回しとして「兵隊勘定」がある。

「明日は戦場で生死も定かでないから、同じ兵隊同士貸し借りなしに均等に負担する」と

いうのが一説。


勘定の均等割を「割り勘」と呼ぶようになったのは昭和初期以降という。

「割り勘」が市民権を得たのはさほど古くはない、ということか。





TWITTER

最終更新日  2019年11月13日 13時01分25秒
[コラム] カテゴリの最新記事