3604946 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

     トランクルーム貝塚のオヤジ奮戦記

PR

全123件 (123件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

日々の日常生活

2022.04.13
XML
カテゴリ:日々の日常生活
仕事ばっかりヤッテいると、たまには息抜きも必要です。

これから春から夏~秋にかけてアウトドアの季節です。

アウトドアと言ってもわざわざ外に出かける暇もそんなになく、自宅の1階のデッキと2階のベランダのアウトドアの充実を1番優先します。

その中で、先日自宅1階のデッキの修理をしました。

デッキにブランコを吊っていますので、孫らと乗るとデッキ全体が揺れるのが前々から気になっていました。

そこで斜めに木を取り付ける事にしました。

特に木をホームセンターで調達する必要も無く、トランクルームのバックヤードに余っている木が沢山あり、ベンチ組み立てと同じように織物時代の工具類や脚立が大活躍しました。

これによって、デッキ全体の揺れが劇的に少なくなり、孫も安心してブランコに乗れます。

これがジイジの仕事です。

このように日常生活の充実を念頭に入れて、昔から生きてきました。

旅行などの非日常的なイベントに力点を置いて生活すると、ちょっとコストパフォーマンス悪すぎです。

ハワイにロングステイに行っても非日常的な高級ホテルに泊まらずに、日常的な宿泊料金の安いコンドミニアムに泊まりドン・キホーテやコストコへ公共バスやウーバーに乗って買い物に出かけます。

非日常的なイベントは普段の日常生活の延長線上にあり、あってなくても自分の人生に何ら影響がないようなスタンスが必要です。

大事なのは普段の日常生活で、具体的には今は「仕事(会社経営)」「5人の孫と遊ぶ」「自宅のリゾート化」の3つが大事です。


次はだいぶ剥げてしまった10年ぶりのブランコのペンキ塗装・・・か?

という事で、ウインドサーフィンを始める前に実は脇の浜でヨット(シングルハンダ―のシーホッパー)を始める予定でしたが、購入直前にサンケイ新聞で樽井浜でウインドサーフィンの体験会が掲載されていて「ヨットみたいで、オモシロそうだな・・・」とピンと来て、直ぐに体験会に参加してそのままハマって今年で44年目です・・・(笑)。

何でヨットからウインドサーフィンに気が変わったか・・・?

それはシーホッパーの船体重量が60㎏もあり、運ぶのは「非日常的」だなぁ(車に積んで行くのは無理だなぁ)・・・と不安でしたから。

方やウインドサーフィンは20㎏程度だったので、車の上に積んでいけるので「日常的」だ(1人で出来そう)と判断したからです。

今は車で30分のマーブルビーチへ(二色浜なら10分)、さっと道具が載せれて砂や海水に気を使わない軽トラックでウインドサーフィン・・・というのが私の夏の日常だからこそ、ココまで続けてこれたのです。

見栄を張ったりカッコをつければ、コストが3倍掛かります・・・(汗)。

この非日常か?日常か?の判断は、平たく言えば「これから継続できるか否か?」と言う事だったのです。

そして弊社のメイン事業であるトランクルームも「生活用品の荷物の出し入れ」という日常のビジネスですが、2番目に力を入れている「音楽スタジオ」はミュージシャンにとって日常的なバンド活動ですが、まだまだ一般的にはマイナー(非日常的)ですので、もっとこの文化的で楽しい「日常的な輪」を泉州で徐々に広げていこうというのが私の人生最後のライフワークだったのです。











「トランクルーム貝塚」「スタジオ0724」「貝塚卓球センター」「テレワーク&スタディ貝塚」 「 貝塚不動産.com」 大阪府貝塚市名越661 tel:072-446-0798  mail: info@sasatani.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2022.04.13 15:25:07
コメント(0) | コメントを書く


2022.02.05
カテゴリ:日々の日常生活
ありそうでなかったシリーズ第34弾は「今でも屋号で呼び合う大阪の町」です。

屋号・・・?

