1484375 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

電子こうさくの家

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Freepage List

Archives

2022.01
2021.12
2021.11
2021.10
2021.09

Favorite Blog

見覚えのあるポスター New! JOY2005さん

トラ技ジュニア20… CPU4Eduさん

300Bシングル・パワ… 真空管の達人さん

ダイソー 人感セン… さくら もものこさん

管球アンプよ永遠なれ 管球アンプ大好きさん

Comments

PIC9801@ Re[1]:ICE(05/16) Fujio さんへ まさかICEの開発者からコメ…
Fujio @ Re:ICE(05/16) CRC-80開発者です 綺麗な状態で保管されて…
PIC9801@ Re[1]:TERA TERMでグラフィックス(03/28) JOY2005さんへ お久しぶりです。返信が遅…
JOY2005@ Re:TERA TERMでグラフィックス(03/28) おはようございます! 今はTERATERMにそん…
さくら もものこ@ Re[2]:パルスチェッカー(その2)(03/14) PIC9801さんへ いつもありがとうございま…
2010.05.23
XML
カテゴリ:図書や技術情報
3万円台で楽しむ自作オーディオというタイトルが目に付きました。この雑誌にしては珍しい特集だったので、久しぶりにMJ(無線と実験)を買いました。

本の値段を見たら、いつもより100円アップしています。

読者が少ないので、ついに採算が合わなくなり値上がりかぁ~ と、よく見たらCDの付録つきでした。

3万円台で製作可能な金田式DCアンプの記事もあり、遂に出力段までが真空管(40KG6A)で構成されています。DCアンプですからトランスレスですが、これでも出力インピーダンスが1.14オームだそうです。 へえぇ~^^

トランスレスといえば、製作コストを下げるために電源トランスも無くしています。ちょっと怖いですねぇ~ どんな回路か見たかったのですが、MJのバックナンバーを見るしかなさそうです。

付録CDですが、クラシックとJAZZがメインです。音の良いものをピックアップしたんでしょうね!全体にメリハリがあり、特に低域はエネルギー感たっぷりです。テレサ・テンの歌も入っていましたが、これは普通に聴こえます。聴きどころは、どこかな?

聴きどころといえば、解説は次号(6月号)とのこと。(6月号も買わせようという魂胆かな?)

後ろのトラックはスイープ信号やホワイトノイズ、ピンクノイズでした。スイープ信号はf特測定に使えそうです。






Last updated  2010.05.24 01:17:06
コメント(19) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.