008820 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ダラ奥のほほん日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ダラ美

Category

Freepage List

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

Nov 26, 2005
XML
ある晴れた冬らしくないあったかいのどかな平日。
そう言えばそろそろ銀行にお金入れとかないと引落しヤバいよな…と、ふと窓から駐車場見たら隣の外車がいない。
これはチャンスかも?そう言えばお腹もすいたし(←既に昼食作る気ナシ)、私は一気に冒険者モード突入。
下の子をチャイルドシートに括りつけ、親子2人でのアドベンチャー単独ドライブに挑戦。行き先は近所のショッピングセンター。
ここは週末になるととても混みあうのだけど平日なら車も少ないしなんとかなるでしょうと。

ドキドキのドライブは何事もなくSCの駐車場へ。…が、何度やっても枠からハミ出すのですわこれがまた。周りに車はないものの、警備員さん私にくぎづけw
いつもナビ役の鬼教官夫がタイミングを教えてくれてるしなぁ。しかし平日でよかったよホント。
試行錯誤でなんとか枠内に収めた時には汗だくヘロヘロ。

ATMで入金し、昼ご飯と買い物を済ませて車へ。いやぁ自転車と違い楽ですね、荷物が多くても。
帰りの精算機は寄せ方が足りずにブレーキひいて下りて駐車券つっこんだのだけど、平日だから許されるよね?(それこそ高速の料金所だったら迷惑この上なし)

それで、自宅マンションの駐車場へ戻ってきたのだけど、これまた苦労しました。
隣のスペースには一発でまっすぐ入ったんですよ。いやでもここじゃないし。少しずつD-R-D-R-Dでよせたら、次は反対側の隣の車スペースですよ。というかここには国産車停まってるしそのままいけばアボンです。
またきりなおしてR-D-Rでよせたら、これまたいつも外車停まってるスペース突入ですよ。
…という事を何度か繰り返して無事終了したのですが、最後はスペースど真ん中まっすぐというとても美しい状態でした。
いや、普通の人は一発でこの状態になるのですが…よく他車に被害がなかったものだと。

家に帰ってから気付きましたよ。
ウチの車、そう言えば

    車 両 保 険 入 っ て な い … 汗汗汗汗汗

ドラクエでいえば、布の服とひのきの棒でラスボスと闘うようなもんです。
次回の冒険は、車両保険に入って車庫入れを完璧にしてからという事になりました。
無理はいけません、無理は。






Last updated  Nov 26, 2005 04:42:08 PM
コメント(2) | コメントを書く
Nov 25, 2005
カテゴリ:ダラ的日常
さて、いつもダラしてる専業主婦なアテクシですが、仕事の事など。

基本的に私はあまり働くのが好きではありません。上の子の妊娠7ヶ月あたりまではフルタイムで働いていたけど、基本的には働きたくないダメ人間です。
まぁちょこっとパート行ったりはあるけど、継続的に長時間拘束というのがたまらんのです。
でも、貯金(というかヘソクリ)もしたいし、欲しい物もあるし(でも、家計から出すのはちょっとねぇという気持ちもあり)。
下の子はまだ就園前なので、子ども2人延長保育でパートというわけにもいきません。
というわけで、派遣会社に単発バイトの登録をちょこちょこしたりしています。
これだったら私の両親にチビさんを預けてたまに仕事できます。

今日は新規開拓で、販売促進イベントの企画・運営会社の面接に行ってきました。
これなら単発で土日のみ・しかも結構日給イイです。
でも、年も年だしそんなに期待はしてませんでした。だって量販店行った時に見る、ノベルティやら風船配ってるおねいさん達に年食ってるっぽい人はいません(笑)

が、帰宅して夕方かかってきた電話で、
あっさりと来月なかばのお仕事の依頼がきてしまいましたよマジですか?
そりゃぁ面接で「メイクは25歳ぐらいに見えるように」とか「大学生のようなテンションで」とか言われましたよ。でも本当にいいんですか私で…。

