000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

     トランクルーム貝塚のオヤジ奮戦記

PR

全22件 (22件中 1-10件目)

1 2 3 >

ドラム drum

2022.05.12
XML
カテゴリ:ドラム drum
ありそうでなかったシリーズ第77弾は「60代のロックドラムによるアンチエイジング」です。

私も含めた60代と言えば、1970年代の洋楽ロックにドップリ嵌った年代です。

当時は日本のフォークソング全盛期で、日本のシティポップやソウル&ディスコが流行る前でしたので、日本の歌謡曲やフォークに飽き足らない日本の中高生がこれまでになかった独特のリズムの洋楽ロックを求めたのか・・・?

まァほぼ毎日ドラム練習をしていますが、私の練習方法はスマホのspotifyの70年代洋楽ロックを中心に好きな音楽をミキサー経由でスピーカーから流して、それに合わせてテキトーに叩いているだけです。

テキトー・・・コレがポイントです。

もちろん最初は必死に耳コピをして忠実にドラミングを再現しようと試みますが、所詮レコーディングはプロドラマーです。

完コピは無理なので、可能な限り自分なりにテキトーに合わせるのです。

学校の試験ではないので100点を取る必要はなく、アマチュアなので自己満足の世界で十分です。

元のレコーディング音源も100%完璧ではありませんし、ライブ本番でも雰囲気に合わせて十分変わる可能性もありますので・・・正解はないのです。

ビジネスとこの点は同じです。

正解のない答えを求め、アレコレ考える。

時間制限もありませんし、1年後には正解が変わる可能性だってあります。

コレが永遠に続くのがビジネスです。

正に気が遠くなる消耗戦と言えるでしょう・・・

大学受験はコレと正反対で、時間制限があり最初から答えが1つだけ決まっているペーパーテストです。

難問に対して理解力があり要領が良く暗記力に優れている学生が難関大学に合格し、実際のビジネス社会で必要とされる基礎学力やコミュニケーション力や発想力や人柄や体力や芸術的センスとは何の関係もありません。

大学院の博士課程は別にして、アレコレ考え自分オリジナルのアイデアが正解になる事はありません。

アレコレ考えるという意味で、「どうやったらバンドアンサンブルの中で、ドラムパフォーマンスをもっと引き出せるか?」を叩きながら考えるフリードラミングは非常に有効です。

中学生から膨大な数の曲を何千万回?も聴いてきて、普段から寝ている時間以外はだいたい音楽を聴いていますので、その中で自分の担当するドラムの音を「どうやって叩いているのか?」を聴き分け、フリードラミングの練習の時にアレコレ試してみる。

この毎日の練習が自分のドラム技術を高めるのです。

かと言って、これが1番正しい叩き方だという正解はありません。

ドラマー100人いれば、100人とも全然違うのです。

年齢も、好みも、体力も、フィーリングも。

いずれにしても私が叩くのは青春時代に何千万回?も聴き倒した70~80年代の洋楽ロックが中心ですので、昨今のコンピュータープログラミングのドラムではなく当時の生ドラムのレコーディングなので、練習し易いと言えばそうかも知れません。

そうなんです・・・ドラム練習には70~80年代の洋楽ロックがピッタリだったのです。

シカゴ、TOTO 、ジャーニー、ハート、フォリナー、イーグルス、ディープ・パープル、バッドカンパニー、レッド・ツェペリン、ローリングストーンズ、ドゥービー・ブラザーズ、ボストン、バン・へイレン、モトリー・クルー、ボズ・スキャッグス、ビリー・ジョエル、CCR、GFR、エアロスミス・・・

これぞ正しく誰からも奪われない私の宝物・・・だったのです。

そういったロックミュージックを聴くと、不思議と当時の青春の思い出が蘇り、身体の底からパワーが湧き出てくるような気がします・・・

老人施設で音楽療法が注目されているのがよく分かります。

という事で、普段から現在進行形の複数のプランが頭の中を想像力を総動員して24時間グルグル回っていますが、チョッとだけ行動に移したり、大胆に行動したり、考えるだけで終わったり、100%採用する事はなく、決して正解もありませんし、考えるだけで終わってしまうケースも多いですし、ドンドン新しいプランが入り混じり、古いプランが忘れ去られる・・・というサイクルで零細企業経営者として日々淡々と生きていますが、これが頭のボケ防止にもなっているのかも知れませんし、ドラムを叩く事によって適度に両手両足を動かすのが私みたいな老人にとって最適の運動になっているのです・・・(笑)。

