013231 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

NECワーキングマザーサロン@横浜

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

Comments

yooomako@ Re[1]:マドレ式ワーキングマザーの教科書(07/16) >教科書の方が幅広い方向けですね~共感…
イシカワ@ Re:マドレ式ワーキングマザーの教科書(07/16) ワーキングマザーの教科書、わたしもよく…
yooomako@ Re[1]:☆サロンのご感想2☆(07/07) >ワーキングマザーって案外1人でお家のこ…
yooomako@ Re[1]:★サロンのご感想★(07/01) 本当に、参加者の方からいただく感想は、…
イシカワ@ Re:☆サロンのご感想2☆(07/07) 続々とサロンの感想が届いて、携わったも…

Freepage List

Headline News





WMS2010バナー





★子育てしながらはたらく・はたらきたい女性たちの実態をまとめた
産後白書2現在作成中!




~2010年度のサロンは終了いたしました~
ご参加くださった皆さん、応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました!!

  
2010.12.10
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類




みなさまこんにちは!

ファシリテーターのmasakoです。





先日、サポーターのイシカワさんが報告してくれましたが、


11月の最後の日曜日に横浜サロンが開催されました。




残念ながら欠席の方が2名いらっしゃいましたが、

8名(+赤ちゃん3名)という沢山の方にご参加いただき、

最後のサロンを賑やかに終えることができました。



本当にありがとうございましたー!





そしてそして、無事終了した喜びに浸っていた頃、

ご参加のおひとり、高山由貴さんから嬉しいご感想をいただきました。





「シェアすることで皆さんのお役に立てれば」と、

掲載を快諾いただきましたので、

ここでご紹介させていただきますね。




:::::::::::::::::::::::::::::::


吉竹さま



昨日ワーキングマザーサロンに参加させて頂いた高山です。


この度は貴重な機会を設けて下さり本当にありがとうございました。
お礼の気持ちを込めまして、
今回参加しての感想・気づきを3点ほどお伝えできればと思います。


一つ目はおかげさまで四月の復学復職に向けて気持ちの整理ができました。
漠然とした不安を言葉にすることで、自分が何にひっかかりを感じていたのか
具体的に見えた気がしています。



二つ目は子どもを預けて仕事をすることへのポジティブな側面を知ることができました。
他の方たちの体験談がとても参考になりました。
どうしても育児オンリーだと周囲にも自然と「預けたらかわいそう」派が多くなりますので(笑)
別の視点から捉え直すことができました。



三つ目はボランティアへの意識の変化です。
こんな有意義な会がボランティアで運営されていることにとても感銘を受けました。
これまではボランティアというと、障害者や高齢者の方を対象に力のある人が
ない人を助けるという上下関係をイメージしていました。


しかし今回参加してみて、そんな肩肘はった関係ではなく、
対等な関係なんだなあと感じました。
自分が良いと思ったことを人に伝える、
そんな吉竹さんのような善意からくる自然な気持ちが
ボランティアの基礎になっているのかもしれないと思いました。


今回参加の感想は以上です。とりとめなく長文になってすみません。
本当にありがとうございました。1月も参加できればいいなあと思っています。


それでは寒くなってまいりましたのでお身体ご自愛ください。
取り急ぎお礼まで。


高山由貴




::::::::::::::::::::::::::::::::::



高山さん、本当にありがとうございました!



一つ目、二つ目のご感想は、ファシリテーターとして、

三つ目はわたし個人として、大変嬉しく思いました。





この半年、「ファシリテーターなんて、すごいね」「えらいね」

なんて言っていただくことが多々あったのですが、

いえいえ全然!すごくもえらくもないんです。




高山さんのおっしゃるように、

「自分が良いと思ったことを人に伝える」

ただそれだけなんです。





そして、ワークで描いた絵のように、

「~でありたい」「~したい」という想いが、

少しだけ強いのだと思います。





あとは、ちょっとした行動力!






もちろん、わたしも最初からこうだったわけではありません。




書いて、描いて、聴いて、話して・・・

自分に向き合う時間を繰り返し持つことで、

徐々に想いが固まっていったのです。





子育てに、仕事に、慌しい毎日を送っているわたしたちですが、

それでもなんとか度々自分を見つめる時間をもって、

力強く生きていけたら素敵だなーと思います。







みなさま、半年間本当にありがとうございました!

これからも一緒にがんばりましょう~!



またお会いできる日を楽しみにしています!!



















































Last updated  2010.12.11 23:05:46
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.