530313 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

イタリアでモロッコごはん

PR

Profile


Delizia

Freepage List

Category

Calendar

2004/11/21
XML
今日は早起きしてサントスピリトの市に行ってきました。

フィレンツェは快晴!

firenze

すがすがしい朝の空気をいっぱい吸い込んで
ハツラツとした気分で朝の散歩を楽しむ、いつもは寝坊のDelizia。

市ではお目当ての絞りたてオーリオ・ヌォーヴォをゲットしました。
市の詳しい様子は→こちらへ。




夕方、夫と遊びにいった友人宅で喋りすぎ
お茶とお茶菓子をちょっと食べ過ぎて家に帰ると
今日の夕飯用のお魚が私達を迎えてくれました。

「ちょっと、はやく料理してよね。」by魚。

「どうする?この魚、私あんまりお腹空いてないんだけど。」

「でも今日中に調理しないとまずいよね。」

「なんかサッパリ軽い料理がいいよね。」

いつもならオーブンに放り込まれるだけの魚ですが
今日は気が進まず、冷蔵庫をガサゴソ。

冷凍庫から剥き身ボンゴレのパックを発見。

「あ、アクアパッツァ風にしてみようか?」

ニンニク、トマト、バジルはあるので
orata(クロダイ)でアクアパッツァに挑戦!

専用鍋などはないのでフライパンでいきますよ!


魚は熱湯で湯引きしておきます。(←日本人なDelizia)
臭みをとるために魚をザルなどにおいて熱湯をかけるだけ。


フライパンにオリーブオイルを熱して魚の両面を焼きます。
適当に切ったニンニクを投入。

皮を剥いて適当に切ったトマトを投入。
(美味しいプチトマトがあれば最高です)

冷凍アサリを投入。
(生があれば生がオススメ)

バジル(なければパセリ)を投入。
水を少し足してフタをして蒸し煮にします。

私は一緒に野菜も摂りたかったのでセロリもぶつ切りにして投入。

acqua pazza

グツグツ。

しばらくすると、冷蔵庫の残り物で作っているとは思えないほどの
素晴らしくいい香りが漂ってきました。


ちょっとブロードを味見。

冷凍のアサリでもかなりのいいダシが出ています!
しかもアサリの塩分で塩は加えなくてもいいかも...。

お好みで塩・コショウして
15分~25分程煮て出来上がり。


Buon appetito!

ウーン、これぞ私達が求めていた滋味豊かな味です。

ここにさっそくオーリオ・ヌォーヴォなんてかけちゃったりして...。

他に何もいらない、一皿で大満足の一品でした。


日本では、切り身の白身魚でお試しいただけます。
調理時間も短めにしてください。
イタリアはなかなか切り身でイイ魚が売っていないのでね...。
























Last updated  2004/11/22 08:10:06 PM
コメント(8) | コメントを書く
[イタリアの「食」・旨い話] カテゴリの最新記事


Favorite Blog

アジア時間 ジャスミン25さん
ぴっこらイタリア Ikukitoさん
南トルコ・アンタル… turkuvazさん
ミラノ・ロンドンの… キアーレさん
欧州生活16年目 - … mezzanaさん

Comments

 Delizia@ Re[1]:モロッコの掟~産後編~(07/25) くんみさん はじめまして。ご訪問あり…
 くんみ@ Re:モロッコの掟~産後編~(07/25) レモンの塩漬けのレシピを探していた通り…
 Delizia@ Re:おひさしぶりです(07/18) bunさん >しばらく覗いてない間に、お二…
 bun@ おひさしぶりです しばらく覗いてない間に、お二人目を産ま…
 Delizia@ Re[1]:私の大好物。(07/18) 夏の大空さん >だんなさまの作で暮れる…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.