1458212 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

電子こうさくの家

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Freepage List

Archives

2021.12
2021.11
2021.10
2021.09
2021.08

Favorite Blog

耳鼻科の注意書き JOY2005さん

ダイソー スティッ… さくら もものこさん

2021東京インターナ… 真空管の達人さん

管球アンプよ永遠なれ 管球アンプ大好きさん
ハナミズキ いくら3805さん

Comments

PIC9801@ Re[1]:ICE(05/16) Fujio さんへ まさかICEの開発者からコメ…
Fujio @ Re:ICE(05/16) CRC-80開発者です 綺麗な状態で保管されて…
PIC9801@ Re[1]:TERA TERMでグラフィックス(03/28) JOY2005さんへ お久しぶりです。返信が遅…
JOY2005@ Re:TERA TERMでグラフィックス(03/28) おはようございます! 今はTERATERMにそん…
さくら もものこ@ Re[2]:パルスチェッカー(その2)(03/14) PIC9801さんへ いつもありがとうございま…
2010.05.16
XML
画像はICE(インサーキット・エミュレータ)です。押入れの荷物を整理していたとき、箱の中から出てきました。

30年近く前になりますが、マイコン(Z80)のハードとソフトをマスターするために、個人で買ったものです。

コンピュータリサーチ社(今でも存在するのかな?)のCRC-80WXというZ80用のICEです。他にROMライタやROMエミュレータの機能もありました。

このコンピュータリサーチ社には、低価格のシングルボードコンピュータCRC-80というのがあり、このボードを拡張してICEを作ったのではないかと思われます。

低価格(当時の感覚!)でしたが、その割に多機能で、本体のキーボードからメモリの書き換えやレジスタの変更、ブレークポイントの設定などが出来ました。さらにシリアルI/Fを経由して、HEXファイルを転送したり、リモートデバックできるのが便利でした。

試しに電源を入れてみましたが、7セグメントLEDなどが点灯し、正常に機能しているようでした。

この時代の制御装置はハードウエアも、自ら設計して作るのが普通でしたね!

開発環境はCP/M(MZ-80B)、5インチや8インチのFDDの時代でした。なつかしいぃ~(^^)






Last updated  2010.05.16 13:32:16
コメント(14) | コメントを書く
[電子工作、オーディオ自作] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.