106801 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

楽天@マーケット

PR

Profile


電球ピカソ

Calendar

Archives

Category

Recent Posts

Comments

ステマしないでください@ Re:法律で認められている医療大麻 CBDオイル1(06/09) 764 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:…
電球ピカソ@ Re[1]:法律で認められている医療大麻 CBDオイル1(06/09) 著作権者さんへ 参考にしますので著作権の…
著作権者@ 画像の無断使用について こちらの記事に使用されている画像の中に…
http://buycialisky.com/@ Re:全年代一覧表(04/07) what does cialis look likeviagra vs cia…
http://viagrayosale.com/@ Re:全年代一覧表(04/07) best price on viagra 100mg <a href=…

Keyword Search

▼キーワード検索

全4件 (4件中 1-4件目)

1

紀元前

2018.04.10
XML
カテゴリ:紀元前
紀元前
紀元前9000年~紀元前2000年
紀元前1999年~紀元前660年
紀元前659年〜紀元前149年
紀元前148年〜紀元前1年
西暦
1年~199年200年~573年574年~709年710年~780年781年~899年900年~1332年1333年~1361年1362年1363年~1599年1600年~1670年1671年~1799年1800年~1867年1868年~1879年1880年~1909年1910年~1930年1931年~1947年1948年1949年~1959年1960年~1962年1963年 1964年 1965年~1979年
1980年 1981年 1982年 1983年 1984年 1985年 1986年 1987年 1988年 1989年 1990年 1991年 1992年 1993年 1994年1995年~1999年2000年 2001年 2002年2003年~2008年2009年~2011年2012年2013年~2014年2015年 2016年 2017年 2018年


紀元前9000年〜6000年頃



大洪水後 日本は富士王朝へ

アララト山(ノアの洪水で人々が生き残った山)から中央アジアのツラン平原に辿り着く



ノアの大洪水後日本人はツラン文明から富士王朝へ



天の子(ツラン)文明から縄文時代の富士王朝の始まり

ツラン?
シュメール語で天の帯、天保持者などともよばれている
ツラン神話では黄色人は太陽の血統者と云われる

アララト山


アララト山
(富士山と大変にている)


ノアの洪水の時、すべてを覆った大洪水が40日間続いた後この水が引いてこの山地に留まったと旧約聖書に書いてある

富士山
(富士王朝と関係か)


1000円札にもアララト山と富士山の関係が描かれていると云われている



地図で言うとこの辺


日本以外の洪水後の人々
洪水後イラクにたどり着いた人々はシュメール文明を築いている

シュメール人は突如現れた文明とされるが、大洪水後だったため、みな突如移動して来たのではないだろうか

富士山で天皇政治をした人
富士王朝を作った人々はバイカル湖(東シベリア)経由で日本にやってきた

透明度が世界一きれいな湖 バイカル湖


ツラン文明の人々はユーラシア大陸全域に住み着くようになり日本に向かったのが大和民族(その先祖が天照大御神)となった

天照大御神のいるところ
ここはもしかして富士山(富士王朝)ではないかと考えてみる


富士の水





奈良県の*1石舞台古墳もその一つだが、これらの*a巨石建造物は、この富士王朝時代の*@アヌンナキに よって作られた。

*@アヌンナキとは
4:48~


*a巨石建造物


*1聖徳太子の時代の*2蘇我馬子の*3古墳と云われている
(馬子がこの地域を所有していたことから)

*3 626年5五月の条に「大臣薨せぬ。仍りて桃原墓に葬る」とあり、大臣 は、蘇我馬子を指している

*1聖徳太子も空海も皆ニビルの存在を知っていたとも云われている

*2仏教による政治を行った人

*3石舞台古墳


*3奈良県高市郡明日香村島庄

*3石室


*3a内部に入れば異様な威圧感を感じるんだとか

*3a内部 21:00~


*3何時しか「石舞台」と呼ばれ昔、キツネが女性に化けて石の上で舞ったとか 旅芸人が舞台にしていたとか

*4羨道は長さ約11m、幅2.5m

*5玄室は長さ約7.7m、幅約3.5m、高さ約4.7m

*4*5玄室に通ずる道。*3a

*5*2棺を納める室*3a

*3石舞台古墳(長さ約7.7m、幅約3.5m、高さ約4.7mで総重量約2,300トン)

こう言った巨石には、巨石を自在に移動させた形跡、非常に鋭利な石の切り口、南米的な顔の表情、など が見られるという


紀元前8000年頃


磨製石器があった

紀元前8000年
福井県鳥浜遺跡 大麻の縄が出土


福井県鳥浜遺跡

紀元前8000年 県内最古の押型紋土器 島根県 安来市


紀元前7500年頃


多くの縄文人が貝塚を残す


紀元前6150年


日本の人口資料 (2000年を四捨五入として)今から約8150年前の日本の人口は1万〜2万しかいなかった



紀元前6000年頃


縄文人 南下してシュメールへ行き、その後、塩湖となって食物が取れなくなり日本へ里帰りしてきた


紀元前5293年


*1鬼界*2カルデラが大爆発を起こした
*1薩摩半島から50km南にある

*1この地図の*2最南端 *2続きを読む


紀元前4500年-2千数百年前


1707年の宝永地震に匹敵する巨大地震が少なくとも11回発生した

紀元前4500年頃
縄文海進によって住む場所をなくした海辺の人々が、天竜川を遡り、宮田に集落を営む


天竜川 伊那谷を流れる天竜川と遠州灘に注ぐ天竜川 水源 諏訪湖:(長野県) 河口・合流先:遠州灘(静岡県) 長野県・愛知県・静岡県 を経て太平洋

紀元前4500年頃
(1)ペトログラフに見られるような文字がこの列島に見ら れるようになった


ギリシャ語で、ペテロ:peteroは、岩を意味し、グラフ:graphは、 文様や文字を意味する。 古代人が岩石に刻んだ文字や文様の事で、「原初文字」と言われるものである。 ペトログラフの研究は、今世界的に広がっていて、日本でもたくさん発見され、6,500年前には、文字を 使う人々がこの列島にいた事が事実として受け入れられている。

ペトログラフ

(2)既に解読されている部分もあるようだ


(3)どうやら世界中に点在している


(4)この頃王朝があったと考えられる。ウガヤフキアエズ王朝か!?



紀元前4000年頃


(1)この頃から富士山には長寿の人達が住んでいた


紀元前3500年頃


三内丸山 大規模集落があった


膨大な量の縄文土器、石器、土偶、土・石の装身具、木器(掘り棒、袋状編み物、編布、漆器など)、骨 角器、他の地域から運ばれたヒスイや黒曜石なども出土しており ヒョウタン、ゴボウ、マメなどの栽培植物が出土し、DNA分析によりクリの栽培が明らかになった こくようせき 【黒曜石】 火成岩の一種。黒緑色でガラス質。割れ目は貝がら状。装飾用・印材・文鎮などにする。石器時代には、 やじり・刃物などの材料にした。

骨角器(こっかくき、bone tool)は、動物の骨、角、牙、殻などを材料として製作された人工品である 。

漆器(しっき)は、木や紙などに漆(うるし)を塗り重ねて作る工芸品である。

紀元前3500年
竪穴式住居に住む


竪穴式住居(たてあなしきじゅうきょ、英: pit-house, pit-dwelling)は、地面を円形や方形に掘り窪め、 その中に複数の柱を建て、をつなぎあわせて家の骨組みを作り、その上から土、葦などの植物で屋根を葺 いた建物のことをいう。

紀元前3500年頃
富士王朝のスメル族のグループがメソポタミアでシュメール文明を築いた


縄文の(昆虫類)イナンナ → メソポタミアのイナンナ

鬼界カルデラの爆発の後、 アヌンナキの血を濃く受け継ぐ富士王朝の皇族が西へ向かい、アジア大陸に渡った。 アジアへ向かったグループは2つあり、 それぞれ朝鮮半島と南洋を経由して西を目指した。 そして富士王朝の2つの皇族グループはメソポタミアのシュメールで再び合流し、シュメールにて知識や 技術を広めていく。 彼らは古神道に通じていたが、本来古神道とは自然と調和して生きる術、自然の力を利用する術であった 。 大事忍男神(おおごとおしおのかみ)がスメル族のリーダーとして日本からシュメールへ渡る。 ￿