そして同じタイコという意味で、子供の頃から和太鼓(だんじり鳴り物)を長年叩いてきましたが、上半身のパワーに頼ってパターンも少なくチューニングもない若者向けのだんじりの和太鼓に比べて、ドラムはパワーよりも脱力して全身(両手両足)を使ったテクニック中心でパターンもチューニングも無限にあるという正に我々シニア世代にピッタリだったのです。














「トランクルーム貝塚」「スタジオ0724」「貝塚卓球センター」「テレワーク&スタディ貝塚」 「 貝塚不動産.com」 大阪府貝塚市名越661 tel:072-446-0798  mail: info@sasatani.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2022.05.19 15:22:21
コメント(0) | コメントを書く


2022.04.25
カテゴリ:ドラム drum
ドラマーはどうも「ドラム音」が気になり、こだわってしまいます。

特にスネアの音が気になります。

ギタリストがエフェクターとアンプに拘り自分の好きな音を追求するのと同じように、ドラマーも好きな音が出せるようにアレコレ工夫するモノです。

中学生の時にビートルズ末期のライブをテレビで見ると、ドラムのリンゴ・スターがスネアにタオルを敷いているのを見て驚きました。

それほどミュート(消音)に拘っていたのです。

日本人ドラマーで一番驚いたのは、つのだ・ひろさんのドラムです。

ちょうどスペースバンドという自分のバンドで彼のドラムの音に高校生だった私はスゴイ衝撃を受けました。

「なんやこれ!日本人でもデキるやん!」・・・と。

今では森高千里さんが、ドラムを叩く時にスネアにタオルを全面に敷いています。

「スタジオ0724」の会員さんのドラマーも、時々ガムテープでミュートを工夫しているのが目立ちます。

そこでスタジオ側として、エバンスとジェルタイプのミュートを各スタジオに用意する事にしました。

ジェルタイプのミュートはダイソーで買いましたが、案外コスパが良いです。

実はダイソーでブルーと透明の2種類買って、実際試してみると透明タイプが柔らかすぎたのでNGでした。

という事で、どんな経営もそうですが、コストを無視すれば経営が成り立ちませんので、今回のミュートに投資した金額に対して何十倍ものお客さんの満足度が上がると・・・確信しています。























「トランクルーム貝塚」「スタジオ0724」「貝塚卓球センター」「テレワーク&スタディ貝塚」 「 貝塚不動産.com」 大阪府貝塚市名越661 tel:072-446-0798  mail: info@sasatani.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2022.04.25 05:59:00
コメント(0) | コメントを書く
2021.11.05
カテゴリ:ドラム drum
これまで5年間リハーサルスタジオを経営してきましたが、やはりスタジオでの練習量が多いバンドほど上達が早いというのを実感します。

もちろんスタジオ練習に来るまでは、各パートの練習量というのが左右します。

その各パートの練習ですが、ギターやベースやキーボードは自宅である程度できますが、ドラムだけは自宅でなかなか出来ません。

プロドラマーでも自宅で「生ドラム」の練習できる人は殆どいないのが実情で、ましてやアマチュアで自宅で生ドラムの練習なんて夢のまた夢・・・です。

最近は自宅で電子ドラムの練習している人も多いですが、本番ライブは「生ドラム」です。

電子ドラムと生ドラムは似て非なるものです。

となると、プロモアマチュアも「生ドラム」の練習をしにスタジオに行くしかないのです。

ココです・・・ポイントは。

スタジオも防音と防振工事に苦労しますが、最大の難関は「バスドラムの低周波振動を如何に止めるか」・・・です(汗)。

この難題に失敗すれば(音や振動が漏れれば)、スタジオ経営そのものが出来ません。

知人から某工務店がこの工事に失敗し、工事代金2000万円をドブに捨てた・・・という話を聞いた事があります。

それほど難しい工事なのです。

弊社スタジオはこの難題を、織物時代に音と振動に苦労した経験を活かして何とかクリアしました・・・(汗)。

クリアしたからこそ、堂々とスタジオ営業ができているのです。

だから大音量でハードロックやヘビメタの演奏をガンガンしても、何の問題もないのです。

まぁ実際観察すると、ドラムの個人練習に熱心に来られる会員さんは上達が早いですねェ・・・

やはり上達はスタジオでの練習量に比例するようです。

いくら毎週ドラムレッスンを受けても、レッスンの復習をスタジオでしなければ上達は望めません。

学校の勉強と同じで、ドラムレッスン(授業)だけ受けて上達したような気になってはダメで、スタジオ(自宅)で復習しないとモノにならないのです。

なので、熱心に週一とか定期的にスタジオに来られているドラマーも多く、プロやセミプロのドラマーでも腕が鈍らないように定期的にスタジオ練習されています。

沖縄の空手の高段者でも型の基本中の基本である「平安(ピンアン)二段」を毎日稽古されるそうですが、それと全く同じでドラミングの基礎を毎回練習する事こそがプロ(セミプロ)ドラマーたる所以です。

