112900 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

楽天@マーケット

PR

Profile


電球ピカソ

Calendar

Archives

Category

Recent Posts

Comments

ステマしないでください@ Re:法律で認められている医療大麻 CBDオイル1(06/09) 764 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:…
電球ピカソ@ Re[1]:法律で認められている医療大麻 CBDオイル1(06/09) 著作権者さんへ 参考にしますので著作権の…
著作権者@ 画像の無断使用について こちらの記事に使用されている画像の中に…
http://buycialisky.com/@ Re:全年代一覧表(04/07) what does cialis look likeviagra vs cia…
http://viagrayosale.com/@ Re:全年代一覧表(04/07) best price on viagra 100mg <a href=…

Keyword Search

▼キーワード検索

2018.04.10
XML
カテゴリ:紀元前
紀元前
紀元前9000年~紀元前2000年
紀元前1999年~紀元前660年
紀元前659年〜紀元前149年
紀元前148年〜紀元前1年
西暦
1年~199年200年~573年574年~709年710年~780年781年~899年900年~1332年1333年~1361年1362年1363年~1599年1600年~1670年1671年~1799年1800年~1867年1868年~1879年1880年~1909年1910年~1930年1931年~1947年1948年1949年~1959年1960年~1962年1963年 1964年 1965年~1979年
1980年 1981年 1982年 1983年 1984年 1985年 1986年 1987年 1988年 1989年 1990年 1991年 1992年 1993年 1994年1995年~1999年2000年 2001年 2002年2003年~2008年2009年~2011年2012年2013年~2014年2015年 2016年 2017年 2018年


紀元前659年



神武天皇は部下に褒美を授けた
神武天皇2年

功(ほうび)を定め、*1道臣命は*2築坂邑に、*3大来目を*4畝傍山の西に居住させた。

*1神武東征に従軍した

*2奈良県橿原市鳥屋町・*2築坂邑(つきさか・むら)


*2現在は跡地となっている

*3:ニニギの天孫降臨に帯同した人

*4畝傍山 *5周りは*5山に*5囲まれている

*5奈良盆地となっている


*=リセット

神武天皇は*論功行賞(ほうび)を行い、*1椎根津彦命は倭国造に任命されました。

*手柄)の有無・大小などを、論じ合って相応した賞(戦利)を与える・ほうび

*1東征において*3速吸門で*a出会った国つ神

*a紀元前667年10月当時

*1椎根津彦命は珍彦命という名だった
が*aこの時に*1椎根津彦命の御名を神武天皇から賜わる

*3岡山市にある湾


*3岡山県岡山市東区水門町

*2大和を征服して橿原宮で即位するまでの遠征

*2大和は東にあった

これを伝え聞いた里人らがその後、*3小祠(ほこら)を建ててお祀りしたのが*4「椎根津彦神社」の創祀 と伝えられています

*3「ほくら(神庫、宝倉)」の転訛

*4「椎根津彦神社」


以下は未編集 観覧可能 弟猾を猛田邑の県主、弟磯城を磯城の県主に任じ、高皇産霊尊の子孫の剣根を葛城国造に任じた

橿原−橿原宮で、神武天皇が即位した。 築坂邑−大伴氏の祖の道臣が宅地を賜る。 久米邑−久米氏の祖 の大来目が宅地を賜る。


併せて八咫烏を「幸を運ぶ鳥」と褒賞した


道臣命


道臣命を奉る唯一の神社・伴林氏神社


鳥坂神社(とりさかじんじゃ)創立は不明だが、延喜式神名帳にものる古い神社のようだ。 近くに「築坂 邑(つきさかむら)伝承地」の石碑あり。鳥坂神社が近くだということが知れる。 鳥は、カラスやそのほか道案内の神でもあります。道臣命(みちのおみのみこと)という神様も、鳥装の神 だったかもしれません。