イザナキ命とイザナミ命は国を生み終えて、さらに多くの神をお生みになりました。 最初に生んだ神の名は、大事忍男神(オオコトオシヲ)を生みました。

シュメールのスサの王と日本のスサノオ

スメル族によってメソポタミアに建国されたシュメールの都市国家の中で、最大の都市は「スサ」と呼ば れた。 スサの王をスサノオと呼び、シュメール文明の中では政治と軍事を司った。 これが縄文の日本からの陸路グループである。 一方、海路のグループには祭司王がおり、 シュメールの長という意味でスメルミコト (スメラミコト)と呼ばれた。 スサに首都をおく原エラム文明は、ラピスラズリと穀物の交易で栄えていた。

メソポタミアのシュメールにツラン人が築いた都市及び都市国家ウルに、人々が居住し始める。
富士王朝があった富士山


越の国

日本では越の国(富山)を中心(首都)とした東アジア翡翠(ひすい)文化圏が形成されており、北アルプス立山 の麓にある尖山(とがりやま:富山県立山町横江)は東アジアの首都の県庁所在地のような役割を果たしていた


尖山(とがりやま=通称=とんがりやま) UFO 飛来地と言われている


紀元前2600年


紀元前2500年頃


スウェーデン南部からはるばる海路で日本の東北へ来た部族があり、その後BC(紀元前)1000年ごろ九州へ 上陸した部族がいた。聖書に突然登場する「海の民」がこれらの動きの一つで、ヤペテ系に相当する流れ 。 ・5000年前くらいになると、海が干上がって日本海ができて、大型動物はもう入ってこなくなった。そし て、海民が渡来した。

地中海方面に向かいサルディーニャを中継基地にしていた「海の民」はここから世界中を航海。


サルディーニャ(イタリア) そして第2,3陣の祖にもなっている。 紀元前2500年 ヒッタイトの王国では鉄器を使用し大帝国を築いた


紀元前2000年〜紀元300年年頃


山口県彦島杉田遺跡にてこの頃のものと見られるペトログラフが見つかった

ペトログラフ ギリシャ語で、ペテロ:peteroは、岩を意味し、グラフ:graphは、 文様や文字を意味する。 古代人が岩石に刻んだ文字や文様の事で、「原初文字」と言われるものである。

関門海峡の「武蔵・小次郎の決闘の場」として有名な巌流島




真下に見下ろす形でこんもりとした丘陵、 それが、杉田丘陵である。


その頂上に1メートル角大の岩が数個あり、最も大きい平たい岩に不思議な 絵とも文様ともつかぬものが見つかった。

山口県彦島で古代ペトログラフが発見され、情報によると、それは古代シュメール文字と古代バビロニア 文字であった ハワイの文字とも同じ系統であったという。





ペトロ岩


見つかったのは、大正13年(1,942年)の事であった。



山口県下関



紀元前2000年頃


(1)古代シュメール人の一族がインド・東南アジアを経由 しながら日本に来ていた (2)古代メソポタミアを追放されたシュメール民族が海洋民族となり 、環太平洋・環大西洋に移住






Last updated  2018.04.21 13:22:50
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:紀元前
紀元前
紀元前9000年~紀元前2000年
紀元前1999年~紀元前660年
紀元前659年〜紀元前149年
紀元前148年〜紀元前1年
西暦
1年~199年200年~573年574年~709年710年~780年781年~899年900年~1332年1333年~1361年1362年1363年~1599年1600年~1670年1671年~1799年1800年~1867年1868年~1879年1880年~1909年1910年~1930年1931年~1947年1948年1949年~1959年1960年~1962年1963年 1964年 1965年~1979年
1980年 1981年 1982年 1983年 1984年 1985年 1986年 1987年 1988年 1989年 1990年 1991年 1992年 1993年 1994年1995年~1999年2000年 2001年 2002年2003年~2008年2009年~2011年2012年2013年~2014年2015年 2016年 2017年 2018年



紀元前2000年〜紀元前300年頃


*1山口県彦島杉田遺跡にてこの頃のものと見られる*2ペトログラフが*2見つかった

*2続きを読む


紀元前2000年頃


(1)古代シュメール人の一族がインド・東南アジアを経由 しながら日本に来ていた (2)古代メソポタミアを追放されたシュメール民族が海洋民族となり 、環太平洋・環大西洋に移住


紀元前1533年


モーセはこの時期に日本に来ている モーセの来朝は葺不合朝六十九代神足別豊鋤( かんたるわけとよすき)天皇の御宇のことである。来日し たモーゼが当時の天皇(神足別豊耡)にメノウの石(十戒石)を献上したところ、これに喜んだ天皇が娘の 第一皇女である大室姫を妻としてモーゼに嫁がせた


(2) そして12年間、神道の修行に励み今度は天空浮船に乗って、イタリアのボローニャ経由でシナイ山に帰っ たのだそうです。




(3) なおその後のモーゼは長子ロミュラス(ロムルス=ローマ建国の祖)をローマに残し、大室姫と再び宝達 山に戻り、538歳の長寿を全してこの地に葬られたとされる。

(1)ミヨイ・タミアラは神武天皇の父だった この御代の葺不合第69代のスメラミコトは、神足別豊鋤天皇でしたがミヨイ・タミアラは、神武即位前 8 73年(B.C.1533)に無くなった(沈んだ?)ムー大陸の南極への移動であったとされる (2)世界に見られるムー大陸だ


ムー大陸は数億年前の一つだった大陸が移動して解離したと聞く。 4000年前のこの時に(竹内文書では)ミヨイ・タミアラなるムー大陸が沈没したということになっている。 ただ、ムー大陸とは書かれていなく、ミヨイ・タミアラという2つの島沈没して、これが神武天皇(ウガヤ フキアエズ王朝第70代)の父崩御を意味したことになっている (3)竹内文書のミヨイ・タミアラ(ムー大陸と比喩されている)


(ウガヤフキアエズ王朝)69代神足別豊鋤天皇の代に「ミヨイ」、「タミアラ」という大陸(というか島)が 陥没したとし、その世界地図が記載されている (4) ウガヤフキアエズは神武天皇(カムヤマトノイワレビコ)の父親という事になっている。『ミヨイ』『タ ミアラ 』という島が海に沈んだと記されている


(5)日本の与那国島の海底


古代のインカ帝国のピラミッドとそっくりな海底遺跡。この遺跡は1986年に地元のダイバーにより発 見され、1990年代の超古代文明ブームに乗って世界中で注目されることになった。 (6)タミアラの場所と推測して、与那国島の海底が推測される


↑この大きさと推測される時代から、この島にはネフィリムが住んでいたのではないか 一説には、1万年以上前の世界最古の古代遺跡とする説もあり


(7)現段階の推測は不透明 100万年前(の地球=ティアマト?)とも呼ばれていたり人種が5色いたりとも書いてあったり、聞くところに 世ると地球が生まれるまえの地球のころの話であったりと、未だに謎は解明されてません


紀元前1500年〜700年
ホツマ文字


紀元前1500年頃
出雲王朝が栄えていた

紀元前1500年頃
エブス人が北九州にやって来た
北九州の豊国へやってきた
エブス(恵比須・夷)、ヒッタイト・フェニキア人

「エブス人が住んでいたから夷(えびす)という名になった」と言い伝えがある 今夷神社の鳥居は、鳥居というよりユダヤの門構えのよう。


オックスフォード大学の考古学・セイヌ博士は、「日本人の中に確かにヒッタイト人の血が入っている」 と断言している。 またヒッタイト人がスキタイ人になった


紀元前1425年


豊鋤天皇の即位二百年イヤヨ月圓六日(西暦紀元前1425年3月16日)に、ヨモツ国アラビヤカバ、シナイ 山より、五色人の政治法王 であり、天支

天皇の時代に、シナイ山より五色人政 治法王モオセロミュラス(たぶんモーゼのこと)が大海原船に乗って能登の宝達水門(港)


