529941 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

イタリアでモロッコごはん

PR

Profile


Delizia

Freepage List

Category

Calendar

2008/05/31
XML
テーマ:海外生活(7383)
カテゴリ:フィレンツェ大学
5月末までに提出っていうテスト代わりの小論文、
28日の他のテスト勉強もしなければならなくて
なっかなか手をつけられずにいたのですが

まだまだ5月と31日に一気に仕上げて
なんとか6月1日の日付になる前に
教授宛てにメールに添付して送信することができました。

ふ~っ。



これで5月中にやらなければならないことは終了。

そして30日金曜日には最後の授業が終了し
授業途中からみんなで乾杯!!となりました。


最後まで息つく間もない濃厚なカリキュラムだったので
最終日はまだ終わってしまう自覚がなくて
しみじみすることもなく、あっさり終了...でした。



私にとってこの一年間の金曜日は「魔の金曜日」。
最初の頃はCASO CLINICO
(病態別の病状記録と栄養計算と栄養アドヴァイス)
が書き上げられなくて、しかも先生は鬼のように意地悪で
恐怖におののいて泣いていたのでした...。



回を重ねるごとに学生達はコツを身に付けていって
先生の鬼の形相も和らいでいったのですが

病院の実習先ではこの鬼栄養士と肩を並べる
濃い、濃すぎるキャラの栄養士陣がズラリと待ち受けていて
何が大変って実習内容より人間関係が大変でした。


イタリア人と働くこと、
それは一言で申し上げますと
何もかも忘れて楽しんじゃったもん勝ち。


意味が解からない...ですか。



★適度に働き、適度にサボる。

→働き者っぷりすると全ての仕事を押し付けられます。
 仕事をしない人が沢山いるけれど
 それを見てムカつくより、自分も適当に済ませるのが良い。




★売られたケンカは買って、2秒後に忘れる。

→ストレスはその場で解消します。
 みんなの前でも気にしない。大声で立ち向かうのだ~。
 その後、ソレについてクヨクヨ悩む時間はムダ。

 

★懸命に働きツマラナイ人より、お喋りが楽しい人が好まれる。

→好感度は仕事が出来る出来ないとは関係ない。
 時にずっと仕事をしなくても
 楽しく喋っている方が高い評価をいただいちゃったりする。




★寝起きが悪い人には近づかない。

→その日の寝起き次第で人格が変わる。
 イライラしている人には決して近づいてはいけない。




★つまり、全てが感情的。

→2秒ごとにコロコロ変わる各々の感情を読み取るのは不可。
 たとえ理不尽な内容を突きつけられても気にしない。
 




日本の会社社会のように
押し黙って、ストレスを溜め込んで
会社の帰り道、ストレス発散のために居酒屋になだれこんで
それでも解消されず病気になってしまう

ってのとは正反対なハチャメチャなイタリア社会。
誰も同僚と飲みに行く人なんかいません。
仕事の後はプライベートを楽しむことしか考えられません。


仕事に生きていては余力が残らないので
仕事は適当にこなさなければならないのです。



これでいいのだと思います。
非常に人間的だと思います。




沢山のことを学んだこの3年間。
何度泣いたか解からないけれど
終わってしまうと全てが良い思い出に...。


6月~7月半ばまではテスト月間で猛勉強。
ヴァカンスを夢見てがんばりまっす。


















Last updated  2008/06/01 09:10:52 AM
コメント(2) | コメントを書く
[フィレンツェ大学] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:3年間の全カリキュラム終了。(05/31)   Nuts on さん
ほっと一息も束の間、またハードな生活になるんですね。しかしバカンスが待っている♪

イタリア人の特徴ですか?このうちいくつかはタイ人とぴったり同じです。
★適度に働き、適度にサボる。~ 
★懸命に働きツマラナイ人より、お喋りが楽しい人が好まれる。
★つまり、全てが感情的。
これ、タイ人そのものです。

(2008/06/01 10:32:09 AM)

 Re[1]:3年間の全カリキュラム終了。(05/31)   Delizia さん
Nuts onさん
>ほっと一息も束の間、またハードな生活になるんですね。しかしバカンスが待っている♪

最後のひと踏ん張り、がんばります。

>これ、タイ人そのものです。
-----
お気楽な国民はおそらく皆こんなカンジなのでしょうね。
自らに負担をかけない生き方で
周りが許してくれるならコレでいいのでしょう...。

ただ、こんな人間ばかりだと生産性が悪く
その国の経済成長が望めないのが玉に瑕。
今までは良かったのでしょうが、将来的には
大きな不安を抱えているイタリアです...。



(2008/06/02 08:57:53 AM)

Favorite Blog

アジア時間 ジャスミン25さん
ぴっこらイタリア Ikukitoさん
南トルコ・アンタル… turkuvazさん
ミラノ・ロンドンの… キアーレさん
欧州生活16年目 - … mezzanaさん

Comments

 Delizia@ Re[1]:モロッコの掟~産後編~(07/25) くんみさん はじめまして。ご訪問あり…
 くんみ@ Re:モロッコの掟~産後編~(07/25) レモンの塩漬けのレシピを探していた通り…
 Delizia@ Re:おひさしぶりです(07/18) bunさん >しばらく覗いてない間に、お二…
 bun@ おひさしぶりです しばらく覗いてない間に、お二人目を産ま…
 Delizia@ Re[1]:私の大好物。(07/18) 夏の大空さん >だんなさまの作で暮れる…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.