000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ぽんたろうの独り言

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


レクタア博士

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

レクタア博士@ Re:チェスセンターは今月28日で閉店(01/07) お世話になります、 http://www.jca-ches…
チェスファン@ Re[2]:チェスセンターのスケジュール 2018年1月(09/20) レクタア博士さんへ お世話になります。 …
レクタア博士@ Re[1]:チェスセンターのスケジュール 2018年1月(09/20) チェスファンさんへ 閉店セールはござい…
チェスファン@ Re:チェスセンターのスケジュール 2018年1月(09/20) チェスグッズ、本などの閉店セールやりま…
pontarou@ Re:ツキジ予定(05/20) まだ出てません、、、

Freepage List

Headline News

2016.02.05
XML
カテゴリ:ペット

猫嫌いの祖母のお話

・その1 プロローグ

猫が嫌いな人ってよく居る。
私の母方の祖母がそうだった、猫が大嫌いだった。

小学校のとき、家に猫がいた、
ボロ家でネズミが多かったので、その対策としてたまたま住み着いた野良猫を飼うことにしたのだった。
 家族全員が猫好きだったからということもある。

その祖母が家に遊びに来たときのこと、
 台所に猫が来ると、猫が嫌いな祖母は足で、しっし と遠ざけようとする、
その猫は家族は全員、猫好きと思ってるから、
 少し驚いたがそれでも、祖母の足にスリスリした(爆


・その2 猫嫌いの祖母と、天才猫の葛藤


This is true story



その猫は元は野良のキジトラ、冬にうちの風呂場に侵入してお風呂の上で暖をとってるところを、

姉がエサをあげたら居ついたのだ。

ネズミが跳梁跋扈していたボロ家、そのとき妹はまだ赤ん坊で、ネズミの害を受ける心配があり、

その対策用として飼うことにした。

あっという間にネズミが居なくなったので驚いた、さすが元野良猫エクセレ~ント!

自然環境がとても厳しい場所だったので、野良で生き抜くには運と強靭な体力、優れた知力が必要、

それで鍛えられたせいかとても賢い、いや、天才と言っていいほどだった。

以前から近所でも愛嬌を振りまいてたせいか可愛がられていて「トラ」という名前がついてたので、

うちでもその名前を使うことにした。

キジトラだからトラ・・・なんという安直なネーミング! でもまぁ、猫の名前なんてそんなもんだろう。

トラという名前をつけたのは向かいの家のおばさん、

おばさんが「お前の名前はトラだ」

と言うと、「にゃー」と応えたらしい。

次回は祖母と天才猫のバトルに突入!


・その3 祖母と猫の仁義ある戦い 

どうして祖母は猫が大嫌いだったのか、

私が小一くらいの時、祖母の家の近所のおばちゃんが
「一郎君、うちで子猫生まれたから見にきな!」というので喜んで見に行った。
そうすると家に帰ってから祖母が「一郎!、ネコなんて汚いからさわんじゃねー!!」
とすげー怖い顔して怒ってた。

恐らく生理的に嫌いだったんだろう。

では、本題に戻って祖母とトラのバトルについてお話ししましょう。

ここからは母から聞いた話なので、細かい描写はできないのでご了承ください。

トラはお腹が空いたので、台所に来て祖母の足元に擦り寄り、にゃーにゃー鳴いてご飯をねだる。

根っからの猫嫌いの祖母は相手にしない、ほんとなら箒とかで叩いて追い出したい気分だったろうが、

さすがに他人の家の猫相手にそれは出来ないので我慢していた。

トラはご飯をくれない祖母にいらだったのか、

なんと祖母の足を「あま噛み」したのだ、これには祖母も流石に頭に来て大騒ぎになったらしい。

・・・・・・・・・・・・・

以下は聞くもほっこり、語るもほっこりの物語。

祖母が何度かうちに来るうちに、猫に慣れてきたのかあんまり嫌な顔はしなくなった。

トラが子供を産んだ時のこと、猫は多くの場合そうだが、飼い主にも子供は見せない。

子猫は二匹、親父が私に「野良猫になると可愛そうなので、二匹とも家に連れてこい」

と厳命したので、私は捕獲を開始、一匹目は簡単だったが、二匹目は警戒されてなかなか捕まらなかった。

数日の間、大変な苦労をして二匹目も捕獲、

始めは二匹とも家族に対し敵意剥き出しだった、外でトラが子猫を呼ぶ、家の中から子猫がトラに鳴いて返す。

家族が子猫に近づくと「シャー」と威嚇してねこぱんち。

トラを家の中に入れ、子猫達に会わせると嬉しそうにグルーミングしていたが、

子猫を連れて家から脱走される心配があったので、厳重に戸締りして子猫が逃げないようにしていたのを祖母が見て意外な一言。

祖母が言うには「トラは子猫に危害が加えられないの分かったから、逃げないから大丈夫だ」

祖母の言うことは今まで外れたことがないので、子猫を開放したが外に出てもちゃんとトラは子猫を二匹とも連れて戻ってきた。

(トラは恐らく、野良猫になる前は飼い猫で、前の飼い主に子猫を酷い目に合わされたものと思われる。)

祖母の言うことはその時も正しかったのでとても関心した次第。

The end

 

 

 







Last updated  2016.02.05 21:32:08
コメント(0) | コメントを書く
[ペット] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.