そのたった2日間のために、相当努力してモチベーションあげなきゃなりません。
ただでさえダラダラ過ごしてる私、ますます家の事ができなくなりそなヨカン






Last updated  Nov 26, 2005 12:59:37 AM
コメント(2) | コメントを書く
Nov 24, 2005
夫の実家に行ったダメージにも負けず、ホームセンターへトイレットペーパーと初心者マークwを買いに行きました。もちろん私の運転で。
ここ、ホームセンターだけでなくスポーツ用品や百均・家電量販店なんかも入っています。
平面の方は車がたくさん停まっていて怖かったので、立体駐車場へ。
運転再開してから、初めての立体駐車場です。上から下りてくる対向車がとても怖いです(涙)
幸い駐車場はガラガラで車止めもなかったので、頭から突っ込み一発おけ。

家電量販店・スポーツ用品店・ホームセンターとまわったのですが、ものすごく暑くて気分が悪くなり、冷や汗が出てきたので外へ出て、子ども達にアイスを食べさせながら座っていました。
温度差と運転に神経使ってるからかなーと思いつつ、買うもの買って帰路へ。

帰宅後、関節は痛いわ寒気がするわでおかしいなと思ったら案の定発熱(⇒そして、22日の日記のような事に)
風邪なのか疲れたのかよく分からないけどもしかしたら知恵熱かもしれません。

いきなり無理はよくないのだなとことごとく思い知らされました。






Last updated  Nov 24, 2005 08:17:46 PM
コメント(2) | コメントを書く
Nov 23, 2005
さて、次の鬼教官(=夫)の教習指令は突然「さ、実家行くぞ~」
実家とはもちろん夫の実家で、同じ市内とは言っても北の端なので混み具合にもよるけど1時間ぐらいかかります。
しかも標高推定250mの山の上で、必然的にカーブ多し。しかも、国道を通ればよかったのに道を間違え…というかいつも夫が通る道なのでついついクセで抜け道を走るハメに。ここは道幅狭い文字通りの山道。

怖 か っ た or2

私、まだカーブを走るタイミングがズレるので(スローインファストアウトだっけ?えぇ私、急カーブを抜けるまでアクセル踏めません)めちゃくちゃリスキーなドライブだったと思う自分でも。
どうしてもトロトロ走ってしまうので、空いてる時間帯なのに後ろ渋滞してるし、あおられまくるし(涙)
次来る時は絶対初心者マークつけて走るもんねと誓いました。

なんとか無事夫の実家に到着、やはり寒いです。ウチとは体感温度5度ぐらい余裕で違う。寒いのと無事到着できた事にホっとして、寒気と震えが止まりませんでした(後から、それは風邪のひきはじめだったんだと判明・笑)

この山道ドライブがよほど怖かったのか、後ろに迷惑だと思ったか分からないけど、帰りは「俺運転するから」と。
マジでその方がいいと思いました。だって私、エンジンブレーキ使えません(AT車なのに 汗)。
その後、もう夫は私の運転で実家へ行こうとは言わなくなりました…まだまだ修行が必要デス






Last updated  Nov 24, 2005 04:28:31 PM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 22, 2005
カテゴリ:ダラ的日常
とうとう本格的に風邪ひきました。ただ今発熱中38度。
先月末からの娘たち病気キャンペーンの余波でしょうか。それとも看病疲れでムリしてたからでしょうか。

しかしですね、体は辛いけれど誰にも文句言われずにダラできます。
昨夜は母が晩御飯を届けてくれました。
今朝は上の子を幼稚園まで私の母が連れていってくれ、お迎えは私の父が行ってくれる予定です。

リビングに布団を持ち込み⊂⌒~⊃。Д。)⊃ダラーと寝ながら、撮りだめした「ホテリアー」のDVD鑑賞です。
下の娘のお世話も最低限しかできないのですが、一人で遊んでくれています。

こんな堂々とダラできるのであれば、あとしばらく病気でいてもいいかななんて、バチあたりな事考えてしまいます。
それもこれも、近くに私の両親が健在だからできるのでしょうね…パパンもママンも元気でいてください。