天忍日命は神武東征編の道臣命の遠祖とされており、道臣命もまた天孫を導く役目を担っていました。藤 原鎌足=中臣鎌足の直系祖先=天忍日命


紀元前658年


日前神宮・國懸神宮併せて「にちぜんぐう」 和歌山 (初代)神武天皇2年


紀元前657年


奈良県宇陀市:桜井市 神武天皇4年 天下を平定し海内無事を以て詔し、鳥見山に皇祖天神を祀った。


紀元前657年
六所神社が創建された 六所皇大神宮と石柱の由来當霊地は筑波地方の総社として創建された 神武天皇四年


紀元前643年


伊勢神宮・鹿島神宮・香取神宮 創建

神宮近代まで「神宮」と呼ばれていたのは、伊勢神宮、香取神宮、そして鹿島神宮の三社のみで、由緒と 歴史の長さでは別格の存在

香取神宮 全国に約600社ある鹿島神社の総本社


鹿島神宮


伊勢神宮




紀元前632年


綏靖天皇(第2代)が生誕


2人の兄がいた
手研耳命(たぎしみみのみこと)という長兄と神八井耳命(かんやいみみのみこと )の次兄です。
神武天皇とヤマトの娘から産まれました

神武天皇29年

綏靖天皇(第2代) 熟年期


紀元前619年 壬寅(みずのえとら)


紀元前600年あ


弥生人が出雲にやってきた

中国大陸や朝鮮半島から稲作と金属器を持った弥生人が対馬海流に乗って出雲に渡来して来た


対馬海流


紀元前593年


神武天皇68年 エゼキエル UFO目撃


紀元前588年


神武天皇73年 縄文時代晩期


紀元前585年
4月
9日
神武天皇127歳で亡くなる

奈良県 橿原市 4月9日 神武天皇76年

第二代天皇は悲嘆
神武天皇の第三子だった神渟名川耳尊(後の綏靖天皇(第2代))は、悲嘆に暮れていた。

実権を腹違いが握る
初代天皇の神武天皇が亡くなった後、父の政治を手助けしていた(綏靖天皇(第2代)から見て)腹違いの兄・ 手研耳命(たぎしみみ)が実権を握ります

遺族で豪族政権争いが勃発
(神武天皇とともに東征してきた旧勢力と地元豪族との政権争いがあった)
神武天皇の没後長兄の手研耳尊(たぎしみみのみこと)が自分たち異母弟を殺害しようとした

反乱が事前に発覚
五十鈴媛は、我が子である神八井耳命と神渟名川耳命とともに手研耳命を討ち、政権を握 り、九州出身の手研耳尊(神武天皇の子・五十鈴媛の腹違い)を討伐して、綏靖天皇(第2代)は王位についた 。

神武天皇(初代)と綏靖天皇(第2代)の舞台 根国での冒険の舞台は鳥取県倉吉市余戸谷町の清熊稲荷神社であり、第2代綏靖天皇の皇居は鳥取県北栄 町曲の岡神社であった。



紀元前582年


1月
8日
綏靖天皇(第2代)が即位
即位した神沼河耳命=神渟名川耳尊(カムヌナカワミミノミコト)は皇位を継ぎました。葛城に都を作り ました。 元年 春1月8日

神武天皇(初代)も 四人兄弟の末皇子で、綏靖天皇(第2代)も三人兄弟の末皇子である。記紀によれば古代に は末子が皇位についている記述が多く、これをもって古代には末子相続の思想あるようだ


紀元前553年


安寧天皇(後の第3代) 第二皇子として 生誕
父 綏靖天皇(第2代) 母 渟名底仲媛命(ぬなそこなかつひめ) 綏靖天皇29年


紀元前549年


5月
10日
綏靖天皇(第2代) 崩御
綏靖天皇33年5月10日 享年45歳(古事記) or 84歳(日本書記)

逸話 「綏靖天皇(第2代)は朝に夕に人間を7人食べていた。」(中世の書) 「彼は巨人だったという事だ」 「爬虫類エイリアンのアヌンナキ族だった」


紀元前548年


10月
11日
靖天皇(第2代) が葬られる
皇紀113年10月11日

綏靖天皇は大和国の桃花鳥田(つきだ)の丘の上の陵(みささぎ)に葬られたそうです。


綏靖天皇(第2代) 御陵

紀元前500〜400年
シュメールが日本に着く 消えたシュメール王朝と古代日本の謎

紀元前500年以上前
インド王族が出雲王朝を作った


津軽

まだ出雲大社もなく、出雲神話真っ只中のころ、インドの一王族の一行が津軽経由で北から出雲に漂着し 、出雲王朝を作った

インドから渡海した「出雲族=ソナカ仏教布教団」


アショカ王の王位継承の証「十種神宝」

をソナカ(出雲族)が所有していた

歓喜天の元がインドのガネーシャ

で、出雲族の伝承によると幸神三神の子神であるサルタヒコ大神の元は 同じくガネーシャだ


紀元前500代


日本最古の出雲王朝は 主王(大名持オオナモチ)と副王(少彦スクナヒコ
初代の王「菅の八つ耳」(すがのやつみみ)