という事で、一般的にはわざわざ高い授業料を払ってまでドラムレッスンを受けなくても、優秀なプロドラマーによるYOUTUBEが山ほどありますので、これを利用しない手はないのでした。

もちろん金と時間に余裕のある方は、リアルなドラムレッスンを受けるのが良いのに決まっていますが。


「トランクルーム貝塚」「スタジオ0724」「貝塚卓球センター」「テレワーク&スタディ貝塚」 「 貝塚不動産.com」 大阪府貝塚市名越661 tel:072-446-0798  mail: info@sasatani.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2021.11.05 08:04:37
コメント(0) | コメントを書く
2021.11.04
カテゴリ:ドラム drum
最近チャボさんのドラムレッスンのYOUTUBEにハマっています。

その中で「左手強化」動画を見ながら、ドラムの練習をするのが技術向上に繋がっているように思います。

人間はバランスの生き物です。

バランスが崩れればどこかにシワ寄せがきて、病気になったり怪我したりするものです。

中学校で野球部に入ろうと小学校5,6年の時に左投げや左打の練習を一生懸命したお陰で、今でも左投が出来ますしバットは左打です。

野球部は2週間だけ練習して、結局陸上部に入りましたが。

大学の空手部時代は左手で箸を持って食べる訓練をしたお陰で、今でも半分は左手で食べています。

ここ10年は、パソコンのマウスや歯ブラシを左手を使っています。

そうやって本来右利きですが、医学的には証明されていませんが、子供の頃から意識的に左手を使ってきたお陰で身体の不調(故障)が少ないのかも知れません。

普通に考えれば、無意識に利き手ばかり65年も使えば相当バランスが崩れるのは当たり前ですし、昨年の脊柱管狭窄症手術後のリハビリで左足が右足に比べて10数%くらい筋力が弱かったのには愕然としました。

あれだけ意識的に左を使ってきたというのに・・・

考えてみればウインドサーフィンも、マーブルビーチで夏しかしないので風は南系なのでビーチスタートはポートタック(左舷)です。

沖へ行く時はポートで岸に戻ってくる時はスターボードタック(右舷)なのでバランスが取れていますが、ビーチスタートだけ偏っている事になり良くないんでしょう。

ドラムはハイハットペダルに置いている左足は割とヒマなので、ツインペダルを使ってHR/HM系で左足も使おうとしましたが、結局あまり出来ずに左足でリズムを取るようにだけ意識しています。

という事で、だんじり鳴り物でアドリブ全開の大太鼓(駆け足4番)はバンドでのリードギターに匹敵するので、このチャボさんのYOUTUBEが非常に参考になろうかと思います。

だんじり鳴り物には基礎練習というものはなく単に実践的な練習だけで(昔は)、YOUTUBEのような基礎練習を積み重ねれば聴衆に訴えるフィルインの多いテクニカルな大太鼓が披露できるのでは。

まぁ何も身体だけでなく、脳ミソの考え方も文系や理系に偏らず万遍なくインプットし文化芸術に触れる事によって、ニュートラルを保て正しく判断できるのではないでしょうか。

そして今日から朝の15分ストレッチの中で、静止ストレッチの左を右より2秒長くして、脇腹強化の片足上げを左を10回多く上げるようにします・・・(汗)。




「トランクルーム貝塚」「スタジオ0724」「貝塚卓球センター」「テレワーク&スタディ貝塚」 「 貝塚不動産.com」 大阪府貝塚市名越661 tel:072-446-0798  mail: info@sasatani.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2021.11.04 17:39:53
コメント(0) | コメントを書く
2021.10.26
カテゴリ:ドラム drum
ドラムのテクニックに「フラム」というのがありますが、実はこのテクニックをだんじり祭りの大太鼓に無意識に使っていました。

それも小学生の頃から。

何故知っていたのか・・・?