歌舞伎の屋号ではありません。

私の住んでいる貝塚市の山手地区では、今でも日常の生活で互いに屋号で呼び合うのです。

何故か・・・?

宅急便や郵便局の配達員さんを悩ますほど、村には同じ苗字が多いからです。

今でも地方でも多いと思いますが、大阪でも南部の泉州エリアの山手地区ではそれが日常です。

おそらく私の住む町(村?)の歴史は、少なくとも5,600年以上あります。

1500年代に豊臣秀吉側と根来衆との合戦(高井城と千石堀城)が、近木川を挟んで今の千石橋あたりの両サイドであったのが歴史(千石堀城の戦い)に残っていますから。

ちょうど地元名越村の農民も参戦したと、以前に市役所図書館の貝塚史書で読んだことがあります。

まぁ子供の頃に千石橋に近い隣組の古老から、ブログで公表できない当時の口伝をイロイロ聞かされていたのを思い出します・・・(汗)。

ハワイロングステイ仲間のカナダ人に「生まれたところ(村)に未だに住んでいるでェ」と言うとビックリされ、更に「5,600年ずっと先祖代々同じ村で住んでいるでェ」と付け加えると「オーマイガ!」と目を白黒され驚嘆されます・・・(笑)。

移民の国であるカナダ人からすると、信じられない人生に映るのでしょう。

しかし小中学校までそれが普通で、町内では同じ苗字が多いので屋号や下の名前やあだ名で互いに呼んでいました。

ところが高校に入って驚いた事の一つが、互いに苗字で呼ぶのです。

しかしコレが世間一般では普通で、単なる井の中の蛙大海を知らず・・・というか、単に田舎者だっただけの事です。

しかし、コレで一歩成長・・・一生コレの連続です。

町内では何百年も続く盆踊り、だんじり祭り、宮座、行者講、隣組といった行事やシステムが未だにあります。

しかし、やはり時代の流れで田舎でも人間関係が希薄になっているのは仕方のない事です。

私とこはトランクルーム所在地の2軒隣の本家から江戸時代末期に分家しましたので一応「惣治郎」という屋号があるのですが、どうしても本家の影響が強く、曾祖父が生きていた昭和の初めころまでは「仁左衛門の分家(にだいものいんきょ)」と言われていたようです。

まぁこの言い方は、本家にはずっと頭が上がらないという意味が込められていますが、今でも私は「昔の本家(母屋)」という動かぬ事実から一目置いています。

※泉州地方では方言で、本家を「母屋(おもや)」、分家を「隠居(いんきょ)」と呼ばれます。

これが大阪市内から1時間以内の泉州の山手地区なのです。

本当の地方や田舎では人口が減りすぎて、祭りごとさえ出来ないと聞きました。

やはり人口が少ないと、特に若者が少ないと祭りごとが絶えてしまうのです。

日本全体が少子化で、人口が大都市圏に集中したり空き家が増えてきたりして問題になっていますが、大阪南部の泉州エリアは今のところ幸い人口だけは横ばいでナントかなっています・・・(汗)。

という事で、私の住んでいる貝塚の山手地区は大阪市内まで1時間以内、関空まで30分以内、二色浜まで10分、葛城山の麓まで15分・・・という絶好のトカイナカの立地です。

そして何と言っても、先祖代々ず~と同じところに住んでいるという「安心感」「安定感」が、決して表に現われる事のない大きな大きなメリットで、転勤があるサラリーマンや都会のタワーマンションのリッチマン達が本当は1番憧れる故郷かも知れませんね・・・

まぁインターネット時代でも屋号も使いようによっては便利なモノで、私のような「笹谷徹」という珍しい名前も日本(世界中)に何人もいるようですが、町(村)名と屋号(名越の惣治郎)を入れれば日本(世界中)で唯一なので一発で検索できます・・・(笑)。




「トランクルーム貝塚」「スタジオ0724」「貝塚卓球センター」「テレワーク&スタディ貝塚」 「 貝塚不動産.com」 大阪府貝塚市名越661 tel:072-446-0798  mail: info@sasatani.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2022.02.05 17:19:41
コメント(0) | コメントを書く
2022.01.31
カテゴリ:日々の日常生活
昨夜CS放送のテレビ朝日1チャンネルの「ゲキレア珍百景」に出演しました。

