2451561 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

     トランクルーム貝塚のオヤジ奮戦記

PR

Free Space

Category

カテゴリ未分類

(0)

トランクルーム(レンタル収納スペース)

(300)

音楽リハスタ「スタジオ0724」

(115)

貝塚卓球センター

(19)

レンタル自習室0724

(20)

不動産業(宅地建物取引業)

(118)

資格(宅建士・FP・不動産コンサルタント)

(67)

ビジネス最前線

(61)

中小企業の生きる道

(78)

日本の将来が危ない?

(46)

ビジネスのアイデア?

(62)

人生訓

(58)

日本のココがスゴイ!

(6)

このワナに嵌るな・・・

(9)

これで一発逆転!

(6)

愉快なサラリーマン時代(20代)

(8)

辛苦の織物業時代(30,40代)

(47)

英語

(17)

保険

(7)

IT

(60)

貝塚の魅力

(17)

地元情報(貝塚市)

(131)

地元情報(岸和田市)

(32)

地元情報(泉佐野市)

(18)

地元情報(熊取町)

(7)

地元情報(堺市その他)

(38)

ドラム drum

(10)

ウインドサーフィン windsurfing

(90)

空手 karate

(95)

ジョイフィット岸和田(combat,dance)

(58)

音楽(rock,funk,soul,latin,jazz,fusion)

(99)

オーディオ・ビジュアル(AV)

(8)

だんじり祭&左甚五郎

(63)

健康

(100)

ダイエット

(28)

ライフスタイル

(25)

日々の日常生活

(94)

グルメ(泉州の地元料理)

(5)

グルメ(和食)

(55)

グルメ(洋食)

(13)

グルメ(中華)

(12)

グルメ(肉料理)

(23)

グルメ(カフェ・スイーツ)

(32)

歴史文化

(27)

海外旅行

(73)

国内旅行

(26)

書評

(34)

映画

(16)

ファッション

(11)

昭和(小中高大)の思い出

(60)

Recent Posts

Profile


テツ0711

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

全2405件 (2405件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2020.02.26
XML
カテゴリ:書評
新聞広告で題名が気になったので購入しました。

気になったフレーズを拾うと

・目の前の現象を判断し、決断した行動が未来になり、未来を決定しているのは「選択」です

・成功するか否かの決定的な違いは「考え方」です
 遺伝子、育った環境、習慣という3つから人間のパーソナリティの核が作られる

・常に自分と周りの願望の両方を考えて行動を管理する

・超達成する人は、何をすればその成果が手に入るのかという方法論をもっています

・超達成する人は目標を達成可能な領域に設定します

・セルフコントロール能力とは意志の強さではなく、目標に焦点を合わせる能力と最優先の事柄に集中できる能力の事を指します

・人生に自由があり、主体性を持って生きるためには、セルフコントロール能力が不可欠です

・戦略的に人生を生きるためには、未来を考えて常に布石を打っていかねばなりません
 (その為に考える時間が必要)

・他人の力を借りて、時間在庫を増やす

・自分の能力を活かして責任ある仕事をして積み上げた資産は崩れません。 多くの人が下心からリターンを期待して、詳しくない分野やコントロールできない領域で大儲けを企んで大損しています。

といった具合に、著者の過去のトップセールスマンだった経験を活かした金言集で、私もサラリーマン時代は元セールスマンだった関係で、納得する部分も多かったです。

セールス(営業)はある意味「心理作戦」だと思います。

セールス実績を積み上げていくと自分に自信がつき、そこに自分なりのスタイルが出来上がっていきます。

貯めたお金は使えばなくなりますが、こういった自分で努力して掴んだ経験は一生身体と心が覚えています。

これが大事なんですねェ・・・

ボケてしまえば忘れますが・・・(笑)。

それと自分の能力の「10%増し」くらいの目標に設定することによって、達成を実現可能なものにする・・・というのが1番大事だと思います。

自分の能力の20%を超えると、もはや実現不可能で自信を失いタダの夢想家に成り下がってしまいます。

自分の「限界能力」はどれくらいか・・・?

