000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

電光庭師のLEDイルミネーション講座

PR

Profile


電光庭師

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Comments

コメントに書き込みはありません。
2011.04.27
XML
2006年12月、テレビ大阪の「Qっとサイエンス」に出演しました。



イルミネーションだけでなく、LEDの他の利用方法や、発光の仕組みなどの説明もある
化学番組です。



LEDとはLight Emitting Diodes(発光ダイオード)の略で、電気を流すと発光する半導体の一種です。
LEDチップに順方向の電圧をかけると、LEDチップの中を電子と正孔が移動し電流が流れす。
移動の途中で電子と正孔がぶつかって結合し、消滅します。
この時電子と正孔のエネルギー差に相当する光が発生します。これがLEDの発光原理です。



LEDは、蛍光灯や白熱灯など他の多くの光源と異なり、高輝度で、且つ、不要な発熱や、
紫外線や赤外線を含まない光が得られます。
このため紫外線に敏感な文化財や芸術作品や、熱照射を嫌う物の照明に用いられます。



LEDの色は、出てくる光のエネルギーの大きさ、つまり電子と正孔のエネルギー差によって決まります。
そして、このエネルギー差は半導体の材質によって決まるのです。
近年まで、青色のLEDが作られなかったのは、青色を出すのに必要なエネルギー差を生む
材質が見つからなかったことに起因します。


オレンジ色のLEDを当てると、野菜のクロロフィルが活性化され、野菜に光合成をさせ、
ビタミンCの量を増やすことができます。
また、青色LEDは、野菜に「光を浴びている」ということを早く認識させ、還元糖生成の速度を
高める作用があり、保存中に還元糖を自分で使ってしまうことで育ちすぎたり、
鮮度が落ちたりするのを防止する働きがあるそうです。

青色LEDを当て、さらにオレンジ色のLEDを当てた緑色野菜は鮮度が長持ちし、
保存3日目でもビタミンCが15%増えるそうです。




イルミネーション工房?






Last updated  2011.07.14 10:19:09
コメント(0) | コメントを書く
[メディア取材・出演] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.