紀元前1227年年頃
天孫降臨として天祖彦火瓊瓊杵尊が日本に降り立った


紀元前1200年頃


「倭人」は中国呉地方に居た 日本は縄文時代である。
紀元前1200年頃
ヒッタイトは「海の民」滅ぼされる


紀元前1115年〜1079年


成王の時 呉の「倭人」は周王朝に朝貢

ちょうこう 【朝貢】 《名・ス自》(外国人が来朝して)朝廷にみつぎものを差し上げること。


紀元前1000年


青森県八戸市の是川中居遺跡で出土した



紀元前1000年〜紀元前400年


土偶

紀元前1000年頃
アーリヤ人 東岸へ移動

地獄、冥界の主「閻魔(えんま)」もアーリア人から

紀元前1000年
かつてこの時期 ウガヤフキアエズ王朝(ウガヤ朝)が存在していた


ウガヤ朝が存在したのが、おおよそB.C.1000 年頃からA.D.300年頃の間です。 竹内文献では「不合朝」(あえずちょう)と読んでいる 72代続く「不合朝(あえずちょう)」は神武天皇が日本に渡来する前神武天皇や徐福の時代です。 神武 天皇の父親の名は「ウガヤフキアエズミコト」

「富士宮下文書」では「宇家潤不二合須国世」(うがやふじあわすのくにのよ)と読んでいる。 ウガヤ朝は出雲朝

竹内文書、宮下文書、九鬼文書等に書かれた「日本のスメラミコト(天皇)が天之浮船 を使って世界を統 治した」


古事記の始まり <上古二十五代 >「天浮舟」で世界をかけめぐったスメラミコト時代


富山県にある羽根神社は飛行場だった

今日の最大のポイントはここが太古の昔、倭の都だったことです。 ウガヤ朝22代天皇(笠砂男王命)の都だ ったのだそうです。 ウガヤ朝11代天皇の苦労は御子のことでした。 お釈迦様も子にラフラ(らごら)と名づけたのは有名で す。

ウガヤ朝の11代天皇が仕えていたのが
日本神話でも最も有名な

出雲朝の6代王、大國主命

大國主命 大穴牟遅(オオナムチ)(=大国主命)は、須佐之男命(スサノオノミコト)の娘、須勢理毘売(スセリ ヒメ)に見初められて恋に落ちた

最初の天神朝は木星です。これがローマが祀るユピテルです。そしてギリシャで上古朝が起こり、インド でウガヤ朝が起こった 6代の時代には、地球の公転を元に1年を360日と定めた

ウガヤ朝 9代 ミカエル ウガヤ朝12代 カイン ミトラ教 キリストはミトラ教をパクった。聖書で言うところのカインだった

ウガヤ朝13代 ギルガメッシュ王


ウガヤ朝18代 ホメロス ウガヤ朝21代 36人の王 行政官、太政大臣とされる方 ウガヤ朝22代 ムーサ ウガヤ朝25代 エリア

ウガヤ朝26代 夏の禹


禹は中国古代の伝説的な帝で、夏朝の創始者。 死亡: 紀元前2101年, 中華人民共和国 浙江省

ウガヤ朝27代 サルゴン建玉天皇


古代メソポタミアの王 死亡: 紀元前2279年, イラク アッカド

ウガヤ朝28代 テラ


息子:アブラハム 死亡: 紀元前1678年, Haran

ウガヤ朝29代 ピタゴラスと安倍晴明(元明天皇)共通のシンボルが五芒星 ピタゴラスは、古代ギリシアの数学者、哲学者。ウィキペディア 死亡: メタポントゥム


ウガヤ朝30代 イサク


青い布の服を来てるのがイサク イサクは、旧約聖書の『創世記』に登場する太祖の一人。父アブラハム、母サラ。 死亡: 紀元前1716年, カナン 配偶者: リベカ

ウガヤ朝31代 ラムセス2世


紀元前1314頃 - 紀元前1224年、エジプト新王国第19王朝のファラオ。 死亡: 紀元前1213年, エジプト ピラメセス

ウガヤ朝33代 清之宮天皇 卑弥呼

ウガヤ朝37代 ヤコブ

モーゼは天浮船に乗って宝達志水町に来た
案内板には「モーゼはシナイ山に登った後、天浮船(あまのうきふね)に乗って能登宝達に到着。583 歳の超人的な天寿を全うした」と、驚愕の伝説が記されている。


ひらがな文字の原形
「ひらがな文字は(アヒル)クサホ文字から変化したものであり、葺不合朝時代から盛んに使用された。




紀元前950年〜800年


大陸から米(水稲耕作)と金属器が、倭国に伝わる


紀元前900年頃


水稲が伝来
揚子江・東シナ海中国から現在の沖縄に水稲が伝来した

紀元前900年頃
富士高天原王朝(フジ タカマガハラ)があった
第1神朝〜第2神朝の期間が2670年間 富士高天原王朝は第2神朝になり、神皇が22代とある

調べて見てるとこのような文があった
先行王朝が三つあり、初めは富士山麓にあった「富士高天原王朝」で、「大陸から九州方面に大軍が押し 寄せて来たため、附地見島(九州)に海佐知毘古を元帥として ...

紀元前900年頃
富士山 東斜面で大規模山体崩壊が発生


紀元前868年


12月
22日
朝五つ刻に太陽三体現れ出る と書かれている

武内文書


紀元前770年
表国(豊日国・豊国)という王朝が存在した


紀元前726年頃


神武天皇 皇太子になる
ユダ一族が日本に渡来する


紀元前711年


神武天皇が誕生

[神武が生まれるまで]
天上界のアマテラスは、スサノオのいる下界の様子が気になり、息子の天忍穂耳命(アメノオシホミミ ノ ミコト)に治めさせようと地上につかわすことにしました。

天之忍穂耳命 アメノオシホミミ は天照大神の子 稲穂の神

ニニギ


建鵜葺草葺不合命(たけうがやふきあえずのみこと)は、玉依姫と結婚

玉依毘売命(玉依姫)タマヨリヒメ山幸彦と海幸彦 豊玉姫命(トヨタマヒメ)からウガヤフキアエズの養育を 任され、 ウガヤフキアエズを養子として育てるが、後に結婚する

豊玉姫命(乙姫様) 豊玉姫命(乙姫)はあの、山幸彦(火遠理命:ほおりのみこと)の后となる


=海の神(わたつみ=大綿津見 )の娘

海の宮での山幸彦と豊玉姫命 海神の娘である豊玉姫命は、 海神(ワタツミ)の宮にやってきた山幸彦(火遠理命)と結婚

建鵜葺草葺不合命(たけうがやふきあえずのみこと)を設ける

赤子を抱く豊玉姫命の彫刻(山中諏訪神社)

建鵜葺草葺不合命(たけうがやふきあえずのみこと)は玉依姫と結婚


玉依姫


豊玉姫命と鵜草葺不合命に関する略系図



紀元前662年


神武天皇(50=初代=即位前)、*1土蜘蛛を破り、土地を*2磐余と改名する

*1土蜘蛛、(つちぐも)は、上古の日本において朝廷・天皇に恭順しなかった土豪たちを示す名称

*2


*2昔の奈良県桜井市南部

神武天皇は不動明王か?


3月
神武天皇(50=初代=即位前)都を開く


紀元前661年
9月
神武天皇即位前(51)の時、*2媛蹈?五十鈴媛命を皇后に迎える

*1後の神武天皇(初代=即位前)と*2皇后媛蹈?五十鈴媛命










Last updated  2018.04.19 09:48:43
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:紀元前
紀元前
紀元前9000年~紀元前2000年
紀元前1999年~紀元前660年
紀元前659年〜紀元前149年
紀元前148年〜紀元前1年
西暦
1年~199年200年~573年574年~709年710年~780年781年~899年900年~1332年1333年~1361年1362年1363年~1599年1600年~1670年1671年~1799年1800年~1867年1868年~1879年1880年~1909年1910年~1930年1931年~1947年1948年1949年~1959年1960年~1962年1963年 1964年 1965年~1979年
1980年 1981年 1982年 1983年 1984年 1985年 1986年 1987年 1988年 1989年 1990年 1991年 1992年 1993年 1994年1995年~1999年2000年 2001年 2002年2003年~2008年2009年~2011年2012年2013年~2014年2015年 2016年 2017年 2018年


紀元前659年



神武天皇は部下に褒美を授けた
神武天皇2年

功(ほうび)を定め、*1道臣命は*2築坂邑に、*3大来目を*4畝傍山の西に居住させた。

*1神武東征に従軍した

*2奈良県橿原市鳥屋町・*2築坂邑(つきさか・むら)