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」という諺に全てが集約されています。

奇しくも、この「限界能力」というキーワードに出合ったのは、40年以上前かつて和泉大宮にあったプロレスラーが創ったボディビルジムでした。

当時、空手やウインドサーフィンのレースで小柄な自分のパワーとスタミナの無さで悩んでいて、ジムの門を叩いたのです。

ここで「RM」理論を初めて知ったのです。

RMとはRepetition Maximum = 繰り返す事が可能な限界の最大回数という意味で、詳しくは省略しますが自分の「限界能力」を知らなければ筋肉は大きくならないという事です。

自分能力がどこまでか・・・?

「ひとりでどれだけビジネスを広げられるか?」と今正に挑戦しています。

父親の時代に織物工場の従業員が40人、私の時代に最新高速マシンを導入して10人に減らし・・・大勢従業員がいると労務や人事で散々苦労してきました。

その呪縛から解放され、誰も雇わず一人になってパーッと青空が広がりました。

これほど一人でビジネスをするのが自由で気持ち良いのか・・・と。

「1人経営」に拘るのはココなんです。

一人で何もかもヤルというのは自由度が多い反面、大企業のような看板が無いために集客に苦労します。

集客・・・コレです。

集客の基本になるのが、信用や信頼性です。

零細企業経営者が起業して初めてブチ当たるのがこの壁です。

まァしかし、織物業から本館をまず改造してトランクルームに転業し、その2年後に2棟目の別館もトランクルームに改造し大阪最大級の171室に、ビジネスに幅を持たせるために宅建資格を取って事業用不動産の不動産仲介業も始め(その後ファイナンシャルプランナー、不動産コンサル資格も取得)、少し間をおいて自分の趣味も取り入れボランティア的な音楽(バンド)スタジオも起業したついでに40年ぶりにドラムも再開し、そしてレンタル自習室と卓球場と立て続けに起業し、会員数が1000人を超えたので昨年スタジオを2室に増設し(現在約1400人)・・・と過去13年間で自分一人でどこまで出来るかを自分自身をテストしてきました。

一歩一歩、足元を見つめ固めながら。

がんじがらめの織物時代と違って、割と自由にノビノビと仕事が出来ている自分にオドロキです・・・(笑)。

しかし、もう自分の能力が限界に近づき、会員数が2000人に達するであろう2年後に音楽スタジオの第3室目の「Cスタジオ」で終了かなぁ・・・と少し弱気になっている自分がいました(笑)。




にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2020.02.26 19:23:23
コメント(0) | コメントを書く


2020.02.25
元イギリス首相チャーチル『金を失うのは小さく、名誉を失うのは大きい。しかし、勇気を失うことはすべてを失う』と言った名言は有名です。

ならば、「勇気」はどこで学べばいいのか・・・?

学校で学べるだろうか・・・?

少なくとも9教科では学べないでしょう。

学べるとしたら、柔道部や空手部やラグビー部といった格闘技系の部活でしょうか。

社会人になって学べるでしょうか・・・?

難しいですねェ・・・勇気を養うのは。

私がチョットだけ勇気を養った・・・と言うのもおこがましいですが、20代のサラリーマン新人時代の「新規飛び込みセールス」が役に立ったように思います。

大学卒業後に就職したのが、建築建材金物メーカーの営業でした。

もちろん最初から「まいど~」と笑顔でセールスする人間なんていません。

忘れもしません。

1番最初に業務用のビル工事に納品施工していた長尺ピクチャーレールを短くカットして画材ルートに初めて飛び込みセールス行った時に、前の喫茶店で「いけるかなぁ・・・恥ずかしいなぁ・・・行ってきた事にしようかなぁ・・・断られたらどうしようかなぁ・・・」と2時間も悶々としていたのです・・・(笑)。

そして2時間後、「こりゃ、行くしかない!エイヤー!」と気合を入れ席を立ち喫茶店を出ました。

「お客さん、お金を払って!」と店員さんが後を追いかけてきました。

なんと、興奮しすぎて支払いを忘れていたのです・・・(笑)。

そして勇気を振り絞り、イザ売り込みへ・・・

「こんにちわ、○○という者です。これが弊社の商品です。特徴は・・・・・・・・」と心臓が張り裂けそうになりながら、一方的に喋って出てくるまでたった1分・・・(笑)。

