000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

北九州市小倉のソムリエのワイン紹介|デリソムブログ

PR

X

全2件 (2件中 1-2件目)

1

マイティプロパー

2008.05.20
XML
カテゴリ:マイティプロパー
 なんとか、先月から週一ペースくらいでブログを更新しています。でも、書くネタはあるものの、なかなか書く時間を取らなかったり、いつの間にか1週間が過ぎていたり、要領が悪いので他の仕事でバタバタしたりと、理想通りの更新はできないものです。

 そんな中、ブログがひとつ増えてしまいました・・・自分で増やしたのですが(笑)。提携先のマイティプロパーさんの室長さんからご紹介いただき、カシコネットというプロがブログを書くサイトで、私も書かせていただくことになりました。

 ワインのことを書くのもなぁ・・・と思い、サービスについて書かせていただくことにしました。タイトルは「顧客満足度は従業員満足度で上げろ!」。なんとも偉そうなタイトルですが(笑)、このデリソムブログとは少し違ったブログとして書かせていただきます。

 皆様、よろしければこちらのブログともども読んでやってください。ついでに、ランキングをクリックして応援していただけると嬉しいです。(向こうは違うランキングサイトなものの、現在2位!!)


人気ブログバナー←こっちでも、あっちでもクリック♪
(ブログランキング現在58位!また上がりました!ありがとうございます!!)


フラテッリ・ブランカ“センセア”リクォーレ・デイ・グラッパ・エ・ミエーレ
 グラッパとはイタリアのお酒で、ワインを造る際のぶどうの搾りかすから作られるブランデーのことです。そして、ミエーレとはイタリア語で蜂蜜の意味。
 そう、ちょっと変わったほんのり蜂蜜風味のグラッパです。普通のグラッパはシャープな味わいのなかにアルコールの甘さがあるのですが、このグラッパは香りや口当たりも通常のものよりもまろやか。蜂蜜の甘い風味がほんのりとします。




 :::::::::◇-OFFICE GO SEE-◇:::::::::::

   ┳         
 ●●●     デリソム
  .●●      北九州小倉在住のデリバリーソムリエ
  .●        【デリソムドットコム】http://derisomu.com


バナー大






Last updated  2008.05.20 14:05:25
コメント(0) | コメントを書く


2006.12.14
カテゴリ:マイティプロパー
提携させていただいているマイティプロパーさんは
マネキンさんの派遣会社です。
ここの企画室長さんには公私共にお世話になっています。
とてもバイタリティー溢れる方で、リーダーシップもあり
私の尊敬する方です。

さて、ビジネスの集まりなどで
別の取引先や仕事関係の知人にこの方を紹介することも
当然あるのですが、私の
「提携させていただいている、マネキンさんの派遣会社の企画室長の○○さんです。」
という紹介の仕方がどうも誤解を招くようです。

皆さん、マネキンって分かりますか?
多分、ほとんどの方がまず最初に思い浮かべるのは
洋服売場などにいる人形ですよね。
これと別に百貨店やスーパーなどで服や化粧品などを自分で使って見せて販売する売り子さん、
また今では試食コーナーなどに立っている方などもマネキンといいます。

先日は知人に
「今提携しているマネキン会社で・・・」
(またこれも更に短縮していて誤解を招く言い方ですね)
と言うと
「マ、マネキン会社と提携しているんですか??」
と言われたり。

食事をする席に集まったときに誤解のあるまま食事になるとちょっと不思議な会話になります。

室長
「寺井さんのようなソムリエにお客様がつくことは当然あると思いますが、
マネキンにもやっぱりお客様がつくんですよね。
派遣先が変わるとお客様もついていくんですよ!」

知人
「へー。。。。」

この後、会話を続けて話の内容から
マネキンさん=売り子さんと気付いたようですが、
やはり最初はマネキンさん=人形と思っていたようです。

つまり、知人は
「マネキン人形にお客様がつく・・・何か特別立派な人形なのか??人形マニア??
お客様は『あっ、これはいつもの人形じゃない!いつもの人形はどこへ!?』と思うのか??」
と色々想像したらしいのです。

私も言葉が仕事の道具なだけに反省です。。。



さて、言葉が仕事な私の今回のワインは
グラスマウンテン・メルローです。
このワイン、提携スーパー極東ファディでソムリエおすすめワインとして販売したものなのです。
そして、このワイン、芸能人格付けチェックで芸能人たちがシャトーマルゴーと間違えたワインでもあります。
そのキャッチコピーもあり、この価格帯としてはかなり売れたワインとなりました。
肝心な味はというと、「どうせ芸能人が分からなかっただけでしょ・・・」と思って試飲すると
想像以上に美味しいです。
流石に私はマルゴーと間違うことはないと思いますが、確かに1,000円台のワインとは思わないです。
これは、おすすめですね。








Last updated  2006.12.14 13:51:19
コメント(0) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


© Rakuten Group, Inc.