*2現在は跡地となっている

*3:ニニギの天孫降臨に帯同した人

*4畝傍山 *5周りは*5山に*5囲まれている

*5奈良盆地となっている


*=リセット

神武天皇は*論功行賞(ほうび)を行い、*1椎根津彦命は倭国造に任命されました。

*手柄)の有無・大小などを、論じ合って相応した賞(戦利)を与える・ほうび

*1東征において*3速吸門で*a出会った国つ神

*a紀元前667年10月当時

*1椎根津彦命は珍彦命という名だった
が*aこの時に*1椎根津彦命の御名を神武天皇から賜わる

*3岡山市にある湾


*3岡山県岡山市東区水門町

*2大和を征服して橿原宮で即位するまでの遠征

*2大和は東にあった

これを伝え聞いた里人らがその後、*3小祠(ほこら)を建ててお祀りしたのが*4「椎根津彦神社」の創祀 と伝えられています

*3「ほくら(神庫、宝倉)」の転訛

*4「椎根津彦神社」


以下は未編集 観覧可能 弟猾を猛田邑の県主、弟磯城を磯城の県主に任じ、高皇産霊尊の子孫の剣根を葛城国造に任じた

橿原−橿原宮で、神武天皇が即位した。 築坂邑−大伴氏の祖の道臣が宅地を賜る。 久米邑−久米氏の祖 の大来目が宅地を賜る。


併せて八咫烏を「幸を運ぶ鳥」と褒賞した


道臣命


道臣命を奉る唯一の神社・伴林氏神社


鳥坂神社(とりさかじんじゃ)創立は不明だが、延喜式神名帳にものる古い神社のようだ。 近くに「築坂 邑(つきさかむら)伝承地」の石碑あり。鳥坂神社が近くだということが知れる。 鳥は、カラスやそのほか道案内の神でもあります。道臣命(みちのおみのみこと)という神様も、鳥装の神 だったかもしれません。

天忍日命は神武東征編の道臣命の遠祖とされており、道臣命もまた天孫を導く役目を担っていました。藤 原鎌足=中臣鎌足の直系祖先=天忍日命


紀元前658年


日前神宮・國懸神宮併せて「にちぜんぐう」 和歌山 (初代)神武天皇2年


紀元前657年


奈良県宇陀市:桜井市 神武天皇4年 天下を平定し海内無事を以て詔し、鳥見山に皇祖天神を祀った。


紀元前657年
六所神社が創建された 六所皇大神宮と石柱の由来當霊地は筑波地方の総社として創建された 神武天皇四年


紀元前643年


伊勢神宮・鹿島神宮・香取神宮 創建

神宮近代まで「神宮」と呼ばれていたのは、伊勢神宮、香取神宮、そして鹿島神宮の三社のみで、由緒と 歴史の長さでは別格の存在

香取神宮 全国に約600社ある鹿島神社の総本社


鹿島神宮


伊勢神宮




紀元前632年


綏靖天皇(第2代)が生誕


2人の兄がいた
手研耳命(たぎしみみのみこと)という長兄と神八井耳命(かんやいみみのみこと )の次兄です。
神武天皇とヤマトの娘から産まれました

神武天皇29年

綏靖天皇(第2代) 熟年期


紀元前619年 壬寅(みずのえとら)


紀元前600年あ


弥生人が出雲にやってきた

中国大陸や朝鮮半島から稲作と金属器を持った弥生人が対馬海流に乗って出雲に渡来して来た


対馬海流


紀元前593年


神武天皇68年 エゼキエル UFO目撃


紀元前588年


神武天皇73年 縄文時代晩期


紀元前585年
4月
9日
神武天皇127歳で亡くなる

奈良県 橿原市 4月9日 神武天皇76年

第二代天皇は悲嘆
神武天皇の第三子だった神渟名川耳尊(後の綏靖天皇(第2代))は、悲嘆に暮れていた。

実権を腹違いが握る
初代天皇の神武天皇が亡くなった後、父の政治を手助けしていた(綏靖天皇(第2代)から見て)腹違いの兄・ 手研耳命(たぎしみみ)が実権を握ります

遺族で豪族政権争いが勃発
(神武天皇とともに東征してきた旧勢力と地元豪族との政権争いがあった)
神武天皇の没後長兄の手研耳尊(たぎしみみのみこと)が自分たち異母弟を殺害しようとした

反乱が事前に発覚
五十鈴媛は、我が子である神八井耳命と神渟名川耳命とともに手研耳命を討ち、政権を握 り、九州出身の手研耳尊(神武天皇の子・五十鈴媛の腹違い)を討伐して、綏靖天皇(第2代)は王位についた 。

神武天皇(初代)と綏靖天皇(第2代)の舞台 根国での冒険の舞台は鳥取県倉吉市余戸谷町の清熊稲荷神社であり、第2代綏靖天皇の皇居は鳥取県北栄 町曲の岡神社であった。



紀元前582年


1月
8日
綏靖天皇(第2代)が即位
即位した神沼河耳命=神渟名川耳尊(カムヌナカワミミノミコト)は皇位を継ぎました。葛城に都を作り ました。 元年 春1月8日

神武天皇(初代)も 四人兄弟の末皇子で、綏靖天皇(第2代)も三人兄弟の末皇子である。記紀によれば古代に は末子が皇位についている記述が多く、これをもって古代には末子相続の思想あるようだ


紀元前553年


安寧天皇(後の第3代) 第二皇子として 生誕
父 綏靖天皇(第2代) 母 渟名底仲媛命(ぬなそこなかつひめ) 綏靖天皇29年


紀元前549年


5月
10日
綏靖天皇(第2代) 崩御
綏靖天皇33年5月10日 享年45歳(古事記) or 84歳(日本書記)

逸話 「綏靖天皇(第2代)は朝に夕に人間を7人食べていた。」(中世の書) 「彼は巨人だったという事だ」 「爬虫類エイリアンのアヌンナキ族だった」


紀元前548年


10月
11日
靖天皇(第2代) が葬られる
皇紀113年10月11日

綏靖天皇は大和国の桃花鳥田(つきだ)の丘の上の陵(みささぎ)に葬られたそうです。


綏靖天皇(第2代) 御陵

紀元前500〜400年
シュメールが日本に着く 消えたシュメール王朝と古代日本の謎

紀元前500年以上前
インド王族が出雲王朝を作った


津軽

まだ出雲大社もなく、出雲神話真っ只中のころ、インドの一王族の一行が津軽経由で北から出雲に漂着し 、出雲王朝を作った

インドから渡海した「出雲族=ソナカ仏教布教団」


アショカ王の王位継承の証「十種神宝」

をソナカ(出雲族)が所有していた

歓喜天の元がインドのガネーシャ

で、出雲族の伝承によると幸神三神の子神であるサルタヒコ大神の元は 同じくガネーシャだ


紀元前500代


日本最古の出雲王朝は 主王(大名持オオナモチ)と副王(少彦スクナヒコ
初代の王「菅の八つ耳」(すがのやつみみ)


紀元前500年〜400年頃
アマ族が日本に戻ってくる
この頃日本にはごく少数の天狗族と多数の縄文人がいた 縄文人たちが制圧されるなか天狗族たちは山に隠 れて固唾を飲んでその情勢を見守っていた


紀元前477年


懿徳天皇(第4代) 崩御
天皇34年


紀元前475年
島六社権現の一つで、神武天皇(初代)を祀る
孝昭天皇(第5代)により神武天皇(初代)ご生誕の地に創建 されたとされる

孝昭天皇(第5代) の長男、天押帯日子の命は、春日の臣、小野氏をはじめとするたくさんの氏族の祖先と なっている。

御真津日子訶恵志泥命(ミマツヒコカエシネノミコト=孝昭天皇(第5代))は葛城(カズラギ)の掖上宮( ワキガミノミヤ)で天下を治めました。


紀元前473年


大宮の氷川神社 建立
孝昭天皇3年(社伝) 関東地方を治めていた武士達からの崇敬が厚く、荒川の流域には数多くの分社が建てられた。

紀元前473年
呉国 滅亡に追い込まれる

会盟を結びに行っている隙を突いて呉を攻め、呉王・夫差の留守をねらって呉国に攻め込んで呉に大打撃 を与えた越王・勾践により、紀元前473年、呉国も滅亡に追い込まれる。

かいめい [会盟] 覇者が諸侯を集めて、盟約を結ぶこと

呉国 長年の抗争を経て越国


に滅ぼされる(臥薪嘗胆のエピソード誕生)

