000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

     トランクルーム貝塚のオヤジ奮戦記

PR

全111件 (111件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >

テレワーク&スタディ貝塚

2022.05.26
XML
ありそうでなかったシリーズ第85弾は「テレワーク室のエアコン」です。

弊社「テレワーク&スタディ貝塚」(貝塚市名越661 072-446-0798 トランクルーム貝塚「本館」1階)にはエアコンを設置していません。

エアコンがなくても夏は扇風機、冬はヒーターで十分快適に勉強や仕事ができるほど、トランクルーム館内の温度が夏は涼しく冬は暖かいのです。

正にトランクルームとして理想の荷物の保管環境ですし、チョッとアレンジ(扇風機、ヒーター)するだけで別の用途(テレワーク&自習室)に使えたのです。

この辺が、年間の温度差が激しい屋外型のコンテナ型トランクルームと違い、同じトランクルームという名称でも全く別物だったのです。

まぁ逆に言うと完全個室ですので、各部屋にエアコンを設置すれば全く採算が合いませんし、トランクルームが忙しい時はテレワーク室をトランクルームの部屋に戻しますので、エアコンが邪魔になるのです。

なのでエアコンなしの前提条件で、このビジネスをスタートしましたし、利用料金が安い(6時間1000円、18時間2000円、1か月20000円)のもエアコン無しだからです。

エアコンというイニシャルコスト(&ランニングコスト)が掛かっていないので、安い料金設定が可能だったのです。

それより先ずは「テレワーク室=エアコン必要」という一般常識に囚われない事が、何より大事でしょうねェ・・・

常識・・・誰が作った?のかは知りませんが、ビジネスにおいては先ずは「疑う」必要アリで、脳ミソをニュートラル(フラット)にしなければなりませんので、経営者の頭の柔軟性が問われます・・・(汗)。

1つの部屋を状況によって臨機応変にトランクルームにしたりテレワーク室にしたり・・・船場の扇子商法のように変幻自在に転用するのが弊社「トランクルーム貝塚」の経営スタイルだったのです。

元々のこういった発想は、織物時代の1台のエアージェット織機を衣料から資材まで変幻自在に「多品種小ロット生産」で変化させてきた経験からです。

父親の時代のように流行に関係のない寝装寝具関連の織物(和布団用サテン生地)や西ドイツ輸出向けの50単ポリエステルローンを伊藤忠100%の賃織り(委託生産)で年がら年中織っていたら技術的にも楽でしたが、易きに流れて脳ミソが凝り固まって柔軟性がなくなり、織屋を廃業しても時代に対応できなくなっていたでしょう(トランクルームに転業できなかったでしょう)・・・

急に頭を柔らかくしてモノゴトを考えよと言われても、長年の習慣による「脳ミソの思考パターン」は変えられないモノです。

という事で、テレワーク需要もチョッと落ち着いてきたのか、弊社テレワーク室が9室すべて埋まる事はなくなりましたが、その代わり日本全体的に自宅でのテレワーク化が浸透したのか、自宅内を整理した結果(テレワークスペースを確保するため)、本業であるトランクルーム需要が高まって来たのが何よりです・・・(汗)。

世の中の「スペース(場所)問題」はトレードオフの関係だなぁ・・・というのが、このトランクルームとテレワーク室という商売をやってきた実感です。

このような織物時代には分からなかったエンドユーザーの動きが分かってくるのが、ビジネス(起業)のオモシロいところです・・・(笑)。

ただ現在進行形で将来的にも人口減によるイロンナ業界が絡んでいる「スペース(場所)マーケット」そのものが縮小する可能性がありますので、その売上減をカバーするために新しいビジネスを今から手探りで探さねば・・・(汗)。

     





「トランクルーム貝塚」「スタジオ0724」「貝塚卓球センター」「テレワーク&スタディ貝塚」 「 貝塚不動産.com」 大阪府貝塚市名越661 tel:072-446-0798  mail: info@sasatani.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2022.05.26 15:26:51
コメント(0) | コメントを書く


2022.03.28
なさそうであったシリーズ第2弾は「泉州へのビジネス出張でテレワーク室(スタジオ)利用」です。

弊社のテレワーク室(テレワーク&スタディ貝塚)も音楽スタジオ(スタジオ0724)も、利用客はもちろん地元泉州の在住の方が殆どです。

しかし、たまに東京などから泉州エリアにビジネスで出張に来られて地元のホテルに泊まり、ネットで検索して弊社のテレワーク室やスタジオを利用される方も実は少なくないのです。