これが営業マン人生の始まりでした。

それほど、相手の背景や属性が全く未知数の初めての人と喋るのは緊張するのです。

当たり前の事ですが。

ただ喋るだけでなく、相手が買いたくないのに無理やり買ってもらうように説き伏せるのです・・・(笑)。

それを一連の行動としてビビらずに平常心をもってするには、勇気以外ナニモノでもありません。

今の美人妻をビーチでナンパしたのと全く同じです・・・(笑)。

お見合いは勇気は要りませんが、ナンパは勇気が要りますよ・・・(笑)。

お見合い結婚は恋愛結婚と違って「短期勝負」なので、別の意味で勇気がいるかも・・・(笑)。

まァ、売り込んで「こいつ、勇気のあるヤツやなぁ・・・」と思わせればしめたものです。

しかしそれが、当時新人の私に課せられたミッション(仕事)だったのです。

慣れてくると「別に文化も言語も違う外人に英語でセールスする訳とちゃうさかい、大阪弁やから簡単や・・・」と相手を完全に飲んで喋っていましたねェ・・・(笑)。

それから営業マンとして1年間1000人、3年間で3000人と名刺交換(新規売込み)しました。

金物問屋、ホームセンター、大手量販店、百貨店、器物ルート、店装ルート(店舗設計)、ディスカウンター、工具商社、大手通販、家電チェーン、建材問屋(店)、ガラス店、木工店、建具店、家具チェーン店、黒板メーカー、カーテンレールメーカー、カメラ量販店、バラエティストア、東急ハンズ、園芸問屋(店)、画材問屋(店)・・・今思い出しただけでイロンナ業種に食い込む努力をしていたんだなぁと思います・・・(涙)。

まァ3年間3000人・・・イロンナ人との出会いがありました。

そりゃ、もう中身の濃い3年間でした。

その背景には入社1年目で結婚し、翌年に長女、そのまた翌年に次女が誕生したという事情が尻に火をつけたのでしょう・・・

真面なビジネスですから危険な目に合っていませんが、目の前で渡した名刺を捨てられたり、何回集金に行っても金をくれなかったり、鳥取と島根への出張で方言が3年経っても理解できなかったり、月曜から1週間の地方出張で売り上げが未達成で土曜朝の会議に間に合うように金曜の夜から夜中ずっと高速道路を運転したり、好業績の取引先の会社の役員にその秘密を聞きだしたり、全く関係のない有名営業マンにセールスの秘訣を聞きに行ったり、担当外のホームセンターチェーン店の返品を勝手に受けて上司に激怒されたり、違う部門の自社商品をディスカウンターに大量販売して怒られたり、イタリアから輸入して大量の不良在庫だったプランターを自分一人で売り方を変えて百貨店のギフトで完売したり、材料の仕入れ先工場で密入国の外人を雇っていた実態を見たり、当時珍しかったパソコンルートにラックの売り込みに成功したり、一部上場の社長に直談判(セールス)して取引開始になったり、プランタン難波店オープン日に遅刻したのがカリスマ創業社長に見つかって怒られたり・・・今思うと顔から火が出るほど恥ずかしい経験ばかりですが、今となってはみんな愉快な思い出に変わっています(笑)。

一番思い出深いのが、東証一部上場の工具商社「山善」が大阪で家庭機器課という新規部隊を作ったばかりの頃に売り込みに行き、当時の主任Aさんがその課を大きくしていき今やジェネリック家電で山善が日本のトップになり、Aさんも専務まで上り詰めた事に驚きました。

まだ20代だったAさんは、その頃から社内外でスゴイ人望があり、やはり出世する人は若い頃から抜きんでいると感心しました。

まァ入社したのがメーカーでしたので単に自社商品の売込みだけでなく、社長命令で一時期ウインドサーフィン用パーツの新規開発にも取り組み、特許庁へ出向いたり、樹脂メーカーやカーボンメーカーやアルミメーカーといった素材メーカーとの交渉や、知り合いのウインドサーフィンショップやミズノにも売込みにも行きました。

そしてメーカーに課せられたミッションはモノを右から左に動かす問屋や小売と違って、「新商品開発」「別注」「既存の自社商品の売り方を変える」の3つが常に念頭にあった経験が、その後のトランクルームへの転業に活かせたのかと思います。