春秋時代に蘇州、南京周辺を支配していた呉と隣国の越

呉国の伍子胥は、呉はもう滅亡すると知り、息子を斉国の知人に預け、自らは呉国に戻り死のうとします 。

越に殺された呉の6代王闔閭(こうりょ)

の墓稜葬儀の3日後に白い虎が現れて墓の上にうずくまった

ので、虎丘と呼ばれるようになった

呉の滅亡後、姫姓が日本へ渡来(亡命・脱出)。

呉音霊の主体とされる姫氏の呉太伯が江南から日本に来たという話と天台山の地主神である姫姓王氏の王 子晋が日本に降臨したという話は完全にかぶっている。


紀元前471年


越国に併合されたばかりで未だ混乱止まない旧呉国領に侵入した楚国は、旧鐘吾国領を含む、 多くの土地 をその領土に編入することに成功する。


紀元前421年


これまでの九州の参考資料


ここでは吉野ヶ里遺跡と穴門以外の地名はモルモン書で記述されている地名を用います。 九州に於ける最 も重要な拠点である吉野ヶ里遺跡は赤色で記しました。


紀元前400年


二つのスメル族のグループの間で戦いが勃発


紀元前393年


考昭天皇(第5代)崩御
孝昭天皇83年

孝昭天皇(第5代)についてのコメント 最初は、「孝昭天皇? 誰? 第何代? 何をした人?」というような有様で、陵墓制覇の道を歩もうとは夢 にも思っていませんでした。


紀元前391年


孝安天皇(第6代) 宮を室秋津島宮に遷す
孝安天皇2年

紀元前390年
三陸・房総超巨大海溝型地震 発生
津波 M9


紀元前334年


越国 楚国の攻撃を受け滅亡
続いて、その楚国も紀元前223年に秦国の侵入により滅亡する。


紀元前330年


弥生時代に移り始める


紀元前300年


四ツ池遺跡で大規模な集落

営まれる(堺市)

紀元前300年頃
アマミキヨが宇佐浜に移り住み粟と小さな部落をつくる

奄美大島から

紀元前300年頃
パミール高原に天(アマ) 族がいた

紀元前300年頃
美津足国 地震で沈没

紀元前300年頃
秦氏が日本にやってきた
祭司はおらず アークが神輿に取り込まれて行った


紀元前292年


考安天皇(第6代 崩御)


紀元前290年


孝霊天皇(第7代) 即位


紀元前273年


孝元天皇(第8代) 生誕

しかし専門家曰くこのように述べている 「黒田はヤマトトトビモモソ姫(卑弥呼)の父、孝霊天皇の都(黒田廬戸宮)とされる土地なので、卑弥 呼の居所をこの付近とすることに何の矛盾もありません。」


紀元前219年


徐福(スサノオ)船で石見の海岸に渡来 速玉男命は徐福(紀元前219年の第一次)の重臣だった

この年の世界の出来事 中国:徐福が始皇帝に不老不死の妙薬があることを伝える



紀元前217年


徐福

が日本列島へやってきた

出航地については、現在の山東省から浙江省にかけて諸説ある

が、河北省秦皇島、浙江省寧波市慈渓市が有力とされる。途中、現在の韓国済州道西帰浦市(ソギポ市)や朝鮮半島の西岸に立寄り、日本に辿 り着いたとされる。

孝霊天皇

父は第6代孝安天皇、母は皇后で天足彦国押人命の娘の押媛(忍鹿比売)。 兄弟として、『古事記』では同母兄に大吉備諸進命の名が見える。


紀元前215年


考元天皇(第7代) 崩御


紀元前211年


倭族のテン王国 13代の王統が続く
この時まで


紀元前210年


戸隠神社 創建
日本神話にある、天照大神が天の岩屋にお隠れになった時に無双の神力をもって、
天の岩戸をお開きになった天手力雄命

を戸隠山の麓に奉斎した事に始まるとされる

天岩戸に御隠れになった天照大神に何とか出てきてもらおうと踊る天宇受売命

と大岩をこじ開ける天手力 男命の絵が奉納されています。


紀元前208年


開化天皇(第9代) 生誕


開化天皇(第9代) 熟年期


紀元前207年
3月
18日
出雲で20歳になると同時にスメラミコトに即位日の本国を建国 (夢のお告げ)


紀元前200年
日本の絹を求めて、中国人とユダヤと天皇家が、争いを繰り返していた


紀元前200年頃
出雲大社造営

紀元前200年頃
呉が日本にやってくる
紀元前200年頃のお話で、抗争の末、呉が滅び亡命の民がはるか日本にやって来て、稲作や呉の服装( 呉服)を伝えたという説もあります


紀元前194年
殷王朝の末裔準王

は、ヤマトにわたってきている可能性が高い

準王または箕準は、箕子朝鮮の第41代の王

燕から亡命した衛満をかくまっていたが、衛満が我ら亡命 者が朝鮮を護ると準王にとりいり、朝鮮西部に亡命者コロニーを造った。そして、漢が攻めてきたので準 王を護るという偽りの口実で、王都に乗りこんできた。 準王(箕準)の代になると、秦の動乱により燕・斉・趙から朝鮮へ逃亡する民が増加した。


紀元前180年

ニニギ命 瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)



はアマテラスの命を受け、三種の神器を携え、多くの神々を率いて高千穂に降った天孫
天照大御神の年齢は 65歳くらいだった



紀元前159年


神武天皇 その世を去り、その魂は3度転生して 今のそなたが生まれた(夢のお告げ)


紀元前158年


孝元天皇(第8代)崩御
円丘の麓近くに何やら石祠が見えます

孝元天皇陵の域内には前方後円墳1基と、 円墳2基が存在する

みささぎ 【陵】 天皇・皇后などの墓。御陵(ごりょう)

せきし、いしのほこら 【石祠】 「ほくら(神庫、宝倉)」の転訛という

安倍晴明公は孝元帝(こうげんてい)の皇子・大彦命(おおびこのみこと)

の御後胤で、 幼い頃から聡明で陰陽を極めていた。

ごこういん 【御後胤】子孫、後裔

いんよう 【陰陽】 1. 中国の易学でいう、宇宙の万物を作り、支配する二つの相反する性質を持つ気。積極的なものを陽、消極 的なものを陰とする。日・男・春・奇数などは陽、月・女・秋・偶数などは陰。おんよう。 2. 磁気・電気などの陰極と陽極。

安倍晴明(920-1005)

は、孝元天皇(第8代)の皇子・大彦命(おおびこのみこと)の子孫で、幼い頃から 多くの分野に秀でていた


大彦命(おおびこのみこと)
孝元天皇(第8代)滅後、子息の開化帝(九代天皇)

が、大和のワケグラ王に即位

この当時のマップ(推測)







Last updated  2018.04.19 09:49:23
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:紀元前
紀元前
紀元前9000年~紀元前2000年
紀元前1999年~紀元前660年
紀元前659年〜紀元前149年
紀元前148年〜紀元前1年
西暦
1年~199年200年~573年574年~709年710年~780年781年~899年900年~1332年1333年~1361年1362年1363年~1599年1600年~1670年1671年~1799年1800年~1867年1868年~1879年1880年~1909年1910年~1930年1931年~1947年1948年1949年~1959年1960年~1962年1963年 1964年 1965年~1979年
1980年 1981年 1982年 1983年 1984年 1985年 1986年 1987年 1988年 1989年 1990年 1991年 1992年 1993年 1994年1995年~1999年2000年 2001年 2002年2003年~2008年2009年~2011年2012年2013年~2014年2015年 2016年 2017年 2018年


紀元前100年


日本に小国が100以上存在

紀元前100年頃

現在の香川で土器製塩が始まる

高地性集落がつくられる
平地より数十mも
高い山頂部や斜面に形成された集落
*2イメージ


*3イメージ


紀元前100年頃
奈良盆地にユダヤ人のコロニーがつくられた

奈良盆地


*1神武天皇(初代)の時に勝利を治め家臣たちに褒美を授けた(この土地の一部)

奈良盆地は 山々に囲まれてる

西暦300年頃に秦王国となる
縄文人がやって来た時は盆地ではなく琵琶湖ほどの大きな湖沼があった

山々は水が溜まりやすい地形だ


紀元前100年?
出雲が漢王朝から銅剣

紀元前100年
中尾遺跡は神武兄弟と同時期に建てられた
中尾遺跡は神武天皇4兄弟の世話と守りをしていた
大谷集落を隠すように取り巻く丘陵地の上にあり神武天皇4兄弟と同時期に建てられたものであると解する