昨年10月に取材に来られ、当初は地上波(テレビ朝日)で「ナニコレ珍百景」で放映される予定でしたが、視聴者からの取材応募が1週間に1000件という超激戦でしたので、地上波での選考から漏れ、ナニコレのスピンオフ番組であるCS放送「ゲキレア珍百景」に採用されたのです。

ナニコレに採用されていれば日曜のゴールデンタイムという事もあり、日本で800万~1000万人くらいが視聴している計算になり、相当反響があるとメチャ期待していたのですが・・・(涙)。

いずれにしてもキー局の全国放送なので、何らかの反響がありビジネスに多少プラスになるのを期待しています。

取材を受けたのが地方局ではなく、テレビ朝日というキー局というのがポイントです。

これによって他のテレビ局や新聞といったメディアからのオファーがあるというのは、以前NHKや朝日新聞に取材された時によくわかりました。

いくら地方テレビ局や地方紙に取り上げられても、あまり波及効果を期待できないのです。

しかし今回の取材も全く緊張することなくトークできましたが、やはり慣れでしょうねェ・・・(笑)。

正味2時間ディレクターと2人で名越の村を回り、ずっと伝えたいことを一生懸命喋りっぱなしで放映はたった5分でしたが、これまでの他社の取材と同じで、まぁそんなモンでしょう・・・

マスコミの取材なんて所詮そんなモノで、決して期待したり舞い上がってはいけません。

という事で、今回チョットだけテレビに出た事によって、1人でもお客さんが現れれば大成功です。

マスコミに取り上げれれば「タダで宣伝できる」という絶大な費用対効果が得られますので、これからも新聞記者やテレビ・ディレクターの目に留まるようなブログをグーグルのSEO対策も考えながら書き続けていきたいと思います。

大手は広告宣伝費をバーンと掛けれますが、我々零細企業は全く掛けられず経営者の「足」と「脳ミソ」に懸かっていますから・・・(汗)。


「トランクルーム貝塚」「スタジオ0724」「貝塚卓球センター」「テレワーク&スタディ貝塚」 「 貝塚不動産.com」 大阪府貝塚市名越661 tel:072-446-0798  mail: info@sasatani.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2022.01.31 19:04:40
コメント(0) | コメントを書く
2021.12.31
カテゴリ:日々の日常生活
隣村にある森神社に玉垣の寄付をしました。

うちの家は代々この神社の氏子なので、当然と言えば当然の寄付です。

何年か前に森神社が改装した第1期の時はタイミングを逸し寄付をできなかったのですが、去年孫の幼稚園への送迎の帰りに毎日のように森神社に遊びに行き、たまたま新任の宮司さんと知り合い、寄付の依頼があり「それじゃ1基しましょうか」という話になったのです。

私が子供の頃に祖父から聞いた話では、祖父が小学生の頃の明治時代は木島小学校(現在は三ツ松)は森神社にあり、卒業写真を見た事があります。

木島小学校は1872年(明治5年)に設立されたようなので、江戸時代末期に生まれた曾祖父も木島小に通っていた計算になり、曾祖父、祖父、父、私、娘・・・と続けて木島小学校出身という事になります。

玉垣の名を自分の個人名にしようかどうか少し悩みましたが、どうせこれから100年は玉垣があるでしょうから私もそのうちいなくなりますので個人名にしてもナンセンスだと、企業の繁栄を祈ってシンプルに「トランクルーム貝塚」だけにしました。

