002368 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

太陽について

PR

2009.04.18
XML
カテゴリ:太陽
光球

光球より下の層では太陽は電磁波に対して不透明になっている。光球より上では太陽光は散乱されることなく宇宙空間を直進する。光球の粒子密度は約 1023 個/m3である。これは地球大気の海面上での密度の約1%に相当する。光球逆援よりも上の部分を総称して太陽大気と呼ぶ。太陽大気は電波童貞から可視光線、ガンマ線に至る様々な波長の電磁波で観測可能である。太陽光のスペクトルは約6,000Kの黒体放射に近く、これに太陽大気の物質による吸収線(フラウンホーファー線)が多数乗っている。

光球の表面にはしばしば黒点と呼ばれる暗い斑点状の模様が現れる。黒点部分の温度は約4,000Kと周辺に比べて低いために黒く見える。







最終更新日  2009.04.18 14:19:59

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


道治3849

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

まだ登録されていません

フリーページ

サイド自由欄

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.