Last updated  Nov 22, 2005 02:09:42 PM
コメント(2) | コメントを書く
Nov 21, 2005
ヘタクソな私の運転練習に、寿命を縮めながら付き合ってくれている夫。
さぞかし心優しい人だと思いきや…これがまたものすごい鬼教官なのです。
容赦なく無理難題をふっかけてきます。「無理無理、ぜ~ったい無理っ」と抵抗を試みるのですが、許してはくれず「さ、行くゾ。つべこべ言ってるヒマあったらはよ運転せぇ」と。

教習所のように一つ一つクリアしていった方が安心・安全度も高いと思うのですが、鬼教官はそんなもん知ったこっちゃない。いきなり難易度Sクラスの道を平気で走らせやがるのです。
「まぁな、死ぬ時はそれまでの寿命やし」とか、怖い事まで言ってくれます。
一番怖いのは、私の隣に座ってるというのに、平気でテレビを見られるところですかねぇ(私はナビ画面にして集中したい。夫にも集中して危険を予測してもらいたい…)。

夫にとってはほぼ毎日15年近く乗ってるのだから、運転できて当たり前。
できない私は「何のために免許持ってるの?」という感じみたいです。
次の指令…というか無理難題は、いきなりの高速教習でございます。
いや、だから、無理ですぅぅ(と、しつこく抵抗を試みる私。幸いまだ高速道路は走ってません)






Last updated  Nov 21, 2005 09:41:49 PM
コメント(2) | コメントを書く
Nov 20, 2005
たこ焼き屋台の出てる駅前までの道のりは、免許取り立ての頃はよく車で走った道だし、勝手は分かるつもりだった…のだけど、いざ運転席に座るといつもと違う感覚で、少し戸惑ったのだけど、第一関門の踏み切り(しかも真ん前に交番があり、通行人も多い)を通過し、無事到着。
学生時代よく食べに行ったお好み焼き屋さんの前に車を停め、夫にたこ焼きを買いに行ってもらいました。
私もようやく緊張の糸がゆるみ、肩を回したりのびをしたりコーヒーがぶ飲みしたりしながら待っていたところに夫が戻ってきて帰路へ。
私はまだ緊張の糸がゆるんでて、曲がる道間違えて細~い道を行かなければならなくなり、一気に地獄行きで、いやーな汗かきまくりでした(涙)

何とか無事太い道に出て、後は家を目指すだけ…と思ったらここでまた夫が無理難題を。
夫の仕事現場へ寄って欲しいとな。…そこはうちの近くではあるけれど、めちゃくちゃ細い道をいかなければならないので、できれば避けたい(涙)
途中、とまってる自転車を引き倒しそうになりながらも何とかクリアし、無事に自宅マンションの敷地内へたどり着く事ができました。

さて、問題の車庫入れ。なんとか3分で入れられる事ができたのだけど、アレはマグレに違いない。たまたま入れたらたまたま入った…みたいな感じ。
でも、さすがにバックでハンドルをどちらに切ったら車はどっちに向くのかは何となく分かってきた(今更何を…)

…ペーパードライバー脱出はまだまだ遠い。






Last updated  Nov 20, 2005 06:19:10 PM
コメント(2) | コメントを書く
Nov 19, 2005
夫が「たこ焼き食べに行きたい」と言い出しました。
そのたこ焼き屋さんは、夫が幼少期を過ごした最寄の駅前に毎晩出ている屋台なのですが、彼はそこのたこ焼き屋台よりもおいしいところで食べた事がないというぐらいお気に入りです。
しかし、そこはうちから約10kmぐらい離れたところにあります。もちろんウチの周りの人通りが少ない道と違って思いっきり幹線道路を使い、国道を3つ越えなければなりません。

「ヲイ夫よ、もすかすて私の運転で行くのですか?」との問いに、何を言うか当たり前やんという風に助手席に乗り込んだ夫。
はっきり言って全然自信がないどころか命の補償もできません。初心者マークを買っておけばよかったと思いましたよホント。
もうね、腹括りました。たとえ私や夫が死んでも子ども達だけはなんとか助かりますように…と祈りながらハンドルを握りました。

