130477 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

楽天@マーケット

PR

Profile


電球ピカソ

Calendar

Archives

2019.06
2019.05

Category

Recent Posts

Comments

ステマしないでください@ Re:法律で認められている医療大麻 CBDオイル1(06/09) 764 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:…
電球ピカソ@ Re[1]:法律で認められている医療大麻 CBDオイル1(06/09) 著作権者さんへ 参考にしますので著作権の…
著作権者@ 画像の無断使用について こちらの記事に使用されている画像の中に…
http://buycialisky.com/@ Re:全年代一覧表(04/07) what does cialis look likeviagra vs cia…

Keyword Search

▼キーワード検索

2018.04.10
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
紀元前
紀元前9000年~紀元前2000年
紀元前1999年~紀元前660年
紀元前659年〜紀元前149年
紀元前148年〜紀元前1年
西暦
1年~199年200年~573年574年~709年710年~780年781年~899年900年~1332年1333年~1361年1362年1363年~1599年1600年~1670年1671年~1799年1800年~1867年1868年~1879年1880年~1909年1910年~1930年1931年~1947年1948年1949年~1959年1960年~1962年1963年 1964年 1965年~1979年
1980年 1981年 1982年 1983年 1984年 1985年 1986年 1987年 1988年 1989年 1990年 1991年 1992年 1993年 1994年1995年~1999年2000年 2001年 2002年2003年~2008年2009年~2011年2012年2013年~2014年2015年 2016年 2017年 2018年


紀元前100年


日本に小国が100以上存在

紀元前100年頃

現在の香川で土器製塩が始まる

高地性集落がつくられる
平地より数十mも
高い山頂部や斜面に形成された集落
*2イメージ


*3イメージ


紀元前100年頃
奈良盆地にユダヤ人のコロニーがつくられた

奈良盆地


*1神武天皇(初代)の時に勝利を治め家臣たちに褒美を授けた(この土地の一部)

奈良盆地は 山々に囲まれてる

西暦300年頃に秦王国となる
縄文人がやって来た時は盆地ではなく琵琶湖ほどの大きな湖沼があった

山々は水が溜まりやすい地形だ


紀元前100年?
出雲が漢王朝から銅剣

紀元前100年
中尾遺跡は神武兄弟と同時期に建てられた
中尾遺跡は神武天皇4兄弟の世話と守りをしていた
大谷集落を隠すように取り巻く丘陵地の上にあり神武天皇4兄弟と同時期に建てられたものであると解する


紀元前99年
神戸が奉られた

紀元前98年
開化天皇(第9代) 崩御
115歳

紀元前97年
*1崇神天皇(第10代) 即位 崇神天皇(第10代)が船に乗って飛来し*2「鉾」を投じた

*1崇神天皇


崇神天皇(第10代)

*2両刃の剣に長い柄をつけた大昔の武器

*1崇神天皇(第10代)は二人いた?それとも*2神武天皇(初代)が二人? *1崇神天皇(第10代)と*2神武天皇(初代)の別称が同じ*3「ハツクニシラススメラミコト」なのである。

*3「ハツクニシラススメラミコト」


神武天皇と崇神天皇が戦った?
どちらの天皇も「ハツクニシラススメラミコト」と呼ばれた」


同一性から推測する説

「イザナギが黄泉から帰還する場面」≒「倭国大乱」≒「崇神天皇時代」

「崇神天皇の妹だった卑弥呼 連想 ゲーム 邪馬台国を探し求めることも、卑弥呼が誰だったかを考えるこ とも、一種の連想ゲームです。」

「ヒコホホデミ命(神武=崇神天皇、山彦)は、隙あらばと逆転を狙っていた海彦(隼人)を完全に押さ え込み、国を安定させました。」

「第10代崇神天皇について簡単に記述しておきます。 崇神天皇は実在が確かな初めての天皇と言われて います」


紀元前97年


カラクニ皇子(開化天皇(第9代)の子息・御間城入彦五十瓊殖尊"みまきいりびこいにえのみこと")が 出て来て開化天皇(第9代)を殺害し、自らが*1崇神天皇(第10代)として即位した