横に小さく個人名や家の屋号を入れる事も可能だったのですが、「トランクルーム貝塚」の字が少し小さく目立たたなくなりますので敢えて止めました。

自分の名誉欲は横に置いといて、ただただ子供や孫の安全と幸せを祈るだけで、その前提条件として企業(トランクルーム貝塚)が繫栄しなくてはなりません。


私は単なるバトンランナーで、オリンピックでメダルを獲った日本男子400メートルリレー選手のように上手に次の後継者にバトンを渡すだけです・・・(汗)。

15年前に織物業からトランクルームに転業しましたが、先祖からの資産をただ活用しているだけで、本質的には起業家でも何でもないというのを自覚しています。

まぁ、曽祖父からの家訓「名を捨て実を取る」に従ったまでです。

森神社は地元では昔から「森の宮さん」で親しまれ、私も保育園児の頃からビーダン(玉)やベッタンでよく遊んだ思い出があります。

特にベッタンは子供なりに考えて織物工場で使うマシン油をベッタンに浸み込ませ、滅多にひっくり返らない「油ベー」が大活躍しました・・・(笑)。

昔の名越の子供は町会館は狭かったので、森の宮さんまで遠征してまで遊んでいたのです。

三ツ松は4,5歳の子供にしては遠すぎるし、清児の会場も狭いし・・・と子供なりに、遊び方をイロイロと考えていたのでしょう。

水間なんか遥か彼方で考えも及びませんでしたが、子供の行動範囲って所詮そんなモンですが、年を取ればまた子供に回帰しますので、90歳くらいになれば森神社に歩いて行くのが精一杯になるでしょう・・・(汗)。

という事で、木島谷地区(清児~水間)に先祖代々住んでいますが、おそらく名越には5,600年・・・その前は三ツ松に700年くらい住んでいただろうと推測できます。

というのも、元々の先祖を辿れば南北朝時代の1300年くらい前に近江の国から三ツ松に移住して来た100人の建築集団の1人だったと思われます。

そう考えると、私の生きてきたたった65年なんか短い短い。

そんな話をハワイでいつも一緒に遊んでいるカナダ人の友達に話すと、彼らは目を白黒させ尊敬の眼差しで見られます・・・(笑)。

カナダは移民の国で彼らは3代ほど前にドイツやフランスからカナダに渡ってきた移民だったからで、季節によって転居が常だったヨーロッパの狩猟民族から見れば、2000年以上続き人口世界ランク11位の農耕民族の単一民族国家である日本(大和)民族の歴史は驚愕以外ナニモノデモないのでしょう・・・

海外旅行で日本の素晴らしい歴史や文化や国民性を改めて知るのも皮肉なものですが、ホンと日本人に生まれてヨカッタと思いますし、これから海外旅行に行っても日本人としての誇りを持って行動したいと思います。











「トランクルーム貝塚」「スタジオ0724」「貝塚卓球センター」「テレワーク&スタディ貝塚」 「 貝塚不動産.com」 大阪府貝塚市名越661 tel:072-446-0798  mail: info@sasatani.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2022.01.02 10:38:37
コメント(0) | コメントを書く
2021.12.09
カテゴリ:日々の日常生活
弊社「トランクルーム貝塚」(貝塚市名越661 072-446-0798)は1tクレーンを設置していますので、重量のあるピアノ(グランド、アップライト)の保管も多く、旧型エレクトーンの保管も多いです。

トランクルームに併設しているリハーサル音楽(バンド)スタジオ「スタジオ0724」に常設している電子ピアノやシンセサイザーは、本体から音が出ずにミキサー経由でスピーカーから音を出すのでコンパクトで重量も軽いですが、昔の楽器は大きくて重いのです。

そんな大きくて重い楽器を自宅に置くのも、費用対効果と思い出の天秤を掛け「どうするか?」と思案して、トランクルームに保管か廃棄処分か・・・?