50数年前の町内のだんじり祭りに、毎年岸和田から大太鼓を叩きに来ていた人に習ったのです。

今では他町の太鼓を叩くなんて考えられませんが、昔はだんじり祭り本場の岸和田から来たのですから、情けない話「どうぞ、どうぞ叩いてください」みたいな感じでした・・・(笑)。

当時は町内の鳴り物は横笛以外はテキトーで、学ぶべきものは残念ながらありませんでした。

それだけ木島地区5町の中で名越が1番ショボかったのが子供心を傷つけました・・・(涙)。

子供だった私も年に1回の本場の叩き方を学ぶチャンスでしたから、テクニックを盗もうと子供なりに必死でした。

この3,4年の経験が私のだんじり鳴り物の基本だったのです。

時には小太鼓の練習の時に子供にはキツイ駆け足4番の早いテンポを叩く時に、2.、3分も叩けば二の腕が痛くなり止めたくなりますが、そのタイミングでオジサンの師匠から「ココで止めたらあかんド!手ちぎれるまで叩け!」と叱咤され泣きそうになりました。

しかし我慢し続けると、不思議と叩けるようになるのです。

所謂コツを掴むというヤツです。

「これだ!これで1時間でも2時間でも叩けるぞ!」と子供心に叫びました。

平たく言えば、空手でもウインドサーフィンでもあるような「脱力」テクニックという身体の使い方です。

この感覚を子供の時に、だんじり鳴り物で掴んだのです。

それから青年団を卒業するまで10数年、祭になると朝から晩まで何時間叩いても疲れませんでした・・・(笑)。

イヤな事は1分もしないうちに欠伸ができますが、好きな事は長時間ヤッテも疲れない・・・という事です。

この好きな事に集中する経験が大事なのです。

好きな事を見つけられずに長い人生を終える人も多いですが、ある意味好きな事が見つかって良かったのです。

当時は町内だけでは飽き足らず、試験引きの夜などはだんじり小屋を閉められたので、隣村の森や熊取まで、ハタマタだんじり本場の岸和田の中町まで他流試合的に叩きに行きました。

特に中町は、試験引きの休憩時間を見計らって叩かせてもらいました・・・(汗)。

65歳の今でもそれなりに叩けるというのも子供の頃からのキャリアの蓄積ですが、駆け足4番(早いテンポ)を2分も叩き続けると、流石にスタミナが切れますが・・・(笑)。

と言うかYOUTUBEにアップしている動画もそうですが、40歳を超えて青年団とセッションするなんて恥ずかしいので、1杯ビールを飲んでから叩いているのでタイミングが多少ズレているのです・・・(笑)。

しかしフラム・テクニックはちゃんと使っていますし、2分だけ思いっきり叩くと上腕がパンパンにバンプアップしますので、叩いた後にプロテインを飲むのも忘れません・・・(笑)。

酔った勢いで思いっきり太鼓を叩けば余計に酔いが回り、あとでプロテインを飲んでも身体に悪いでしょうねェ・・・(笑)。

という事で、だんじり太鼓の叩き過ぎで、大学に入ってからロックドラムを始めた訳ですが、和太鼓のフィルイン(おかず)が身体に染みついているのか、どうしてもドラムを叩いてもだんじり的(っぽく)になっているのが長年の悩みですが、ウインドサーフィンでもロングボード(ウインドサーファー艇)の乗り過ぎで「後傾ジャイブ」が身体に染み付き、今のショートボードの「前傾ジャイブ」が恐ろしくてなかなか出来ないのも長年の悩みだったのと同じです・・・(笑)。

身体に染み付いたモノというのは脳ミソにもこびり付き、頭ではワカっていても中々「切り替え」ができないモノです・・・(涙)。



「トランクルーム貝塚」「スタジオ0724」「貝塚卓球センター」「テレワーク&スタディ貝塚」 「 貝塚不動産.com」 大阪府貝塚市名越661 tel:072-446-0798  mail: info@sasatani.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2021.10.26 08:30:41
コメント(0) | コメントを書く
2021.10.21
カテゴリ:ドラム drum
弊社リハーサル音楽スタジオ「スタジオ0724」(貝塚市名越661 072-446-0798 トランクルーム貝塚「別館」1階)はWiFi設備が充実しています。

