179389 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

デンタルクリニック大通り

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

カレンダー

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

フリーページ

2017年02月12日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
雪まつりもいつの間にか夜の方が人気になっているようです。外国の方も声もたくさん聞こえ 食事スペースも充実して様変わりしていますよね。ヨサコイ祭りもそうですが市民がより沢山参加して楽しめる祭りになるともっといいですね。

 この街を離れた人たちが懐かしくて帰りたくなるそんな祭りの要素もあってくれるといいなあって、祭りが近づいてきて町の人たちがソワソワするような 終わって寂しいそんなお祭りになるとうれしいなあ などと。

 開催期間は気温が上がって雪像も融ける場面もあったようですが 暖かく穏やかで 観光にはいい天気になって何よりでした。春はまだまだですが 厳しい時期は過ぎた安心がありますね。

 今月は予防についてお話しさせてください。当たり前のことですが虫歯にならないこと歯周病にならないことが大切で 我々もそれを一番に考えています。最近の子供たちの虫歯は減っていますが 私が歯科医となった頃は虫歯洪水時代 予防は不可能なのじゃないかなとも思っていました。

 その時代は せっかく治してもまたムシバになる そんな繰り返し なかで治療をする方もされる方もなにか諦めに近い感覚 どうせいつかは抜かれてしまうといったような 切ない溜息が多く聞かれました。

 ほとんどの医療従事者は何より苦痛を和らげ喜んでもらいたいと考えているのですが いつの間にか痛くするのが歯医者と言われ 歯科医院が削られた 抜かれたと怯える場所になっていました。そんな中 海のむこうアメリカでは徐々に虫歯の数が減っていったのです。

 みなさんが思うほど歯ブラシだけが予防の武器ではないって知っていましたか。アメリカの虫歯を少なくしていった理由 今の子供たちの虫歯が減っていった理由とはフッ素の力だったのです。

 フッ素洗口を導入している地域では その効果はてきめんで 虫歯の数はピークの10分の1まで低下することになります。同様に歯磨き粉に含まれるフッ素の効果が表れることになります。

 勿論 歯磨きが虫歯の予防に重要なのは変わっていませんが。

 少し話が長くなりました 次回は私が大事にしている考え方ヘルスプロモーションについてです。来院者が歓び スタッフがよろこんで予防に取り組みたくなるそんなお話しです。






最終更新日  2017年02月12日 23時34分36秒

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.