256316 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

凸凹ドラゴンズ

2008.01.08
XML
カテゴリ:ユニフォーム
 最近の自分には珍しく怒涛の記事更新ですが、これもお蔵入りになっていた記事。昨年9月に書いたものです(笑)。

---------------------------------------------------------------------------

 ユニ遍歴#2は、正津ユニ。

P1010005.jpg

P1010006.jpg

 ちゃんと「HARD PLAY HARD」のワッペンも入ってます。

P101000b.jpg

 これをオーダーしたのは2001年10月。職場のドラファンの先輩が、この年限りで引退することが決まった今中のプロモデルを買っておきたいと言っていたので、ユニの説明がてらいろいろ相談に乗っているうちに自分も新しいユニが欲しくなってしまい、一緒に衝動買いしてしまった物です。
 
 ちなみに当時球場で撮った写真でこの今中ユニの人と正津ユニのツーショットを探したもののありませんでした。一緒に写ったのはあったけど…。ってこれ、もう6年も前なの!? 写真よく見るとすげー若いし痩せてるし(笑)。時の流れは無常ですなぁ…。

020403.jpg

 ちなみにこの今中ユニと正津ユニが、ここから2年後の2004年のB.デニーさんとの出会いを因縁付けてくるのですが、それはまた追い追い…(笑)。

 2001年シーズンは先述したテルユニを着て観戦していたわけですが、この青ユニが気に入っていたのでこの正津の時もまた青ユニにしました。テルはOサイズでしたが自分には少し小さかったので正津はXO。現在のプロモデルはXOでも体にぴっちりフィットする感じですが、この頃のプロモデルはXOともなるとそれなりにダボっとした感じでいい感じに羽織れたので好きでした。

 そして、何故正津にしたか。当時正津は通常の中継ぎ業務の他に、ローテの谷間の先発、先発が早い回に崩れた時のロングリリーフ、はたまた敗戦処理までこなすというまさに万能中継ぎ右腕として地道にチームに貢献しており、岩瀬や落合英みたいに目立つ場面での活躍はなかったものの、逆にそんな「縁の下の力持ち」的な姿に好感を持っていて好きな選手だったのでした。

 しかし、自分はどうもこの頃から既に背番号や背文字の並びを気にするようになっていた節があり、ユニを頼む時に正津と共に候補に挙がった大豊(背番号60)、神野(同54)、波留(8)ら、好きな選手の名前のローマ字表記と背番号を紙に書いて並べてみて、一番しっくりきた「SHOHTSU 21」にした、という経緯がありました。こういったことは同じユニフォーマーのB.デニーさんもユニを注文する時にしたりしているそうなので、ユニフォーマーにとっては至極当然の行為(端目にはおかしいらしい)と言えましょう。
 
 個人的には背文字が6文字で背番号が2桁というのが一番背中がきれいに見えてかっこいいと思うのですが、正津のように7文字2桁のパターンも好きです(NOGUCHI 47とか)。

 そんな感じで作った正津ユニですが、初めて公式戦観戦で着たのは2002年の開幕戦。いや、オープン戦だったな。フォルダ探してみたらこの時(2002年3月)のドームの外で撮った写真がありました。

0203dome 008.jpg

 若っけー…。まあそれはどうでも良いのですが、この頃はまだお客さんもユニを着ている人が少なかったため、その中で正津ユニなんぞ着ていると「あっ、正津だ」「正津着てる」と非常に沢山の人たちから声を掛けられたものです。

 以後、正ちゃんがドラゴンズを退団する2004年いっぱいまで、この正津ユニは本人のチームでの役割同様、久慈ユニやアレックスユニの「谷間」に着ていました。

 このユニの思い出というのが3つあり、1つ目はユニを買ったばかりの2001年12月に、当時自分が主宰していたドラゴンズのミニコミの表紙用の写真を撮るため山へ登って、モンテコックリ君とユニ姿で夕陽の中で写真撮影をしたことでしょうか。この写真は、我々のユニ写真の中でも5本の指に入る名ショットだと思っています。

 ちなみにこれ。

0137sho01.jpg

  2つ目の思い出は、先ほど話にも出た2002年の開幕戦を観戦した時のこと。開幕前、監督に就任したばかりの山田監督が、「正津は勝っている場面で使う」と明言。「これまでの「いつでもどこでも投げる」役割から、勝利の方程式へ編入されるのか!」と、今までの正津の苦労を想い、感激にむせび泣いたものの、この開幕戦で、いきなり劣勢の場面で正ちゃん登場。ガクッ…。結局以後も「どっちかっていうと負けている時用」の中継ぎとして投げることになったのは今さら言うまでもありません。

 3つ目は、2003年の観戦で劣勢の場面で正ちゃんが出てきて、試合を決める2ランを打たれてしまった時のこと。正ちゃんをなじる野次や怒号が飛び交う中で、正津ユニを着ていた自分は縮こまっていたのでした。この時、「打者は4打席のうち1打席ホームラン打ったら褒められるけど、投手は1回打たれると悪く言われるんだな…というのを痛感しました。

 正津は2004年オフにトレードにより西武に移籍しましたが、現在も中継ぎで頑張っています(2007年の成績は26試合登板で防御率1.59.勝ち負けナシ)。正津は今でも好きで陰ながら応援していますが、この思い出のたくさん詰まったドラゴンズ時代の正津ユニはもう手元にはありません。

 正津は落合監督になった2004年にはまったく一軍で使われることなく、オフにトレードで放出されてしまったわけですが、2004年1年だけは現行のユニを着ています。自分は今ごろになってこの現行ユニの正津ユニを作っておけばよかったと後悔しています。去った選手のユニを着たり欲しいと思ったりする感覚は普通の人にはあまり理解されませんが、それはその選手が最後に着たユニ(プロモデル)を持っておきたい、そしてたまには球場で着たい…と思ってしまうくらい好きだった、ということなんですね(自分の中で今これに該当するのは、久慈、アレックス、春田。正津はその次くらいかな)。

 ああ、なんか青ユニを手放したのもちょっと後悔(笑)。

030906dome 012.jpg






Last updated  2008.01.08 23:39:32
コメント(5) | コメントを書く
[ユニフォーム] カテゴリの最新記事

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


斜 陽

Calendar

Favorite Blog

湯舟弓長久慈 久慈とらさん

Comments

斜 陽@ コメントありがとうございます☆ ◆IBOさん レス遅れてすみません! レ…
IBO@ こんばんは レプリカユニをオーダーされたんですね。 …
斜 陽@ ありがとうございます☆☆☆ ◆アップルさん お久しぶりです、お変わり…
アップル@ Re:2012年開幕です。(03/30) こんにちは^^。 久し振りにお邪魔し…
斜 陽@ ありがとうございます☆☆ ◆コジラさん お久しぶりです! お変わり…

Freepage List

Headline News


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.