ポッと空いた時間に弊社のテレワーク室や音楽スタジオを利用されるビジネスマンが増えているのです。

弊社のテレワーク室は完全個室でWiFiもありますので本社とのテレビ会議や残務処理ができ、土日を挟んだ長期出張では音楽スタジオに持参のスティックで満足のいくドラム練習が出来るという寸法です。

ポッと空いた時間というのがポイントで、その時間をテレビを見たりパチンコに行っては時間が勿体ないと考える人も多いのです。

まぁ、こんな想定外の需要にこっちが驚きます。

ビジネス出張と一口に言っても、短期の1日だったり6か月といった転勤に近い長期の出張もあります。

私も20代のサラリーマン時代は、鳥取県と島根県の建材店(問屋)やホームセンターに自社商品の営業活動で2,3か月に1回は月曜から土曜まで1週間の予定で一人で出張に行ってました。

出張に行くと、これが夕方から暇なんですねェ・・・

当時は地方の商店街は午後8時には店が完全に閉まっていましたし、ロードサイドにファミレスなんてありませんでしたので。

会社に内緒で夏は海パン持参で、仕事の都合でポッと空いたスキマ時間に、懇意にしていた取引先の地元のホームセンターオーナーのウインドサーファーに教えてもらったエメラルドグリーンのシークレットビーチや弓ヶ浜に泳ぎに行ったりしました・・・(笑)。

そうやって余り面白くない仕事の合間を縫って自分なりに楽しみを見つけたり、TUBEの歌のように大阪から山陰地方までの長時間のドライブのお供に、社則でカーステレオ禁止でしたので自前のカセットデッキと大量のカセットテープを営業車に詰め込んで好きな音楽を聴いていたのです・・・(笑)。

という事で、今のビジネスにおける集客は主にネットですが、ターゲットとするゾーンを狙って公式WEBサイトを中心に、このブログやSNS(フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、ライン)で毎日イロンナ事を発信して、グーグルのアルゴリズムをキッチリ頭に入れSEO対策を念頭に「引っ掛かるキーワード」をネット上に散りばめています。

これが弊社の具体的な戦略で、漁業のエサや農業の種を撒くのと同じ理屈で、こんな地味な作業を毎日コツコツと続ける事によって大漁や豊作を願うのです・・・(汗)。

毎日・・・とにかく毎日続ける事によって、1年経って「チョッと」驚くような事が起こり、5年続けると「アッと」驚くような奇跡が起きるのです。



「トランクルーム貝塚」「スタジオ0724」「貝塚卓球センター」「テレワーク&スタディ貝塚」 「 貝塚不動産.com」 大阪府貝塚市名越661 tel:072-446-0798  mail: info@sasatani.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2022.03.28 16:19:03
コメント(0) | コメントを書く
2022.03.07
ありそうでなかったシリーズ第46弾は「トランクルーム利用OK」のテレワーク・スペース(自習室)です。

弊社「テレワーク&スタディ貝塚」(貝塚市名越661 072-446-0798 トランクルーム貝塚「本館」1階)の利用目的は仕事や勉強の為ですが、完全個室なのでトランクルームとしてモノを置いたりも可能です。

元々トランクルーム部屋で床面積が2.2畳あり、室内高3.5mの2.1mのところにロフト(棚1.5畳分)が設置されているからです(容積12.6㎥)。

仕事(勉強)しながら、ロフトの上に家財道具や書籍を保管が可能です。

言葉を換えれば、正に「トランクルームとテレワークのコラボ」です。

もちろん、こんなシステムは日本初です。

トランクルーム契約では室内で仕事や勉強をするのは不可ですが、テレワーク室としての契約ならロフトの上に荷物を置くのは可能です。

ココです・・・ポイントは。

同じスペースでも若干アレンジすれば(机、椅子、照明、ヒーター&扇風機、WiFiを設置すれば)、2つの解釈があり、2つの違ったレンタル契約ができるのです。

船場の扇商法のように需給状況に応じて、同じ部屋をトランクルーム契約したりテレワーク契約したり変更し、歩留まりを1%でも上げ売り上げの最大化を図る「二刀流戦略」だったのです。

