000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

電光庭師のLEDイルミネーション講座

PR

Profile


電光庭師

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Comments

コメントに書き込みはありません。
2011.05.09
XML
2008年12月、関西テレビの「よ~いドン!」に出演しました。



お笑いコンビのロザン、菅広文・宇治原史規(敬称略)の二人がイルミネーション工房に
取材にやってきました。



この番組では、電光庭師こと、イルミネーションアートディレクター、松井秀司の
仕事内容を紹介しています。



蓄光石の樹脂舗装の事も紹介されました。



蓄光石樹脂舗装は、自然石や廃ガラスを骨材として、蓄光石を無黄変ウレタン繊維化樹脂
(ファイバーレジンなど)で練り合わせて施工します。
蓄光石は、自然光で紫外線を充電できその光を放出してひかり輝きますが、その光はそう
長く続くものではありません。
演出として、長時間光らせておくには、ブラックライトを使用し、光エネルギーを一定に
保ってやる必要があります。



プール学院のクリスマスイルミネーションは、13mもあるセンペルセコイヤ(常緑の杉)への
施工や、壁面へのドレープカーテンのイルミネーションを施工を行いました。



樹木への施工は、沢山の電球を付ければ良いというものではありません。
大量の電球を付けることによって、その重さや巻いた針金の締め付けによって、木を枯らして
しまうことにもなりかねないからです。
少ない電球でも木の特長を生かして付けてあげることが大切で、プール学院のツリーは、
それを踏まえ、同校の生徒さんにふさわしい、品格ある女性のイメージで演出を行いました。



ロザンの二人にも手伝ってもらい、一般家庭のベランダに設置するオリジナル
イルミネーションの製作実演を行いました。



ロープライトを結束バンドでメッシュパネルに固定していくことで、デザイン画通りに
形を作っていきます。



「Yori&Mu」とは、このご家庭の息子さん達の名前です。
任意の文字や絵柄を入れられることは、オリジナルイルミネーションの楽しさの一つだと
思います。



イルミネーションアートディレクターとは…




イルミネーション工房?






Last updated  2011.07.14 10:18:37
コメント(0) | コメントを書く
[メディア取材・出演] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.