ココが愛着のある楽器の運命の分かれです。

特に楽器というのは一緒に過ごしたという「思い入れ」があり、なかなか現実的には捨てられないのです・・・(汗)。

車や単車と同じで、カスタムほど愛着があり、捨てるなんてトンデモもないのです。


ギターのように小さければ、押し入れに置いとけば問題ないのですが。

ビジネス的には「どんどんトランクルームに持ってきて(トランクルーム貝塚に保管して)ください!」と言いたいのですが、自分の事となるとチョッと考えます。

実は自宅2階に長年放置していた45年前に買ったエレクトーンを廃棄処分にしたのです。

今年の夏から2階のベランダで遊ぶのが私のチョットした夕方からの楽しみになり、ベランダへの通路にあったエレクトーンがチョッと邪魔だったのです。

孫たちが遊びに来ると手狭になり、もう数年前から気になっていた「エレクトーンの処分問題」を一気に解決しようと、重い腰を上げたのです。

家内が若い頃に習っていたのを結婚で持って来たのですが、殆んど弾かずじまいで長らく放置しているうちに音も出なくなり邪魔になっていたのです。

しかし家内が若い頃に一生懸命エレクトーンをやっていた思い入れがあり、当時70数万円もしたという事で、なかなか廃棄処分まで踏ん切りがつかなかったのです。

今なら同じ機能のシンセサイザーで10万円もしません。

電子的な楽器は格段の進歩があり、同じ鍵盤楽器でもアナログ的なピアノはそこまで価値は下がっていませんし、同じアナログ楽器のドラムなんかはメーカーや機種によって当時の何倍ものプレミアム価格がつきます。

時代の流れは残酷・・・の一言ですが、ホンモノは時代の変遷に関係なく人間のココロを揺さぶり、その価値が変わらないという事か。

まぁスタジオにシンセや電子ピアノもありますし自宅にもう1台電子ピアノがありますので、孫たちの遊びはそれを使ってもらおう・・・と。

スタジオにあるシンセサイザーや電子ピアノは軽くて高性能ですが、今回廃棄したエレクトーンは大きくて重いです。

廃棄処分業者を探しても、階段から狭くて降せませんから、2階からクレーンで吊り下げると7,8万円も掛かります。

廃棄するのに7,8万円も掛かると馬鹿らしいので、地味に探していると良心的な業者が見つかりました。

やはりネットの力は凄いです。

クレーンを使わず2階で解体して階段で降ろし、部品どりをするという事で1万円台で収まりました。

エレクトーン廃棄といっても、イロンナ業者が入り乱れていますから。

という事で、日頃から「チョッと気になる・・・」という事を手帳に書いておき、たまに見直すとまた思い出し、時間が経って見方も変わっているかも知れないので、処理するならその時に、削除するなら削除して、もうチョッと様子を見るなら放置・・・そうやってもう40年も手帳を活用しています。

たかが40年、されど40年・・・イヤイヤ40年もアホみたいに、ようヤッタなぁ・・・と(笑)。

まぁしかしネット時代になっても、ヤッテいる事の基本はアナログ時代と全く変わっていません。

やはり昭和の人間はどうしてもクラウドよりも紙の方を信じてしまうのですが、時代に合わせデジタルとアナログの両方のツールを併用していかなくては・・・(汗)。














「トランクルーム貝塚」「スタジオ0724」「貝塚卓球センター」「テレワーク&スタディ貝塚」 「 貝塚不動産.com」 大阪府貝塚市名越661 tel:072-446-0798  mail: info@sasatani.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2021.12.09 18:20:04
コメント(0) | コメントを書く
2021.12.03
カテゴリ:日々の日常生活
孫が5人いますので、家に遊びに来た時に喜ぶようにお菓子やオモチャを沢山取り揃えています。

そのオモチャの中で、先日最新の地球儀を購入しました。

これが昔の地球儀と違って、タブレットやスマホに専用アプリをダウンロードして地球儀にかざすと、その国の「動物」「文化」「食べ物」「地図」「記念碑」の解説が3D動画で始まります。