紀元前500年〜400年頃
アマ族が日本に戻ってくる
この頃日本にはごく少数の天狗族と多数の縄文人がいた 縄文人たちが制圧されるなか天狗族たちは山に隠 れて固唾を飲んでその情勢を見守っていた


紀元前477年


懿徳天皇(第4代) 崩御
天皇34年


紀元前475年
島六社権現の一つで、神武天皇(初代)を祀る
孝昭天皇(第5代)により神武天皇(初代)ご生誕の地に創建 されたとされる

孝昭天皇(第5代) の長男、天押帯日子の命は、春日の臣、小野氏をはじめとするたくさんの氏族の祖先と なっている。

御真津日子訶恵志泥命(ミマツヒコカエシネノミコト=孝昭天皇(第5代))は葛城(カズラギ)の掖上宮( ワキガミノミヤ)で天下を治めました。


紀元前473年


大宮の氷川神社 建立
孝昭天皇3年(社伝) 関東地方を治めていた武士達からの崇敬が厚く、荒川の流域には数多くの分社が建てられた。

紀元前473年
呉国 滅亡に追い込まれる

会盟を結びに行っている隙を突いて呉を攻め、呉王・夫差の留守をねらって呉国に攻め込んで呉に大打撃 を与えた越王・勾践により、紀元前473年、呉国も滅亡に追い込まれる。

かいめい [会盟] 覇者が諸侯を集めて、盟約を結ぶこと

呉国 長年の抗争を経て越国


に滅ぼされる(臥薪嘗胆のエピソード誕生)

春秋時代に蘇州、南京周辺を支配していた呉と隣国の越

呉国の伍子胥は、呉はもう滅亡すると知り、息子を斉国の知人に預け、自らは呉国に戻り死のうとします 。

越に殺された呉の6代王闔閭(こうりょ)

の墓稜葬儀の3日後に白い虎が現れて墓の上にうずくまった

ので、虎丘と呼ばれるようになった

呉の滅亡後、姫姓が日本へ渡来(亡命・脱出)。

呉音霊の主体とされる姫氏の呉太伯が江南から日本に来たという話と天台山の地主神である姫姓王氏の王 子晋が日本に降臨したという話は完全にかぶっている。


紀元前471年


越国に併合されたばかりで未だ混乱止まない旧呉国領に侵入した楚国は、旧鐘吾国領を含む、 多くの土地 をその領土に編入することに成功する。


紀元前421年


これまでの九州の参考資料


ここでは吉野ヶ里遺跡と穴門以外の地名はモルモン書で記述されている地名を用います。 九州に於ける最 も重要な拠点である吉野ヶ里遺跡は赤色で記しました。


紀元前400年


二つのスメル族のグループの間で戦いが勃発


紀元前393年


考昭天皇(第5代)崩御
孝昭天皇83年

孝昭天皇(第5代)についてのコメント 最初は、「孝昭天皇? 誰? 第何代? 何をした人?」というような有様で、陵墓制覇の道を歩もうとは夢 にも思っていませんでした。


紀元前391年


孝安天皇(第6代) 宮を室秋津島宮に遷す
孝安天皇2年

紀元前390年
三陸・房総超巨大海溝型地震 発生
津波 M9


紀元前334年


越国 楚国の攻撃を受け滅亡
続いて、その楚国も紀元前223年に秦国の侵入により滅亡する。


紀元前330年


弥生時代に移り始める


紀元前300年


四ツ池遺跡で大規模な集落

営まれる(堺市)

紀元前300年頃
アマミキヨが宇佐浜に移り住み粟と小さな部落をつくる

奄美大島から

紀元前300年頃
パミール高原に天(アマ) 族がいた

紀元前300年頃
美津足国 地震で沈没

紀元前300年頃
秦氏が日本にやってきた
祭司はおらず アークが神輿に取り込まれて行った


紀元前292年


考安天皇(第6代 崩御)


紀元前290年


孝霊天皇(第7代) 即位


紀元前273年


孝元天皇(第8代) 生誕

しかし専門家曰くこのように述べている 「黒田はヤマトトトビモモソ姫(卑弥呼)の父、孝霊天皇の都(黒田廬戸宮)とされる土地なので、卑弥 呼の居所をこの付近とすることに何の矛盾もありません。」