逸話 *1


コメント

「神武天皇』と第10代『崇神天皇(第10代) 』は同一人物だと考えている。 」 「崇神天皇(第10代) は日本人ではない!その異常な言動を暴露!」 崇神天皇記では、「人民の戸籍を作り課役を命じ、物は豊かで天下は平穏であった。 そこで天皇を誉め 讃えて「初めて天下を治めた天皇 」という」、となっている。 「崇神天皇始めて戸口を調べさせ給ふ」 「大き過ぎるが故に小ネタに成ってしまいそう」

紀元前97年
開化天皇(第9代) 弟を奥州のタカグラ王に即位させることに失敗

*1開化天皇(第9代) 開化(第9代)の皇子、彦坐(ひこいます)は、母親の妹、袁祁都比売(姥津媛・おけつひめ)を妃にしたと する。すなわち*2叔母を妃にした *2母親の妹


紀元前92年


崇神天皇5年 未月 疫病が流行り、半数近くの人民が死に絶えた。


紀元前91年


崇神天皇6年(天鈴627) 9月 16日夜 天皇(第10代)は、*1大国魂神を大和神社へ遷宮された *1国土神


17日夜
天照神を*1檜原神社(ひばら)へ遷宮され疫病を鎮めるべく、従来宮中に祀られていた天照大神と倭 大国魂神(大和大国魂神)を皇居の外に移した。

*1檜原神社

*1豊耜入姫によって「*2八咫鏡」が祀られた神社

*1崇神天皇(第10代)の皇女

*2八咫鏡(イメージ)



紀元前96年
天照神社(あまてる・じんじゃ)巨岩の磐座を*1天照国照彦火明櫛玉饒速日命

の御神体として創祀


紀元前94年



崇神天皇(第10代)皇居を移動


崇神天皇(第10代)は即位してから3年9カ月後に、奈良県の「三輪山」の西麓に三種の神器と共に 皇居を移動させました。 崇神天皇(第10代)は三輪の磯城端籬宮(しきのみずかきのみや)に皇居を定めて治世にあたったとされて いる


紀元前93年
10月
23日


勅命 豊耜入姫が天照神を笠縫に祭る
渟名城入姫が大国魂神を山辺の里に祭り始めた。 三種神宝が別々に祭られ始めた。


紀元前92年
8月
7日


倭迹迹日百襲姫命・大水口宿禰・伊勢麻績君の夢の中に大物主神が現れる
「大田田根子命を大 物主神を祀る祭主とし、市磯長尾市(いちしのながおち)を倭大国魂神を祀る祭主とすれば、天下は平ら ぐ」と言った。


9月
3日
鏡作坐天照御魂神社 社伝
社伝によると「紀元前92年、この地において日御像の鏡を鋳造し、天照大神の御魂となす。今の内侍所 の神鏡是なり」とあり


某日
疫病が流行った

祟神天皇(第10代)は畏れ宮中の二神を外に移した

疫病が流行り、多くの人民が死に絶えた。宮中に天照大神と倭大国魂の二神を祭っていたが、祟神天皇 (第10代)は二神の神威の強さを畏れ(疫病を鎮めるべく)、従来宮中に祀られていた天照大神と倭大国魂神 (大和大国魂神)を皇居の外に移した(宮の外で祀ることにした)。 天照大神を豊鍬入姫命に託し、笠縫邑に祀らせた。豊鍬入姫命はその後各地を移動した。