それを更にタップすると、もっと詳しい解説が日本語で始まります。

英語バージョンもありますので、英語の勉強にもなります。

まぁ大人でもオモシロいですわ。

私は子供の頃から何故か世界地理が好きで、よく世界図鑑を見ながら空想の世界に浸ったものですが、食べ物や動物にまで想像が膨らみませんでした。

確か小学校2,3年の頃にねだりまくって、やっと初めて地球儀を泉大津の文房具店で買ってもらった時の事を今でも鮮明に覚えています。

大阪万博があった中学2年になるまで、外国人なんか見た事もありませんでした。

外国パビリオンの単なる外人スタッフにサインを求めたりしていました・・・(笑)。

それどころか、東北から来たと思われる農協団体さんの生の東北弁を生まれて初めて聞き、同じ日本人なのに丸で外国語のようだと感じました。

大阪の千里であった万博に行くのに生まれて初めて地下鉄に乗り、万博の自動販売機で生まれて初めてコーラを買い、生まれて初めてフライドチキンを食べたという正真正銘の田舎者でした・・・(笑)。

なので、万博期間中に4,5回も行きました。

そういった子供の頃の経験と、太平洋戦争終結後に日本を占領した連合国とGHQの「ウォー・ギルト・プログラム」で私も含めた我々日本国民が戦後しばらくテレビや新聞で洗脳され、外国への憧れが日に日に募って来て海外旅行へ駆り立てるのか・・・?

という事で、20代30代の子育て中は仕事に必死で余裕も何もありませんでしたが、孫だと余裕がありますので、こんなオモチャの進化でも客観的に感動できるのだと思いますし、孫がいたからこそ「小さな新しい発見(感動)」ができるのだろうと思います。

子供は娘ばかり3人で、4人の孫も全員女の子でしたが、5人目の孫で初めて男の子が出来ましたので、男の子用のオモチャを買うのは初めてなので、これからもトイザらスに通わねば・・・(笑)。









「トランクルーム貝塚」「スタジオ0724」「貝塚卓球センター」「テレワーク&スタディ貝塚」 「 貝塚不動産.com」 大阪府貝塚市名越661 tel:072-446-0798  mail: info@sasatani.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2021.12.05 11:50:50
コメント(0) | コメントを書く
2021.11.15
カテゴリ:日々の日常生活
昨日は泉佐野で住んでいる娘宅でBBQパーティでした。

もう一人の娘家族も集まり、孫4人の賑やかな焼肉パーティでした。

先週は久しぶりに父親の妹である叔母さん3人がうちに来て昔話に花を咲かせ、気がついたら6,7時間がアッと言う間に過ぎていました。

父親は9人兄弟で、もう叔母さん4人しか残っていませんが、まだ元気なうちに生まれ故郷の墓参りと仏壇のお参りに来たかったのでしょう。

まぁ本当に親しい人との会話というのは時間を忘れるモノです。

今回のBBQパーティで、肉も食べましたが久しぶりにビールを飲み過ぎてしまい、途中で寝てしまいました・・・(笑)。

孫とも十分に遊び、日頃のストレスも癒されました。

という事で、年をとるとそれほど肉を食べれなくなりますし、アルコールもそれほど飲めなくなり、孫が大きくなると動きについていけなくなる自分がチト情けなくなりましたが・・・(汗)。

そして親戚ファミリーとの食事は楽しいですねェ・・・

父方のイトコだけでも20人以上いて、20数年前にミナミのレストランバーでイトコ会をしましたが、もうだいたい子供も手が離れていますので、もう一度近いうちにやってみたいものです。





「トランクルーム貝塚」「スタジオ0724」「貝塚卓球センター」「テレワーク&スタディ貝塚」 「 貝塚不動産.com」 大阪府貝塚市名越661 tel:072-446-0798  mail: info@sasatani.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2021.11.15 09:22:59
コメント(0) | コメントを書く
2021.09.28
カテゴリ:日々の日常生活
長らく新聞や本を読むのにメガネ(老眼)を掛けていませんでしたが、遂に昨年から老眼を掛けるようになりました。