WiFiがあるスタジオなんて実は非常に少ないのが実態で、学校や公共スタジオではまずありません。

WiFiが本格的に普及してまだ数年ですから、それ以前に出来たスタジオではWiFiを導入したくても後付け工事が難しいのです。

もし工事に失敗して針の穴が空いたら、そこから音が漏れますので工事に非常なリスクが伴いますので、WiFi工事に二の足を踏んでいるスタジオが多いと思います。

弊社の場合は、オープン時にWiFi工事をしていますので防音対策はバッチリです。

後で考えれば、このスタジオのフリーWiFi設備が他社との差別化を図るターニングポイントだったかも知れません・・・(汗)。

何故なら、スタジオ会員さん約1700人の70%がWiFiが必須の10代20代だからです。

WiFiがあるお陰で、ツイッターやインスタグラムでスタジオ0724で練習した事を発信してくれているのがスタジオの宣伝に繋がっています。

その現象に便乗して、ドラムのバックにスタジオフラッグを別注で作り、より目立つようにしました・・・(笑)。

これが結構好評なんですねェ・・・

まぁしかし最近そのWiFiを利用して、チャボさんのYOUTUBEドラムレッスンを見ながら、スタジオのヒマな午前中にドラム練習をやっています。

ミキサーにスマホや小型PCを繋ぎ、シンバルスタンドに簡単に取り付けができるスマホホルダーや譜面台に端末を置いて見ながらドラムを叩きます。

ドラム上達にはドラムレッスンをリアルに受講するのが1番イイのですが、時間的にも自由なYOYTUBEをほぼ毎日見ながら練習しているのですが、スタジオ会員さんもこのパターンでドラムを独習する人がメチャ増えています。

他にリアルタイムで、ZOOMによる双方向のオンラインのドラムレッスンを受講する人も最近増えています。

講師も生徒もそれぞれスタジオを利用しますので、オンラインレッスンが増えるという事は、スタジオ需要が増えて弊社にとってもメリットですし、ドラム講師もレッスン生もWiFiを利用する事によってビジネスもドラム上達の可能性がグンと広がったという事です。

これでスタジオもドラム講師もレッスン生も、近江商人の経営哲学のように「三方よし」で社会貢献できて言う事なしです。

スタジオに生ドラムセットとWiFiという自宅ではデキない環境が、スタジオを利用する事によってドラムをスタートさせる敷居をグッと下げるのです。

ホンと、WEBによる時代の流れと楽器レッスンの未来を感じますねェ・・・

40数年前はレコードかカセットテープの耳コピしか出来ずに、結局ナニをどう叩いているか余りわからないまま1年半でケツを割ってしまいましたので、YOUTUBEのように動画で見れることがどれ程素晴らしい事かを実感します。

自宅で音をしながら電子ドラムを練習するより、みなさんWiFiがあるスタジオで生ドラムを「思いっきり」叩きましょう!

という事で、チャボさんのYOUTUBEは生徒目線に合わせたレッスンで、トレーニング動画に合わせてドラム叩く事によって上達に直結するような気がします。

単にリアルなドラムレッスンを受けるだけでは上達は難しく、学校の勉強と一緒で授業だけでは学力向上は難しく、スタジオで「復習(トレーニング)」をしないと上達しません(自宅で復習しないと学力向上が望めません)。

40数年前の夏に、自宅の土蔵で汗だくになりながらモノラルのカセットレコーダーのCCRの「スイートヒッチハイカー」を耳コピしながら叩いていた自分が・・・何とも愛おしいです(笑)。

そしてカッコイイなぁと思うドラマーはホワイトスネイクやフォリナーで活躍したクリス・フレイザーで、彼の動画を見ながらドラムテクを盗み、ついでに英語の勉強もするのです・・・(笑)。

英語の勉強を心理学的にも、自分が興味のある趣味から入るというのもポイントですから。


















「トランクルーム貝塚」「スタジオ0724」「貝塚卓球センター」「テレワーク&スタディ貝塚」 「 貝塚不動産.com」 大阪府貝塚市名越661 tel:072-446-0798  mail: info@sasatani.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2021.10.24 17:26:19
コメント(0) | コメントを書く
2021.05.13
カテゴリ:ドラム drum
5年前から40数年ぶりにドラムを再開してから、ドラムに限らず色んな「ビート」のリズムがどうも気になります。

音楽を聴いても、自然と脳ミソで「一体どうやって叩いているのか・・・?」とスネア、バスドラ、タム、ハイハット、クラッシュシンバル、ライドシンバル・・・とイマジネーションでドラムの叩き方を分析してしまうのです・・・(笑)。