紀元前99年
神戸が奉られた

紀元前98年
開化天皇(第9代) 崩御
115歳

紀元前97年
*1崇神天皇(第10代) 即位 崇神天皇(第10代)が船に乗って飛来し*2「鉾」を投じた

*1崇神天皇


崇神天皇(第10代)

*2両刃の剣に長い柄をつけた大昔の武器

*1崇神天皇(第10代)は二人いた?それとも*2神武天皇(初代)が二人? *1崇神天皇(第10代)と*2神武天皇(初代)の別称が同じ*3「ハツクニシラススメラミコト」なのである。

*3「ハツクニシラススメラミコト」


神武天皇と崇神天皇が戦った?
どちらの天皇も「ハツクニシラススメラミコト」と呼ばれた」


同一性から推測する説

「イザナギが黄泉から帰還する場面」≒「倭国大乱」≒「崇神天皇時代」

「崇神天皇の妹だった卑弥呼 連想 ゲーム 邪馬台国を探し求めることも、卑弥呼が誰だったかを考えるこ とも、一種の連想ゲームです。」

「ヒコホホデミ命(神武=崇神天皇、山彦)は、隙あらばと逆転を狙っていた海彦(隼人)を完全に押さ え込み、国を安定させました。」

「第10代崇神天皇について簡単に記述しておきます。 崇神天皇は実在が確かな初めての天皇と言われて います」


紀元前97年


カラクニ皇子(開化天皇(第9代)の子息・御間城入彦五十瓊殖尊"みまきいりびこいにえのみこと")が 出て来て開化天皇(第9代)を殺害し、自らが*1崇神天皇(第10代)として即位した

逸話 *1


コメント

「神武天皇』と第10代『崇神天皇(第10代) 』は同一人物だと考えている。 」 「崇神天皇(第10代) は日本人ではない!その異常な言動を暴露!」 崇神天皇記では、「人民の戸籍を作り課役を命じ、物は豊かで天下は平穏であった。 そこで天皇を誉め 讃えて「初めて天下を治めた天皇 」という」、となっている。 「崇神天皇始めて戸口を調べさせ給ふ」 「大き過ぎるが故に小ネタに成ってしまいそう」

紀元前97年
開化天皇(第9代) 弟を奥州のタカグラ王に即位させることに失敗

*1開化天皇(第9代) 開化(第9代)の皇子、彦坐(ひこいます)は、母親の妹、袁祁都比売(姥津媛・おけつひめ)を妃にしたと する。すなわち*2叔母を妃にした *2母親の妹


紀元前92年


崇神天皇5年 未月 疫病が流行り、半数近くの人民が死に絶えた。


紀元前91年


崇神天皇6年(天鈴627) 9月 16日夜 天皇(第10代)は、*1大国魂神を大和神社へ遷宮された *1国土神


17日夜
天照神を*1檜原神社(ひばら)へ遷宮され疫病を鎮めるべく、従来宮中に祀られていた天照大神と倭 大国魂神(大和大国魂神)を皇居の外に移した。

*1檜原神社

*1豊耜入姫によって「*2八咫鏡」が祀られた神社

*1崇神天皇(第10代)の皇女

*2八咫鏡(イメージ)



紀元前96年
天照神社(あまてる・じんじゃ)巨岩の磐座を*1天照国照彦火明櫛玉饒速日命

の御神体として創祀


紀元前94年



崇神天皇(第10代)皇居を移動


崇神天皇(第10代)は即位してから3年9カ月後に、奈良県の「三輪山」の西麓に三種の神器と共に 皇居を移動させました。 崇神天皇(第10代)は三輪の磯城端籬宮(しきのみずかきのみや)に皇居を定めて治世にあたったとされて いる


紀元前93年
10月
23日


勅命 豊耜入姫が天照神を笠縫に祭る
渟名城入姫が大国魂神を山辺の里に祭り始めた。 三種神宝が別々に祭られ始めた。


紀元前92年
8月
7日


倭迹迹日百襲姫命・大水口宿禰・伊勢麻績君の夢の中に大物主神が現れる
「大田田根子命を大 物主神を祀る祭主とし、市磯長尾市(いちしのながおち)を倭大国魂神を祀る祭主とすれば、天下は平ら ぐ」と言った。


9月
3日
鏡作坐天照御魂神社 社伝
社伝によると「紀元前92年、この地において日御像の鏡を鋳造し、天照大神の御魂となす。今の内侍所 の神鏡是なり」とあり


某日
疫病が流行った

祟神天皇(第10代)は畏れ宮中の二神を外に移した

疫病が流行り、多くの人民が死に絶えた。宮中に天照大神と倭大国魂の二神を祭っていたが、祟神天皇 (第10代)は二神の神威の強さを畏れ(疫病を鎮めるべく)、従来宮中に祀られていた天照大神と倭大国魂神 (大和大国魂神)を皇居の外に移した(宮の外で祀ることにした)。 天照大神を豊鍬入姫命に託し、笠縫邑に祀らせた。豊鍬入姫命はその後各地を移動した。


11月
3日
長尾市を大国魂神を祀る祭主にした 大田田根子を大物主神を祀る祭主に、長尾市を大国魂神を祀る祭主にした。


紀元前92年


未月未明
疫病を鎮めるべく 従来宮中に祀られていた天照大神と倭大国魂神 大和大国魂神を皇居の外に移した

紀元前92年
未月未明 檜原神社は、(第10代)祟神天皇6年にはじめて皇祖天照大神(八咫鏡)を宮中からうつしてまつる。

紀元前92年
未月未明
「天照大御神」及「草薙の剣」を朝廷より倭国笠縫邑に遷し、皇女豊鋤入姫命をして斎奉りける。』 豊鍬入姫命 天照大御神を初めて倭笠縫邑 (かさぬいむら)でお祀りした初代斎王 豊鍬入姫命は笠縫邑へ天照大御神を遷された後、丹後や吉備、紀伊と2回遷宮されたのち、再度この笠縫 邑に戻られたと伝わっている


紀元前91年


崇神天皇7年 三輪山を神体山とする古社。崇神天皇(第10代)七年 倭迹迹日百襲姫命に神懸りした大物主大神の託宣によ って創祀されたという。


紀元前90年
2月
3日


信託があった
迹迹日百襲姫の湯立て神事によって神託があった


10月


1日
第2代大物主の奇彦命の神託によって、大直根子命が大三輪神の斎主、長尾市命(ながおいち)が 大国魂神の斎主に任命された。


23日
*1豊耜入姫が檜原神社(ひばら)で天照神(八咫鏡)を祀る
その後、天照神(八咫鏡)は*2倭姫の手によって伊勢の地に遷された。

*1第10代崇神天皇の皇女で神社で天照の伝承を初めて祀った皇女

*2*1豊耜入姫の後継者

崇神天皇(第10代)の夢に*1大物主大神現れた


(本来の姿は)*1蛇の姿をしてる酒の神

だという

崇神天皇(第10代)の御代、疫病が流行し人々が死に絶えるのではないかと天皇は憂えていた時に、天皇の 夢に*大物主大神が現れて 「疫病の流行は私の意志によるのだ。自分の血を引く大直禰子の手によって祭られればそれは収まる」と 告げられます。 崇神天皇は、すぐさま、お告げ通りにし、以降疫病はやみ、五穀豊作となったという。

*1大物主大神(オホモノヌシ)


未月未明


崇神天皇の大おば、予言の能力が高かったと言われる倭迹迹日百襲姫命(やまとととびももそひめのみこ と)の寝室に、毎夜忍び込んでくる貴人がいた。 百襲姫の占いによって、それまで王家で一緒にまつっていた、王家の神「天照大神」と地の神「大国魂神 」を王家の館の外にそれぞけ別に分けてまつるようになった。

百襲姫 卑弥呼説



紀元前89年


御由緒によりますと、活日命は大和国添上郡高橋邑の人で、酒造りが巧かったので、崇神天皇(第10代)の8 年、大物主神へ奉る神酒の醸造人として召されたそうです。 (第10代)崇神天皇9年