この20代の頃の3000人に会って喋ったという経験は私の大きな財産で、誰も奪う事はできません。

これなんですねェ・・・人生で大事なのは。

今でも、まァどんな人であろうと初対面の人と喋るのにビビらないのは、この20代の頃の経験です。

トランプ大統領と英語で日米交渉せよというのはムリですが、大阪弁やったらイケルでしょう・・・(笑)。

これが、40代になって初めて・・・となると、変なプライドが邪魔をして年下の売り込み先に謙虚な気持ちで頭を下げるなんて出来ないでしょう。

20代の頃は、殆どの売り込み先が年上なので謙虚になれたのです。

ココが大事な所で、人生の各段階で「年相応」というのがあり、若い頃にやり損ねて年取ってから狂って「ケガ」をする・・・というパターンはみなコレです。

中学生の時にブラスロックのシカゴに痺れ高校オケ部でトランペットを始め、高校生の時にブルース・リーやつのだひろのドラムの音に衝撃を受け大学空手部に入りバンドでドラムを叩き、二色浜でウインドサーフィンを見てカッコイイなと翌年ウインドを始めて凝り過ぎて大学に学連加盟のウインドサーフィンクラブを創部したり・・・その時々にピンときたモノを親の反対?を押し切り(コイツは止めても無駄やと)自分に正直に行動して来たのが正解でした。

だんじり祭りも子供の頃から親もお手上げの村では有名な祭キチガイで、祭りまで待てず近所のガキらとだんじり小屋の裏口から穴を掘って勝手に入って遊んだモノです・・・(笑)。

大太鼓、小太鼓、鉦、横笛といった全ての鳴り物をマスターするのは当たり前で、特に大太鼓は大学生になってから名越で叩くだけでは飽き足らず、お隣の森や母親の実家の熊取大宮や本場の岸和田中町まで叩きに行き、他流試合で腕を磨いたものです・・・(笑)。

50年以上そこまで大太鼓を叩き込んだからこそ、60オーバーになっても一番難しく速いテンポの駆け足4番太鼓を、現役の若い青年団員に負けないくらい今でも叩ける自信があるのです。

子供は子供なりにの遊びがあり、青年期は子供時代とは違った遊びや勉強があり、中年以降はそれまでの経験の上に立った仕事や遊びがあり、それらは全て繋がっていると思います。

それが何処かでスッポリ抜けていると、後で埋め合わせしようにもムリがあるのでは。

まぁしかし、サラリーマン時代にこんな貴重な経験をさせてもらって、しかもお金も貰えたなんて、なんとラッキーだったのでしょう・・・(笑)。

そして20代の経験が、60代の今の沢山のエンドユーザーを相手にする5つのビジネス(トランクルーム、音楽スタジオ、卓球場、レンタル自習室、不動産仲介)に繋がってきた事に、「人生いっぱい寄り道をしたけれど、結局最後は繋がって無駄な事は一つもなかったなぁ・・・」とジョブスのような寝言をつぶやいています・・・(笑)。

という事で、今はネットの時代で、こんな泥臭いアナログ営業戦略は時代遅れかも知れませんが、人間が勇気を養うのはネットでは出来ませんし、本を読んだだけで出来るはずもありません。

やはり実際、生身の人間と1対1で対面して徐々に養われていくのではないでしょうか・・・?

と言うか、勇気なんて言う方がダサい・・・時代遅れか(笑)。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2020.02.26 13:58:26
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.24
カテゴリ:書評
この幻冬舎から出版されている本を発売直後に購入しました。

気になるところは

・健康長寿になるには、よき習慣をどれだけ長く継続させるかが大きなポイント

・規則正しい生活こそ元気のキモ

・毎日30分の散歩で死ぬまで歩ける体になる

・太陽光を1日15分浴びて認知症やがんを防ぐ

・昼寝の習慣をつけて、疲れ知らずになる

・毎朝、足腰の柔軟体操をする

・猫背になっていないか、常に注意する

・毎日15種類以上の野菜を取る

・粗食ではなく、肉をしっかり食べる

・甘いものを食べない習慣をつける

・塩分を減らして素材を味わう

・トランス脂肪酸を含むパン、お菓子、インスタントラーメンは食べない

・「心の健康」は「体の健康」に直結している

・体を甘やかすと衰えやすい

・気の持ち方で若々しくいられ、病気の治り方も大きく変わる

・笑顔はあらゆる幸運を呼び寄せる

・何でも「ほどほど」の感覚で暮らす

・ボケ防止には脳トレではなく、楽しい事をする

・「今日からあと10年は頑張る」という決意を毎日する

この本を読んで、これらを全て実践するのはムリだと感じました・・・(笑)。

半分くらいは実践できて、あとは自分オリジナルの方法を考え出し・・・90歳くらいまで生きようと(笑)。

10年前の53歳だと「まだまだ生きれる・・・」なんて漠然と思っていましたが、最近は「あと何年生きられるか・・・?」とチョット人生に対して消極的になってしまいます・・・(笑)。