「ここはトランクルームの部屋しかない!」という固定概念を取っ払わなければ、ビジネスが進化しません。

大事なのは、常に脳ミソの中の「自分が勝手に作った無意識の既成概念」をぶっ潰す事です。

大袈裟に言えば、脳ミソをコントロール克服する事で、それがデキたからこそトランクルームの中に他に音楽スタジオ(卓球場)も作る事が出来たのです・・・(汗)。

モノの考え方で「これしか、しゃーない(仕方がない)」というヤル気や自主性の無さを露呈するネガティブ発想では経営者失格です。

自分が「舵取り」というオーナー経営者はポジティブ発想なのは当たり前で、これが出来無くなれば潮時という事で、後継者の娘にいつでも代われるように2年前から着々と準備をして、もういつ私が引退してもOKですが、更に経営基盤を強化しよう・・・と。

私の場合25年前に心臓病を患っていた父親の急死で突然の社長交代で、引き継ぐのに殆ど何も教えられておらず相当苦労しましたから、そんな事のないように私が元気な今のうちにこれまで培った経営ノウハウの全てを・・・と(汗)。

という事で、人間能力(知力、体力)と一緒で、限りある資産を有効利用しようとする気持ちでイロイロ考えた結果、織物工場 → トランクルーム →テレワーク室(自習室)だったのです・・・(汗)。

ちなみにテレワーク室にあるロフト(棚)は全て私が作りましたのでコストは材料代だけで、幅180㎝の折り畳みデスクは主に織物時代に使っていたのを流用していますので、このようなリーズナブルな料金設定が可能だったのです。







「トランクルーム貝塚」「スタジオ0724」「貝塚卓球センター」「テレワーク&スタディ貝塚」 「 貝塚不動産.com」 大阪府貝塚市名越661 tel:072-446-0798  mail: info@sasatani.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2022.03.08 05:16:37
コメント(0) | コメントを書く
2022.01.27
日本のコロナ感染状況が今第6波のピークに向かっているようで、企業も再びテレワークを推奨しているところが多いようです。

企業のテレワーク化が進み、昨今都市郊外のアチコチにレンタルオフィスやシェアオフィスがオープンしていますが、弊社「テレワーク&スタディ貝塚」(貝塚市名越661 072-446-0798 トランクルーム貝塚「本館」1階)のような「完全個室」と違ってオープンスペースが多いようです。

オープンスペースだと、コロナの空気感染リスクがあります。

コロナ下でテレワーク目的で東京や大阪を中心にシェアオフィスやレンタルオフィスが増加していますが、不思議な事に弊社「テレワーク&スタディ貝塚」のような完全個室が殆どなかったのです。

自宅以外で仕事や勉強をするスペースとして、カフェや公立図書館以外に民間ビジネスで名称はレンタルオフィスやシェアオフィスやレンタル自習室が増加している事は、新しいビジネスの同業者が増える事によって知名度が広がりますので大歓迎です。

そのオープンスペースが殆どの中で、マイナーで少数派の弊社「テレワーク&スタディ貝塚」のような「完全個室」が逆に目立ちます。

ちょうど泉州エリアのトランクルームの90%が屋外型コンテナで、弊社のような屋内型(ビルトイン)が少数派というのと同じです。

コロナ感染リスクを1%でも減らしたいなら、多少お金を支払ってでもオープンスペースより個室を選ぶのが人情です。

いつの世も、少数派が注目されるタイミングがあるもので、ちょうどコロナでその時期が来たと言えるかも知れません。

コロナでなければ、完全個室が注目されることもありませんでした。

というか、テレワークや在宅勤務もこれほど浸透しなかったでしょう。

ワカランもんです・・・世の中なんて。

テレワークが急速に広まった影響で、ボックス型のテレワーク室が駅のプラットホームに設置されたり、住宅設計にもテレワークスペースが急遽組み込まれたり、家具メーカーもテレワーク用の新商品が発売されたり、電車離れで自転車業界が活況を呈したり・・・世界の産業界全体がアチコチでボチボチ変化しつつあります。

要はコロナによって「昼間人口がどこに移ったか?」です。

バクっと言えばオフィス街の都会から住宅周辺の郊外に昼間人口が移ったという事で、それによって多くのビジネスが変化を強いられているのです。

そういう大きな時代の流れに逆らわないように生きていかなくてはなりません・・・(汗)。

大事なコトは「世の中はゼロサムゲーム」だという事で、排除や消滅やM&Aされないように踏ん張らねばなりません。

まぁしかし、先日ソニーがEV自動車に新規参入を発表したのもある程度予想できましたが、インドアビジネス(テレビ、ゲーム)を展開しているメーカーが、外で車を運転するというのを強いてアウトドアビジネスと捉えるなら、どこまで昼間人口(時間)の争奪戦をやるのか?とボーダーレス戦争がこれから世界中で本格的に始まるのかと恐ろしくなります。