紀元前219年


徐福(スサノオ)船で石見の海岸に渡来 速玉男命は徐福(紀元前219年の第一次)の重臣だった

この年の世界の出来事 中国:徐福が始皇帝に不老不死の妙薬があることを伝える



紀元前217年


徐福

が日本列島へやってきた

出航地については、現在の山東省から浙江省にかけて諸説ある

が、河北省秦皇島、浙江省寧波市慈渓市が有力とされる。途中、現在の韓国済州道西帰浦市(ソギポ市)や朝鮮半島の西岸に立寄り、日本に辿 り着いたとされる。

孝霊天皇

父は第6代孝安天皇、母は皇后で天足彦国押人命の娘の押媛(忍鹿比売)。 兄弟として、『古事記』では同母兄に大吉備諸進命の名が見える。


紀元前215年


考元天皇(第7代) 崩御


紀元前211年


倭族のテン王国 13代の王統が続く
この時まで


紀元前210年


戸隠神社 創建
日本神話にある、天照大神が天の岩屋にお隠れになった時に無双の神力をもって、
天の岩戸をお開きになった天手力雄命

を戸隠山の麓に奉斎した事に始まるとされる

天岩戸に御隠れになった天照大神に何とか出てきてもらおうと踊る天宇受売命

と大岩をこじ開ける天手力 男命の絵が奉納されています。


紀元前208年


開化天皇(第9代) 生誕


開化天皇(第9代) 熟年期


紀元前207年
3月
18日
出雲で20歳になると同時にスメラミコトに即位日の本国を建国 (夢のお告げ)


紀元前200年
日本の絹を求めて、中国人とユダヤと天皇家が、争いを繰り返していた


紀元前200年頃
出雲大社造営

紀元前200年頃
呉が日本にやってくる
紀元前200年頃のお話で、抗争の末、呉が滅び亡命の民がはるか日本にやって来て、稲作や呉の服装( 呉服)を伝えたという説もあります


紀元前194年
殷王朝の末裔準王

は、ヤマトにわたってきている可能性が高い

準王または箕準は、箕子朝鮮の第41代の王

燕から亡命した衛満をかくまっていたが、衛満が我ら亡命 者が朝鮮を護ると準王にとりいり、朝鮮西部に亡命者コロニーを造った。そして、漢が攻めてきたので準 王を護るという偽りの口実で、王都に乗りこんできた。 準王(箕準)の代になると、秦の動乱により燕・斉・趙から朝鮮へ逃亡する民が増加した。


紀元前180年

ニニギ命 瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)



はアマテラスの命を受け、三種の神器を携え、多くの神々を率いて高千穂に降った天孫
天照大御神の年齢は 65歳くらいだった



紀元前159年


神武天皇 その世を去り、その魂は3度転生して 今のそなたが生まれた(夢のお告げ)


紀元前158年


孝元天皇(第8代)崩御
円丘の麓近くに何やら石祠が見えます

孝元天皇陵の域内には前方後円墳1基と、 円墳2基が存在する

みささぎ 【陵】 天皇・皇后などの墓。御陵(ごりょう)

せきし、いしのほこら 【石祠】 「ほくら(神庫、宝倉)」の転訛という

安倍晴明公は孝元帝(こうげんてい)の皇子・大彦命(おおびこのみこと)

の御後胤で、 幼い頃から聡明で陰陽を極めていた。

ごこういん 【御後胤】子孫、後裔

いんよう 【陰陽】 1. 中国の易学でいう、宇宙の万物を作り、支配する二つの相反する性質を持つ気。積極的なものを陽、消極 的なものを陰とする。日・男・春・奇数などは陽、月・女・秋・偶数などは陰。おんよう。 2. 磁気・電気などの陰極と陽極。

安倍晴明(920-1005)

は、孝元天皇(第8代)の皇子・大彦命(おおびこのみこと)の子孫で、幼い頃から 多くの分野に秀でていた


大彦命(おおびこのみこと)
孝元天皇(第8代)滅後、子息の開化帝(九代天皇)

が、大和のワケグラ王に即位

この当時のマップ(推測)







Last updated  2018.04.19 09:49:23
コメント(0) | コメントを書く
[紀元前] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.