人生は無限ではなく、有限だと。

この10年の差は大きいと思います。

10年で考え方が180度変わってしまう・・・と言えるかも知れません。

サラリーマンだと、この期間に55歳の役職定年と60歳定年を挟みますから、我々よりも変化が激しいかも・・・?

だからこそ「やり残したことはないのか・・・?」と自分の残りの人生に真摯に向き合い問いかけた結果が、59歳の時に起業した音楽(バンド)スタジオ経営と数年前から毎年のハワイロングステイだったのです。

63年も生きてくると社会生活の中でイロンナしがらみや立場がありますが、そこは一旦考えを外して・・・客観的に自分自身をジックリとユックリと見つめ直すという「作業」が何より大事かと思います。

そりゃ誰でも現実から逃げ出したのは人情ですが、そこは腹をくくって「勇気」を振り絞り、決して「現実から逃げずに」自分自身と真正面に向き合うのです。




にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2020.02.24 08:44:48
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.23
今回の中国発の新型コロナウイルスの脅威が日に日に増し、中国だけでなく韓国、米国、日本、台湾など全世界の企業が危機に直面しています。

もちろん日本経済に与える影響も、想定外を遥かに超えそうです。

完成品メーカーのサプライチェーンやインバウンドとして中国が日本と大きく関わっている証拠です。

ここまで中国に依存していたかと思うとゾッとします。

誰がこんな想定外すぎる事件を予想したでしょうか・・・

世界中の誰一人として予想できませんでした。

予想できなかったからと言って、苦境に陥っても国や銀行はおろか親戚も誰も零細企業を助けてくれません。

これが現実です。

確かに14年前に弊社が織物業を廃業した主因は、中国からの洪水的なアパレル輸入の増加でした。

当時日本のファッション衣料の90%が輸入品で、その多くが中国製でした。

全国の織物業界団体が集まり(私も参加)、国会議事堂前で中国に「セーフガード発動(緊急輸入制限措置)」せよというデモをしましたが、何の効果もありませんでした。

恐らく何千万円も経費を掛けて、何の効果も無いただのセレモニーだったのです。

この時の無力感というか、脱力感というか・・・国はもちろん他人さんはホントにアテに出来ないなァと心底思いました。

しかし14年間で他の業界でも中国での事業化が進んできたのでしょう。

旅行、航空、自動車、建築、不動産、ドラッグストア、百貨店、ホテル、石油、家電、電機、電子部品、ファッション、映画、飲食店、運輸、イベント、エンターテイメント、フィットネス、アミューズメント施設、温浴施設、金融、通信・・・かなり多くの日本の産業や業界に悪影響が出そうです。

コロナウイルス自体が梅雨明けに収束しても、これからジワジワ企業の業績が悪化し、東京オリンピック後の9月くらいから企業の資金繰りが限界に達し、一挙に倒産や廃業が増え少なくとも今年いっぱいは大不況の嵐が・・・というシナリオが予想できます。

企業業績の悪化が会社員の給与に反映されますので、個人消費に支えられるエンドユーザー直のビジネスを展開している弊社もその影響が避けられません。

トランクルームはまだマシだとしても、娯楽であるスタジオや卓球場のお客さんは減るのは間違いありません。

何故なら、不況になると真っ先に削られるのが娯楽費や遊行費だからです。

まだ弊社スタジオも卓球場も特定の人だけが集まる「完全個室」なので、不特定多数が集まる公共体育館や飲食店や繁華街と比べたらマシかも知れませんが。

しかしもし大不況が1年続くと、2年後のスタジオ会員数2000人達成も怪しくなりますので、第3スタジオの「Cスタジオ」構想も延期になるでしょう。

そこは状況を見ながらやっていくしかないでしょう。

もともと経営の軸足がトランクルームであり、音楽スタジオはあくまでも副業のポジションでエンターテイメント的な性質のビジネスなので、月々の売上のアップダウンはある程度織り込み済みです。