もうこれからは大きな事業をする事もなく、手堅く無借金経営を貫きファミリービジネスを守っていくだけですから、政治や行政に期待せずに自力本願でボチボチ確実に既存の5つのビジネス(トランクルーム、音楽スタジオ、卓球場、テレワーク室、事業用不動産仲介業)の深掘りをしながら「ニッチな新しいビジネス」を探して足元を固めていくだけです。

という事で、何も確信もなく5年前にトランクルームの空室対策として始めた「テレワーク&自習室」が世間でチョッとだけ注目されて驚いています。

今週日曜1月30日23:30から「ナニコレ珍百景」のスピンオフ番組のCS放送テレビ朝日1チャンネルの「ゲキレア珍百景」で弊社「スタジオ0724」も放映されますが、取材では「テレワーク室」も撮影されましたので、これもチョッとだけ出るかも知れません。



「トランクルーム貝塚」「スタジオ0724」「貝塚卓球センター」「テレワーク&スタディ貝塚」 「 貝塚不動産.com」 大阪府貝塚市名越661 tel:072-446-0798  mail: info@sasatani.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2022.01.27 10:00:25
コメント(0) | コメントを書く
2022.01.14
ここ1週間で日本全国でコロナが急拡大し、第6波に入ったようです。

高校や大学の受験勉強も最後の追い込みに入ってますが、コロナ感染を防ぐには弊社「テレワーク&スタディ貝塚」(貝塚市名越661 072-446-0798 トランクルーム貝塚「本館」1階)のような完全個室のレンタル自習室が1番です。

昨日の読売朝刊に掲載されていた高校の自習室では、大空間を隣の人と小さな仕切りでただ仕切っただけでコロナ対策としては不十分なのは明らかですが、これが殆どの公立図書館や塾の自習室や民間のレンタル自習室の実態です。

弊社レンタル自習室(テレワーク室)のような完全個室は大阪では殆どありません。

と言うか、民間のレンタル自習室自体、泉州では殆どありません。

いずれにしてもコロナに感染すれば受験に大きく響きますし、見落としがちなのは家族との隔離です。

もし家族にコロナ感染者が出ればうつる可能性があり、それを避けるためにも「別の場所」での受験勉強がコロナ感染を1%でも下げるでしょう。

そこまで考える必要がないかも知れませんが、受験という人生の大イベントに少しでも万全を期して向かうのが本人にとっても家族にとっても1番しなければならない事です。

手指のアルコール消毒とマスクはコロナ対策の基本中の基本ですが、それにプラスして「隔離された勉強部屋」としての完全個室のレンタル自習室が受験勉強で大きな武器になるのではないでしょうか。

という事で、私自身の受験体験談を話せば、大学受験はテキトーにやっていたお陰で浪人しても二流大学しか入れませんでしたが、50歳で受験した「宅建士」は妻子を養わなければならなかったのでそれこそ必死のパッチでした。

トランクルームを起業したものの当初は全く軌道に乗ってなかったので、他社で1日12時間現場労働をしながら受験9か月前から仕事をしながら毎朝2時に起きて1日3時間勉強していましたが、受験本番1週間前は仕事を休んで脳ミソが爆発する一歩手前まで自宅の2畳の自室に1日18時間こもって勉強しました・・・(汗)。

「すべればサッサと方向転換し、2度と宅建受験はしない!」と自分を背水の陣に追い込み、一発勝負を賭けました。

過去問をイチイチ考えて解いている時間がないので、10年間の過去問は傾向が掴みにくいと「最近の3年間に絞り過去問を読んで、直ぐに答えを読む・・・とにかく「読む事」に徹し、コレを何十回と繰り返す」という正攻法から外れた戦略に方向転換したのが功を奏しました。

その最後の追い込みが功を奏して、かろうじて50点満点中37点でナントか合格できたのです(当時は35点がボーダーライン)・・・(汗)。







「トランクルーム貝塚」「スタジオ0724」「貝塚卓球センター」「テレワーク&スタディ貝塚」 「 貝塚不動産.com」 大阪府貝塚市名越661 tel:072-446-0798  mail: info@sasatani.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2022.01.15 05:56:05
コメント(0) | コメントを書く
2022.01.09
ありそうでなかったシリーズ第19弾は、「電話OK!」のレンタル自習室(テレワーク室)です。

