274540 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ダッチ鈴木のダッチオーブン・ブログ

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Profile


ダッチ鈴木

Archives

2021/06
2021/05
2021/04
2021/03
2021/02

Favorite Blog

自律訓練法  自律… 祐 yuさん

nozoままcafe nozoままさん
スローライフ 田舎… D-Makiさん
アウトドア列伝 野… 爽生02さん
デイキャンプ 大好… uraboonさん
錯乱?坊のプランター sakuranbouさん
キャンプ&フィッシ… CAMP天狗さん
富士の麓便り 富士の麓便りさん
ほっとたいむ りりぃ7412さん

Comments

ダッチ鈴木@ Re[1]:重粒子線治療(05/12) uraboonさん >重粒子線治療、少し知って…
uraboon@ Re:重粒子線治療(05/12) おひさです! 重粒子線治療、少し知っ…
ダッチ鈴木@ Re[1]:笠置でまったり(05/09) mkd5569さん >夜のブログの更新おつかれ…
mkd5569@ Re:笠置でまったり(05/09) 夜のブログの更新おつかれさまです。 あ…
ダッチ鈴木@ Re[1]:安治川親方の決断(02/03) uraboonさん >安治川親方は、仕事上、年…

Freepage List

2008/02/22
XML
昨年らい、小型LPGボンベについて

楽しくない話題が続いていましたが、

面白そうで嬉しい報道があったのでお知らせします。


私が所属するキャンピングトレーラーのMLで知ったのですが、

今年の夏めどに、FRP(繊維強化プラスチック)製の

小型LPGボンベが発売されるようです。


何が面白そうで嬉しいのかというと、

キャンピングカーや船舶では、軽量化は出来ればしたい事なのです。

*特にトレーラーに於いてはヒッチ(連結器)架る加重を軽くしたいのです。*

そして、電気を存分に使うことが難しいので、

これらには暖房や冷蔵庫のLPガスが使われることが多いのです。

LPGボンベ、持ち上げたことがある人は解ると思うのですが、

けっこう重いのです。

しかも車内には積めませんので、

車内と隔離した収納庫を作って積むのですが、

構造上、そしてレイアウトの制限を考えれば、大体の場所が決まってくるのです。

キャンピングトレーラー場合、ボディー本体の前面、

シャーシの前部、三角形になった連結部分に詰まれることになります。

ところがこの部分は出来るだけ軽くしたい部分でも有るのです。

なので、LPGボンベが軽量化されるのはとっても嬉しいことなのです。

ついでにお値段も軽量化されていたらもっと嬉しいのですが。


Field-KitchenDO人気blogランキングに登録しています。
  2005-06-02 18:09:05


皆様の一押しが書き続ける励みになりますので、どうぞ応援よろしくお願い申しあげます







Last updated  2008/02/27 12:36:59 AM
コメント(0) | コメントを書く
[キャンピングトレーラー] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.