弊社もこのコロナウイルス大不況に巻き込まれないように、今から手を打っていきます。

奇策も何もありませんが、まず第1に「節約」というキーワードが浮かんできます。

極力金を使わない事です。

不要なモノは買わない、人に頼まず自分でする・・・といった当たり前のことを実践するだけです。

節約しながら、目の前の仕事をコツコツしていく。

そうやって嵐が去るのを、しゃがんでジッと待つ・・・というイメージです。

特にこういう時は、走り回って営業せずに、コストを掛けずに「ネットでSEO対策」に限ります。

これまで通り自分の脳ミソを使って、5つのビジネス(トランクルーム、音楽スタジオ、卓球場、レンタル自習室、不動産仲介業)のホームページ&ブログ×6、SNS(フェイスブック×5、ツイッター×4、インスタグラム、LINE)やYOUTUBEを1人で毎日コツコツと更新&発信するのです。

結局、地道な小さな努力の積み重ねに辿り着きますが、他に何かイイ方法があったら教えて欲しいです・・・(笑)。

という事で、つい3か月前まで全く誰も予想できていなかった事件で、アジアが一変しそうです。

大手はいざ知らず、我々中小零細企業は吹き飛ばされてしまいます。

吹き飛ばされないように、小さいなりに「踏ん張る力」を身につけるしかありません。

まぁしかし、みんなが不況不況と言い出し考え出したら、「逆発想」も大事だと歴史が教えてくれます。

「何か?この大不況を抜け出す道があるはずだ・・・」と。

みんなが同じ方向を向く時ほど、「逆張り」が大事だという事です。

後になって考えれば、ヨカッタと思えるような予想もキッと出来るはずです・・・

14年前の織物業からトランクルームに転業する時も、グローバル化の波が日本を襲い、24時間工場を稼働し多品種小ロットに対応し必死に努力しても、どう転んでもどうしようもない状況に追い込まれたのと全く同じです。

その時は正面突破ではなく、「転業」という全くの逆発想で切り抜けた訳ですが・・・(汗)。

学生時代の空手の「転身」という、斜め後ろ45度に軸足はそのままで相手の攻撃をかわしながら反撃するという約束組手の基本稽古が役立ったのか・・・(笑)。

日本全体が不況に突入するのは間違いないですが、自分やファミリーも道連れという訳にはいきませんから。

まァ、そうこうしているうちに、新しい事業のアイデアがパッと思い浮かんでくる事を期待します・・・(笑)。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2020.02.23 15:44:31
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.22
カテゴリ:書評
これも文庫本になってから買いました。

気になった項目を列挙すると

・深く考えない方が、うまくいく

・目の前の努力を「頑張る行為」と意識せずに、何も意識せず行えるように「習慣化」することが成功への近道

・脳の「空き地」を取り戻せ!

・雑談はとてもクリエイティブな行為

・成功の背景に「セレンディピティ(偶然の巡り合いを引き寄せる)」がある
 その3条件は「行動」「気づき」「受容」

・複数の状況を想定しながら、複数の選択肢を思い描く訓練が必要

・本当の意味で成功している起業家というのは、どんな金持ちになっても、一生ロックンロールな芯の強さを持っている

・AI時代に人間に求められる戦略はコミュニケーション能力(自然言語処理)だ

・人間に出来てAIに出来ないのはエンターテイメントや芸術

・小さな成功体験で脳のやる気は生み出せる

・頑張りを習慣化させるために、余計な事に脳のエネルギーを使わないで済むよう、如何にのうを「無意識モード」に持っていけるかがポイント

といったような所が気になり、このブログを書くことによって私も再度この本を見直すという作業が私の意識下に定着させるのです。

私の秘密をチョット明かすと、20代のサラリーマン時代から気になったフレーズやパッと思い浮かんだアイデアを直ぐに手帳にメモし、それから日を置いて別のノートに書き替えて再三見直すことによって、やる気の無くなった脳に刺激を与えるという二重の「細かい作業」をしていたのです。

ホント、ヤル気を持続させる「工夫」というのは、この本を読むまでもなく昔から試行錯誤の連続でした・・・(汗)。

だからこそ「ヤル気を出す」というのは難しいのだと思います。




にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2020.02.22 04:27:43
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.21
カテゴリ:書評
この本は新刊の単行本の時から題名は知っていましたが、文庫本になって安くなってから買いました・・・(笑)。