そもそも泉州でレンタル自習室(テレワーク室)なんて殆どありません。

あるとすれば、公共図書館の自習室くらいです。

やはりレンタル自習室(テレワーク室)というのは郊外(ベッドタウン、地方)にはなく、人口や会社が集中する大阪市内や堺市くらいしかないのです。

そんな郊外にある弊社「テレワーク&スタディ貝塚」(貝塚市名越661 072-446-798 トランクルーム貝塚「本館」1階)は完全個室なので、室内での電話はOKです。

一般的なレンタル自習室や公共図書館の自習室は、大きなデスクをただ仕切りで区切っただけですので、隣人の息づかいまで聞こえますので電話なんか明らかにNGですし、オンラインなんかトンデモないというのが現状です。

と言うか、公立図書館にWiFi回線が殆どないのでスマホやパソコンは使いにくいです。

まぁ仕切りすらない自習室(図書館)が普通です。

ところが弊社「テレワーク&スタディ貝塚」は完全個室なので、電話をされても何の問題もありませんし、秘密厳守のオンライン会議されてもOKです。

館内に複数の防犯WEBカメラ(SDカードに自動録画)がありますので、テレワーク室のドアに聞き耳を立てる事も出来ません。

昨今、誰もが困っているコロナ対策にも効果を発揮します。

「電話OK」「コロナ対策」「情報漏洩対策」・・・この辺が弊社「完全個室」の大きなメリットです。

この完全個室というのも非常に珍しく、大阪でも殆どありません。

と言うか、完全個室というスタイルそのものが全く別物です。

最初から「完全個室」のアピールを狙った訳ではなく、6年前のオープン当初はトランクルームの「空室対策」で始めたのです。

トランクルームの部屋数(ユニット数)が171室もありますので、なかなか満室にならなかったので、苦肉の策として大学受験の天王寺図書館の自習室で勉強(昼寝?)していた浪人時代を思い出し「自習室はどうだろうか?」とスタートしたのです。

天王寺界隈は当時は治安が悪く、図書館の自習室の隣の机で臭い浮浪者が昼寝していたり、肘や足が当たったとかで隣の浪人生と喧嘩しそうになったりすると1日が憂鬱で勉強になりませんでした・・・そんなイヤな思い出を思い出し、「もっとより良い環境の完全個室ならいけそうだ!」とピンと来たのです。

そのたった10秒の閃きで、レンタル自習室の起業を決めたのです。

浪人をやってヨカッタなァ・・・と(笑)。

人生って、そんなモンです。

28年前に貝塚市のお隣の泉佐野市に関西空港ができたお陰で、関連事業が沢山出来たのが幸いして東京などからの泉州エリアへの転勤や出張が増えています。

これってこれまでに無かったマーケットです。

その中で出張者が取引先へ訪問時間で「ポッと空いた時間」があるもので、そのタイムラグをどうしようか?というマーケットがあるのを発見しました。

平たく言うと取引先への訪問時間まで「時間を何処で?どう潰そうか」というマーケットです。

このご時世なので、出張と言えど無駄に時間を潰す事はNGなので、「どこで誰にも邪魔されずに仕事(昼寝?)ができるか」というのが切実な問題として浮上してきます。

ここでクローズアップされるのが「どこでWiFiがあって静かに仕事ができるか?」です。

ネットで調べると「テレワーク&スタディ貝塚」が上位に検索されるように、既にSEO的に手を打ってあります。

まだまだ泉州エリアのカフェでWiFiがあるところが少ないのが功を奏し、弊社にSOSの電話が掛かってくるのです。

ホンと、こんなニッチマーケットがあるなんて想像を超えています・・・(驚)。

40年前の話でもう時効ですが、サラリーマン時代に2,3か月に1回1週間かけて鳥取県と島根県に出張に行っていましたが、夏場のそんなタイムラグの時間に海パンを持参して弓ヶ浜や島根の宍道湖北のエメラルドグリーンのシークレットビーチに海水浴に行っていた事を思い出します・・・(笑)。

織物時代も毎週金曜日に大阪本町(船場)に営業に行っていましたが、夏場の昼間のコンクリートジャングルの暑さは異常で、取引先への訪問のタイムラグに1日に何回もカフェチェーンで過ごしていましたが、毎回アイスコーヒーだと胃に悪いので時々昼からビールを飲んでいました・・・(笑)。