11月
3日
長尾市を大国魂神を祀る祭主にした 大田田根子を大物主神を祀る祭主に、長尾市を大国魂神を祀る祭主にした。


紀元前92年


未月未明
疫病を鎮めるべく 従来宮中に祀られていた天照大神と倭大国魂神 大和大国魂神を皇居の外に移した

紀元前92年
未月未明 檜原神社は、(第10代)祟神天皇6年にはじめて皇祖天照大神(八咫鏡)を宮中からうつしてまつる。

紀元前92年
未月未明
「天照大御神」及「草薙の剣」を朝廷より倭国笠縫邑に遷し、皇女豊鋤入姫命をして斎奉りける。』 豊鍬入姫命 天照大御神を初めて倭笠縫邑 (かさぬいむら)でお祀りした初代斎王 豊鍬入姫命は笠縫邑へ天照大御神を遷された後、丹後や吉備、紀伊と2回遷宮されたのち、再度この笠縫 邑に戻られたと伝わっている


紀元前91年


崇神天皇7年 三輪山を神体山とする古社。崇神天皇(第10代)七年 倭迹迹日百襲姫命に神懸りした大物主大神の託宣によ って創祀されたという。


紀元前90年
2月
3日


信託があった
迹迹日百襲姫の湯立て神事によって神託があった


10月


1日
第2代大物主の奇彦命の神託によって、大直根子命が大三輪神の斎主、長尾市命(ながおいち)が 大国魂神の斎主に任命された。


23日
*1豊耜入姫が檜原神社(ひばら)で天照神(八咫鏡)を祀る
その後、天照神(八咫鏡)は*2倭姫の手によって伊勢の地に遷された。

*1第10代崇神天皇の皇女で神社で天照の伝承を初めて祀った皇女

*2*1豊耜入姫の後継者

崇神天皇(第10代)の夢に*1大物主大神現れた


(本来の姿は)*1蛇の姿をしてる酒の神

だという

崇神天皇(第10代)の御代、疫病が流行し人々が死に絶えるのではないかと天皇は憂えていた時に、天皇の 夢に*大物主大神が現れて 「疫病の流行は私の意志によるのだ。自分の血を引く大直禰子の手によって祭られればそれは収まる」と 告げられます。 崇神天皇は、すぐさま、お告げ通りにし、以降疫病はやみ、五穀豊作となったという。

*1大物主大神(オホモノヌシ)


未月未明


崇神天皇の大おば、予言の能力が高かったと言われる倭迹迹日百襲姫命(やまとととびももそひめのみこ と)の寝室に、毎夜忍び込んでくる貴人がいた。 百襲姫の占いによって、それまで王家で一緒にまつっていた、王家の神「天照大神」と地の神「大国魂神 」を王家の館の外にそれぞけ別に分けてまつるようになった。

百襲姫 卑弥呼説



紀元前89年


御由緒によりますと、活日命は大和国添上郡高橋邑の人で、酒造りが巧かったので、崇神天皇(第10代)の8 年、大物主神へ奉る神酒の醸造人として召されたそうです。 (第10代)崇神天皇9年


紀元前88年


崇神天皇(第10代)が四道に将軍を派遣させた

『日本書紀』によると、崇神天皇10年(紀元前88年)にそれぞれ、ヤマト朝廷から北陸(越)、東海(尾 張)、西道(吉備)、丹波に派遣された。 崇神天皇10年 9月9日

場所の名前の由来は因縁であった


四道将軍父子が東北各地を平定した

後、この地で再会したことから

「会津」の地名が起こったと云われています。

会津から出土したと言われる



百済の王子温羅(うら)は備中国の新山に居城を構えた

しばしば西国から都へ送る物資を奪うなどの傍若無 人な振る舞いに、人々は恐れおののいていた。

鬼の城 古代の歴史書に登場しない
温羅が山から降りて女性をさらったり、物品を強奪したので都に訴えて討伐を要求した。 百済からの渡来人は、城壁のことを「ウル」と呼んでいたことから、王子はいつの間にか「温羅(うら)」 と呼ばれるようになりました