何でもかんでも新刊の単行本では費用が掛かりすぎますので、店頭でのフィーリングが良かったりアマゾンの書評が良ければ新刊を買い、そうでもなければ文庫本が出るまで待つ・・・というパターンですね。

以下、チェックしたところを列挙すると

・感謝していた人々はよく眠れるようになり、より多く運動をするようになり、身体的不調も減った

・変化するために必要なのは、自制心を養う事ではなく、習慣を取り入れる事だ

・辛かった経験を書き出すことによって、気持ちの整理がつきやすくなる

・週3回、1回30分の運動を行う事は、抗うつ剤を服用するのと同じような効果がある

・すべてをシンプルにする

・失敗からより賢く、強くなったということに気づけば、これからもずっと生き延びていけると自信を持つことが出来る

・完璧主義を手放す

・80対20の法則

・人は仕事を「労働」「キャリア」「天職」の3つのうち1つとしてとらえている

・働くことを「天職」と感じている人々にとって、働くこと自体が目的です

という事で、私は日本語訳で読みましたが、賢い人はアメリカの留学先でこんな講義を英語で(もちろん)聴講するんですねェ・・・

しかし日本は人口が多い先進国で日本語も優れた言語なので、我々日本人は学生時代に理数系も日本語で授業を受け、世界中のベストセラー書物も日本語訳が出版されるのは幸せだと思います。

人口が少なく後進国のマイナーな国や言語だと、勉強するにも母国語ではなく、いちいち海外の英語の教科書で勉強しなければなりませんから。

日本語という母国語でイロイロ勉強できる幸せをかみしめます・・・(涙)。




にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2020.02.21 08:39:05
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.20
新型コロナウイルスの影響で、ソニーや富士通、武田薬品工業、NECやKDDIは国内で勤務する従業員に対してテレワーク(在宅勤務)などを勧める通知を出しました。

テレワークとは、 情報通信機器等を活用して、時間や場所の制約を受けずに、 柔軟に働くことができる形態のことを指し、「tele=離れた場所」、「work=働く」という意味の単語を合わせた造語であり、遠隔勤務、転じて在宅勤務などの意味もあります。

まぁハンコを押す以外、出社はできるだけ控えるようにという事でしょう。

工場や現場や研究所などの現業員はなかなかそう言う訳にもいかないですが・・・

今の時期、プライベートでも出来るだけ外出は控えるべきでしょう。

今月に予定していた毎年1回の楽しみにしていた高校1年のクラス会も延期になりました。

大阪のミナミやキタの繁華街は、中国からのインバウンド需要の激減(キャンセル多発)に加え、日本人の外出控えのダブルパンチによってどうしようもないです。

安部首相もこの時期テレワークを推奨しています。

テレワークと言っても、自宅で仕事をするのも奥さんや子供さんの事を考えるとなかなか仕事に集中できないモノです。

かと言って、カフェで仕事をするのも他にお客さんが沢山いますので、感染症が気になるのでとても行く気になりません。

こういう非常事態に陥ると、「サテライトオフィス」や「レンタルオフィス」の用途に近いものはなかなかありません。

そこで、弊社「レンタル自習室0724」(貝塚市名越661 トランクルーム貝塚「本館」1階 072-446-0798)の登場です。

完全個室のWiFi完備で、テレワークにピッタリです。

今月に入ってパラパラ予定が入っていますが、まだ余裕がありますのでお早めに予約をお願いします。












にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2020.02.20 07:46:45
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.19
弊社リハーサル音楽スタジオ「スタジオ0724」(貝塚市名越661 トランクルーム貝塚「別館」1階)のドラムレッスン生でもある、南海本線二色浜駅前のミュージックライブ居酒屋「YUKANclub」のママからギタリストのアルバイトを募集しているという話がありました。

「YUKANclub」さんは泉州エリアでは数少ないセッションバー的なところもあり、多くのミュージシャンが夜な夜な集まる音楽愛好家にとって非常に雰囲気のあるところでもあります。