夏だとカフェから外に出ると直ぐに汗が噴き出し、ビール1本程度の酔いは一瞬で醒めます。

そうやって昔から、タイムラグというスキマ時間を利用して仕事とストレスを上手にコントロールしていました。

という事で、還暦近くになって青春時代を思い出し、バンドでドラムをやっていたのを思い出し音楽スタジオを始めたり、浪人時代を思い出しレンタル自習室(テレワーク室)を始めたり・・・子供の頃にカーチンと隣村の清児の公民館で卓球で遊んでいたのを思い出し卓球場を始めたりと・・・笑っちゃいます。

遊びを商売に結び付けるなんていう奇抜な発想は劣等生だから出来た発想で、資源が何もない日本がこれから生き残るにはメーカーや科学者(研究者)に頑張ってもらわなければなりませんから(理系分野の双肩にかかっている)、決して私の軽薄な?マネなんかしないでくださいね・・・(笑)。

     





「トランクルーム貝塚」「スタジオ0724」「貝塚卓球センター」「テレワーク&スタディ貝塚」 「 貝塚不動産.com」 大阪府貝塚市名越661 tel:072-446-0798  mail: info@sasatani.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2022.01.09 17:57:17
コメント(0) | コメントを書く
2021.12.29
普段は公立図書館で受験勉強されている受験生は年末年始は休館日なので、勉強する場所がないので困ります。

自宅だとどうしても甘えてしまうので受験勉強になりません。

高校や大学受験以外に、弁護士、司法書士、社会労務士、税理士、宅地建物取引士、1級建築士といった「独占業務の国家資格」が人気です。

「独占業務の国家資格」というのがポイントで、私も宅建士とともに所持しているファイナンシャルプランナー(AFP、2級技能士)や不動産コンサルティングマスターは「独占ではない」ので、苦労してとっても案外活用するチャンスがなかったのでコスパはイマイチのように思います。

そういう意味で、私も持っている毎年20万人が受験する国家資格人気NO1の「宅建士(宅地建物取引士)」は合格率が15%と低いですが、落す捻った問題ばかりですので東大卒でも油断すればスベル試験ですが、中卒でも傾向を掴めば十分合格できる試験で、合格し業者の免許も取れば自分一人で不動産契約を締結できますので、やりように依ってはコスパ最高だと思います。

それほど難しい試験ではない割に、資格活用の仕方によって大きな収益が得られる可能性があるという事です。

医者や歯科医や薬剤師は私立大学6年間で何千万円も授業料が掛かりますが、私みたいに独学で宅建士受験予備校に通わなければ授業料が一切掛かりませんから。

まぁしかし、その辺のところを自分なりによく考えて資格勉強をしないと、時間と金のムダになってしまいます。

大企業なんかは社内でしか通用しない昇級試験で昇進を競わせていますが、これも会社を辞めれば社外では全く通用しませんし、それら資格全般を総合して考えると、決して受験産業(マーケット)や社内の昇級制度の甘い言葉に引っ掛ってはダメで、本質を見極めるのが大事だと思います。

やはり同じ時間と金を使うというコスパを考えれば、日本どこでも通用する「独占業務の国家資格」を目指すべきでしょうし、更に国際的に通用する仕事のスキルアップを目指すなら英語力もつけなくてなりません。

まぁいずれにしろそういった受験生に好評なのが、年中無休の弊社「テレワーク&スタディ貝塚」(貝塚市名越661 072-446-0798 トランクルーム貝塚「本館」1階)です。

ライバルの受験生がおとそ気分で遊んでいる時こそ勉強をして、少しでもライバルに差をつけて下さい。

私も50歳の時に宅建士にチャレンジしましたが、試験本番1週間前は自宅の自分の3畳の狭い部屋に閉じ籠って、1日18時間必死のパッチに勉強して一発で合格しました。

ダラダラ受験するのは心身に悪いと、「受験するのは、後にも先にもコレっきり(今回だけ)!」と割り切り(自分に言い聞かせ)、自分を背水の陣に追い込み、SM的に眠くなれば正拳で頬をフック気味にドツいて脳ミソを揺らし目覚めさせるのでした・・・(笑)。

そんな思いもあり、完全個室というのは非常に有効だと思うのです。

という事で、まだ空きがありますので今すぐご連絡下さい。

そして、不動産仲介業以外の「トランクルーム貝塚」も「スタジオ0724」も「貝塚卓球センター」も、文字通り年中無休で営業していますので是非年末年始もご利用ください。

