460822 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

そゆぶろ

PR

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

Free Space







Rebatesお友達紹介キャンペーン



































Headline News

Rakuten Card

2017.11.26
XML
カテゴリ:オーディオ
​​​​​​MDR-1000X、WF-1000X、WI-1000Xと入手してきて、自分なりに向き不向きな場面を整理してみたいと思う。

ヘッドホンタイプ、ネックバンドタイプ、完全ワイヤレスタイプ、この3種類で悩んでいる人は多いんじゃないかと思います。1000Xシリーズは決して安価な買い物ではないですからね。

​1000Xシリーズの特徴は日常生活中での音楽鑑賞でノイズを遠ざけてくれること。
しかし非防水なので、降雨・降雪時の屋外では使うべきではありません。自宅や施設内での待ち時間・車両移動中の使用に向いていると思います。​


※もちろん、一番は試聴して吟味してみることです。


​​​​​ ​ ヘッドホンタイプ​​​​

MDR-1000X、WH-1000XM2/M3ですね(私はMDR-1000Xしか持っていません)。
【レビュー】SONY MDR-1000X


3種類の中で最も大型で、ウリのノイズキャンセルはもちろん、連続使用時間や音質の点でもトップの性能となっています。

このタイプは屋内や車両等での長時間移動など、比較的自分自身の動きが少ない場面での使用に向いていると思います。というのは、私は持ち歩く荷物をあまり増やしたくないし、首にかけて街を歩きたいとも思わないから。使うと髪も凹むし。

もちろん、そういう場面でも快適に使えるのがワイヤレスの強み。
屋内で部屋を移動する場面でも、ワイヤレスの快適さは体感できます。
接続している機器とのBluetooth接続が維持される限り、バッグに放り込もうが手に持とうが、部屋に置いたままだろうが!有線接続という縛りから解放されます!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【最新モデル】 SONY ソニー WH-1000XM3BM ブラック 【送料無料...
価格:39290円(税込、送料無料) (2019/7/14時点)

楽天で購入


​​​ ​ 完全ワイヤレスタイプ​​

WF-1000X(現行はWF-1000XM3)ですね。
【レビュー】SONY WF-1000X トゥルーワイヤレスなノイキャンイヤホン

【うまくいかない時は】WF-1000XとiPhoneの接続【試してみて】
WF-1000Xの使用時間、実際は
【Ver 1.0.7】WF-1000Xの本体アップデート


3タイプの中で最も小型で、ノイズキャンセル・連続使用時間・音質において最も制約があるモデル

しかしこんなに快適・開放感のある装着スタイルは、ヘッドホンタイプはもちろん、ネックバンドタイプすら突き放すレベル。

本体サイズが小さいので、連続使用時間は他より短い。ここは自分の使用場面を考えてみる必要があります。連続でどのくらい使うだろうか?と。
個人的には、初代WFの最大3時間というのは、ちょっと短い。
長距離移動の際に車両走行音などのノイズを緩和したくて使うことが多いのですが、目的地に着く前に充電を余儀なくされることがしばしば。2つ用意するという荒技もまぁなくはないですが笑

私的には、自宅でじっくり聴き入るのには向いていないと思います。それだったら別の2種類のどちらかを選びます。それは、音質と連続使用時間が優れているから。

ただ、日常の家事・筋トレやヨガをしながらというのであれば、このモデルの方が動きの邪魔にならなくていいですね。

私にとっては、この開放感と音質・ノイズキャンセルレベルのトレードオフは納得できるレベル。

このタイプはまだ左右間の接続安定性に課題を残す商品もあり、他からの電波干渉を受けやすい場面もありますが、装着しながら帽子もマフラーも、マスクも使えます。他のタイプと比べてファッションや風邪予防の邪魔をしません笑

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【二次入荷分ご予約受付中:納期未定】完全ワイヤレスイヤホン SONY ソニー W...
価格:27950円(税込、送料無料) (2019/7/14時点)

楽天で購入


​​​ ​ ネックバンドタイプ​​

WI-1000X(後継はM2)ですね。
【レビュー】SONY WI-1000X ネックバンド型のノイキャンイヤホン

この機種を最後にした理由は、中間的な立ち位置にいることで、ヘッドホンタイプと完全ワイヤレスタイプの長所も短所も、半々といった特徴があるからです。
却っていろんな場面にフィットできるのがこのモデルかもしれません。


私が思うに・・・
長所
ノイズキャンセル、音質、連続使用時間、接続安定性はヘッドホンタイプに近い性能を有している。
左右の定位・スマホとの通信は完全ワイヤレスより明らかに安定している。音の途切れがほぼなく、左右の定位も安定しているというのは、音楽に浸りたいなら重視したいポイントですね。

それでいてヘッドホンタイプよりも軽量快適。ヘッドホンのように蒸れることもない。

短所
完全ワイヤレスほどの開放感はなく、耳からネックバンドまではケーブルがある。
ここは、人から「線あるじゃん!」とツッコミをくらいそう笑

顔を左右に動かすと、顎とケーブルが触れやすくタッチノイズの元。

帽子は被れても、マフラーとの併用はちょっと工夫が要りそう。

首にかけたままならいいけれど、バッグなどに収納しようと思うとそれなりに大きさを感じる。スリムなんですけどね。

視点次第で、長所が半々と映るか、短所が半々と映るか。


ちなみに2019年現在、私的にはこのネックバンドタイプが一番自分に合っていると感じています。

【Bluetooth】私に合うのはネックバンド型かもしれない【ノイズキャンセル】​​





1000Xシリーズの特徴は日常生活中での音楽鑑賞でノイズを遠ざけてくれること。
しかし非防水なので、降雨・降雪時の屋外では使うべきではありません。自宅や施設内での待ち時間・車両移動中の使用に向いていると思います。

通勤・通学・小旅行にはWFやWIがいいでしょう。荷物の中に追加しやすいサイズだと思います。
自宅で屋内外の騒音を遠ざけたい時・荷物の多い旅行に持ち出すなどであればWHも検討に値します。


ノイズキャンセル、音質、取り回しなど、各要素に求めるレベルは人それぞれと思いますが、購入検討中の方の参考になれば幸いです。


​​​​​​






Last updated  2019.10.25 17:09:32
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.