私もドラムレッスン忘年会や小学校のクラス会の2次会でお伺いした事がありますが、ママの人柄の良さもありメチャメチャ盛り上がりました・・・

店内には電子ドラム、ギター、ベース、アンプ(ギター、ベース)もあり、手ぶらで来られて直ぐに演奏も出来ます。

興味ある方はギタリストのアルバイトだけでなく、一度お店を覗かれる事をお勧めします。








にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2020.02.19 10:19:03
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.18
この時期インフルエンザ等の感染症が流行っていますので、その対策として弊社「スタジオ0724」にクレベリン(大幸薬品)と薬用消毒液(花王)を設置しました。

空気清浄機は、以前からAスタジオに設置しています。

もちろん、皆さん家では手洗いとウガイはしておられると思います。

それと同じように、スタジオにはライブハウスや飲食店ほど人は押し寄せんませんが、予約で来られたお客さんには感染症に罹ってもらいたくないので、予防の意味で設置しました。

あると無いのとでは、そりゃ効果が違います。

という事で、今日本は新型コロナウイルスで大変な事になっていますが、みなさん自衛処置をした上で、課せられた目の前の仕事や勉強を粛々とこなしましょう。

それが、何か月後の新型コロナウイルスの脅威が去った時期のソフトライディングに繋がるであろうと思うのです。








にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2020.02.18 15:28:43
コメント(0) | コメントを書く
1970年代の中学から大学時代は洋楽ロックにハマっていましたが、それは「日本の歌謡曲はダサい・・・」という認識でしたが、ちょうどその頃ユーミンこと荒井由実(のちに松任谷由美)の初期のこれまでの日本人の曲になかった「シティポップ曲調」に衝撃を受けました。

「カッコいいやん!」「なんか、新しい!」・・・

日本の曲でもイケてる。

高校生の私は心を揺さぶられました。

「なんでや?これは!」と心の中で叫びました。

当時の中学生や高校生の音楽ファンにとって日本の歌謡曲に飽き足らず、洋楽がバンバン流れる深夜AMラジオ「ヤングリクエスト」にかじりついて聴いていたのです。

今の私は朝の4時5時に起きる朝型人間ですが、当時は夜の12時や1時に寝る夜型だったのです。

当時の「ヤンリクベスト10」を聴くのが日課で、驚くことに毎日ほぼ全曲洋楽でした。

私の記憶にあるのがレッドツエペリンの「移民の歌」、シカゴの「自由になりたい」といった激しい曲が連続何週も1位に輝いていたのです。

唯一日本の曲で1位を取ったのは、はしだのりひことクライマックスの「花嫁」でした。

当時の日本では1960年代後半の大学生の学園紛争の余波で、高校にも学生運動が飛び火して過激な高校生が多く、そういった時代背景があったのが原因かと想像できます。

そういった意味で、私の音楽的センスは基本的に1970年代に世界中で流行した「洋楽ロックミュージック」なのです。

今ではその70年代の洋楽ロックが、日本を含めた様々な世界中の音楽に影響しています。

私も鳳高校時代にシカゴを聴きまくり部活のオケ部でクラシックや映画音楽をトランペットで吹いていたお陰で、その後ジャズ、ファンク、フュージョン、R&B、ディスコ、ソウル・・・へとドンドン興味が広がっていったのです。

それが結果的に、紆余曲折長い年月を経てたまたま偶然にもバンドスタジオ経営に繋がっていったのです・・・(驚)。

結局人生って、最後はこれまでにやってきたコトが何処かで繋がるのでしょうか・・・(笑)。

まぁ人生って、ホントどう転ぶか予想も出来ませんが、結局若い頃の興味っていうのが1つのポイントだろうと思います。

私の場合、たまたまラッキーにもそれが「あった」というだけの事ですが。

まぁしかし、ユーミンの曲は全曲作詞作曲ですから、彼女の時代を通り越したセンスが抜群だったのは言うまでもありませんが、バックバンドも良かったんですねェ・・・

そのバックバンドはティン・パン・アレーだったのです。

その中でも私はドラムの林立夫さんのサウンドが耳に飛び込んで来たのです。

バックコーラス(アレンジ)に山下達郎も参加していたようです。

やはりユーミン以前の洋楽ロックが大流行したのも、基本的にドラムも含めた楽器演奏やレコーディング技術が日本のそれより数段上だったのが主因で、それから2,3年で日本のミュージシャンやエンジニアも追いついたという事だろうと思います。














にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2020.02.18 14:12:31
コメント(0) | コメントを書く

全2405件 (2405件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.