キビツヒコを派遣
朝廷は五十狭芹彦命(ひこいさせりひこのみこと)を派遣し、温羅を討伐しようとします。

キビツヒコ=本名=五十狭芹彦命のことで、弟の稚武彦命とともに吉備の国を平定し「吉備津彦」を名乗っ た。

温羅退治
吉備津彦命は温羅(ウラ)との戦いに備えて石楯を築き防戦準備(石を楯にして温羅の矢を防ぐ防石とな った)、家来の犬飼部の犬飼健命、鳥飼部の留玉臣命と猿飼部の楽々森彦命を連れて温羅退治に出発しま す。

鬼退治に見立てられた
吉備津彦命は吉備路に勢力を持っていた温羅を攻略した。 その過程が鬼退治に見立てられたと考えられている。

争いになりにらみ合った両者は互いに矢を射るが、ことごとく空中で絡み合い下に落ちてしまった。

この地が「矢喰宮」(岡山市・高塚)と言われている

吉備津彦命が温羅と矢合戦をしたときに弓と矢を置いたといわれている岩。

一本の矢が温羅の左目に命中
矢喰宮には、温羅は吉備津彦命の矢に対して、大きな岩を投げて対抗したと書いてある 吉備津彦命が一度に2本の矢を放つと、そのうちの一本が温羅の左目に命中し、温羅 の左目から川のよう に血が流れました。

これがのちの血吸川と言われています

吉備津彦との戦いで射られた温羅の片目から流れた血で赤く染まったと伝えられている川です。上流に人 がすんでいるため、あまりきれいではないという。

鯉になって逃げた鬼 桃太郎、鳥になって鯉を食う
温羅はこの川へ鯉になって逃げた 傷を負い、鯉に姿を変えて逃げる温羅だが、吉備津彦命(桃太郎)が鯉に姿を変えて逃げようとした温羅 (鬼)を、自ら鵜に変化して鯉を食べて退治した

温羅は戦いの末鯉喰神で敗れる

ここから先が少し違っていています。

温羅はその後殺されることなく吉備津彦の家来となりました。

「鉄」文化を欲しがった大和政権


百済から来たという温羅伝説は、やがて桃太郎のおとぎ話になる。

滅ぼしたのは崇神天皇(第10代)期に制定された四道将軍のひとり、吉備津彦である。

吉備津彦(桃太郎)は西道山陽道の国々を平定した
かくして吉備津彦は四道将軍のひとりとして、崇神天皇(第10代)に仕え西道山陽道の国々を平定した

吉備津彦神社が建てられた
永住された吉備の中山の麓の屋敷跡に社殿が建てられたのが吉備津彦神社。


姉のモモソヒメが死ぬと、ヤマトで箸墓が作られた。

阿倍臣(阿倍氏) を始めとする諸氏族の祖は四道将軍 の1人で、北陸 に派遣されたという。


紀元前88年


四道将軍大毘古命と建沼河別命の親子が蝦夷を平定するため北陸道と東海道に派遣された折、出会った土 地を会津と名付け、天津嶽(御神楽岳)山頂に國土開拓の祖神として諾冉(イザナギ、イザナミ)二神を祀 ったのが起源という


紀元前87年


崇神天皇(第10代)は 崇神天皇(第10代)は教えを受けない者があれば兵を挙げて伐つようにと将軍の印綬を授けられ、地方の敵 を帰順させて凱旋したとされている。 崇神天皇11年


紀元前86年


崇神天皇12年 秋9月 16日 初めて人民の小口調査をして、人民に調役(税金と雑徭)を科しました。男の弭調(ユハズノミツキ=動 物の肉や皮などの狩猟生産物)を、女の手末調(タナスエノミツキ=絹・布などの手工業生産品)です。 これで天神地祇(アマツカミクニツカミ)に納めて、風雨を神の心にまかせたので、百穀(モモタナツモ ノ)がなりました。家には物が溢れて、人が増え、天下は太平になりました。そこで崇神天皇は御肇国天 皇(ハツクニシラススメラミコト=初めて治めた天皇)と呼ばれました。


