185721 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

デンタルクリニック大通り

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


大通DDS

カレンダー

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

フリーページ

2017年06月11日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
今年のよさこいは雨も降り気温も上がらず 大変でしたね、地元での人気は低迷気味で どちらかといえば嫌いと答える市民も少なくないとのこと。まだ歴史は始まったばかり 定着するためのプロセスなのかなと とにかく大通りの熱気は変わらないものでしたよ。土曜日の診療はすごい音量で大変でしたが。

 今日は午前中のセミナーのあと平岸街道でヨサコイを見ました。地元 平岸天神を見るのが恒例となっています。今年 大賞をとったようで 全く関係はないのですがちょっとうれしいものです。昨日はCHP研究会の代表と楽しく話をすることができました、ぼくらにできる可能性を改めて感じる事の出来る素晴らしい瞬間となりました。

 8020運動ってご存知でしょうか?当時 歯科医師会が80歳で20本の歯を残すことができると生活の質を高める事ができるとして目標を定めました。その時は5本程度しか残っていなかったのですが 今は10本ぐらいまで歯を残すことができています。

 とはいえ 歯を失った場合 義歯によって機能を補うのは先週お話しした通りです。よくあるトラブル 痛い 噛みにくい はずれやすいを可能な限り減らすため色々な方法が準備されています。最近のトピックとなるのが弾性裏装材 完全に痛みを除去するには 方法以前にしっかりとした診査が必要になりますが 様々な問題点を小さくしてくれる方法です。

 義歯はアクリル系の合成樹脂で作られるケースが多いのですが 簡単に言えば硬い材料です。柔らかい粘膜とどうしても調和がとれないとき シリコンのように柔らかい材料と合せる事で痛みを軽減させ 吸着を改善することができます。今まではこの材料の接着材の効果に制限があって時限的な使用となることが多くなっていました。

 接着剤が改良され持ちがよくなって保険診療にも導入され 使用の幅が広がっています。当院ではこのほか 保険外のものではありますがコンフォートデンチャ―も採用しています。残っている歯が一本もない総義歯では特に有効な方法です 今後 症例が増えていくものと思います。画期的な技術革新は多くの人の福音になりますね。

 今週は北海道神宮のお祭りがありますね デンタルクリニック大通りの窓からも神輿渡御の様子が見られると思います。天気よくなるといいですね。






最終更新日  2017年06月11日 22時30分49秒


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.