そんな中で、親戚の法事でお坊さんが叩く木魚の叩くビートがどうも気になるのです。

よくよく聞いてみると、木魚のビートサウンドはドラムで言う「裏打ち」なのです。

親戚には浄土宗のお寺関係が多いので、ちょっとした法事となると10人以上のお坊さんの壮大な読経が始まります。

これに和太鼓の中太鼓くらいのバカでかい木魚の「裏打ちビート」で本堂全体が一種独特のグルーヴ感に包まれます。

この雰囲気は、一般の人にはまず経験できないでしょう。

これまでこれが普通と思っていましたが、ドラムを再開した事によって、これが普通でないと悟ったのです。

その法事のリズム隊である木魚担当の旧知のお坊さんに「裏打ちやねェ~」と聞くと、驚いたように「そうなんです・・・そんな事聞くの笹谷さん初めてですよ・・・」と。

この裏打ちビートは浄土宗独特のもので、歴史的に調べてみるとこの「裏打ち」ビートは「間打ち」と言われ、木魚がお経の意味を失わせると言うことに対する浄土宗の対応だそうで、「間打ち」だとお経を切ることがありません。

「間打ち」の反対の「頭打ち(ドラムで言う表打ち)」のように発音と同時に打たないことで、あくまでもお経が主体でありお経の意味を切ること無く唱えられお経に対する配慮らしいです。

正に「裏打ちサウンド」に隠された歴史的な意味合いがあったのです。

空手の型でも一般の人から踊っているようで格闘に役に立たないように見えますが(型の分解すると相手を倒す技が隠されているという意味が分かる)、何でも意味があるのですねェ・・・

という事で、木魚とドラムが結び付く発想なんて誰も浮かびませんが、長く生きてきた中でたまにこのように「ハッと」する事があり、今回の木魚の「裏打ちビート」はその世界にドップリ浸かっていると分からないモノも、あるキッカケで「視点を変えて」見えてくるという好例です。

問題はどこで?そのキッカケを作るかですが・・・やはり私の場合は「40数年ぶりにドラム再開」という行動にあったのです。

やはり当たり前の事ですが、頭の中でグルグル考えるだけではコトは何も起こらず新しいアイデアも湧かないのです。








「トランクルーム貝塚」「スタジオ0724」「貝塚卓球センター」「テレワーク&スタディ貝塚」 「 貝塚不動産.com」 大阪府貝塚市名越661 tel:072-446-0798  mail: info@sasatani.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2021.05.13 15:33:07
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.05
カテゴリ:ドラム drum
先日、日本を代表する「村上”ポンタ”秀一」さんの訃報を聞いて驚きました。

まだ70歳だそうです。

どう考えても、早すぎます。

本当に惜しい人が亡くなって非常に残念です。

「スタジオ0724」のWEBサイトのトップページにある私のピンナップ写真の背景は、実は村上氏のドラムセットなのです。

数年前に泉佐野のライブハウス「音楽倉庫」さんでのポンタさんのライブで撮りました。

普通は演者の前で聴くものですが、主催者の配慮でポンタさんの真後ろの席で聴かせて頂いたのです・・・(涙)。

イヤ~ 目の前50㎝の被りつきで聴く、ポンタさんのドラム演奏に感動しました。

流石だなぁ・・・と。

昔フォークバンドの「赤い鳥」の超有名曲「翼をください」という曲が、フォーク調から急にロック調に変わって驚いたことがありましたが、その時のドラマーがポンタさんだったんですねェ・・・

ポンタさんは生粋のスタジオミュージシャンで、文字通り「一生現役プレーヤー(ドラマー)」を貫いてきた生きざまに感動します。

フォーク、ロック、ジャズ、歌謡曲、演歌、アニメソング、フュージョン・・・幅広いジャンルのレコーディングやライブに関わり、大御所だからと言っても全国各地の小さなライブ会場にも足を運んだという「一(いち)ドラマー」としての行動力にはホント感服させられます。

古い言い方ですが「男はこうありたい(一生現役)」です。

私は差し詰め、一生現役「零細企業経営者」でありたいです。

あくまでも従業員を雇わず企業規模を拡大せずに、5つのビジネスでリスクを分散し景気の波を超えやすいコンパクトにまとめたファミリービジネスに徹するのです。

昨年からボチボチ後継者の娘に仕事を譲っていますが、10年後にほぼ100%代わっても、残り2,3%は死ぬまで仕事に関わりたいです。

という事で、自分では100歳まで生きたいと思っても、いつどうなるか?なんて誰もわかりませんから、いつ病気や交通事故で亡くなっても仕事に支障のないようにするのが私の今のミッションですから、今正に一生懸命「事業承継」しているのです・・・(汗)。




