148230 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

楽天@マーケット

PR

Profile


電球ピカソ

Calendar

Archives

Category

Recent Posts

Comments

ステマしないでください@ Re:法律で認められている医療大麻 CBDオイル1(06/09) 764 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:…
電球ピカソ@ Re[1]:法律で認められている医療大麻 CBDオイル1(06/09) 著作権者さんへ 参考にしますので著作権の…
著作権者@ 画像の無断使用について こちらの記事に使用されている画像の中に…
http://buycialisky.com/@ Re:全年代一覧表(04/07) what does cialis look likeviagra vs cia…

Keyword Search

▼キーワード検索

2019.10.20
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
このページは日本の天皇皇室制度がどのようだったのか、後世に残しておくページです。

将来の皆様がこの項目を読んでいる時、大半の内容は様々な資料で拾って見れるでしょうが、具体的どうだったか、というのを現在の観点からしてその事をあえて内容視して作らせて頂きました。

誰でもそんな事ができるのは竹内文書や富士王朝文献にも見られる通り。
たくさんの人々が文献を作ったりその結果代々持っているはず。
つまり、これは公式な書記ではなく、あくまで民間人が作ったものでありますが歴史的資料としては、時代を越える価値があります。

竹内文書や富士王朝のそれと比較するのは泥土亀月の差で恐縮ですが今感じているとおりに日本の現状を書き込んで行きたい。
いつかそのような歴史的資料になることは甚だ想像できませんが。

何百年何千年、何万年後かにこの記事が歴史的資料になることを願って。
いわゆる書記通信です。

この時代、日本はどうだったか?
この時代の日本は、皇室制度はありました。
天皇陛下はというと、現在、大嘗祭を控えている状態です。

民衆はどうだったか
日本国民は変わらずいるのですが、某帯やマスコミは反日や在日韓国人が多く、日本を乗っ取ろうという連中もたくさんいる

何が流行ってたか
もっぱら人々は携帯電話をいじくってそこでインターネットをしています。流行ってたものは多種多様ですが流行りという流行りはなく、半強制的に(この時代、その事をゴリ押しという)流行らして、これといってみな流行りに乗ることはありませんでした。

天皇はどのような人だったか?
令和時代の天皇陛下は大帝一時代のように国中を統括しているわけではありません。
相変わらず日本政府が代理となって戦争屋と関与して日本を動かしてます。

この時代は戦後やその仕組みが情報通信網(インターネット)などで見られ、その起因や原因が解明されたり、その内容を個人で調べたりできる時代でした

メディアが犯罪をおかしている時代であった
この時代はインターネットが主流で個人的意見が重要視される時代です。メディアの一言が個人的議論に発展したり、大問題になったりして、メディアはその逃げ場として該当者が逃げる道となりました。

天皇陛下はこのような環境で興味本位でメディアに利用されて、神道の方は全然浸透してません。
これを戦後でいうなら3Sのままです

令和時代の天皇陛下は大日帝(明治天皇)のように威信を発してるわけでもなく、平成の時代のために日々平和な時代を望んでおられるようです。一般人がお目にかかることはまずありません。

誰が日本を統治してたか。
実際統治してた人はいません。戦後アメリカの主体の流れや在日の間接支配など様々なものが集大成を成して主体としていきていました。一言でいうなら銀行や戦争が第二次世界大戦後をずっと監視しているような状態です。これは日本だけでなく、植民地時代から続いているものです

アメリカも実はリンカーンが殺された時点で乗っ取られてます。日本が第二次世界大戦をしたのはそのためです。
昭和日帝は暗殺者と戦ってました

明治ではアメリカとそっくりの紙幣が作られてた。この時までは明治とアメリカは同盟国だった。

しかしリンカーン暗殺から理解が変わった。
この後に起こったのが日本のアメリカへの宣戦布告である
株式会社アメリカは最初から同盟するつもりなんてなかった。


日本国民、及び昭和天皇は日本が侵攻されることに気づいた

この時代(現代)
wifiという通信手段が主流だった
通貨は紙幣と硬貨、10000円札は福沢諭吉
ハゲゴリ押しが流行ってた
引き殺しや故意に突っ込んでブレーキとアクセルを踏み間違えるという報道が目立った(あなたの時代の事件をご覧下さい)

顔つき
サラリーマンの顔した女子高生が増えた






Last updated  2019.10.21 12:01:17
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.