紀元前81年


崇神天皇17年 秋7月 崇神天皇は詔(ミコトノリ)をしました。 「舟は天下の大事な物です。今、海辺の民は舟が無くて、甚(ニヘサ=朝廷への献上品)を歩いて運び、 苦しんでいる。諸国は船舶(フネ)を作らせよ」


紀元前80年


出雲戦争

紀元前80年頃
天照大神 対馬において 磐船に乗って河内湖に入り 草香津に上陸し そこに草香宮を造る


紀元前70年頃


ニーファイ人が日本にやって来る



バウンティフルの地は北九州にありました



紀元前69年


垂仁天皇(第11代 生誕) 崇神天皇29年 1月27日


紀元前66年


神倭朝 不合第七三代 彦五瀬天日園天皇 死去 紀元前60年代


紀元前59年


元伊勢内宮 皇大神社 創建天照大御神(天照大神)が祀られ 紀元前59年 天照太神を奉じた豊鋤入姫命(とよすきいりひめのみこと)が鎮座地を求めて但波(丹波)国へ遷幸

紀元前59年
「別に大宮地を求め鎮め祀れ」との皇大神の御教えがあった 皇大神社(こうたいじんじゃ)〔元伊勢内宮〕崇神天皇39年


紀元前55年


ヤマト族が奄美大島にやってきた



紀元前52年


片塩浮孔宮(鳥取県湯梨浜町南谷) 第二代の生年とされる

現在は高田市内だが、かつては北葛城郡に含まれ、駅名は安寧天皇の皇居「片塩浮孔宮」に由来

する





















当時 の地名「浮孔村」から。

浮孔駅

第三代の生年は紀元前23年頃であろう。 時代は弥生中期である


紀元前50年代


大和族の王であった神武(サノ彦)が事代主の娘を娶り、大和朝廷が確立する このとき大和族の第八代孝元天皇の孫である武内宿禰は、出雲族の物部から

八雲叢雲十種神宝の行法を奪 った

八雲叢雲十種神宝 沖津鏡、辺津鏡 、八握剣、生玉、死反玉、足玉、道反玉、蛇比礼、蜂比礼、品物比礼 この神宝を用いて鎮魂祭(みたましずめのまつり)を行うことにより、病み患い、痛み苦しみは全て直り 、十種 神宝は呪術に使うもので死者さえも蘇生させるという この十種の神宝を合わせて、「一、二、三、四、五、六、七、八、九、十」といってゆらりゆらりと振れば 、死人も必ず生き返るといわれています。 天皇家が物部氏から引き継いだといわれる鎮魂祭が形を変え秋田の物部氏にも残っていた。

武内宿禰 武内宿禰は360歳以上まで生きて姿を消したと言われる

実は世襲だった

紀元前50年頃
出雲と大和の決着が着いた
4、500年 続いた出雲族と大和族の覇権争いに一応の決着がついた

紀元前50年
崇神天皇(第11代)の夢の前兆により垂仁天皇(後の第11代天皇 )が皇太子に立てられる (第11代)崇神天皇48年4月


紀元前47年
4月
8日


崇神天皇51年 4月8日

豊鋤入姫命 がアマテラス大神を遷座

天照皇大神の御霊代を奉戴名草濱宮に遷座

せんざ 【遷座】 《名・ス他》天皇または神体・仏像の座を他の場所にうつすこと。


紀元前37年


イエス 生誕 竹内文書

紀元前、 1年が360日から365日に激変した、天体規模の大変異 住人田道間守

天日槍命(天之日矛)の後裔である田道間守は、 神社付近の安美谷を開墾した開拓神。 三宅、橘守、糸 井連等の始祖。 こうえい 【後裔】 子孫。すえ。後胤(こういん)。 かいこん 【開墾】 《名・ス他》山野を切りひらき耕して、新しく田畑とすること。

菓祖神社 左の細い道の方には『菓祖神社』の社号標と由緒書きが。こちらに祀られているのはなんとお菓子の神様 (!)です。祭神は『田道間守命(たぢまもりのみこと)』、 果物の祖と言われる橘を日本に持ち帰ったとされる田道間守命と、日本で初めて饅頭をつくったとされる 林浄因命の2神を菓子の祖神として祀る社です。


