000682 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ディープインパクトは近代競馬の結晶

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


たろう232

カレンダー

楽天カード

フリーページ

サイド自由欄

ニューストピックス

2009年08月05日
XML
ディープインパクトは、日本の競走馬、種牡馬。史上6頭目のクラシック三冠馬(史上2頭目の無敗での三冠馬)である。主な勝ち童貞は皐月賞、日本ダービー、菊花賞、天皇賞(春)、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念。2008年に顕彰馬に選出された。ディープインパクトは北海道早来町(現在の安平町)のノーザンファームで生まれた。同じノーザンファームの同期生にはシーザリオ、ラインクラフト、カネヒキリ、ヴァーミリアン、インティライミといったメンバーが名を連ねている。0歳時にセレクトセールに上場されたディープインパクトは、金子真人に7000万円で落札された。馬体の薄さが嫌われてか上場されたサンデーサイレンスの産駒14頭のうち9番目(トップはトーセンダンスの3億5000万円)の落札価格だった。セフした金子はこの時の瞳の輝きに衝撃を受け、また多くの人々に強い衝撃を与える馬になって欲しいという思いから「ディープインパクト」と名付けた。







最終更新日  2009年08月05日 12時11分43秒

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.