1395898 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

いろいろ気になる

PR

2009.01.14
XML
カテゴリ:メーカー製のPC
リビングPCのFMV-TEOは、1月16日から2モデルを発売する。
ハードウェアの仕様は秋冬モデルと変わらないが、
ソフトウェアなどが良くなっている。

AVCRECに対応するようになり、
録画したものを2.4~9MbpsのH.264形式に変換できる。
ただし、録画と同時には変換できない。

さらに、DTCP-IPにも対応し、家庭内ネットワーク内のPCに録画番組の配信が可能。
また、AAC音声の5.1chスルー出力、
パナソニック/シャープに加えて日立/日本ビクターの一部デジタルTVにも対応した。

TEO/C90DがHDD 750GBとBDドライブ搭載。
750GBはちょっとケチくさい。
TEO/C90D \194,880
TEO/C70DがHDD 500GBとDVDスーパーマルチドライブ搭載。
TEO/C70D \146,370

CPUにTurion X2 RM-70(2GHz)、メモリ2GB、AMD M780Gチップセット(ビデオ内蔵、64MB LFB搭載)、地上/BS/110度CSデジタルTVチューナ(2番組同時録画対応)。
OSはWindows Vista Home Premium。

インターフェイスは、USB 2.0×6、IEEE 1394、IEEE 802.11b/g/n対応無線LAN、Gigabit Ethernet、SDカード(SDHC)/メモリースティック(PRO)スロット、HDMI出力、DVI-D(HDMI排他利用)、音声入出力など。

サイズは340×357.5×75mm、重さ6.6kg。






最終更新日  2009.01.14 18:21:18
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.