「トランクルーム貝塚」「スタジオ0724」「貝塚卓球センター」「テレワーク&スタディ貝塚」 「 貝塚不動産.com」 大阪府貝塚市名越661 tel:072-446-0798  mail: info@sasatani.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2021.04.05 08:54:28
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.04
カテゴリ:ドラム drum
2年前のブルーノート・ハワイでのBS&T(Blood, Sweat & Tears)のライブで、ドラマーDylan Eliseのドラムパフォーマンスに度肝を抜かれました。

所謂スティック回しというヤツです。

最前列の被りつきで見てましたので、彼との距離は5mほどです。

感動なんて殆どしなくなった年になりましたが、こればかりは感動しましたねェ・・・(笑)。

バンドで目立つのはどうしても前面のギターで、ドラムは後ろの方で演奏して目立たないからこそ、こういったスティック回しのようなパフォーマンスの練習をしておくと観客にもドラマーの熱意が伝わるでしょうし、単にドラムの8ビートを叩く練習する以外に、こういった「遊び感覚」を取り入れる事によってドラムがより一層楽しくなると思います。

所謂、芸の幅が広がるのです。

そうなれば、ライブへの意欲も高まるでしょう・・・

BS&Tはアメリカで1960年代後半から1970年代にかけて活躍したシカゴと同じジャズ系のブラスロックバンドで、デビュー当初の "Spinning Wheel"の世界的大ヒットで有名ですが、何十年も来日公演もなくメンバーチェンジも頻繁に行われていますので、このドラマーDylan Eliseを知る人は殆どいないと思います。

そんなこんなで、ごくごく最近私もこの「スティック回し」にチャレンジしています。

今は便利な時代で、何もどこかに習いに行く必要はなく、チョットした事ならYOU TUBEで十分です。

まぁ、「やろう!」と思えば、年なんか関係ありませんからね。

主に両手の指と手首の運動ですのでボケ防止に繋がるでしょうし、何よりコレが出来たらカッコいいでしょう・・・(笑)。

カッコいいモノを求めるのは何も若者の特権ではなく、ジイサンでも求めたがるのは人間の悲しい?サガです・・・(笑)。

Dead DaisiesのGFRのカバーを叩くClufetosのスティック回しが何ともカッコイイ!

だんじりの和太鼓もドラムで、セッション的に小太鼓がベースで大太鼓がリードギターの役目を果たしアドリブが命ですが、テクニック的にフィルイン(テクニック)が殆どなく単純なので、リズムさえ狂わなければ年とっても駆け足4番をテクニック的に引力の法則を上手に利用すればパワーを引き出せ何とか合わせられますが、ドラムは両手両足を駆使したフィルインを沢山覚えなければサマにならないところが魅力であり(奥が深く)難しいところです・・・(汗)。

という事で、最近はドラム練習中にスティックを落としたり、ウインドサーフィンでも沖へ1往復するだけで腕がパンパンに張れ握力低下を自覚します・・・(涙)。

すべて加齢による二の腕から手首~指の握力低下が原因ですが、これがなかなか鍛えるのが難しいのです。

毎朝の20分足らずのストレッチタイムの中で拳立て伏せ20回の後で、肘を10度くらいしか曲げない浅い指立て伏せを10回しかしていませんので、鍛えるほどまでには至っていません。

このスティック回しの練習で「ボケ防止」だけでなく、握力維持でドラムとウインドサーフィンにも効果を期待できるか・・・?








「トランクルーム貝塚」「スタジオ0724」「貝塚卓球センター」「テレワーク&スタディ貝塚」 「 貝塚不動産.com」 大阪府貝塚市名越661 tel:072-446-0798  mail: info@sasatani.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2021.04.10 18:15:01
コメント(0) | コメントを書く
2020.06.22
カテゴリ:ドラム drum
このところ毎朝、ドラムとギター交互の練習で忙しいです・・・(笑)。