自慢の視力だったのですが・・・(涙)。

元々高校生くらいから軽い近眼で、遠いところを見る時や車の運転の時だけ眼鏡を掛けていました。

そんな近眼を掛けたり外したりする事を30年ほどした40代後半、ある日メガネを掛けなくても車を運転していても何の違和感も無くなりました。

近眼が、年を取って治ったのです。

それから近眼メガネとはオサラバでした。

それから20年弱・・・今回の老眼事件?です。

新聞が見にくいのはストレスが溜まりますので、ついに眼鏡市場で自宅用と事務所用の2本購入しました。

60過ぎると身体の変調が顕著です。

昨年1月に脊柱管狭窄症の手術をし、そして夏ころに老眼。

残念ながら、老化の足音がヒタヒタと忍び寄ってくるのを60オーバーになって実感します。

下り坂を考慮に入れながら、仕事やプライベートといったモロモロのモノゴトを考えていかなくては、「最終ゴール」でのテープを胸張って切れません・・・(汗)。

という事で、老眼を掛けてから1年経ち、また新たな変化が身体に起こりました。

若い頃からずっと左右の視力差がありました。

若い頃は左右が0.3と0.5くらいだったのが、40代後半で左右が0.1と1.0くらいにドンドン差が広がっていたのです・・・(驚)。

左右の視力差が酷いのを「不同視」という病名のようですが、生活上は殆ど問題ありませんが、唯一空手の約束組手の稽古で不同視による遠近感の無さで避けられず相手のパンチを顔面に貰う事がシバシバだったのが残念でした。

空手の組手に必須な0コンマ何秒の距離感(遠近感)が掴めない動体視力の劣化が、私のウイークポイントだったのです。

それが最近老眼を掛けたせいでしょうか、不思議と0.4と1.0くらいに左右差が縮まっているのです。

いまのところPCもスマホも字を拡大バージョンにして裸眼で見ているのですが、これもいつまでもつか・・・?

まぁしかし年取ってからのチャームポイントが「目」「歯」「内臓」だったのが、目が無くなって3分の2になってしまいました・・・(笑)。



「トランクルーム貝塚」「スタジオ0724」「貝塚卓球センター」「テレワーク&スタディ貝塚」 「 貝塚不動産.com」 大阪府貝塚市名越661 tel:072-446-0798  mail: info@sasatani.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2021.09.29 05:21:05
コメント(0) | コメントを書く
2021.08.29
カテゴリ:日々の日常生活
先日父親の25回忌法要でした。

早いもので持病の心臓病で突然死してから24年が経ちました。

当時私は41歳・・・いわゆる厄年でした。

若干41歳の私に、突然会社経営のプレッシャーが降りかかったのです・・・(汗)。

当時は営業と現場だけしか仕事をしていませんでしたので、会社経営の根幹である経理は未経験でしたが、悠長に悲しんでいる暇はなく、メインバンクの担当者と税理士に色々と聞きながら自分でも経理の本を読み漁り、なんとか半年後には経営全般を軌道に乗せる事が出来ました・・・(汗)。

この時の経験を何と呼べばイイのでしょうか・・・?

死に物狂い・・・?

必死のパッチ・・・?

そんな生易しい言葉て現されないような、この難局を何とか乗り越えなければ全てオワリだ・・・と、背水の陣的な状況に追い込まれていたのは確かです。

幸いと言うか、父親は身体が弱かったので、私は子供の頃から織物工場の現場で働かされ、父親と一緒に同業の織物工場へ連れて行かされたり、取引先に中元や歳暮を一緒に持っていったり、親戚付き合いや村の行事も父親の代わりに出て行っていましたので早くから「世間慣れ」していたのは確かで、それがスムーズに事業承継をさせたのでしょう。

勉強しかせずに世間慣れしていなければ、父親が亡くなればどうしようもなくて難関を乗り越えられなかったでしょう。

父親は言外に、「勉強だけヤッテいてはダメだ・・・跡継ぎはイロンナ経験を積まないと・・・」と言いたかったのかも。

実際、浪人、大学からサラリーマン2年目までずっと朝5時から2,3時間織物工場で働き(夏休みは12時間)、学校や会社に何事もなく行って勉強や仕事や趣味(空手、ウインドサーフィン、バンド)をしていましたから。

