001341 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

広告屋の独り言

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


広告屋エム

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

aya*smile** *aya**さん

Comments

広告屋エム@ Re:やほ^^(12/01) *aya**さん まいどー☆ 相手がつかめな…
*aya**@ やほ^^ 人間相手のお仕事はほんとに疲れるよね。…
広告屋エム@ Re:こんばんは(11/28) まるさん こんにちは、コメントありが…
まる@ こんばんは 壷・・・!!! どうして、壷・・・!!…
広告屋エム@ Re:こんばんは☆(11/27) ayaちゃん☆ どうもまだayaちゃんという…

Freepage List

Headline News

2008.12.01
XML
僕の職種はプランナー兼コピーライター。
広告代理店の中ではディレクターという立場で仕事をしているけども、広告のプランは100%自分で立てるし、コピーも80%は自分で書く。
まあ、仕事のスタイルとして、そのほうがディレクションしやすいし、しかもたいてい結果がいいのでそうしてるだけなんだけど、もちろん、忙しくて手が回らないときは、コピーに関しては外の人の手を借りることになる。

さて前の会社にいたとき、どうしてもコピーを外部の方にお願いしなくてはならないことになった。
なので、当然、社内にコピーライターのいるプロダクションさんにお願いすることになる。
で、Z社に依頼したのだが、ここのコピーライターは、

 オバサン

・・・・・・(笑)

なぜ僕はこう、オバサンと関係が深いのか自分でもサッパリ分からないが、もうね、はっきり言ってオバサンが出てきた時点で迷惑なわけですよ、かなり(^^;
しかもこのオバサンは、僕より年が上なので、リアルにオバサン。
仕事の仕方も、なぜか、当たり前のように、オバサン臭を前面に押し出した感じだ。

さてそれで、このオバサンに依頼したコピーは、どうしても、「イメージではなくて、事実を分かりやすく噛み砕いて説明する」ことが要求される案件だった。
まあしかしこんなことは難しいオーダーではなくて、むしろコピーのABC。
優れた事実が何かあるのなら、それを前面に押し出すほうが、よほど説得しやすいのだ。

たとえば、税理士を目指す人たちに対するスクールや教材系の広告を出すとして、
「企業における貸借対照表の活用に関して、勘定科目ごとに詳しく学べます。」
と書くのと、
「税理士さんはステキなお仕事!」
と書くのでは、上のコピーのほうがはるかに効果的だと思える、と単純にそういうことでしかない。

ところがこのオバサン、どうしても、「税理士はステキなお仕事!」的なコピーしか出してこないんだよ。
なんでだろうね?
あれほど何回も、「今回は相手を説得する目的で出稿しますので、具体的な事実に基づいてコピーワークお願いしますね」と言ってあるんだが。

んで、一度、直しを出した。
当然、発注のときに資料を渡してあるので、再度、資料の「こことここの事実を使ってコピーにしてください」と、超具体的な指示まで出した。
しかし次に上がってきたコピーが、あろうことか、

「税理士さんは、みんなから信頼される、とってもステキなお仕事!」

的なコピーだったのだ。
しかも一案のみ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

考え込んでしまうよなあ、こういう時ってさ。
だってあんまり変わってないじゃん(笑
「みんなから信頼される」が入って、「ステキな」を「とっても」で強調してみただけじゃん?

まっ、あとで聞いたら、このオバサン、コピーライターというよりは雑誌系の記事のライター色の強い人だったらしく、それならまあしょうがないのかなー?とも思ったんだけどさ(笑

でも、「税理士さんは、みんなから信頼される、とってもステキなお仕事!」では今回の広告は用を成さないので、どうしても、書き直してもらわないとならない。んで、再三にわたる話だが、

「いや、あの、事実を言ってそれで説得する組み立てにしたいんです」

と言ったところ、僕の目の前で、そのオバサンが切れた!
なんだか、顔を見ると、もう、完全にブチブチブチブチッときてる感じ(笑
なにその逆切れ、と思いながら話を進めたんだけど、その僕の話をさえぎって、オバサンはこう言い放ったのだった!

「そんなに言うんならさ、エムさん、あんた、自分で書けばいいじゃん?」

(・_・)エッ......?

そうとう憎々しげに言ってる空気だけは伝わってきたが、言ってることの意味がわからん(笑
んで、一瞬たじろいだんだけど、さらにかぶせて、オバサンはこう言った。

「エムさんはね、自分の気に入るようにならないとダメな人なんだから、自分で書けばいいでしょ?私、もうこれ以上書けないから!」


んで、僕は幸いにも、こういう問題を引きずらない程度に大人だったので、コピーの部分の仕事を全部引き上げて、言われたとおり、自分で書きました(笑
そしてそのオバサンとは二度と仕事をせずに、今に至っております( ̄▽ ̄;)






Last updated  2008.12.01 14:06:15
コメント(2) | コメントを書く
[広告業界のヘンな人] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.