     





「トランクルーム貝塚」「スタジオ0724」「貝塚卓球センター」「テレワーク&スタディ貝塚」 「 貝塚不動産.com」 大阪府貝塚市名越661 tel:072-446-0798  mail: info@sasatani.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2021.12.30 04:54:39
コメント(0) | コメントを書く
2021.12.17
ありそうでなかったシリーズ第四弾は、「完全個室」のテレワーク室(レンタル自習室)です。

そもそもテレワーク室(レンタル自習室)は、トランクルームや音楽スタジオ同様に人口が多く会社が集中する都会型ビジネスです。

弊社「テレワーク&スタディ貝塚」(貝塚市名越661 072-446-0798 トランクルーム貝塚「本館」1階)のように郊外でそういった都会型ビジネスを展開すること自体無理があるのですが、「需要はゼロではない」という信念の元にヤッテいるのですが・・・(汗)。

逆に都会型ビジネスを田舎でやっている事で、競合が少ない事がSEO的に有利に働くというメリットがあったのです。

ココです・・・ポイントは。

ネット集客に重点を置いていますが、そのコストを業者に依頼せず(ロイヤリティや手数料不要の中抜きをする)に自力によってゼロにもっていく努力が必要です。

一般的には人口が多いところにメジャーなビジネスを展開したがりますが、起業しても10年以内に95%は倒産廃業するという現実を冷静に分析すれば、人口が少ないところにマイナーなビジネスを展開する事がセオリーからするとNGですが、実行する人が少ないので零細企業ならビジネスが成り立つ可能性はあるかも知れないのです。

だから弊社は5つ(トランクルーム、音楽スタジオ、テレワーク室、卓球場、不動産仲介業)ともファミリービジネスに徹して従業員を誰も雇っていませんので、どうにかこうにか商いを続けていられるのです。

「1人でどうにかこうにはヤッテいける」レベルというのがポイントで、儲かる商売となれば他社がドッと新規参入してきますから。

やはり最大のコスト要因は人件費です。

零細企業経営は人を雇わないビジネス、業者に任せない「自主独立」のビジネス(ロイヤリティや手数料不要の中抜きをする)を探さなければなりません・・・(汗)。

冷や汗を含めた自ら汗をかく・・・自分の能力を高め引き出しそれに頼ったビジネスモデルです。

「ビジネスは戦争であり、食うか食われるか!」をサラリーマン時代に身に沁みましたが、所詮サラリーマンでしたので会社が倒産しても何も自分の懐は痛みませんが、家業に戻って自分がファミリービジネスの経営者になれば話が全く違うのです。

この違いを身をもって経験した事だけで、サラリーマンの4年間は無駄ではなかったのです。

という事で、大阪には大阪市内を中心に、テレワーク室(レンタル自習室)は沢山ありますが、不思議と「完全個室」のテレワーク室は殆どありません。

泉州ではテレワーク室そのものが殆どありませんので差別化も何もありませんが、「需要はゼロではない」というポリシーで4年前からやっていますが、昨年からのコロナ感染予防として「完全個室」がたまたまクローズアップされました。

やっている事はコロナ前もコロナ後も全く同じですが、周りの環境の変化で見る目が変わっただけです。

そんな事に浮かれる事無く、マーケットの状況に応じてテレワーク室(卓球場、音楽スタジオ)需要が増えれば部屋数を増やし、減ればトランクルームに戻すだけです。

音楽スタジオはそれなりの投資をしていますのでトランクルームに戻すのは最後の手段ですが、元々トランクルームの「空室対策」として始めたテレワーク室と卓球場は「船場の扇子商法」のように簡単に転換できるようなシステムにしています。

まぁ、ビジネスは熱いハートと冷徹な判断力の両方必須ですから・・・(汗)。

     





「トランクルーム貝塚」「スタジオ0724」「貝塚卓球センター」「テレワーク&スタディ貝塚」 「 貝塚不動産.com」 大阪府貝塚市名越661 tel:072-446-0798  mail: info@sasatani.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2021.12.17 17:17:37
コメント(0) | コメントを書く
2021.11.27
最近の日本のコロナ感染者数は、世界的に見て劇的に減少しています。

理由は何か?・・・というのがウイルス専門家でも分からないほど不明な病原体なので、残念ながら素人には全く対処のしようがありません。

基本的に手洗いとマスクをを徹底するしか無いでしょう。

コロナが収束するのが何年後になるかは分かりませんが、アフターコロナで何が変わるか・・・?