紀元前88年


崇神天皇(第10代)が四道に将軍を派遣させた

『日本書紀』によると、崇神天皇10年(紀元前88年)にそれぞれ、ヤマト朝廷から北陸(越)、東海(尾 張)、西道(吉備)、丹波に派遣された。 崇神天皇10年 9月9日

場所の名前の由来は因縁であった


四道将軍父子が東北各地を平定した

後、この地で再会したことから

「会津」の地名が起こったと云われています。

会津から出土したと言われる



百済の王子温羅(うら)は備中国の新山に居城を構えた

しばしば西国から都へ送る物資を奪うなどの傍若無 人な振る舞いに、人々は恐れおののいていた。

鬼の城 古代の歴史書に登場しない
温羅が山から降りて女性をさらったり、物品を強奪したので都に訴えて討伐を要求した。 百済からの渡来人は、城壁のことを「ウル」と呼んでいたことから、王子はいつの間にか「温羅(うら)」 と呼ばれるようになりました

キビツヒコを派遣
朝廷は五十狭芹彦命(ひこいさせりひこのみこと)を派遣し、温羅を討伐しようとします。

キビツヒコ=本名=五十狭芹彦命のことで、弟の稚武彦命とともに吉備の国を平定し「吉備津彦」を名乗っ た。

温羅退治
吉備津彦命は温羅(ウラ)との戦いに備えて石楯を築き防戦準備(石を楯にして温羅の矢を防ぐ防石とな った)、家来の犬飼部の犬飼健命、鳥飼部の留玉臣命と猿飼部の楽々森彦命を連れて温羅退治に出発しま す。

鬼退治に見立てられた
吉備津彦命は吉備路に勢力を持っていた温羅を攻略した。 その過程が鬼退治に見立てられたと考えられている。

争いになりにらみ合った両者は互いに矢を射るが、ことごとく空中で絡み合い下に落ちてしまった。

この地が「矢喰宮」(岡山市・高塚)と言われている

吉備津彦命が温羅と矢合戦をしたときに弓と矢を置いたといわれている岩。

一本の矢が温羅の左目に命中
矢喰宮には、温羅は吉備津彦命の矢に対して、大きな岩を投げて対抗したと書いてある 吉備津彦命が一度に2本の矢を放つと、そのうちの一本が温羅の左目に命中し、温羅 の左目から川のよう に血が流れました。

これがのちの血吸川と言われています

吉備津彦との戦いで射られた温羅の片目から流れた血で赤く染まったと伝えられている川です。上流に人 がすんでいるため、あまりきれいではないという。

鯉になって逃げた鬼 桃太郎、鳥になって鯉を食う
温羅はこの川へ鯉になって逃げた 傷を負い、鯉に姿を変えて逃げる温羅だが、吉備津彦命(桃太郎)が鯉に姿を変えて逃げようとした温羅 (鬼)を、自ら鵜に変化して鯉を食べて退治した

温羅は戦いの末鯉喰神で敗れる

ここから先が少し違っていています。

温羅はその後殺されることなく吉備津彦の家来となりました。

「鉄」文化を欲しがった大和政権


百済から来たという温羅伝説は、やがて桃太郎のおとぎ話になる。

滅ぼしたのは崇神天皇(第10代)期に制定された四道将軍のひとり、吉備津彦である。

吉備津彦(桃太郎)は西道山陽道の国々を平定した
かくして吉備津彦は四道将軍のひとりとして、崇神天皇(第10代)に仕え西道山陽道の国々を平定した

吉備津彦神社が建てられた
永住された吉備の中山の麓の屋敷跡に社殿が建てられたのが吉備津彦神社。


姉のモモソヒメが死ぬと、ヤマトで箸墓が作られた。

阿倍臣(阿倍氏) を始めとする諸氏族の祖は四道将軍 の1人で、北陸 に派遣されたという。


紀元前88年


四道将軍大毘古命と建沼河別命の親子が蝦夷を平定するため北陸道と東海道に派遣された折、出会った土 地を会津と名付け、天津嶽(御神楽岳)山頂に國土開拓の祖神として諾冉(イザナギ、イザナミ)二神を祀 ったのが起源という


紀元前87年


崇神天皇(第10代)は 崇神天皇(第10代)は教えを受けない者があれば兵を挙げて伐つようにと将軍の印綬を授けられ、地方の敵 を帰順させて凱旋したとされている。 崇神天皇11年


紀元前86年


崇神天皇12年 秋9月 16日 初めて人民の小口調査をして、人民に調役(税金と雑徭)を科しました。男の弭調(ユハズノミツキ=動 物の肉や皮などの狩猟生産物)を、女の手末調(タナスエノミツキ=絹・布などの手工業生産品)です。 これで天神地祇(アマツカミクニツカミ)に納めて、風雨を神の心にまかせたので、百穀(モモタナツモ ノ)がなりました。家には物が溢れて、人が増え、天下は太平になりました。そこで崇神天皇は御肇国天 皇(ハツクニシラススメラミコト=初めて治めた天皇)と呼ばれました。


紀元前81年


崇神天皇17年 秋7月 崇神天皇は詔(ミコトノリ)をしました。 「舟は天下の大事な物です。今、海辺の民は舟が無くて、甚(ニヘサ=朝廷への献上品)を歩いて運び、 苦しんでいる。諸国は船舶(フネ)を作らせよ」


紀元前80年


出雲戦争

紀元前80年頃
天照大神 対馬において 磐船に乗って河内湖に入り 草香津に上陸し そこに草香宮を造る


紀元前70年頃


ニーファイ人が日本にやって来る



バウンティフルの地は北九州にありました



紀元前69年


垂仁天皇(第11代 生誕) 崇神天皇29年 1月27日


紀元前66年


神倭朝 不合第七三代 彦五瀬天日園天皇 死去 紀元前60年代


紀元前59年


元伊勢内宮 皇大神社 創建天照大御神(天照大神)が祀られ 紀元前59年 天照太神を奉じた豊鋤入姫命(とよすきいりひめのみこと)が鎮座地を求めて但波(丹波)国へ遷幸

紀元前59年
「別に大宮地を求め鎮め祀れ」との皇大神の御教えがあった 皇大神社(こうたいじんじゃ)〔元伊勢内宮〕崇神天皇39年


紀元前55年


ヤマト族が奄美大島にやってきた



紀元前52年


片塩浮孔宮(鳥取県湯梨浜町南谷) 第二代の生年とされる

現在は高田市内だが、かつては北葛城郡に含まれ、駅名は安寧天皇の皇居「片塩浮孔宮」に由来

する





















当時 の地名「浮孔村」から。

浮孔駅

第三代の生年は紀元前23年頃であろう。 時代は弥生中期である


紀元前50年代


大和族の王であった神武(サノ彦)が事代主の娘を娶り、大和朝廷が確立する このとき大和族の第八代孝元天皇の孫である武内宿禰は、出雲族の物部から

八雲叢雲十種神宝の行法を奪 った

八雲叢雲十種神宝 沖津鏡、辺津鏡 、八握剣、生玉、死反玉、足玉、道反玉、蛇比礼、蜂比礼、品物比礼 この神宝を用いて鎮魂祭(みたましずめのまつり)を行うことにより、病み患い、痛み苦しみは全て直り 、十種 神宝は呪術に使うもので死者さえも蘇生させるという この十種の神宝を合わせて、「一、二、三、四、五、六、七、八、九、十」といってゆらりゆらりと振れば 、死人も必ず生き返るといわれています。 天皇家が物部氏から引き継いだといわれる鎮魂祭が形を変え秋田の物部氏にも残っていた。

武内宿禰 武内宿禰は360歳以上まで生きて姿を消したと言われる

実は世襲だった

紀元前50年頃
出雲と大和の決着が着いた
4、500年 続いた出雲族と大和族の覇権争いに一応の決着がついた

紀元前50年
崇神天皇(第11代)の夢の前兆により垂仁天皇(後の第11代天皇 )が皇太子に立てられる (第11代)崇神天皇48年4月


紀元前47年
4月
8日


崇神天皇51年 4月8日

豊鋤入姫命 がアマテラス大神を遷座

天照皇大神の御霊代を奉戴名草濱宮に遷座

せんざ 【遷座】 《名・ス他》天皇または神体・仏像の座を他の場所にうつすこと。


紀元前37年


イエス 生誕 竹内文書

紀元前、 1年が360日から365日に激変した、天体規模の大変異 住人田道間守

天日槍命(天之日矛)の後裔である田道間守は、 神社付近の安美谷を開墾した開拓神。 三宅、橘守、糸 井連等の始祖。 こうえい 【後裔】 子孫。すえ。後胤(こういん)。 かいこん 【開墾】 《名・ス他》山野を切りひらき耕して、新しく田畑とすること。