まぁそういった事が子供の頃からずっと心の中にあり、今に繋がっているのでしょう。

葬儀の日に銀行担当者に「小切手と約束手形に記載されているお父さんの名前は、2週間だけ有効です・・・」と言われた一言が全てを物語っています・・・(涙)。

「ちょっと事情があるので、もう少し待って下さい・・・」が許されない法治国家である日本の経済や世の中は、法律に基づいて動いているのだ・・・と心の底から実感しました。

自分勝手な都合は許されないのが世の中という事です。

あれから24年・・・まだ小さかった子供らは成長して3人とも結婚し、孫も上は小学生から赤ちゃんまで5人になりました・・・(涙)。

仕事も父が亡くなって9年は家業の織物業を頑張りましたが、力尽く前にトランクルームに転業して現在に至ります。

という事で、自宅での法要を済ませた後、送迎バスのある地元貝塚新地の老舗料亭「この木」さんで食事会をしました。

「この木」さんは織物時代から利用させて頂き、法事や小学校のクラス会など機会がある度に、もう3,40年もお世話になってきました。

料亭ではアルコールは飲めなかったで、家を出る前にビール2本を飲んで行きました・・・(笑)。

料亭の経営は大変ですが、何でこんな毎回創意工夫した絶品料理が出る「この木」さんにミシュランが来ないのか不思議でなりません・・・

高級料亭の雰囲気を味わいながら飲食店の基本「美味しくリーズナブル」という愚直に守られているのが、長年地元貝塚だけでなく近隣の岸和田や泉佐野や熊取の方々に愛されているワケでしょう・・・































「トランクルーム貝塚」「スタジオ0724」「貝塚卓球センター」「テレワーク&スタディ貝塚」 「 貝塚不動産.com」 大阪府貝塚市名越661 tel:072-446-0798  mail: info@sasatani.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2021.08.30 11:34:07
コメント(0) | コメントを書く
2021.08.18
カテゴリ:日々の日常生活
先日りんくうシークルのフォトスタジオ「STUDIO ARC」さんへ、孫の七五三の写真撮影を見に行ってきました。

久しぶりのりんくうシークルですが、やはり殆どお客さんがおらず寂しい限りです・・・(涙)。

早くコロナが収束して、元の活気を取り戻して欲しいと切に願います。

フォトスタジオもご多分に漏れず、前回の時よりもお客さんが少なかったですが、スタッフの子供喜ばせるテクニックは今回も流石だなァと感じさせました。

今回は写真撮影だけなので本番の七五三もありますし、孫も5人もいますので0歳、3歳、5歳、7歳と宮参りや七五三で毎回誰の何かも分からないくらい忙しい限りです・・・(笑)。

戦前に生まれた私の親世代は兄弟が多く、私のイトコが父方母方合わせて20数人(祖父母から見れば孫の数)もいるのに比べれば激減ですが。

泉州エリアで親戚だらけというのは心強い限りですが、代が変わり私の子供世代になるとイトコの数も親戚も激減し社会構造が変わりますので、その変化に応じた風習やビジネスにも影響を大きく受けるでしょう。

まあしかしジイジ人気も今のうちで、数年後には「ジイジ、ジイジ・・・」とすり寄ってきた孫たちも、誰も寄って来ないでしょう・・・(涙)。

ワカっています・・・これが人間の成長というモノですから。

という事で、緊急事態宣言中なのであまり外を出歩く事はありませんが、今回のりんくうシークルの閑散ぶりには落胆しましたが、いつも思う事は活力に満ちた高度成長期に子供時代から青春時代を送った我々世代に比べて、今の子供や若者は大事な成長期や青春時代にコロナで大変な状況に陥って本当に気の毒だと思います・・・(涙)。

しかし1年後にはワクチンも行き渡り、治療薬も出来始めているでしょうから、光が見え始めると思います。

もう少しの我慢・・・だと思いたいです。











「トランクルーム貝塚」「スタジオ0724」「貝塚卓球センター」「テレワーク&スタディ貝塚」 「 貝塚不動産.com」 大阪府貝塚市名越661 tel:072-446-0798  mail: info@sasatani.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2021.08.22 16:32:40
コメント(0) | コメントを書く

全123件 (123件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >


© Rakuten Group, Inc.