読売新聞にその辺のヒントが連日掲載されています。

それは「テレワークの定着」です。

現在弊社「トランクルーム貝塚」(貝塚市名越661 072-446-0798)は空室対策として、本館1階で「テレワーク&スタディ貝塚」を9室展開しています。

いわゆるテレワークと自習室として、トランクルームユニット(机、椅子、照明、WiFiを設置)を利用して頂いているのです。

コロナ感染状況と同じで、今年の春から秋の感染状況が酷かった時はテレワーク室が盛況でしたが、今は結構テレワーク室は空いています。

正に時代を反映していると・・・感じます。

所詮トランクルームの空室対策ですから、トランクルームの集客状況に合わせて、船場の扇商法のように現状の9室から増減するだけです。

トランクルーム貝塚「別館」1階にある、3室の「貝塚卓球センター」も同じようにトランクルームの集客状況に合わせて増減をしています。

という事で、昨年からのコロナで世界経済がグチャグチャになっていますが、零細企業は誰も助けてくれませんので、自助努力の一環としてトランクルームの空室対策としてテレワーク需要に期待したいと思います。







「トランクルーム貝塚」「スタジオ0724」「貝塚卓球センター」「テレワーク&スタディ貝塚」 「 貝塚不動産.com」 大阪府貝塚市名越661 tel:072-446-0798  mail: info@sasatani.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2021.11.27 04:56:02
コメント(0) | コメントを書く
2021.09.03
最近、完全個室&WiFiの弊社「テレワーク&スタディ貝塚」(貝塚市名越661 072-446-0798  トランクルーム貝塚「本館」1階)の利用は月極(2万円)が多く、時間貸し(6時間まで1000円、18時間まで2000円)が少なくなっています。

一体何故なんでしょう・・・?

自宅で仕事や受験勉強をすると誘惑も多くダラダラしがちですが、やはり完全個室のテレワークだと集中できるからでしょう。

月に2万円も支払っていますから、「取り戻さなくては!」と。

しかし今年に入ってからテレワーク室を4室から9室に増設しましたが、思った以上に需要が伸びません。

9室すべて埋まる事がないのです。

一体、何故なのか・・・?

やはり、「ココに潜在需要あり!」とイロンナ業界から「テレワーク需要」に続々と参入しているからでしょう。

自宅を改造してテレワークスペースを作る、駅構内に設置したテレワークボックス、公共図書館、民間レンタル自習室、民間シェアオフィス・・・

仕事(勉強)しているという元々の需要キャパが同じで、あとは「どこでするか?」の問題だけで、ある意味ゼロサムゲームや椅子取りゲームみたいなモノです。

コーヒー需要と同じで、喫茶店で飲むか、家で飲むか、ビーチで飲むか、外食、中食、内食といったいくら需要喚起しても20%も伸びないゼロサームゲームです。

テレワーク需要というのは想像以上に大きなマーケットになってきましたし、今後もさらに期待できるマーケットなので大手が狙ってきたという事なので、弊社の出番はココまでと判断し当面は9室でストップする事にしました。

自らの零細企業の立ち位置を誤認すると失敗します。

やはり、身の丈経営・・・これに尽きます。

もちろん「現状を見つめ、1歩先を予測しながら」船場の扇子商法のように、テレワーク需要が拡大するとなれば9室から更に増やし、需要が減少すれば9室すべてがトランクルームにシフト(用途変更)する可能性もありますので、直ぐ動けるように他のトランクルーム契約との調整や電力消費量などのバック体制を整えるのも必要不可欠です。

ただ5人の孫が「おじいちゃん、トランクルームで受験勉強したい・・・」と言えば、1室でも2室でもテレワーク室を残しますが・・・(笑)。

という事で、昨年からのコロナで「テレワーク需要」という思わぬマーケットが生まれた訳ですが、幸い弊社はたまたまトランクルーム171室の空室対策として4年前から「レンタル自習室0724」という屋号の先発企業でしたので、チョッとだけ波に乗る事が出来ただけです・・・(汗)。

     





「トランクルーム貝塚」「スタジオ0724」「貝塚卓球センター」「テレワーク&スタディ貝塚」 「 貝塚不動産.com」 大阪府貝塚市名越661 tel:072-446-0798  mail: info@sasatani.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2021.09.03 11:35:55
コメント(0) | コメントを書く

全111件 (111件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >


© Rakuten Group, Inc.