江戸時代以降、佐賀県内で菓子作りが盛んになるにつれ、業者の信仰を集めるようになった

お菓子の神様とは田道間守(たじまもり)のこと。 その昔、天皇の勅命により不老不死の妙薬とされた
「非 時香果」(橘・みかんの原生種)

を日本へ持ち帰る

ちょくめい 【勅命】 天皇の命令。

それから10年後に、その実を手に田道間守は旅から戻ったのだが・・・時すでに遅く、天皇は崩御され ていた ほうぎょ 【崩御】 《名・ス自》天皇・皇后・皇太后・太皇太后が死ぬことの尊敬語。

紀元前37年
崇神天皇(第10代) により神社が創建された 吉備津彦命が武渟名川別と一緒に出雲国の「出雲振根」を征伐した 崇神天皇60年


紀元前33年


熊野三山のなかでもとりわけ古式ゆかしい雰囲気ただよう本宮創建は紀元前33年古来熊野の神と言えば本 宮のことだった大斎原にあったイチイの木に熊野権現が三体の月


紀元前29年
1月
9日
(崇神天皇68年12月5日)
*1崇神天皇(第10代)崩御

*1大和朝廷の礎を築いた最初の天皇

*1奈良盆地の桜井市には数多くの*2古墳があって、最古の天皇と言われる*3崇神天皇の陵は宮内庁管 理の立派な*2前方後円墳だ。

*1現存した天皇と*1言われる

*1多くの活動記録を残し、現代の日本の学術上、実在の可能性がある程度見込めるとされている

崇神天皇(第10代)2古墳



*2 232m

*2行燈山古墳

*2動画


紀元前29年
1月
2日
垂仁天皇(第11代) 即位
垂仁天皇元年1月2日


紀元前28年
垂仁天皇(第11代) 狭穂姫を立后、10月、纒向に遷都した。
垂仁天皇2年2月


紀元前25年
垂仁天皇(第11代) 狭穂姫を立后、10月、纒向に遷都した。
垂仁天皇2年2月

ローマ帝国の首都ローマは、この頃、中国の首都長安を抜いて世界最大の都市になっていた

紀元前24年


垂仁天皇(第11代)皇后の兄が反乱を犯す皇后の兄・狭穂彦が叛乱を起こ し、皇后は兄に従って焼死。 垂仁天皇4年10月

紀元前24年
日本で初めて相撲が行われた メソポタミアで天皇ヤコブが天使と行った相撲が十支族の一団と共に日本へやってきて、その一族の野見 宿禰が日本で相撲を初めて行った ↓



當麻蹶速と野見宿禰の天覧相撲

「日本書紀」によると、垂仁天皇の御世、当麻蹴速(とうまのけはや)と野見宿禰が角力(相撲)をとり、宿禰 が勝ち、大和国当麻の地を与えられた。
相撲とは、陣取り合戦なのである

野見宿禰の時代 ノミノスクネは天皇に仕えたが、この時代には皇族が死ぬと家臣が殉死する習慣があり心を痛めていた。

野見宿禰神社に参拝する、大相撲の東横綱稀勢の里


野見宿禰はハニワ(土偶では)の元祖とも云われている


調べて見ると、エジプトにも相撲があった (こちらの方が紀元が古い)



紀元前23年


第三代 安寧天皇 (師木津日子玉手見) 片塩浮孔宮(鳥取県湯梨浜町南谷)


