209814 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

楽天@マーケット

PR

Profile


電球ピカソ

Calendar

Archives

Category

Recent Posts

Comments

ステマしないでください@ Re:法律で認められている医療大麻 CBDオイル1(06/09) 764 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:…
電球ピカソ@ Re[1]:法律で認められている医療大麻 CBDオイル1(06/09) 著作権者さんへ 参考にしますので著作権の…
著作権者@ 画像の無断使用について こちらの記事に使用されている画像の中に…
http://buycialisky.com/@ Re:全年代一覧表(04/07) what does cialis look likeviagra vs cia…

Keyword Search

▼キーワード検索

2019.12.01
XML
カテゴリ:聖剣伝説
文久2年(1862年)5月3日

会津藩松平容保(後に新選組を採用)が徳川十四代目将軍家茂からお呼びがかかる。

松平容保



将軍徳川家茂
「折々登城し幕政の相談にあずかるように

徳川家茂(いえもち)


と命じられ、幕政に参政するようになる。


文久2年閏8月1日(1862年9月24日)

松平容保は京都守護職に就任した。

容保は当初は時疫にかかって病の床にあり、再三これを就任を固辞していた
松平容保
「顧みるに容保は才うすく、この空前の大任に当たる自信はない。



松平容保
「その上わが城は東北に僻在していて家臣らは都の風習にはくらく、なまじ台命(将軍家茂の命令)と藩祖(保科正之)の遺訓(前述の会津藩家訓)を重んじて浅才を忘れ大任に当たれば、万一の過失のあった場合累は(徳川)宗家におよび、すなわち国家におよび、一家一身万死を持ってしても償いがたい


と断り続けたが、政治総裁職松平春嶽や幕臣たちは日夜勧誘に来て、会津藩家訓を持ち出した

松平春嶽
「土津公(正之)ならばお受けしただろう


松平春嶽

と言って詰めより、

家訓を持ち出した(引き合いに出した)
会津藩祖・保科正之(家訓)
「会津藩たるは将軍家を守護すべき存在

会津藩祖・保科正之


辞する言葉もなくなった会津藩9代目松平容保はついに京都守護職を承諾した。

松平容保の家臣たちは固(もと)より反対していたので
松平容保が任を受けた時君臣たちは
家臣たち
「これで会津藩は滅びる

と、肩を抱き合って慟哭したという。


250円

【中古】文庫 ≪歴史・地理≫ 会津の義 幕末の藩主松平容保 / 植松三十里【タイムセール】【中古】afb

1650円

【新品】【本】会津藩は朝敵にあらず 松平容保の明治維新 星亮一/著

関連カテゴリー
聖剣伝説 日本神話 目次
ドラゴンクエスト 目次
漫画アフィリエイト 目次
音楽スタジオ 目次






Last updated  2019.12.02 00:21:54
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.