菓祖神社 左の細い道の方には『菓祖神社』の社号標と由緒書きが。こちらに祀られているのはなんとお菓子の神様 (!)です。祭神は『田道間守命(たぢまもりのみこと)』、 果物の祖と言われる橘を日本に持ち帰ったとされる田道間守命と、日本で初めて饅頭をつくったとされる 林浄因命の2神を菓子の祖神として祀る社です。


江戸時代以降、佐賀県内で菓子作りが盛んになるにつれ、業者の信仰を集めるようになった

お菓子の神様とは田道間守(たじまもり)のこと。 その昔、天皇の勅命により不老不死の妙薬とされた
「非 時香果」(橘・みかんの原生種)

を日本へ持ち帰る

ちょくめい 【勅命】 天皇の命令。

それから10年後に、その実を手に田道間守は旅から戻ったのだが・・・時すでに遅く、天皇は崩御され ていた ほうぎょ 【崩御】 《名・ス自》天皇・皇后・皇太后・太皇太后が死ぬことの尊敬語。

紀元前37年
崇神天皇(第10代) により神社が創建された 吉備津彦命が武渟名川別と一緒に出雲国の「出雲振根」を征伐した 崇神天皇60年


紀元前33年


熊野三山のなかでもとりわけ古式ゆかしい雰囲気ただよう本宮創建は紀元前33年古来熊野の神と言えば本 宮のことだった大斎原にあったイチイの木に熊野権現が三体の月


紀元前29年
1月
9日
(崇神天皇68年12月5日)
*1崇神天皇(第10代)崩御

*1大和朝廷の礎を築いた最初の天皇

*1奈良盆地の桜井市には数多くの*2古墳があって、最古の天皇と言われる*3崇神天皇の陵は宮内庁管 理の立派な*2前方後円墳だ。

*1現存した天皇と*1言われる

*1多くの活動記録を残し、現代の日本の学術上、実在の可能性がある程度見込めるとされている

崇神天皇(第10代)2古墳



*2 232m

*2行燈山古墳

*2動画


紀元前29年
1月
2日
垂仁天皇(第11代) 即位
垂仁天皇元年1月2日


紀元前28年
垂仁天皇(第11代) 狭穂姫を立后、10月、纒向に遷都した。
垂仁天皇2年2月


紀元前25年
垂仁天皇(第11代) 狭穂姫を立后、10月、纒向に遷都した。
垂仁天皇2年2月

ローマ帝国の首都ローマは、この頃、中国の首都長安を抜いて世界最大の都市になっていた

紀元前24年


垂仁天皇(第11代)皇后の兄が反乱を犯す皇后の兄・狭穂彦が叛乱を起こ し、皇后は兄に従って焼死。 垂仁天皇4年10月

紀元前24年
日本で初めて相撲が行われた メソポタミアで天皇ヤコブが天使と行った相撲が十支族の一団と共に日本へやってきて、その一族の野見 宿禰が日本で相撲を初めて行った ↓



當麻蹶速と野見宿禰の天覧相撲

「日本書紀」によると、垂仁天皇の御世、当麻蹴速(とうまのけはや)と野見宿禰が角力(相撲)をとり、宿禰 が勝ち、大和国当麻の地を与えられた。
相撲とは、陣取り合戦なのである

野見宿禰の時代 ノミノスクネは天皇に仕えたが、この時代には皇族が死ぬと家臣が殉死する習慣があり心を痛めていた。

野見宿禰神社に参拝する、大相撲の東横綱稀勢の里


野見宿禰はハニワ(土偶では)の元祖とも云われている


調べて見ると、エジプトにも相撲があった (こちらの方が紀元が古い)



紀元前23年


第三代 安寧天皇 (師木津日子玉手見) 片塩浮孔宮(鳥取県湯梨浜町南谷)


紀元前20年


スサノオは,恋人イナダヒメ( 稲田姫)を土地の豪族


紀元前14年


垂仁天皇(第11代)は日葉酢媛を皇后とした 丹波道主王の女たちを後宮に入れ、8月にその中から日葉酢媛を皇后とした 垂仁天皇15年2月


紀元前7年


そして、イワレヒコが初代天皇「神武天皇」として書き換えられたのだが、 天皇はニギハヤヒから始まり、その血統であ る事は紛れもない事実

その初代天皇の神武天皇は、国内を治めるにふさわしい土地を求めそれまでの日向の高千穂の地からはな れ、大和に都をつくろうと決心する

神武天皇が日向(宮崎県と鹿児島県)にいて 東征を始める


神武天皇東征経路

神武天皇が東征の旅に船出したという海軍発祥の碑が残る


いしぶみ [ 碑 ]人類が何らかの目的をもって銘文(碑文ともいう)を刻んで建立した石の総称。

名物お船出団子


神武天皇は「筑紫の日向の高千穂の宮」

すなわち

邪馬壹国の女王国であった英彦山の宮

で、東征の協議や 祈祷をし、出発にさいし祖先(卑弥呼)の墓所である宇佐に参じた


神武天皇 宮崎神社から伊勢神宮への経路

古事記の神武東征神話によると、初め日向(ひむか)の国<宮崎県>の高千穂宮(たかちほのみや)にいた神倭 伊波礼毘古命(カムヤマトイハレビコノミコト)( 神武天皇)

神武天皇が長髄彦と交戦する
神武天皇(カムヤマトイワレビコノミコト)が日向(宮崎県)から東征の途次、生駒山を越えて倭の地に 侵入を試みますが、そこで長髄彦(ナガスネヒコ)軍の頑強な抵抗があった

トビが光輝いた
神武天皇は長髄彦(ナガスネヒコ)との戦いで苦戦していると、金鵄が天皇の弓の上端に飛来し、黄金色 のトビ(鵄)が光り輝き、長髄彦の軍を眩ませた


長髄彦は山に逃がれる
邪馬台国王だった安日彦(あびひこ)と弟の長髄彦(ながすねひこ)は、やむをえず宇濤前の飛鳥(ひちょう)山に逃れ

、落着するとそこに仮陣を張った

耶馬台城

安日彦、長髄彦が日向軍に備えた城の石垣で、中国の陽(yang)茂(mao)台(tai)(やんまおたい=耶馬台)に ゆらいする称名

青森の北に飛鳥山があり、その林中に耶馬台城があったそうだ。


長髄彦は神武天皇(天族)に殺された
安日彦・長髄彦軍は総崩れとなり、その時、「長髄彦(元々の日本の王とされている)」が、侵略者である 神武天皇に殺されます

生駒の長髄彦


長髄彦の人骨が発見された


兄は辛うじて逃れることができた
丹波より船で日本海を北上し、津軽十三湊に着いた
長髄彦の兄・ 安日彦は、北の大地に逃れ、そこで南方系、北方系の民族を束ねる


神武東征に破れた長髄彦の兄安日彦を祖先にもつという安東氏の本拠地が十三湊


十三湊模型



11世紀から14世紀にかけて、 宗との貿易で栄え、日本海側随一の港町であった。

ナマハゲの正体

安日彦・長髄彦は古代津軽を統一したとされる ちなみにナマハゲの正体は邪馬台国の王長髄彦だった

相内神明宮 (青森県五所川原市)
別称 長髄神社

安東・阿部の祖にあたる安日彦、長髄彦の遺骸を再葬した墓地と伝えられ、長髄神社、荒吐神社と称していました



紀元前4年
3月
10日
(*a太陰暦) *1垂仁天皇(第11代)が*2天照大神の祭祀を皇女の*3倭姫命に託す *3続きを読む


紀元前2年


諸神社に武器を献納し、神地・神戸を定める。 この年、来目(奈良県橿原市久米町)に初めて屯倉を興す。 (第11代)垂仁天皇27年8月


紀元前1年


殉死の禁令 (第11代)垂仁天皇28年

紀元前1年
倭国 その一部は前漢の楽浪郡に朝献をする 西暦0年 (第11代)垂仁天皇28年








Last updated  2018.11.24 20:58:37
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.