紀元前20年


スサノオは,恋人イナダヒメ( 稲田姫)を土地の豪族


紀元前14年


垂仁天皇(第11代)は日葉酢媛を皇后とした 丹波道主王の女たちを後宮に入れ、8月にその中から日葉酢媛を皇后とした 垂仁天皇15年2月


紀元前7年


そして、イワレヒコが初代天皇「神武天皇」として書き換えられたのだが、 天皇はニギハヤヒから始まり、その血統であ る事は紛れもない事実

その初代天皇の神武天皇は、国内を治めるにふさわしい土地を求めそれまでの日向の高千穂の地からはな れ、大和に都をつくろうと決心する

神武天皇が日向(宮崎県と鹿児島県)にいて 東征を始める


神武天皇東征経路

神武天皇が東征の旅に船出したという海軍発祥の碑が残る


いしぶみ [ 碑 ]人類が何らかの目的をもって銘文(碑文ともいう)を刻んで建立した石の総称。

名物お船出団子


神武天皇は「筑紫の日向の高千穂の宮」

すなわち

邪馬壹国の女王国であった英彦山の宮

で、東征の協議や 祈祷をし、出発にさいし祖先(卑弥呼)の墓所である宇佐に参じた


神武天皇 宮崎神社から伊勢神宮への経路

古事記の神武東征神話によると、初め日向(ひむか)の国<宮崎県>の高千穂宮(たかちほのみや)にいた神倭 伊波礼毘古命(カムヤマトイハレビコノミコト)( 神武天皇)

神武天皇が長髄彦と交戦する
神武天皇(カムヤマトイワレビコノミコト)が日向(宮崎県)から東征の途次、生駒山を越えて倭の地に 侵入を試みますが、そこで長髄彦(ナガスネヒコ)軍の頑強な抵抗があった

トビが光輝いた
神武天皇は長髄彦(ナガスネヒコ)との戦いで苦戦していると、金鵄が天皇の弓の上端に飛来し、黄金色 のトビ(鵄)が光り輝き、長髄彦の軍を眩ませた


長髄彦は山に逃がれる
邪馬台国王だった安日彦(あびひこ)と弟の長髄彦(ながすねひこ)は、やむをえず宇濤前の飛鳥(ひちょう)山に逃れ

、落着するとそこに仮陣を張った

耶馬台城

安日彦、長髄彦が日向軍に備えた城の石垣で、中国の陽(yang)茂(mao)台(tai)(やんまおたい=耶馬台)に ゆらいする称名

青森の北に飛鳥山があり、その林中に耶馬台城があったそうだ。


長髄彦は神武天皇(天族)に殺された
安日彦・長髄彦軍は総崩れとなり、その時、「長髄彦(元々の日本の王とされている)」が、侵略者である 神武天皇に殺されます

生駒の長髄彦


長髄彦の人骨が発見された


兄は辛うじて逃れることができた
丹波より船で日本海を北上し、津軽十三湊に着いた
長髄彦の兄・ 安日彦は、北の大地に逃れ、そこで南方系、北方系の民族を束ねる


神武東征に破れた長髄彦の兄安日彦を祖先にもつという安東氏の本拠地が十三湊


十三湊模型



11世紀から14世紀にかけて、 宗との貿易で栄え、日本海側随一の港町であった。

ナマハゲの正体

安日彦・長髄彦は古代津軽を統一したとされる ちなみにナマハゲの正体は邪馬台国の王長髄彦だった

相内神明宮 (青森県五所川原市)
別称 長髄神社

安東・阿部の祖にあたる安日彦、長髄彦の遺骸を再葬した墓地と伝えられ、長髄神社、荒吐神社と称していました



紀元前4年
3月
10日
(*a太陰暦) *1垂仁天皇(第11代)が*2天照大神の祭祀を皇女の*3倭姫命に託す *3続きを読む


紀元前2年


諸神社に武器を献納し、神地・神戸を定める。 この年、来目(奈良県橿原市久米町)に初めて屯倉を興す。 (第11代)垂仁天皇27年8月


紀元前1年


殉死の禁令 (第11代)垂仁天皇28年

紀元前1年
倭国 その一部は前漢の楽浪郡に朝献をする 西暦0年 (第11代)垂仁天皇28年








Last updated  2018.11.24 20:58:37
コメント(0) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.