ギターは全くの初心者なので、コードを抑える指の訓練がボケ防止に繋がりそうです・・・(笑)。

一方ドラムの方は、レッスンから半年以上遠ざかっていますので、音楽に合わせて完コピをしたり、自分勝手に適当に叩く「フリードラミング」が中心です。

フリー・ドラミングと言っても、これまでレッスンで習ったテクニック(フィルイン=おかず)を中心に、アレコレ適当に混ぜるのです。

これが結構オモシロいんですねェ・・・

全く初めての有名ドラマーが叩いている完コピを見よう見真似しながら、これまでレッスンで習ったテクニックも取り入れながら叩くのです。

何百何千曲も聴いていると、似たような叩き方を発見すると「ヤッター!」となのです。

そして、自分オリジナルの叩き方を編み出すのです。

何のことはない、プロドラマーのような難しいテクニックを駆使できませんので、自分の実力に応じて適当に合わせて叩くだけです。

しかし、これは自分的には大満足です。

それでイイのです。

それをレッスン曲にして1から教えてもらい、新しく難しいテクニックを習得を目指すのです。

要は、コレの積み重ねです。

13年前に宅建士の試験を受けましたが、癖の強い国家試験なので(受験者数が多いので落とす試験、毎年受験者数約20万人で合格率約16%)受験テクニックを覚える為に「過去問」ばかり何十回も読んでいました。

とにかく過去問を繰り返し「読むだけ」の受験勉強でした。

当時毎日12時間仕事していましたので絶対的に受験勉強に費やす時間が不足し、いちいち考えて過去問を解くのは時間的にも絶対NGだったのです。

試験に合格するのが目的で、宅建士としての本当の実力養成は合格後の実務経験の積み重ねなのです。

ドラムも一緒みたいなもので、とにかくテクニックのフィルインを繰り返し覚える事が第一です。

だんじりの和太鼓は割と単純で、大太鼓にフィルインがあるくらいで、小太鼓や鉦や横笛は演奏方法は決まっています。

和太鼓はフィルインよりもパワー養成とリスト強化の方が大事で、水平打面の大太鼓は上腕三頭筋と大胸筋、垂直打面の小太鼓は上腕二頭筋と三角筋を鍛えるのが効率的なので、たまたま当時頻繁にやっていた空手の準備運動である「拳立て伏せ」が有効だったのです・・・(笑)。

まァ言い方を替えれば、個性を出せるのは大太鼓だけです。

ドラムでもフリージャズなんか、100%個性丸出しです。

思い出すのは、中学時代の陸上部の走高跳です。

背が低かったので一般的な正面飛びではなく、「何とかしてもっと高く飛びたい」という願いから自宅のダブルベッドで母親のお越しの紐をバーに見立てて「違った飛び方」研究の極秘練習を重ねました。

当時は学校の砂場には着地用のマットが無かったので、着地で手を突っ張るのはNGでしたので、受け身も一緒に考えなければなりませんでした。

前年がメキシコオリンピックで、世界初の全くこれまでの常識を覆した背中から跳ぶ「背面飛び」でフォスベリーが男子走り高跳びで優勝し、世界中を熱狂の渦に巻き込みました。

その影響で「ワイも何か新しい跳び方で・・・」というのがあったのです。

何ヶ月か経って、ついに自分オリジナルの飛び方が完成しました。

ベッドを壊してしまって、親父からこっ酷く怒られましたが、怒られた甲斐がありました・・・(笑)。

そして、それを部活での砂場で初披露したのです。

自分でも、実際どんな飛び方になるのか心配だし不安でした・・・(笑)。

結果、それなりに飛べて大満足でした。

フォームも自分で言うのも何ですが、なかなかカッコ良かったです。

フォーム的には「ぎっちょ(向かって右からの助走)のベリーロールみたい」な感じでした。

そして学内の陸上大会の1年の部で走高跳で優勝し、大いに自信を得たのでした・・・(涙)。

ドラムも和太鼓も走り高跳びも自分なりに「妄想力」を総動員し、試行錯誤の上で自分オリジナルなスタイルを築く事が何より大事で、結果的にそれが社会人になって勉強よりも役立つのです・・・(笑)。

勉強も大事ですが、遊びも大事というのはソコだったのです。

しかし遊びが大事だなんて、若い頃は知る由もありませんがねェ・・・(笑)。

学校では妄想力を学べませんが、音楽には経営と同じように妄想力が必要なのは、ゾゾ創業者の前澤さんがプロでバンド活動していたり、元ソニー社長の大賀さんが声楽家だったりと、結構ミュージシャンと経営者の二足草鞋を履いている人が多いと思います。

という事で、各日のフリー・ドラミング練習でアレコレ妄想力を掻き立てる事によって、それを是非ビジネスに結び付けたいと思います・・・(笑)。






「トランクルーム貝塚」「スタジオ0724」「貝塚卓球センター」「テレワーク&スタディ貝塚」 「 貝塚不動産.com」 大阪府貝塚市名越661 tel:072-446-0798  mail: info@sasatani.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2020.06.25 14:18:51
コメント(0) | コメントを書く

全22件 (22件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.