496871 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Debian・winな備忘録

PR

Free Space

Debian GNU/Linux、Windows etc に関して、
雑文を掲載しています。 
個人的な備忘録ですので、皆様にあてはまるかどうかは、
全くわかりません。
参考にされる場合も、結果については、自己責任
ということで、よろしくお願いいたします。


























Rakuten Ranking

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Archives

Category

Recent Posts

Rakuten Card

全3件 (3件中 1-3件目)

1

ブログ

2018.03.21
XML
カテゴリ:ブログ
Pラウドマンションのページにアクセスすると、近郊のPラウドマンションのWeb広告がしつこく表示されるようになるという。
ホンマかいな?と思っていたんだが、アクセスしても表示されなかったので、これは都市伝説だな、と思っていたら、最近、やたら表示するようになった。やはりそうらしい。
あとは、ソプトパンクとかびっくりカメラとかあまぞ〜ンとかで検索していたサービスとか商品とか、これらもよく表示される。そしてヤふ〜オークションで検索とかすると、もうこれでもか、というくらいやふオクの広告ばかりになる。いや〜恐るべきそぷとぱんく商法、これの一割でも顧客満足向上・品質向上にかけてくれませんかねえ。そんなことするとホントにパンクしてしまう?
広告費をどこにどれだけかけているか、表示される広告の運営元をたどると、なかなかに面白いと思われる。
たまには、広告ブロックをはずしてアクセスするのも社会勉強になって良いかも。







Last updated  2018.03.21 00:00:48
2018.03.15
カテゴリ:ブログ
copyright表記に見る無料ブログやSNS比較

まあ実際には利用規約に著作権に関する詳細が規定されているわけだが、それは、記事を書いている利用者とサーバーやブログのしくみを貸している管理会社との間の話で、見にきている第三者には関係のない話。
見にきている人にとっては、copyrightの表記がどうなっているか?で誰が権利を有しているか判断すると思われる。
なお極一部のサンプリングなので、間違いは多数有ると思われる。

ではいってみよう。
・アメブロ
小さな字でシレッと社名書いてロゴまで貼り付けている。やましいのか?もっと堂々と書けよ。しかも年号が入っていないし。

・livedoor
利用者によって異なるが、
©利用者の名前(ほとんどハンドルネームと思われるが)年号がきちんと入っている。過去にもめたのか?社名はcopyrightには入っていない。

・fc2
powered by FC2ブログの後に、©利用者の名前(ほとんどハンドルネームと思われるが)が入っている。開始年は無い。

・はてな
©も(c)もCopyrightも見当たらない。記事を書く人に任せているのか。

・ヤフー
Copyrightの後に社名、年号入り。

・Blogger
©も(c)もCopyrightも見当たらない。記事を書く人に任せているのか。


・Seesaa
powered by Seesaa (Seesaaはロゴ)とあるだけで、
©も(c)もCopyrightも見当たらない。記事を書く人に任せているのか。

・goo
見つけられなかった。

・楽天ブログ
さて楽天だが
Copyrightの後に社名、年号入り。
なぜ灰色の小さい字で書く?もっと堂々と俺のもんだと主張しろよ。自信が無いのか?All Rights Reserved.ってどこからどこまで含むんだよ?俺が今ここで書いている記事も含むのか?はっきりさせろよ。

・tumblr
ごく一部には©の後に利用者の名前(ほとんどハンドルネームと思われるが)
しかし内容は著作権法違反の市販画像無断転載が実に多いな。

・twitter
©の後に年号社名

・facebook
社名©の後に年号

・Instagram
©の後に年号社名

・Pinterest
もはや誰が何をしているのかさっぱりわからん。
Pinterestとtumblrはパクリ放題の無断転載画像満載だな。写真家・画家がかわいそうに思えてくるわ。

いっそのこと、無断転載されている写真とかに広告つけて、著作権者にお金が還元されるようなビジネスモデルにすればええのに。

さて、copyrightの表記ですが、現在では
©、開始年号、著作者名
この3つだけで国内法的にも国際条約的にもよいそうです。

とりあえず、こうやって見渡してみると、どこのブログがどういうスタンスかよくわかるな。







Last updated  2018.03.16 18:44:21
2017.11.16
カテゴリ:ブログ
プログラムソースとかxmlとかを楽天ブログに載せるとき
昨日の記事のapt source.listの部分を書いてて、苦労した部分の内容を
まとめてみました。
改行入ってほしくないとか、インデント保持してほしいとか。
そういうことやりたきゃ、Quiitaとか、Bloggerとか、はてなブログでしょ。
楽天ブログとか、一番やりにくいとこでしょ。はい、なんとなく
知っていましたが、成り行きで…。
一応、Quiitaのアカウント持ってたりしますが…。
うーむ、とりあえず、試行錯誤の結果、まとめ。

  1. エディタから見たまま編集で貼り付けて、
  2. 見たまま編集チェックはずして
  3. ​一番外側の<div>~~~</div>タグを<nobr>~~~</nobr>タグで挟む。​
  4. とりあえず、インデント保持OK、改行はしなくなったが、やけに文字が大きいな。<font size="3">~~~</font>追加で。
  5. 貼り付けた部分の文字背景を薄っすらとグレーにしてみた。
    箱型にグレーになってくれるとイイ感じなんだが、まあ、これでガマン。

​見たまま編集チェック入れて見ると小さく見えるが、プレビューで見ると
同じ大きさの文字になってる。「見たまま編集」バグだな。
今使った箇条書きも、メッチャ使いにくい。直感的に動いてくれない。
全然「見たまま」じゃないし。この使い難さ、まるで、M$ wordみたいや。
水平線入れるのは、とても直感的に動く。良いところは、褒めますよ。
タグに色付けるのは、まあ、そういうエディタにコピペしていただいて。
geanyでも見やすい色が付きます。

<script>タグ使えたら、いろいろできるそうですが、楽天ブログは対応
していないみたい。他社の広告とか貼られたら、楽天さんとしては
やめちくれぃ、ってなるわな。基本、楽天市場のお買い物促進のための
ブログやからねえ。
「こんなん買いましたけど、よろしおすえ、あんさんもおひとつどうどす?」
(なぜ京都風になる?)これ、楽天ブログの模範的スタイル。
三木谷会長大喜び。






Last updated  2019.01.25 18:47:21
このブログでよく読まれている記事

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.