幹線道路ではゆっくり左側を走ったので、後続の車はぐんぐん抜いていってくれます。信号でとまる度に「あぁぁっ、後ろあんなに並んでるよどうしよう」と泣きそうになりました。
怖かった右左折もなんとかクリア、随分慣れてきたので少し気が楽になりました。
しかし…隣の夫や後ろの子ども達は反比例するように無言になっていきます。
こんな私に命を預ける家族達もたまったもんじゃないよなーと妙に納得してしまいました。






Last updated  Nov 19, 2005 08:00:43 PM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 18, 2005
カテゴリ:ダラ的日常
少しずつ運転の練習をはじめて、どうもメガネが合わないような気がしたので朝から眼科へ。
実は、免許証の条件の眼鏡等は書かれていないのだけど、アレも当てにならなさそうだし、それに免許更新の時よりも悪くなってるような気がしていました。というのも、裸眼では標識の文字が見えません。
遠視と乱視のコンボなので、メガネ屋さんで検眼するよりより正確な眼科へ行くことにしました。

最初に視力検査をしたら、裸眼片目0.2ずつ。こんなんでは怖くて裸眼で運転できません。
しかも乱視が強くなっているようで、視力検査の表の○のどこが開いてるか?というよりも二重に見えるので、「…8」?とかいうボケた事を言ってしまったり。

そんなんで先生に診察してもらったのですが、待合室でドライアイのセルフチェックをしたら殆どが当てはまっていたので、それも診てもらう事にしました。
結果、涙の量が少ない、典型的なドライアイでした。毎日目薬をさしたら楽にはなるけど、根本的にはずっとつきあっていかなきゃならんようです。
コンタクトはあんまりしない方がいいらしいorz

というよりも、目薬をもらいに2~3週間に1度眼科通いしなきゃならん方が苦痛です。そのうち目薬挿す事さえ忘れそうです。






Last updated  Nov 18, 2005 08:47:08 PM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 17, 2005
ドッキドキというか命懸けのドライブが終わり、マンションの敷地内に戻ってきました。問題は車庫入れです。
しかもっ、両隣と前は外車と高級国産車。万が一ぶつけたりこすったりしたら、もんのすごいありえないぐらいの修理代が発生します。
ハンドルを握る手にも力が入り、イヤ~な汗が出てきました。
頭を左にふり、右に戻しながらバックをするのですが、ここでの問題点。

ええっ、バックで右にハンドルをきれば、車ってどっち向くの?
…基本的な問題が理解できてませんorz

いちいち夫に「次どっちよ?どっちよぉぉぉ?ヽ(`Д´)ノウワァァァン」と聞きながら、ハンドルをまわしたり、D←→Rをいったりきたり。
「おぉぉぉぉぉい、ぶつかる~~~~~サイドミラー確認せぇぇぇ」の声に「だーかーらー次は前?後ろ?ハンドル右?左~~~????」(大パニック中)

とうとう夫、車を降りてしまいました。
放棄したのではありません、心優しい夫は外で警備員さんのように身振り手振りしながら誘導しはじめたのです。
そのお陰でなんとかまっすぐ車庫入れができたのですが、そのあいだの所要時間10分。
こんな事ではお買い物にも行けません~

対人も対物も被害がなかった事に安堵し、夫には感謝し、こんな私に免許を交付した公安委員会を恨みつつも頑張ります(涙)






Last updated  Nov 17, 2005 08:31:46 PM
コメント(2) | コメントを書く

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

 ダラ美@ 遅レスすんまそん >ぷくちん えぇ、私も全然乗る時間が…
 ぷく@ がんばっとるね~。 一応ペーパー克服後、今またペーパーに戻…
 ダラ美@ いやいや >ぽんちゃん 確かに外に出るとシャキにな…
 ぽん@ 偉いにゃ やっぱり外に出るとしゃきっと感が違うよ…
 ダラ美@ いや、ただの風邪でした(汗) >ぽんちゃん 今日はあまりの車庫入れ下…

Headline News


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.